メンズショルダーバッグでおすすめの人気ブランド&モデル20選をご紹介!

こちらの記事では、メンズにおすすめのショルダーバッグ人気ブランドを20選ご紹介していきます!

リュックやトートバッグに並ぶメンズバッグの大定番といえば「ショルダーバッグ」です。

さっと肩に掛けて気楽に出かけられるショルダーバッグは男性からの人気も非常に高く、昨今は特にトレンドアイテムとしてファッションシーンでも注目度の高い存在になりました。

しかしショルダーバッグは一歩間違えると「観光地にいるパパが持ってそう」なんてイジられるリスクも!?

ここでは、絶対に失敗しない「メンズ向けのおしゃれショルダーバッグ」を選び方を合わせて徹底解説していきます。

リュックよりも便利なショルダーバッグの魅力と特徴

数多あるメンズ向けバッグの中でもショルダーバッグが優れているのは以下の5点。

  • 両手が空いて楽に移動ができる
  • サイズ感が小さいため、身動きが取りやすい
  • スッキリとしたスマートなシルエットのため、着こなしに影響しない
  • 汗やムレを気にせず一日中快適な掛け心地を提供してくれる
  • 着用したまま荷物の出し入れができ、利便性や実用性も高い

なんと言っても「軽快である」というのが大きな魅力です。

財布やスマホなど荷物は最小限だけど、ポケットに入れて持ち運びたくない。そんな男性におすすめなのがショルダーバッグと言えるでしょう。

コレで失敗しない!メンズ向けショルダーバッグの選び方

購入してから「想像していたよりもサイズが大きかった…」「荷物を詰めたらパンパンで圧迫感が気になる…」など、ショルダーバッグ選びに失敗するとありがちなことです。

そうならないための絶対に失敗しないショルダーバッグの選び方のポイントを解説していきます。

ショルダーバッグの種類と特徴

ショルダーバッグと言っても、実は様々な分類、種類に分けることができます。

どれを選ぶかによってシルエットや容量などに大きな違いがあるので、まずどの種類のショルダーバッグを選ぶかということから始めていきましょう。

以下にショルダーバッグの種類についてそれぞれ解説していきます。

ボディバッグ|ワンショルダー

一歩間違えると「旅行中の優しそうなお父さんがよく使ってるバッグ」と言われてしまうため要注意なのがこのタイプ。

しかし、そう言われるだけあって機能性は素晴らしく、デザイン選びにだけ注意すれば「最強のショルダーバッグ」となってくれるであろう逸品です。

いわゆる「肩掛けウエストポーチ」なんかもこのタイプであり、ワンショルダーと呼ばれるのはこの着用方法に特化した形状の物を指すことが多い様子です。

メリット

  • とにかく便利で荷物も十分に入る
  • 身動きが取りやすくフィット感も良い
  • 前にも後ろにも配置できる
  • 着こなしにも合わせやすい

デメリット

  • 密着感が高いため汗やムレが気になる
  • ダサいデザインだと究極にダサい

サコッシュ|ミニショルダー

人気のショルダーバッグブランド

サコッシュ、ミニショルダー、クロスボディバッグ、さまざまな呼び名があり、それぞれにルーツや形状など微妙な違いがありますが、要するに「小さいショルダーバッグ」がこのタイプ。

ポケットに入る程度の荷物を、ポケットには入れたくない。という男性におすすめです。

特に冬場はバッグストラップの上からアウターを羽織って、より洗練された着こなしを楽しむ事も可能であり、ショルダーバッグの中でも昨今特に人気の高い形状です。

メリット

  • ミニマムなサイズ感だからコーデの邪魔にならない
  • 荷物の少ないときに大活躍
  • 気軽にアクセサリー感覚として使える

デメリット

  • 人気ゆえに人と被りやすい
  • 必需品以外は収納不可
関連記事

2007年からタウンユースで爆発的に人気となったサコッシュ。 以降トレンドで終わるのかと思いきや定番バッグの仲間入りまで果たし、今では圧倒的な使用率を誇る大定番ミニバッグです。 しかし、一口にサコッシュといってもサイズや機能など[…]

メンズサコッシュブランド
関連記事

長い間タウンユースで支持されてきたバッグパック(リュック)を上回る人気ぶりを見せているのがミニショルダーバッグです。 その中でも特にレザーを使用したミニショルダーバッグが大人の男性を中心に高い支持を集めています。 本記事では、メ[…]

メッセンジャーバッグ

おすすめのメッセンジャーバッグ

メッセンジャーバッグは、もともと自転車便従事者(メッセンジャー)のために開発されたバッグです。

物の出し入れを行いやすくするために開閉口を広く作り、また、雨水を凌げるようなフラップが付くなど、実用性に優れた特徴を持ちます。

PCを含めた1日分の荷物を収納できる収納力の高さと簡単には壊れないタフで丈夫な耐久性の高さが魅力のため、通勤バッグやオン・オフ問わず使えるバッグをお探しの男性におすすめです。

メリット

  • 1日に必要な荷物を全て収納できる大容量
  • 「背負える」ため重量のある荷物の運搬も安心
  • 数あるバッグの種類の中でも圧倒的にタフで丈夫

デメリット

  • 大型なデザインが多く着こなしに合わせにくい
関連記事

コチラの記事では、メッセンジャーバッグに興味を持った方に知ってもらいたい「大定番」のおすすめブランドの中から、特に人気の高いものを厳選してご紹介いたします。 背負うように着用できるフィット感や大容量なのに整理しやすい使い勝手の良さなど[…]

ショルダーバッグの素材選び

人気のショルダーバッグブランド

ショルダーバッグ選びで落とし穴になりやすいのが素材選びです。

選択を一つ間違えると着こなしに合わせにくく、子供ぽい印象やオジサン臭い印象に仕上がってしまいます。

また、素材によって大きく雰囲気や扱い方が異なるので、大人の男性には扱いやすい「レザー」と「ナイロン」どちらか単一素材のショルダーバッグがおすすめです。

適度に光沢感があり、カジュアルにもキレイめな着こなしにも合わせられる両者を選んでおけば、まず素材選びで失敗することはありません。

注意すべきは「レザーとナイロンのコンビ」であり、これは本当に「子供と公園に遊びにきてるパパ感」が出まくってしまいます。

それでは以下で「レザー」「ナイロン」の特徴を簡単に解説していきます。

レザー素材のショルダーバッグの魅力と特徴

レザーショルダーバッグの最大の魅力は、革素材独特のエイジング・経年劣化を楽しめること。

使い込むことで自分だけの味を出すことができ、オリジナルの表情を楽しめます。

日頃から丁寧に表面を拭くなど、定期的なケアがめんどくさいですが、ケアするだけで一生つきあえる素材にもなるので、モノを大事に長く使いたい男性におすすめです。

ナイロン素材のショルダーバッグの魅力と特徴

堅牢な素材として知られるナイロン素材は、非常に軽くまた雨にも強い特徴を持つため、とても実用的です。

ナイロンショルダーバッグの最大の魅力といえば、洗濯も可能で用途やシーンを選ばない使い勝手の高さ。

ガンガン使いこんでも簡単に壊れることはなく、汚れたら洗濯することもできるので、扱いやすい素材と言えます。

用途やシーンを選ばずに使用できるショルダーバッグをお探しの男性には、ナイロン素材のショルダーバッグをおすすめします。

ショルダーバッグのおすすめ人気ブランド20選がコチラ!

まかり間違っても「観光地にいるお父さんみたいなバッグだね」なんて言われない。

今人気のおしゃれショルダーバッグを展開するブランドとそのモデルを厳選して20種類ご紹介致します。

  1. ディッキーズ(Dickies)|ロゴテープ スクエア ショルダーバッグ
  2. グレゴリー(Gregory)|クイックポケットM
  3. シュプリーム(Supreme)|18ss ショルダーバッグ
  4. スリーコインズ(3COINS)|スクエアショルダーバッグ
  5. マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)|シティライトバッグ
  6. アークテリクス(ARC’TERYX)|マンティス2
  7. カンゴール(KANGOL)|ネオンカラーロゴベルト
  8. ニコアンド(niko and …)|オリジナルメッシュスクエアミニショルダーバッグ
  9. スラッシャー(THRASHER)|THRSG123
  10. ブリーフィング(BRIEFING) |AT-ネオ フラップポーチ トール
  11. ポーター(PORTER)|コッピ サコッシュ
  12. コートエシエル(cote&ciel)|KUB Sleek
  13. ミルクフェド(MILKFED.)|メッシュポケットショルダー
  14. ベルーフバゲージ(beruf baggage)|brf-GR02 / ZIPPY 2.0
  15. エアー(Aer)|Go Sling
  16. ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)|ビッグボップ
  17. バッハ(BACH)|アクセサリーバッグ M
  18. ケルティ(KELTY)|ヴィンテージ・フラット・ポーチS
  19. ノースフェイス(THE NORTH FACE)|エコクロスバッグ
  20. カーハート(carhartt)|エッセンシャル​バッグ

機能や性能も重要ですが、やっぱり見た目が最優先!

ぜひ好みのショルダーバッグを見つけていただければと思います。

ディッキーズ(Dickies)|ロゴテープ スクエア ショルダーバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約5L
参考価格:¥3,000前後

おすすめポイント

  • カジュアルベーシックなブランドイメージ
  • コーデしやすいスタンダードなルックス
  • 「ちょうどいい」容量の大きさ

グレゴリー(Gregory)|クイックポケットM

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約8L
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • アウトドアバッグブランドらしいクオリティ
  • 大人カジュアルなデザインバリエーション
  • 機能的で使い勝手の良いスペック

シュプリーム(Supreme)|18ss ショルダーバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約5L
参考価格:¥30,000前後

おすすめポイント

  • ショルダーバッグブームの火付け役
  • 現代的なコーデの主役になれるブランドバリュー
  • 大人カジュアルなルックスと適度なハイブラ感

スリーコインズ(3COINS)|スクエアショルダーバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約3L
参考価格:¥300前後

おすすめポイント

  • SNSで話題な「今人気のショルダーバッグ」といえばコレ
  • 圧倒的な低価格を実現したハイコスパ商品
  • 質感の良い合成皮革が大人カジュアルなルックス

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)|シティライトバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • カジュアルベーシックな大人のブランドイメージ
  • アクティブなのに綺麗めなルックス
  • 太めのショルダーストラップが快適な着用感

アークテリクス(ARC’TERYX)|マンティス2

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約5L
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • 「最優秀ショルダーバッグ」と評される名作
  • 洗練された大人っぽさとスマートさのあるルックス
  • ハイエンドなアウトドアブランドの良質なイメージ

カンゴール(KANGOL)|ネオンカラーロゴベルト

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約3L
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • 「おしゃれな人が持っている系」のブランドイメージ
  • トレンド感のあるタイポグラフィ系ストラップ
  • カンガルーロゴが程よい抜け感を演出

ニコアンド(niko and …)|オリジナルメッシュスクエアミニショルダーバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約3L
参考価格:¥3,000前後

おすすめポイント

  • 「おしゃれな男性」が目をつけている注目のブランド
  • スマートで洗練された大人カジュアルにおすすめ
  • トレンド感のあるルックスを嫌味っぽくなく再現

スラッシャー(THRASHER)|THRSG123

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • 価格とビジュアルのバランスが取れた人気ブランド
  • ストリート系やカルチャー系のスタイルに最適
  • 定価の半額以下で購入できる店舗も多数存在

ブリーフィング(BRIEFING) |AT-ネオ フラップポーチ トール

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • ビジネスカジュアルで良質なブランドイメージ
  • 素材や作りの良さに定評のある本格派のクオリティ
  • 「大人のショルダーバッグ」を探している男性におすすめ

ポーター(PORTER)|コッピ サコッシュ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約1L
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 圧倒的な人気を誇っているサコッシュスタイルのショルダー
  • 素朴でカジュアルな印象が程よい抜け感
  • トレンドのスタイリングに合わせやすい注目モデル

コートエシエル(cote&ciel)|KUB Sleek

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥15,000前後

おすすめポイント

  • テック系の新しい物好きから大絶賛される逸品
  • ストラップを取り付けてショルダーバッグとして使用可能
  • リストバンドのように腕を通して持ち運べるユニークな作品

ミルクフェド(MILKFED.)|メッシュポケットショルダー

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約3L
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • 女性向けなイメージだが感度の高い男性からも人気
  • ストリートスタイルを踏襲したトレンド感の強いデザイン
  • ジェンダーレスなスタイリングを楽しみたい方におすすめ

ベルーフバゲージ(beruf baggage)|brf-GR02 / ZIPPY 2.0

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 自転車系の良質なブランドイメージ
  • スタイリッシュなビジネスマンにも愛用者多数
  • 洗練されたデザインとハイクオリティな設計

エアー(Aer)|Go Sling

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥9,000前後

おすすめポイント

  • テック系を愛するビジネスマンから人気のブランド
  • 価格に見合った上質な作りと洗練されたデザイン性
  • 使い勝手の良さと拡張性の高さが人気のポイント

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)|ビッグボップ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約3L
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • おしゃれバッグの代名詞的な絶対王者のブランド
  • ミリタリー&アウトドアで絶大な信頼を獲得
  • ブランドイメージとクオリティに対して抜群のコスパ

バッハ(BACH)|アクセサリーバッグ M

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約5L
参考価格:¥3,000前後

おすすめポイント

  • 感度の高い男性たちが注目するネクストトレンド
  • シンプルなスタイルがポーター等に飽きた方々を魅了
  • パラコードによるミニマルな作りのショルダーバッグ

ケルティ(KELTY)|ヴィンテージ・フラット・ポーチS

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約1L
参考価格:¥3,000前後

おすすめポイント

  • 本格アウトドアバッグを手がけるブランドのサコッシュ
  • シンプルでありながら使い勝手に考慮された設計
  • 上質な素材使いとリーズナブルな価格が魅力

ノースフェイス(THE NORTH FACE)|エコクロスバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約5L
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 泣く子も黙るアウトドアブランド界の絶対王者
  • さまざまなファッションブランドとのコラボにも抜擢
  • シンプルでありながら昨今のトレンドにマッチした形状

カーハート(carhartt)|エッセンシャル​バッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:約2L
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • ネクストトレンドとして注目される人気のワークブランド
  • ブラウンやウィート系のアイテムを探している男性は要チェック
  • 都会的なカジュアルワークを踏襲した高いデザイン性

編集部が厳選するショルダーバッグのおすすめベスト3はコレ!

本記事では【男性向けメンズ用おすすめショルダーバッグと人気ブランド】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が使い勝手の良さや合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. ディッキーズ(Dickies)|ロゴテープ スクエア ショルダーバッグ
  2. グレゴリー(Gregory)|クイックポケットM
  3. マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)|シティライトバッグ

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーディネートにに合うショルダーバッグを見つけてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG