おすすめの人気メンズ財布ブランド20選。定番ブランド~ハイブランドまで幅広くご紹介

老若男女誰もが使う財布、皆が当たり前に持っている物であり、長く使い続けるこそデザインも機能も妥協したくないですよね。

キャッシュレス化に伴い、以前に比べて財布の種類もバラエティー豊かに増えた昨今。必ず自分のスタイルに合う最適な財布を選べる時代となりました。

しかし、種類が多くなればなるほど、財布選びに一苦労しますよね。

そこで本記事では大人の男性におすすめしたい人気のメンズ財布ブランド20選をご紹介します。

さらに数ある財布ブランドの中からご自身がどんなスタイルの財布と相性が良いのか、また失敗しないための選び方のポイントを一度に解説しているので、本記事を読み進めてもらえれば、あなたの欲しかった理想の財布を見つけることができます。

Kentino
すぐにおすすめブランドが知りたい男性は、飛ばしても構いませんが、どんな財布にしようか迷っている方は最初から読み進めると自分のスタイルに合う理想の財布を見つけやすくなるかと思います。

財布選びで失敗しない3つのポイントをレクチャー

キャッシュレス化に伴い、様々なブランドから多種多様な財布が販売される昨今。

そうなってくると財布選びも至難の業に…。「毎日愛用するからこそ使いやすいものを」「長く愛用するものだからこそ絶対に失敗したくない」そう思うことは当然です。

そんな男性はおすすめブランドの財布ブランドを見る前に、財布の選び方のポイントにまず目を通してください。

そんな難しいことはなく、以下3つのステップ順に選んでもらえれば、ご自身の理想に近い財布を選びやすくなります。

Kentino
上記3つのステップをしっかり把握しながら選ぶことで、まず財布選びに失敗することはありません。

ステップ1:財布の種類を知ること

新しい財布を購入しようと検討した際、まずは財布の種類を知ることからスタートしましょう。

一口に財布といっても「長財布」「二つ折り財布」「ミニ財布」など、そのデザインは多種多様。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを知っていれば財布選びで迷うこともなく、スムーズに自分好みの財布を選ぶことができます。

1.長財布

長財布の特徴
メリット デメリット
  • 紙幣・小銭・カードなどたくさん収納できる大容量サイズ
  • 紙幣や請求書を折り曲げることなく収納できる
  • 横幅があって持ち歩きに不便
  • ジャケットやズボンのポケットに収まりにくい

財布と聞いて真っ先に思い浮かべる形が長財布だと思います。

長財布のメリットは容量の大きさ。他の種類に比べて紙幣・小銭・カードなど、たくさん収納することができます。

その分、横幅があるため、ジャケットやズボンのポケットに収まりにくく、不便に感じる点もあります。

Kentino
最大の魅力は収納力が高いところですが、バッグを持ちあるかない男性にとってはどうしてもズボンのポケットからはみ出してしまうので、見た目を悪くしてしまいます。手荷物が少なく、また必要最低限のカードがあれば大丈夫という男性は避けたほうが良いでしょう。
関連記事

「紙幣を折らずに収納できる」事と「財布の中でも最も収納力が高い」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「長財布」。 ちゃんとした財布を買うならやっぱり長財布!という男性も多く、定番の二つ折り長財布以外にもラウ[…]

2.二つ折り財布

二つ折り財布の特徴
メリット デメリット
  • コンパクトで持ちあるきしやすい
  • ズボンやジャケットのポケットからはみ出せない
  • 厚みがあるのでジャケットやズボンのポケットからシルエットが浮き出る
  • 紙幣や請求書が曲がってしまう

キャッシュカードやクレジットカード、保険証や運転免許証など、必要最低限のカードと少量の紙幣・小銭ならまず二つ折り財布で対応できます。

定番の長財布ではありますが、男性が選ばれるのはやはりコンパクトに持ち歩ける二つ折り財布。

また、小銭の出し入れを行いやすい構造になっているのも二つ折り財布の特徴。

お昼のランチやコンビニなど、サッとお会計を済ませたいときに出し入れのしやすさを実感できます。

Kentino
コンパクトですが、その分ある程度の厚みがあるため、ズボンやジャケットのポケットからはみ出せなかったとしてもシルエットが浮き出てしまいます。スーツに合わせる方はなるべく厚みのない二つ折り財布を選びましょう。
関連記事

「長財布に匹敵する収納力」と「ズボンのポケットにも収納しやすい」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「二つ折り財布」。 利便性で財布を選ぶならやっぱり二つ折り財布!という男性も多く、定番の二つ折り以外にもス[…]

3.ミニ財布

ミニ財布の特徴
メリット デメリット
  • ジャケット・ズボンのポケットに収納しても浮き出ない
  • コンパクトでスペースを取らない
  • 収納力が低い
  • 紙幣や小銭が取り出しにくい

今の時代にフィットするミニマルでコンパクトなサイズ感は、今最も人気のある財布の種類です。

しかし、コンパクトなサイズ感ゆえに必要最低限しか収納できない致命的なデメリットはあるものの、現代ではキャッシュレス化に伴い、スマホ決算やカード支払いなども普及しています。

そのため、運転免許証やクレジットカードなどの必要最低限以外に持ち歩く必要もなくなってきたので、「収納できない」という点はそこまでデメリットには感じないと思います。

Kentino
今話題のミニ財布は以下の記事で魅力を存分にご紹介しています。ミニ財布の魅力やおすすめモデルが知りたい男性は以下の記事も合わせてご覧ください。
関連記事

近年急速に進むキャッシュレス化と流行ど真ん中のミニバッグに対応した『ミニ財布』に注目が集まっています。 ほんの10年前には考えられなったほど、急速に進むキャッシュレス文化。日本のみならず世界を挙げてキャッシュレス化が進められていますよ[…]

4.マネークリップ

マネークリップの特徴
メリット デメリット
  • ポケットにサッと収納できる
  • スペースを取らない
  • 紙幣しか持ち歩けない
  • 出し入れややしづらい

