20ヶ国旅してきたトラベラーが選ぶ。飛行機の時間を快適にする便利グッズ特集

10代の時にはじめて海外旅行に行ったのをきっかけにすっかり旅に魅了された筆者は、計20ヶ国30都市に旅してきました。

社会人になった今もノマドワーカーのメリットを利用して年に10ヶ国以上旅しています。

そんな生粋の旅好きの筆者が選ぶ「機内時間を快適するおすすめ便利グッズ」を10選ほどご紹介します。

Kentino

 

本記事で紹介しているアイテムは、普段筆者が実際に機内で愛用しているアイテムしか紹介していません。またその中でも特におすすめしたいモノをピックアップしているので、機内時間を快適に過ごしたい方は必見の内容となっています!
関連記事

筆者は実に15ヶ国以上も旅をし昨年だけでも8ヶ国も旅をするほど大の旅好き。 そんなトラベラーの僕が推薦する【海外旅行におすすめのリュック10選】をご紹介! 本記事でご紹介している10選は、僕が実際に旅先で愛用しているモデルからまわりの旅[…]




機内時間を快適するおすすめ便利グッズ10選

飛行機はパスポートさえあれば誰でも搭乗することができるので、本記事でご紹介する機内グッズは別に無くても困りません。でもあると格段に機内時間を快適に、そしてリラックスして過ごせるためぜひ一度使ってみてください!

機内時間を快適するおすすめ便利グッズ10選
  1. ネックピロー
  2. スリッパ
  3. 吊るせるポーチ
  4. 気圧変化対応耳栓
  5. マウスウォッシュ
  6. エアークッション
  7. フットレスト
  8. パスポートケース
  9. マスク
  10. マスクケース

ネックピロー

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥4,000~6,000

もはや必需品ともいえる『ネックピロー』。筆者もフライト時間が5時間以上の際は、かならずネックピローを持っていきます。

ネックピローを使用すると安定した眠りを手に入れることができ、機内時間のストレスを大幅に軽減してくれます。

無印良品やノーブランドといった安いネックピローを愛用している人もいますが、正直ネックピローは良いモノを愛用しましょう。

みなさんの中に『ネックピロー』を使用して逆に‘‘首が痛くなった‘‘という方もいるのでは?

Kentino

 

実際に筆者も値段を抑えたくて安いネックピローを使用したのですが、首が痛くなるどころか肩も凝ってしまい逆効果だったという経験があります…

その後に購入したやや値段は高いけど素材や品質が優れているネックピローは、首も痛くならず機内でも快適に眠れることができました。

なので『ネックピロー』は高級なモノを買うべきなのです。

良いモノといっても5000円ぐらいで購入できますし、長期間愛用すると考えるとコストパフォーマンスにも優れていると思います。

Kentino

 

安定した睡眠を確保できるうえに降機した時の疲労感もないので、少し良いモノを買って快適性を買う価値は十分にあると思います。

筆者のおすすめは、上記で紹介したカブー(Cabeau)のネックピロー。騙されたと思って一度愛用してみてください!

Kentino

 

以下の記事では本当におすすめしたいネックピローを徹底解説!日頃から長時間のフライトが多い筆者だからこそ感じるネックピローのメリットや選び方についても詳しくご紹介しています。
関連記事

旅行好きにとって旅行グッズの必需品といえば「ネックピロー」です。 年間10ヶ国以上旅する生粋の旅好きでもある筆者もパスポートと同じぐらいマストハブなアイテムです。 「ネックピロー」があるかないかだけで機内での快適性がずいぶん変わります。[…]

スリッパ(折りたたみ)

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥4,000~6,000

スニーカーなどのシューズを機内で長時間履いていると足がムレたり不快に感じたことはありませんか?

そんな方はぜひ折りたたみスリッパを持参してしてみてください。

Kentino

 

筆者もその一人なのですが、折りたたみスリッパを持参してからは足のムレや不快感を感じることもなくなり、リラックスして過ごせるようになりました!

満足度を高める機内用スリッパ選びのポイントは、「折りたためる+つま先があいているタイプ」です。

折りたためるメリットはバッグやリュックの空いたスペースに収納できること。つま先が空いているものは通常のモノと比べて際、通気性が高くなりリラックス効果が増すため、上記2点を参考に選んでみてください。

中距離のフライトの際は必ず持参したい機内グッズの一つですよ!

Kentino

 

価格は1000円前後で発売されているモデルを選ぶのが良いでしょう

吊るせるポーチ

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥1,000

リュックやバッグに収納するアイテムは分類毎にポーチなどでまとめておくのがおすすめです。

機内は隣の人との感覚も狭いので身動きが非常に取りづらくストレスを感じる方も多いです。

荷物を各ポーチでまとめておくとサッと出し入れすることもでき、人に迷惑をかけることもありません。また管理もしやすくなるので、荷物の多い方はポーチを使用するのがベストでしょう。

おすすめは「吊るせるタイプ」のポーチで、機内だけではなく滞在先のホテルの洗面所やラッグに吊るせて使えるのでとても便利ですよ!

Kentino

 

筆者も機内に持ち込む荷物は「ガジェット」「スキンケア」の2つに分けて各ポーチにまとめて管理しています。。

耳栓(気圧変化対応耳栓)

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:~¥1,000

機内で耳が痛くなる方や耳抜きしても効果のない方におすすめの『気圧変化対応耳栓』。

筆者は飛行機に乗ると毎回耳が痛くなります。一通り耳抜きに効果のある方法を試してきたのですが、下手なのか全く効果がありません…。

耳が痛くなるならまだしもあまり寝ていないときや疲れが溜まっているときは、頭も痛くなってしまうのでずっと悩んでいました。

Kentino

 

そんなときとある記事でみつけた「気圧変化対応耳栓」を愛用してから、0とは言えませんがある程度耳が痛くなることを軽減することができました!

『気圧変化対応耳栓』とは一般的な耳栓に比べて気圧の変化にも対応したハイスペックな耳栓なのです。

筆者のように耳抜きをしても痛い方や快適に睡眠したい方はぜひ試してみてください。

Kentino

 

ご紹介しているモデルはケースも付属しているので、無くすこともなく筆者も飛行機に乗る時は必ず常備しているモデルです!

マウスウォッシュ

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥1,000

機内の洗面所は狭くて不便。しかも機内の蛇口から出る水を口に入れるのはちょっと抵抗がある…って方におすすめしたいのが『マウスウォッシュ』です。

CAさんに水を持ってきてもらうこともできますが、自分のタイミングで歯磨きをしたい筆者からすると少し気が引けます。なので筆者は歯ブラシ+マウスウォッシュで歯磨きをしています。

注意したいのは機内には100ml以上の液体を持ち込むことができません。そのため100ml以下のモノを買うか、別の容器に詰め替える必要があります。

Kentino

 

マウスウォッシュって日常生活でも使えるモノなので、筆者はダイソーや無印良品などで100mlの容器に詰めるようにしていますよ!

エアクッション

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥1,000~3,000

一度使うとその快適性の虜に。騙されたと思って一度使って頂きたいグッズがこの『エアクッション』です。

Kentino

 

機内で使って良かったなぁと思うグッズの一つです。長時間のフライトのお供に最高のアイテムなので、ぜひ使ってみてほしいです!

長時間座席に座っているとお尻って痛くなりますよね…。特に狭いスペースで姿勢も自由に変えられない機内だと余計痛くなりますし、ストレスも感じやすくなります。

そんな時『エアクッション』を使用するとお尻も痛くならず快適に機内時間を過ごすことができます。

また、使わない時は空気を抜くことで小さく折りたたむことができるので、バッグやリュックの空いたスペースに収納しておけるのも嬉しいポイントです!

Kentino

 

小さいお子様のいる家族連れにもおすすめのアイテムなので、家族兼用で愛用するのもあり。

フットレスト

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥1,000~3,000

足置き場として用いられる『フットレスト』。オフィスでの利用は高くても機内で愛用する人を中々見かけませんが、間違いなくあったほうがイイ!と実際の愛用でもある筆者は思います。

Kentino

 

機内時間をリラックスするために買って良かったグッズ断トツのナンバーワン!大袈裟かも知れませんが、もう『フットレスト』なしでは飛行機には乗れません…!!

しかし一口にフットレストといっても「床置きタイプ」や「ハンガータイプ」など様々な種類があります。

筆者的にフットレストで一番おすすめのタイプは「オットマンタイプ」。

「オットマンタイプ」は床において足を乗せる以外にも、膝の上においてうつぶせで使用することも可能です。

Kentino

 

サイズ感も丁度良いですし体勢を変えて眠れるので、その日の気分や体調に合わせて足を置いたり膝に置いたりできるので、機内熟睡派の筆者には助かってます!

使わないときは空気を抜いてコンパクトに収納できるので、スペースを取ることもなく気軽に持ち運べますよ!

Kentino

 

「ハンガータイプ」は、使用できない航空会社も多いので「買ったのに使えなかった」という声をよく耳にします。購入する前に搭乗する航空会社では利用できるのか確認しておくとよいでしょう。

パスポートケース

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥1,000~3,000

別になくても大丈夫ですがあるととっても便利なのが『パスポートケース』です。

理由はパスポートと一緒にペンや航空券などを一緒に収納しておけるので、紛失防止にもなりますし出入国書類(入国審査の用紙)を書くときもケースに収納しているので、サッと取り出すことでき管理も楽!

デザインも豊富なのでスタイルに合うデザインのモノを見つけることができますよ!

マスク

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥250~1,000

機内はものすごく乾燥します。マスクをせず気づかないうちに寝てしまうと、乾燥の影響で喉を傷めたり風邪をひいてしまいます。

Kentino
筆者も13時間のフライトでマスクを忘れしまい帰国から次の日に風をひいてしまったことが…。

なので、どんなに短期移動でもマスクは必要不可欠!特におすすめなのが「蒸気でうるおいマスク」です。

マスクケース

必要度:
快適性:
満足度:
販売価格帯:¥300~3,000

持っていない方も多いようですが、これあるとめちゃくちゃ便利です。

皆さん機内で食事する際、マスクどうしてますか?

筆者も食事する際にマスクの置き場にいつも困っていました。そんな時に知ったのが『マスクケース』です。

座席の取っ手にかけている方もチラホラ見かけますが、正直不衛生って思う方も多いと思います。

Kentino
マスクケースを愛用してから置き場に困らなくなりましたし、数枚持っていくときにも活躍してくれます!

特に潔癖症の方やキレイ好きの方は愛用したほうが良いアイテムですね。


機内で快適に過ごす5つのコツ

快適グッズはもちろんですが、筆者が普段から飛行機でなるべく快適に過ごせるように心がけている5つのことをお教えします!

Kentino
心がけるだけでここまで快適に過ごせるのか…!と驚くことばかりなはず。ぜひ次飛行機に搭乗する際にお試しくださいね!
機内で快適に過ごす5つのコツ
  1. 席をリクエストする
  2. 意識的に席を立つ
  3. ラフでゆったりとした服を選ぶ
  4. 便利グッズを活用する
  5. 暇つぶしを用意しておく

席をリクエストする

Kentino
LCC含めて最近の航空会社は座席指定するにもお金がかかることも多くなりましたが、5時間以上のフライトはお金を払ってでも座席をリクエストするようにしています。

席をリクエストできるまたは事前に選べる場合、「通路側」を選びましょう。

通路側なら隣に座る人に迷惑かけることなく、席を自由に立てますし、CAさんも呼び止めやすいメリットがあります。

Kentino
筆者のようにトイレが近い方は課金してでも「通路側」を選択するようにしてくださね!

意識的に席を立つ

エコノミー症候群予防のためにも意識的に席を立つことを意識すると良いでしょう。

エコノミー症候群とは、窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり、足や膝が腫れてしまったり呼吸困難になってしまう病気のこと。

Kentino
邪魔にならないよう通路をちょっと歩いたりするだけでも気分転換になりストレスも溜まりませんよ!

ラフでゆったりとした服を選ぶ

移動時間関係なしに機内で過ごす洋服はパーカーやスウェットといったゆったりとたアイテムを着るようにするだけで快適さが変わります。

なのでスキニーパンツやジーンズなどは脚が疲れるので、長時間の移動には特に不向きです。

「短期旅行だから荷物を増やしたくない」という方は、ジーンズでもワイドのものにするなど工夫するだけで快適さが変わります!

Kentino
距離や時間関係なく筆者は飛行機に乗る時は、パーカーにスウェットパンツを着用するよう心がけています。フードの付いているパーカーだと被るだけで安心できるのでおすすめですよ!

便利グッズを活用する

本記事でご紹介した便利グッズを活用することで機内時間を快適に過ごすことができます。ぜひ「あ!これいいな」と思ったアイテムは試しに使ってみることをおすすめします。

「予算が…」「試しでは買うのは勿体ない」と思う方は、ダイソーなどの100均で近しいアイテムを購入するのが良いでしょう。

Kentino
筆者も勿体ないと思うこともあるので、なるべく無印良品やアマゾンで安いアイテムを購入して一度試すようにしていますよ!

暇つぶしを用意しておく

日本人は神経質な方が多いので、機内のような環境で寝られない方も多いそうです。

機内にモニターが付いていれば映画やゲームをして暇をつぶすことはできますが、LCCといったローコストの飛行機だと液晶モニターは一切付いていません…。

なので、事前にiPadやスマホにネットフリックスやHuluなどのアプリを入れて映画やドラマをダウンロードしておくのがおすすめですよ!

Kentino
筆者は離陸と同時にすぐに寝てしまうことが多い…ですが、起きている時間が少しでも退屈しないように、離陸前にネットフリックスで映画やドラマをダウンロードしておきます。
スマホは小さいので出来ればiPadなどのタブレット端末やPCが理想ですね!

まとめ

試してみたいアイテムはありましたか?

筆者も最初まわりの旅好き仲間から勧められた際、「わざわざ買うものでもないんじゃないか?」とも思っていました。

でも試しに使用してみると予想以上に快適でそれ以来手放せなくなったアイテムも数多くあります。

なので、本記事を読んでくださっている皆さんも気になる機内グッズがあれば試してみる価値は十分にあると思います!

Kentino
旅行に行くなら自分好みのスーツケースを使いたいですよね!以下の記事では旅行をより快適にするスーツケースをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!
関連記事

旅行をするうえで欠かせないのがスーツケースです。一口にスーツケースといっても多種多様なモデルがあり、また機能や性能も異なります。 せっかく買うなら自分にとって最適なスーツケースを選びたいですよね? そこで本記事では、【スーツケースの選び方や[…]

最新情報をチェックしよう!