財布を持ち歩くのが不便と感じる男性が増える今、脚光を浴びる存在がマネークリップです。

選ばれる理由の一つに「洋服(ビジネススーツ)のシルエットをキレイに保てる」といったことが挙がります。

二つ折り財布財布やミニ財布よりもはるかにコンパクトなサイズ感なので、ジャケットやズボンのポケットに収納しても嵩張らないので、ビジネスマンを中心に人気を獲得しています。

逆に紙幣や数枚のカードしか持ち歩けないため、人によっては使いにくいと感じる場合もあります。

こればかりはその人の好みやスタイルによって変わるため、一概にこれが良いとは言えませんが、必需品以外は極力持ち歩きたくない男性は、財布ではなくマネークリップの選択もおすすめです。

Kentino
以下の記事ではマネークリップのおすすめモデルを厳選してご紹介しています。「別に財布は持たなくてもいいかも…」と感じている方はマネークリップのほうが使いやすいと感じると思います。
関連記事

お財布から紙幣やカードをコンパクトにスマートに持ち歩けるマネークリップに切り替える男性続出中! そこで本記事では【メンズにおすすめのマネークリップブランド15選】ご紹介! 数あるマネークリップブランドの中でもこのブランドを抑えておけ[…]

ステップ2:レザーの違いや特徴を知る

種類をある程度把握できたところで、お次は素材選びです。

オン・オフ問わず使える大人の財布の素材はレザーが絶対条件です。しかしレザーといっても牛や馬、羊や豚など、様々な種類の動物から作られ、また加工方法や技術によっても特徴や魅力が異なります。

以下では簡単にそれぞれのレザーの違いをご紹介していくので、財布選びに役立ててください。

牛革:最もポピュラーで扱いやすい

牛革は性別や年齢(生後日数)によって名称や革の特徴が異なります。

主に財布にはカーフスキンを使用していますが、その他の牛革の特徴を覚えておくと良いでしょう。

種類 特徴
カーフスキン

生後6ヶ月以内の仔牛(性別問わず)

牛革の中でも特にポピュラーなのがカーフスキン。カーフスキンはキメが細かく、なめらかで柔らかい質感が特徴
キップスキン

生後6ヶ月~2年までの中年の牛(性別問わず)

カーフと比べるとわずかに劣りますが、キメの細かさやなめらかさに加え、革が厚く、耐久性に優れている
ステアハイド

生後2年以上の雄の牛(生後3か月から6か月の間に去勢した雄牛)

キメの細かさ・なめらかさ・程よい厚み・耐久性を兼ね備えており、手頃な価格帯のレザー財布の多くはステアハイドを使用している
カウハイド

出産を経験した生後2年以上の雌の牛

キップスキンとステアハイドの丁度中間地点の革質や強度

ブライドルレザー:堅牢さと美しい光沢で大人を魅了する牛革

こちらも牛革ではありますが、牛革に耐久性を高めるため、何度もロウを塗り込み、表面に白い粉が浮き出る不思議な皮革です。

もともと乗馬に使う馬具のために作られた革だったこともあり、水分に強く、何十年もの使用にも耐えられる堅牢さが魅力。

適切なお手入れや気遣いが必要となるため、よっぽどレザーを愛する人以外には不向きです。初心者はまず避けましょう。

コードバン:“革のダイヤモンド”“革の宝石”と呼ばれるほど美しい

“革のダイヤモンド”や“革の宝石”とも呼ばれ、牛革とはまたひと味違った美しい光沢感が魅力のコードバン。

経年変化した時の美しい光沢感もさることながら、牛革のじつに3倍も丈夫と言われているので、中には10年~20年愛用し続ける方もいます。

希少価値の高さから値段も高価ですが、長く愛用できることを考えると決してコスパの悪い買い物にはなりません。

ステップ3:重要なカラー選び

種類・素材が決まってきたところで、最後は色選び。素材でも印象は変わりますが、最も印象を左右するのは色です。

仕事でもプライベートでも使う財布は、ただ好みの色を選べば良いってものでもありません。

逆に好きな色を選んでしまうとシーンによっては扱いづらかったり、まわりから浮いた目で見られてしまう可能性もあるため、シーンに相応しいのか、仕事の業種やTPOに適切なのか、エイジング後はどうなるのか、これらを考えながら色を選ぶ必要があります。

以下の表では各色の特徴や魅力を簡単にまとめているので、どんな色の財布が自分のスタイルに似合うのかを確認してください。

特徴
ブラック
  • 迷ったら「ブラック」OK
  • オン・オフ問わず使える
  • スタイルも問わず万人ウケする
ブラウン
  • 革本来の質感や経年変化を最も楽しめるカラー
  • エイジングをしっかり楽しむならブラウン一択
  • やや年配向けの印象もあり
ネイビー
  • シックで上品な色合いでビジネスシーン向き
  • 経年変化を楽しむよりかは綺麗な状態を保ったほうが良い
  • 硬い印象にならず清潔感溢れる雰囲気
ベージュ
  • 中性っぽい印象でエレガントな雰囲気
  • 明度が明るいから汚れが目立ちやすい
  • ビジネスシーンにはやや不向き
ブルー
  • 最近メンズの間でも増えているカラー
  • 爽やかでさりげなくセンスの良さをアピールできる
  • かしこまったビジネスシーンには不向き
オリーブ・カーキ・モスグリーン
  • いわゆるハッキリとしたグリーンではなく落ち着いたカラーのこと
  • 意外にも知的で大人っぽい印象に見える
  • シンプルすぎずどこか個性的な佇まい
Kentino
6割以上の男性は「ブラック」を選ぶので、まず色選びに迷ったら「ブラック」を選んで間違いありません。逆に初心者が「ブルー」や「モスグリーン」を選んでしまうと使いづらい印象になり兼ねないので、自分のスタイルを知らない人以外は「ブラック」を選びましょう。

まずはここから。絶対に失敗しない大定番ブランド10選

革小物に定評のあるブランドから歴史ある実力派ブランドまで、まずは大人の男性も安心して選べる定番の財布ブランドを10選ご紹介します。

ポーター(PORTER)

親しみやすい雰囲気と確かなモノ作りの高さに定評の日本ブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~50代
素材:牛革
価格の目安:¥10,000~¥20,000

財布を探しているならまずおすすめしたいブランドに挙がるのが「ポーター」です。

親しみやすく誰からも愛されるブランドなので、シーン問わず愛用することができ、休日・ビジネス関係なく愛用できるオールラウンドプレーヤー。

愛用者の年齢層も幅広く学生から年配と非常に幅広い層から支持を集める定番ブランドです。

ポーターの財布はどれもシンプルなデザイン。それゆえシーンやスタイルを問わず愛用できるので、長い人だと10年以上同じ財布を使い続けている方も。

今では予算の問題で海外で製造を行うようになっていますが、素材選びや縫製など手を抜かないモノ作りの姿勢は変わっていません。

また、牛革を主に使用した財布を展開していますが、最近ではナイロン地の財布も手掛けており、自分に合った用途の財布を選べるのもポーターの財布の醍醐味。

特にブランドへのこだわりがない方はポーターの財布を選ばれてまず失敗しません。

Kentino
ハイブランドの財布が車メーカーのメルセデス・ベンツやフェラーリといった高級車なら、ポーターの財布は日産やトヨタ。日本らしい高いモノ作りの高さで安心感があり、世界中からの評価も良い、まさにポーターはウォレット界の日産やトヨタです。
関連記事

ポーター(PORTER)といえばナイロン製のバリバリ財布のブランド、というイメージがあるかもしれませんが、実はレザー製品や革財布も高い人気を誇る「日本鞄業界の重鎮」といえる存在です。 高品質でリーズナブルなスタンダード系デザインと、鞄[…]

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

“英国御三家”の中でも初心者向きの革製品ブランド

 

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:40代~50代
素材:ブライドルレザー
価格の目安:¥30,000~¥40,000

1875年創業時から100年以上続いている英国の老舗革製品ブランドです。

「エッティンガー」と「グレンロイヤル」と肩を並べ、英国御三家として革製品好きから親しまれる「ホワイトハウスコックス」は、飽きの来ないシンプルなデザインと革本来の自然な風合いを楽しめる素材感で高い人気を獲得しています。

英国御三家の象徴ともいえるブライドルレザー。中でも「ホワイトハウスコックス」は、英国や欧州から探し求めた最高品質の牛革を使用。それをフルベジタブル・タンニングの鞣しからロウを塗り込む工程まで、なんと約11週間かけて作りあげていく徹底ぶり。

縫製に若干の粗さがありますが、エイジングを楽しむ目的なら「ホワイトハウスコックス」の財布がおすすめです。

Kentino
ファンの間ではブランド名の頭文字をとって「WHC」と呼ばれることも多く、“英国御三家”の中で最も歴史のあるブランドです。ここ日本でも高い人気と知名度を獲得しており、特に40代~50代の大人の男性から支持を集めています。
関連記事

レザーの品質の良さと高い技術力。オンオフ問わず使えるファッショナブルなデザイン性。そして使い勝手の良さまで多方面で高評価を獲得するブランド「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」。 マニアックなこだわりはの好事家達は[…]

グレンロイヤル(GLENROYAL)

グレンロイヤルの革に付着する白い粉こそ『本物のブライドルレザーの証』

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:ブライドルレザー
価格の目安:¥60,000~¥100,000

ブライダルレザーを使用するブランドは数多くありますが、その中でも特に最高ランクのブライダルレザーを使用して財布を製造しているブランドが「グレンロイヤル」です。

ブライドルレザーは、ロウをたっぷりと革に染み込ませる加工方法ですが、「グレンロイヤル」の革にはよく白い粉が付着しています。実はこれ染み込んだロウが浮き出たもので革好きからは「本物のブライドルレザーの証」なんても言われています。

先ほどのホワイトハウスコックスとの違いは、ブライドルレザー以外の革は使用しないということ。

“英国御三家”の一角ではありますが、マニアックな革ブランドなので、革の醍醐味でもあるエイジングを堪能したい男性におすすめです。

Kentino
ファンにとっては最高の証、勲章ではあるものの、初心者からすると逆に抵抗感を抱く方もいるので、初心者には不向きの財布と言えます。レザーの醍醐味を分けって、エイジングを長い年月とともに味わっていきたいマニアックな人におすすめです。
関連記事

「英国皮革製品御三家」にも数えられる、ブライドルレザーを筆頭とした革製品の世界的な名門ブランド「グレンロイヤル(GLENROYAL)」。 キズやアタリまで愛おしくなるような「歴史」を刻む高い堅牢性と、使い勝手を追求する姿勢を随所に感じ[…]

イルビゾンテ(IL BISONTE)

柔らかレザーは初心者でも存分に経年変化を味わえる

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~50代
素材:牛革
価格の目安:¥30,000~¥50,000

イタリアのトスカーナ州にあるフィレンツェで誕生した「イルビゾンテ」。創設当時から革製品を使った財布や名刺入れの展開を行ってきた実力派レザーブランドです。

「本格的な天然レザーの質感や風合いを味わいたい」「革財布を経年変化で育てていきたい」方はもちろん、「初心者でも楽しめるレザー財布を愛用してみたい」という初心者にも非常におすすめの財布です。

創設者のワニー・ディ・フィリッポ氏の天然レザーに対する強いこだわりから、今もなお独自のルールの基で天然牛革を採用しています。

そのため、イルビゾンテの財布は、どれもキメが非常に細かく滑らかな質感、そして美しい革の色合いを感じることのできる魅力を併せ持っています。

愛用し続けることで柔らかくその人の肌に馴染んでいくため、エイジングを楽しめるのも一つの醍醐味。

ハリ感の強い硬めの財布をお探しの男性には不向きですが、逆に柔らかくしっとりとしたレザーが好み方にはおすすめです。

Kentino
イタリアのブランドではあるものの、知り合いのイタリア人は誰も知らなかったので、イタリアよりも日本での知名度のほうが高い革製品ブランドです。
関連記事

流行に左右されない普遍的なデザインと上質なレザー使いが高く評価されているイタリアの名門ブランド「イルビゾンテ(IL BISONTE)」。 定番の革財布はもちろんのこと、キーケースやコインケースと言った革小物の人気も高く、性別という垣根[…]

コーチ(COACH)

ハイブランドの財布を手頃な価格で。コーチこそアクセシブル・ラグジュアリーの代表格

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
素材:牛革
価格の目安:¥10,000~¥20,000

ブランドバリューの高さの割に手に取りやすい価格帯が魅力の「コーチ」。

あまり知られていませんが、1941年ニューヨークのマンハッタンで皮革製品を扱う工房としてオープンさせたのがブランドの始まりなので、今もなお革製品には特に力を入れて製造を行っています。

コーチの財布を一言で表すなら「優等生」といった単語が一番しっくりきます。なぜならコーチの財布は、どれもシックでシンプルなデザインが多く、機能や使い勝手の良さも文句ないからです。

革新的なデザインや機能は正直感じられませんが、デザインもベーシックで合わせやすく、機能性も財布としては十分ぐらいなので、初心者も非常に買いやすい財布となっています。

コーチの代名詞でもある「シグネチャー」シリーズから、高級感があり紳士が持つに相応しいワントーンの財布など、種類も豊富なので、財布選びに迷った方はまずはコーチから探してみるのが良いでしょう。

Kentino
アクセシブル・ラグジュアリー(手の届く高級品)とされ、「シャネル」や「グッチ」といったヨーロッパのラグジュアリーブランドと比較しても半額以下と非常にリーズナブルな価格帯に設定されており、ちょっと頑張れば手に届く価格帯が魅力です。ブランドの価値や評判もとても良いので、ベーシックかつ大人っぽい雰囲気の財布を欲しい方は選択肢に入れておきたいブランドの一つです。
関連記事

アクセシブル・ラグジュアリー(手の届く贅沢)をコンセプトに掲げ、高級メゾンの品質で生み出される革製品を手ごろな価格で展開する人気ブランド「コーチ(COACH)」。 ハイエンドなブティックライン以外にもセカンドラインとして展開する「アウ[…]

ETTINGER(エッティンガー)

英国王室御用達。大人の遊び心を感じさせるツートンカラーが目印

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:ブライドルレザー
価格の目安:¥30,000~¥50,000

英国王室御用達の「エッティンガー」は、1934年にイギリス・ロンドンで誕生した歴史ある皮革製品ブランドです。

英国紳士のような大人の落ち着いた雰囲気の財布を愛用したい方や繊細で高級感のある財布が欲しいと考えている30代~50代の男性におすすめです。

エッティンガーと言えば、堅牢さと美しい光沢が特徴の「ブライドルレザー」。

元々は馬具用として作られた革でもあるため、他のレザーに比べて耐久性が一際高く、使い込むごとに経年変化(エイジング)を感じられる唯一無二の革です。

そんな「ブライドルレザー」を熟練の職人が今もなお手作業で制作しており、表面はなめらかで美しく、肌馴染みの良いので初心者でも経年変化の魅力を存分に楽しめます。

キメが細かくなめらかな手触りの財布をお探しの男性や経年変化を存分に楽しめる落ち着いた雰囲気のお財布をお探しの大人の男性におすすめです。

Kentino
デザインはブラウンやブラックとしたベーシックで落ち着いたカラーリングが多いですが、内部はイエローやパープルなど、色鮮やかなカラーを使うのもエッティンガーの特徴。大人の遊び心を感じさせるツートンカラーで、自分だけの個性もしっかり演出できるエッティンガーは、まさに大人が持つべき財布です。
関連記事

イギリス王室とコラボレーションしたシリーズを展開するほど、英国革製品界では確固たる地位を築く人気ブランド「エッティンガー(ETTINGER)」。 定番のブライドルレザーを採用したコレクションだけでなく、上質なカーフレザーを採用したドレ[…]

ペッレ モルビダ(PELLE MORBIDA)

人気急上昇中!持つだけでイタリア人のようなセクシーでダンディーな雰囲気になれる⁉

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:牛革(型押し)ゴートレザー(山羊革)
価格の目安:¥20,000~¥30,000

「オーシャンズ」や「LEON」といった男性有名誌の編集や創刊に携わり、近年ではファッションディレクターとしても知られる干場義雅氏が、2012年に立ち上げたブランドです。

ブランドの歴史はまだ浅いものの、百貨店でも取り扱われるなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いで知名度を獲得する「ペッレ・モルビダ 」は、皮革素材を厳選し、国内生産にこだわるといった細部にまで徹底追求してモノ作りを行っています。

イタリア語で「柔らかい肌」という意味を持つペッレ・モルビダは、その名の通り、肌馴染みがよく、しなやかさが特徴の財布を展開しています。

また、機能美にも優れており、紙幣やカードの取りやすさや小銭の出し入れのしやすさなど、使えば納得の機能性が充実。

デザイン性・機能性も高く、おしゃれな財布を愛用したいビジネスマンには特におすすめです。

ガンゾ(GANZO)

素材・縫製・磨き、財布づくりの全てにおいて最高峰と評される日本産レザー財布ブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:コードバン・ブライドルレザー・スモールクロコ
価格の目安:¥30,000~¥60,000

最高品質の革を使った財布を使いたい。日本生産の高い技術力を感じる完成度が高い財布を愛用したい。そんな本物志向の男性や革が少しでも好きな方には「GANZO(ガンゾ)」の財布がおすすめです。

革小物好きなら誰もが知っているブランド、「GANZO(ガンゾ)」は、素材選びから・縫製・磨きなど財布づくりの全てにおいて最高峰と評される、日本が誇る革小物ブランドです。

そんな国内最高峰と評されるブランドが作る財布は、その完成度の高さに誰もが満足すること間違いなし!

経年変化を楽しめる上質な革はもちろん、愛用者の事を第一に考えて作られているのが分かるカードスロットや財布自体のマチの深さなど、目には見えない細かい箇所まで熟考されていて「GANZO(ガンゾ)」のモノ作りの高さを肌で実感することができます。

デザインもシンプルな大人仕様でオン・オフ問わず愛用できるので、まさに大人の男性が持つに相応しい財布ブランドです。

Kentino
価格帯は安いもので3万円~高いものでは10万円と品質にこだわっている以上、そこそこの値段にはなるものの、丈夫で長持ちするうえに経年変化を楽しめるので、日割りで計算するとコスパは悪くありません。むしろハイブランドの財布と比較してもコスパはかなり良いほうです。
関連記事

「至高の革財布」を求めて知識を蓄えていったコダワリ派の男性がたどり着く1つの到達地点的存在のブランドとして知られるジャパンメイドの最高峰「ガンゾ(GANZO)」。 今や世界からも注目される「芸術の領域」に足を踏み入れた革製品の数々は、[…]

スマイソン(Smythson)

4つ同時にロイヤルワラントを持つ世界でも稀な由緒正しいレザーブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:牛革
価格の目安:¥30,000~¥50,000

1887年に英国で誕生し、130年以上の歴史を持ち、なんとロイヤルワラント(王室御用達の称号)を4つ同時に持つ世界でも稀な由緒正しいレザーブランドです。

レザーの加工技術に定評のあるブランドで、そのラグジュアリーで美しい見た目から「レザーのカシミヤ」とも呼ばれています。

目の細かいシボが施され洗練された雰囲気が特徴のクロスグレインレザーや高級感溢れる雰囲気で威厳さえ放つクロコ型押しカーフレザーなど、レザーにこだわるブランドだから作れる上質なレザー財布がモノの価値を知る大人世代に選ばれています。

シンプルながらも程よい個性を主張できる唯一無二の財布なので、英国紳士らしい雰囲気を演出したい男性はスマイソンの財布で決まり!

Kentino
レザーの発色の良さ、そして使いやすさに定評のあるスマイソンの財布。見た目によらずレザーも扱いやすいので、はじめての経年変化アイテムとしてもおすすめですよ!
関連記事

エリザベス女王、フィリップ王妃、チャールズ皇太子と全てのロイヤルワラントを所持するブランド「スマイソン(SMYTHSON)」。 歴史や伝統に基づく信頼感と、モダンでタイムレスなデザインに仕上げられたレザー製品の数々が、世界中のセレブリ[…]

ファーロ(FARO)

革の厚みが1ミリを切るという驚異的な職人芸。薄マチの財布が良いならこのブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:カーフレザー・キップレザー・カウレザー・ステアハイド等
価格の目安:¥20,000~¥50,000

世界中の最高品質の素材を熟練の職人が、技巧を集約して完成させるレザーブランドの中でも完成度の高さで人気の「ファーロ」。

そんなファーロは、妥協なきクラフトマンシップと柔軟なモダニティを併せ持つブランドで、洗練されたスタイリッシュなデザイン、そして1つの素材を徹底して磨き上げ、時間と手間をかけ、細部にまでこだわった機能美など、デザイン性・機能性に優れた財布を販売しています。

最大の魅力は、熟練の職人だからできる0.4ミリの革を芯材無しで貼り合わせ、革の厚みが1ミリを切るという驚異的な職人芸。

ここまで薄い財布を作れる技術は他のブランドではまずそうそうありません。

縫製・加工技術ではおそらく国内でもトップと言えるほど、高い技術力で人気を集める実力派レザーブランドなので、本物志向の男性やレザー好きをも納得させる品質の高さ。

日本ブランドの財布を愛用したい。長く愛用できる耐久性に優れた財布が欲しい。そんな30代以降のビジネスマンにおすすめです。

Kentino
シャープで薄マチ、見た目もスタイリッシュで洗練された雰囲気、まさにビジネスマンに使って頂きたい財布の一つです。

幅広い世代から人気の財布ブランド5選

ポールスミス(Paul Smith)

30代~40代の大人男性から絶大な支持。特にブランドにこだわりないならポールスミスの財布で決まり!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:牛革
価格の目安:¥20,000~¥30,000

世界中の大人を虜にし続けるイギリスが世界に誇るファッションブランドの「ポールスミス」。本国日本でも絶大な人気を集め、30代~40代が選ぶ好きなアパレルブランドには常に上位にランクインする売れっ子ブランドです。

そんなポールスミスですが、英国らしいクラシックで紳士的なアイテムの中に、ブランドの代名詞とも言えるマルチストライプ柄など、ユーモアたっぷりなデザインを施した遊び心溢れるデザインがブランドの武器でもあります。

英国伝統のスタイルはしっかり守りつつ、色づかいはカラフルで、大人が持つことでセンスの良さをアピールできます。

長財布から二つ財布、さらにはミニ財布まで、財布のラインナップをとても多いので、自分のスタイルに合わせたサイズや種類を選ぶことができます。

デザイン性も高く、オン・オフ使える大人向けの財布をお探しの男性はポールスミスの財布がおすすめです。

Kentino
お洒落好きの大人世代から絶大な支持を獲得するポールスミスの財布を使っておけばまず間違いありません。女性からの好感度も高いブランドになるので、絶対に外さないおしゃれな財布をお探しの男性には特におすすめです。
関連記事

ファッショナブルな革財布や革小物を探しているなら、絶対に見逃せないブランドが「ポールスミス(Paul Smith)」です。 クレイジーカラーのストライプ柄や、差し色とヒネリの効いたブリティッシュトラッドな革製品の数々は、ファッショニス[…]

トゥミ(TUMI)

ビジネスマン御用達ブランドらしく機能美に優れた財布を展開。上質なナイロン財布で有名

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~40代
素材:バリスティックナイロン・レザー
価格の目安:¥10,000~¥20,000

ビジネスマン御用達ブランドのトゥミは、バッグのイメージが強いかと思いますが、実は財布の販売も行っています。

ビジネスバッグ同様、財布もスーツに合うようなブラックを基調としたフォーマルなデザインが多く、やはりビジネスマンから高い人気を集めています。

基本的にバリスティックナイロンをメインにレザーをトリミングしたディテールの財布が多いので、耐久性が高く、型崩れもしにくいため、綺麗な状態で長く愛用することができます。

また、カードスロットを16個完備したり、小銭を出し入れを安易に行えるよう工夫されていたりとビジネスマンファーストで考えて作られているので、機能性も文句なし!

価格も2万円以下ばかりなので、予算を1万円台に設定しているビジネスマンは一度トゥミの財布から探して見ると良いでしょう。

Kentino
クリエイティブ関係の仕事をしている方は少し堅苦しい印象になってしまうので、トゥミの財布は金融関係や証券会社など、スーツが制服化されている業種で働く男性におすすめです。

ラルコバレーノ(L’ARCOBALENO)

見た目も機能もこだわりたい欲張りな人の要望も叶えるバラエティー豊かなレザーブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~40代
素材:レザー
価格の目安:¥30,000~¥50,000

『メイド・イン・イタリー』そして『オールハンドメイド』にこだわり続けている「ラルコバレーノ」。

モノ作りの高さで世界的に評価されている国と言えば、日本・ドイツ、そしてイタリアです。

そんなイタリアは、言わずと知れた革産業の聖地。しかし日本と同様に今や革職人による手作業のアイテムはイタリア国内でも希少な存在となっています。

しかしラルコバレーノは、『メイド・イン・イタリー』と『オールハンドメイド』にこだわり続ける正真正銘のモノ作りにこだわるブランド。

そんなブランドが製作する財布は、財布としての完成度もさることながら使いやすさに定評があります。

紙幣の出し入れをしやすいように工夫された設計やパカッと開く小銭入れなど、使えば納得の機能が充実。

デザインも見た目はベーシックながら内部はネイビーやブルー、ブラウンやベージュなど、バイカラー仕立ての明るい色合いでセンスの良さもしっかりアピールすることができます。

まわりから“センスの良い人”と思われたい男性には特におすすめです。

ディーゼル(DIESEL)

カジュアル向き。イタリアのスポーティーを体現する財布が特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~40代
素材:レザー
価格の目安:¥10,000~¥20,000
おしゃれに興味がなくてもブランド名は聞いたことがあるという男性も多いのでは?それぐらい日本において抜群の知名度を誇るイタリア発のカジュアルファッションブランドです。
イタリアブランドらしくダンディズム溢れるデザインは、30代~40代の大人の男性から特に支持を集めています。
しかしややカジュアルな雰囲気が強いブランドではあるため、仕事の業種は選んでしまいます。普段からスーツを着用するような方は避けたほうが良いでしょう。
逆に普段から私服通勤やラフな格好で移動される男性にはおすすめです。

手頃な価格帯でブランドのイメージも悪くないので、大人向けのカジュアルでスポーティーな雰囲気の財布をお探しの男性はディーゼルからお探しください。

Kentino
特にブランドにこだわりのない方はディーゼルの財布から探しておいて問題ありません。それぐらい多くの男性が愛用している定番ブランドです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

無難な財布を選びたいならこのブランド!落ち着いた雰囲気とリーズナブルな価格帯が魅力

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
素材:牛革
価格の目安:¥10,000~¥20,000
大人の男性から愛される日本を代表するファッションブランドの「タケオキクチ」。
特にシンプルな格好を好む大人の男性から支持されており、リーズナブルな価格帯の財布が多いので、予算を1万円程度でかんがえている方にはぴったりです。
革本来の表情を活かしたヴィンテージ風の財布からシンプルなデザインの財布など、種類も豊富に取り揃ているので、手が出しやすいブランドと言えます。

革製品をメインに取り扱うブランドの財布と比較すると経年変化を感じづらい部分はありますが、皮革初心者には逆に扱いやすいため、レザー財布の入門ブランドとしてはおすすめです。

Kentino
「デザインが単調」「どこにでもありそう」といった口コミ等も見かけますが、持つ人を選ばずオン・オフ問わず使える点から考えると口コミはそこまで気にしなくても大丈夫です。

誰もが憧れる。ハイブランドのメンズ財布ブランド6選

続いては高級感と上品な雰囲気はまさに大人の男にぴったりなラグジュアリーブランドやハイブランドを6選ご紹介します。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUTTON)

所持率・知名度ともにトップ選手。みんなが持っていても欲しくなる。それがルイ・ヴィトンの魅力

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:レザー
価格の目安:¥90,000~¥100,000

グッチやシャネルなどの世界的なハイブランドと比較しても圧倒的な差で所持率・知名度ともにトップランナーのルイ・ヴィトン。

ルイ・ヴィトンは、ダミエやモノグラムといったファッションに詳しくない人でさえも知っている有名なデザインが多く、そのデザインらを使った財布のバリエーション数はおそらくハイブランドではトップ。

しかし大人の男性がダミエやモノグラムといった少し派手な財布を所持しているとイメージダウンしかねないので、落ち着いた雰囲気のエピやブランドロゴがシンプルにあしらわれた財布を選んでください。

また、カードケースも豊富なので、普段からカードの所持率が多い方はルイ・ヴィトンの長財布がおすすめです。

Kentino
筆者もルイ・ヴィトンの財布を愛用していますが、エピ以外のデザインの財布は購入直後、レザーが硬いため、カードの出し入れが少しやりにくいなといった印象がありましたが、使い慣れていくとレザーも馴染み、出し入れも安易に行えるので、購入直後が少しだけ辛抱してください。

サン・ローラン(SAINT LAURENT)

『モードの革命児』らしくハイセンスな雰囲気を演出するイタリアを代表するブランド

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
素材:牛革
価格の目安:¥60,000~¥100,000

『モードの革命児』『モードの帝王』と称された、ムッシュ・イヴ・サンローランにより設立されたラグジュアリーブランドです。

こだわりの強い人や他の人と被りたくない大人の男性から支持を集め、高級感と洗練された雰囲気が魅力です。

お洒落が好きな男性からするとサン・ローランはとにかくモードでカッコいいとイメージが強くシンプルで洗練された雰囲気が魅力なので、ジャケットといったキレイめなアイテムとの相性も良いです。

サンローランは長財布・二つ折り財布どちらも販売していますが、男性からは長財布の方が人気が高い傾向にあります。

Kentino
モードの帝王と言われているだけあってスーツとの相性が非常に良いです。普段からスーツを着用する機会の多い方やビジネスマンは、選択肢に入れておきましょう。

バーバリー(BURBERRY)

嫌味なくハイブランドの財布を愛用したいならバーバリーがおすすめ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:牛革
価格の目安:¥60,000~¥100,000

バーバリーを知らない人でも一度は目にしたこともあるであろうベージュにチェック柄こそ、バーバリーの代名詞でもあるバーバリーチェック柄です。

一方バーバリーがメンズ向けに展開する財布のデザインは、シンプルなものが多いため、オン・オフ問わず愛用できるものばかり。ファッションはあまり知らないけど、ブランド物の財布が欲しい男性にもおすすめです。

ラウンドファスナータイプよりも長財布の二つ折り財布の方がより大人っぽい雰囲気なので、ビジネススーツにも合わせるなら二つ折り財布をお選びください。

様々なレザーを使用していますが、特に高級感漂うグレイニーレザー素材は、エンボスされたブランドロゴが目を惹き、高級感を演出してくれるので、大人の男性に相応しい財布と言えます。

Kentino
世界中で親しまれ続ける柄なだけに財布にも多用していますが、大人の男性が持ちならバーバリーチャックの総柄は避けるべきです。少し落ち着きのない子供っぽい印象になってしまうので、大人の男性はレザーの質感を楽しめるようシンプルなデザインを選びましょう。。

プラダ(PRADA)

傷や汚れに強くいつまでも綺麗な状態を保てるサフィアーノレザーを使用

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代
素材:サフィアーノレザー
価格の目安:¥60,000~¥100,000

『プラダを着た悪魔』の映画タイトルにも起用される世界的ハイブランドのプラダは、皮革製品店からブランドをスタートさせたブランドです。

レザーへの定評が高く、特にサフィアーノレザーに関しては、プラダが開発したこともあって今ではプラダの代名詞にもなっています。

そんなサフィアーノレザーですが、軽量で耐久性に優れた特徴を持ち、他のレザーと比較しても汚れや傷が目立ちにくいといったメリットがあります。

経年変化はあまり期待できないものの、長い期間愛用していても新品のような雰囲気を楽しるため、清潔感を大切にする職業の方やビジネスマンからは絶大な支持を獲得しています。

型押し加工による凹凸は、エレガントでありながらスタイリッシュな雰囲気を演出してくれるので、スーツとの相性が良いため、ビジネスマンには特におすすめしたい財布です。

長財布・二つ折り財布どちらも展開していますが、プラダは二つ折り財布の方が人気となっています。

Kentino
シンプルにロゴをあしらったデザインは、所有者をワンランク上の魅力的な男に変えてくれます。30代以降の男性で毎日スーツを着用するようなビジネスマンは、必ず選択肢に入れておきたいブランドです。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

一度見たら忘れないユニークな編み込みデザインで有名。大人のさりげない個性出しならこのブランド!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:牛革
価格の目安:¥60,000~¥100,000

「グッチ」や「ブルガリ」といった世界的な高級ブランドが軒を連ねるイタリア出身のハイブランドです。

一目みたらボッテガ・ヴェネタの財布だ!と分かる印象的な編み込みデザイン(イントレチャート)。実はこれイタリアの職人が一つずつ丁寧に手作業で制作しています。

そのため、機械では絶対に出せない味わい深さや奥ゆかしいさを感じることができます。

フォーマルし過ぎず、かといってカジュアル過ぎない丁度良い具合いの雰囲気なので、ビジネス・休日問わず幅広いシーンで使えるのもボッテガ・ヴェネタの財布の魅力でもあります。

デザイン性だけではなく、機能性もしっかり考えて作られているので、長財布も二つ折り財布も使い勝手抜群です。

デザインだけでなく機能性も抜かりない。まさに仕事の出来るビジネスマンにぴったりのブランドです。

Kentino
イタリア男らしいセクシーで魅力的な雰囲気を演出するボッテガ・ヴェネタの財布。ビジネス・休日問わず使える財布をお探しの30代以降の男性におすすめです。

ブルガリ(BVLGARI)

仕事の出来る落ち着いた大人の雰囲気を演出できるブランド。シンプルなデザインは大人の男によく似合う

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
素材:カーフレザー
価格の目安:¥50,000~¥70,000

30代〜40代の大人の男性から高い支持を獲得するラグジュアリーブランドの「ブルガリ」。

大人の落ち着きと洗練された雰囲気の財布は、持つだけで仕事の出来る男の雰囲気を演出してくれます。

時計で有名なブルガリではありますが、管理職クラスの大人世代のお財布をチェックすると意外とブルガリ率が高いのも特徴。

「時計と財布は絶対にブルガリ!」というこだわりの強い40代の男性も多く、仕事の出来るビジネスマンに取っては一種のステータス化しているブランドとも言えます。

ブルガリのロゴを嫌味ない程度にあしらっているため、相手に嫌な印象を与えることなく、センスの高さをしっかりアピールできます。

30代〜40代で、ビジネスシーンで使う小物アイテムはしっかりこだわりたい、そんな男性はブルガリの財布は候補に入れておくといいでしょう。

Kentino
ブランドイメージが良いだけにさりげなくセンスの良さをアピールするには丁度良いブランドですよ!

周りと差がつく注目度の高いお洒落メンズ財布ブランド4選

感度の高い男性や世界中のファッショニスタを虜にしてやまない大注目のおしゃれ財布ブランドを4選ご紹介します。

ロエベ(LOEWE)

センスの良い雰囲気を演出できる日本でも超売れっ子ブランドの財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代前半
素材:カーフスキン ナッパレザー
価格の目安:¥50,000~¥70,000

今や日本でも超売れっ子ブランドへと成長した「ロエベ」は、スペイン発の高級レザーを取り扱うレザーブランドです。

1846年創設と意外にも歴史は古く、小さな皮革工房からスタートしたこともあり、レザーアイテムに定評があります。

ロエベでは「ナパラムスキン」やと呼ばれる非常に軽くて弾力性のあり、しかも触り心地を滑らかなラムスキンを使用しているため、財布自体の重さを感じさせないほど軽量性に優れています。

色使いや素材使いといったデザイン性ばかり注目されますが、実はスペイン王室御用達の称号を得るなど、その品質と製造技術の高さはトップクラス。

デザイン性だけではなく技術なども世界で認められたブランドの一つなので、感度の高いおしゃれな財布をお探しの男性から長く愛用できてセンスの良さをアピールできる財布をお探しの男性におすすめです。

Kentino
20代を中心に絶大な支持を集めるロエベ。少し若いかな?と感じるかも知れませんが、30代・40代男性が愛用していても周りから「あの人センス良いな」と思われること間違いなしです!

ジルサンダー(JIL SANDER)

ミニマリズムの先駆者。洗練されたシンプルで合理的な機能性で大人気

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代前半
素材:レザー
価格の目安:¥40,000~¥50,000

感度の高い男性を今虜にするブランドと言えば間違いなく「ジル・サンダー」です。

お洒落な財布を探している方やクリエイティブ関係の仕事をしている男性におすすめです。

そんなジル・サンダーの財布は、ブランドを象徴するかのような「ミニマル」なデザインが特徴。

ブランドが提案するミニマリズムと洗練されたシンプルな雰囲気を感じるデザインは、持つだけで今の雰囲気にぴったり。

ミニマリズムを提案し続けるブランドだけあって機能もシンプルです。カードスロットは必要最低限しか完備せずサイズ感も手のひらサイズ。
今流行りのミニ財布をお探しの男性はジル・サンダーの財布を候補に入れておきましょう。
Kentino
レザーの名門ブランドのような経年変化はあまり楽しめませんが、シンプルでミニマルな雰囲気は今の時代とマッチします。まわりからお洒落に思われたい男性にもおすすめです。

メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)

持っているだけでファッション好きからも一目置かれる存在。30代前後の男性におすすめ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代前半
素材:カーフスキン
価格の目安:¥30,000~¥60,000

4本のステッチデザインや印象的なカレンダータグなど、圧倒的な存在感を放つモードブランドの「メゾン マルジェラ」。

ファッションに詳しい人なら誰もが知っているであろう『白い糸で縫い付けられた匿名性を示す4本のステッチ』。

Kentino
もともとは、後から取り外すことを視野に入れて付けられ、「その服は”ブランド”という価値を取り除いても果たして本当に価値のある服なのか」「デザイナーの名前やブランドではなく服そのもので判断して欲しい」というマルジェラ自身の想いから、タグを剥ぎ取った「糸のみ」のデザインにしています。
ご紹介している財布も一目で「お!マルジェラの財布じゃん」と気づくような位置にこの4本ステッチが施されています。
メゾン マルジェラの財布の多くには、希少価値の高いカーフスキンを使用しており、購入直後から馴染みやすく、扱いやすいのが特徴。見た目も適度に光沢感があり高級な雰囲気を演出してくれます。
代表的なカレンダータグの財布と比較してもミニマルで上品な雰囲気なので、持っているだけで「あの人洋服好きなんだ」とファッション好きから思われること間違いなしのお財布です。
Kentino
人気ブランドではあるものの、ブランドの評価が良いので、愛用していて変に見られることはまずありません。

アクネ・ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)

北欧ブランドらしいミニマルで洗練された雰囲気を演出してくれるミニ財布を展開

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~30代前半
素材:レザー
価格の目安:ミニ財布で¥25,000円前後・長財布で¥40,000円前後

飛ぶ鳥を落とす勢いで今世界中のファッション好きからラブコールを受ける「アクネ・ストゥディオズ」。

シーエッジでも度々ご紹介していますが、ミニ財布から長財布まで種類豊富に展開しているブランドでもあるので、シンプルでミニマルな雰囲気、そして他の人とあまり被らない財布を持ちたい男性には特におすすめです。

スウェーデン発のブランドということもあり、北欧らしいミニマルで洗練された雰囲気を演出してくれます。

非常にソフトなレザー素材を使用しているため、購入直後から馴染みもよく、経年変化を楽しむこともできます。

Kentino
今大注目のブランドの一つなので、感度の高さをアピールするには打って付け!価格もそこまで高くないので手に取りやすい財布と言えます。

シーエッジ編集部が厳選するおすすめの財布ブランドベスト3はコレ!

本記事では大人の男性におすすめの財布ブランドをご紹介させていただきました。

中でもシーエッジ編集部が特におすすめしたい財布ブランドは

  1. ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)
  2. ペッレ モルビダ(PELLE MORBIDA)
  3. ファーロ(FARO)

の3ブランド。これら3つのブランドの財布でしたらビジネス・プライベート問わず愛用でき、シーンのTPOにもしっかり合うので、選んで後悔することはありません。

財布は何年も愛用し続ける必需品なので、後悔のないように選んでくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG