【20ヶ国以上旅してきたトラベラー推薦】2020年におすすめのスーツケースブランド14選。

旅行をするうえで欠かせないスーツケース。

様々なブランドから発売されていますが、一見どれも同じように見えてしまい自分に合うモデルが分からない。そんな男性も多いでしょう。

そこで本記事では【2020年におすすめのスーツケースブランド14選】そして【スーツケースの選び方や購入前に知っておいて得すること】について解説しています。

どこのサイトよりもリアルな声や実際の体験を基におすすめのモデルや選び方について解説しているので安心してお選びください。

Kentino
トラベラー推薦のおすすめブランドや絶対に失敗しない選び方など、スーツケース選びに迷われている方は読んで損はしない内容となっています。

スーツケースは全3種類

スーツケースは全3種類
ハードケース 海外旅行や出張におすすめ
ソフトケース 国内旅行や帰省時におすすめ
キャスター付きタイプ 東南アジアやヨーロッパなど複数旅行される方におすすめ
Kentino
以下ではそれぞれ3種類の特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説しているので、まだ種類を選びきれていない男性はご覧ください。

ハードタイプ

ハードタイプのメリット・デメリット
  • 防水性に優れているから悪天候でも中身の荷物に影響がない
  • 衝撃に強いから中身の荷物も壊れず安心
  • 重量も重たく持ち運びにくい
  • 両面開閉が多いため、狭い場所で開くことができない
  • ボディに傷やへこみができやすい

収納した荷物の安全性を重視するなら間違いなく「ハードタイプ」のスーツケースがおすすめです。

ハードタイプのスーツケースは、「アルミ合金」「ABS樹脂」「ポリカーボネート」などの硬い素材をボディに使用しています。

そのため、非常に頑丈で外部から強い衝撃が加わったとしても中に収納した荷物を守ることができます。

特に海外に旅行される方や壊れやすい荷物を収納する方は「ハードタイプ」を選びましょう。

Kentino
空港会社にもよりますが僕の経験上、スーツケースを乱雑に扱う航空会社も多いので、収納した荷物をしっかり守りたい方は「ハードタイプ」のスーツケースがおすすめです。

ソフトタイプ

ソフトタイプのメリット・デメリット
  • 繊維でできているから伸縮性に優れており、嵩張るお土産類も詰め込める
  • 「ハードタイプ」に比べ軽量だから持ち運びしやすい
  • 外部ポケットも多いため地図や航空券など、スムーズに出し入れを行える
  • モデル数が限られる
  • 耐水性に弱いため雨天には注意が必要
  • デザイン性に怠る
  • キャスター部分の耐久性に少々問題あり

軽さや持ち運びのしやすさを重視する方は「ソフトタイプ」のスーツケースがおすすめです。

表面が柔らかく柔軟性のあるナイロンやポリエステルといった衣服にもよく用いられる耐久性に優れた素材を使用しています。

「ソフトタイプ」最大のメリットは、軽量・持ち運びしやすい・片面開きの3点。

繊維で作られているので、「ハードタイプ」に比べても非常に軽くその分より重たい荷物を収納することができます。

また、全面開きの「ハードタイプ」に対して「ソフトタイプ」は片面開きのモデルが多いので、狭い場所でも開けるのでとても便利です。

国内旅行や帰省に使えるスーツケースをお探しの男性におすすめです。

Kentino
軽量で持ち運びしやすいので、家族での帰省時や国内旅行に最適です。

キャスター付きタイプ

ソフトタイプのメリット・デメリット
  • 転がしたいときに転がせるから肩や首に掛かる負担が減る
  • 路面が悪い所では背負えるから移動が楽
  • サイズや容量に限りがある
  • 素材はバッグパックと同じだから雨天に弱い

体力に自信のある方や東南アジアやヨーロッパなど、道が綺麗に舗装されていない地域を旅行される方におすすめの「キャスター付きタイプ」。

スーツケースとリュック、両者のいい所取りの「キャスター付きタイプ」。キャスター付きリュックや2wayスーツケースなどとも呼ばれています。

「キャスター付きタイプ」の魅力は何と言ってもシーンや場面に応じて「転がす」「背負える」このできる2WAY仕様であること。

そのため、空港内では転がし、人の多い街中や転がしにくい道路では背負うことができるのでとても便利です。

Kentino
ヨーロッパや東南アジアなどは、道が綺麗に舗装されていないことや石畳も多いので、背負うことのできる「キャスター付きタイプ」はおすすめです。ただし全ての重量を肩で背負うことになるので、体力に自信のある男性限定です。

スーツケース選びのコツ・ポイント

スーツケース選びのコツ・ポイント
Kentino
トラベラーでもある筆者がおすすめするスーツケースの選び方のコツについて解説していきます。以下で解説していることさえ守れば、失敗することなく自分にぴったりのスーツケースを見つけることができますよ!

日数に応じた容量・サイズを選ぶ

Kentino
まずは最初に宿泊日数に応じた容量とサイズ選び方です。以下の表はブランドやモデルによって若干異なるので目安程度にご確認ください。
宿泊日数に応じた容量・サイズ
宿泊日数 容量・サイズ
1泊~3泊 Sサイズ・~35L
2泊~4泊程度 Mサイズ・36L~50L
1週間前後 Lサイズ・51L~80L
長期滞在・留学 LLサイズ以上・80L~
Kentino
経験上、最も使いやすいサイズ・容量は『Mサイズ・36L~50L』です。このサイズなら無駄な荷物を持っていかない意識が付きますよ!

収納力の確認

ビジネスマンにおすすめスーツケース

サイズ・容量が決まったところでお次は内部の収納力の確認を行いましょう。

「スーツケースの内装なんてどれも同じでしょ」と思う方もいますが、ブランド・モデルによって内装も変わり収納力に大きく影響します。

行く土地や国・季節によって持ち運ぶ荷物の量は変わりますが、毎回持ちだす荷物のサイズや量は予め想定できますよね。

また、普段から海外に荷物を多く持ち運ぶ方は、荷物の量やサイズによってマチ幅を自由に変え、容量を拡張することのできる『エキスパンダブル機能』付きのスーツケースを選びましょう。

『エキスパンダブル機能』付きのスーツケースなら現地ので購入した嵩張るお土産類も収納できるので便利です。

開閉方法は『ファスナー』『フレーム』の2種類

ビジネススーツケース

スーツケースの開閉方法は「ファスナータイプ」と「フレームタイプ」の2種類が存在します。

両者メリット・デメリットがあるので以下の表をご覧になりつつご自身の好みの開閉方法をお選びください。

「ファスナー」「フレーム」のメリット・デメリット
ファスナー フレーム
  • 軽いから本体の重量を抑えられる
  • 『エキスパンダブル機能』は、ファスナータイプのみ
  • ファスナーだから開閉に場所を選ばない
  • 「フレーム」タイプに比べ価格を抑えられる
  • 型崩れしにくく衝撃にも耐えられる
  • 頑丈だから防犯性能に優れている
  • 型崩れやシワの付きやすい衣服・スーツの収納に適している

 

  • 収納した荷物に衝撃が伝わりやすい
  • お酒の瓶や液体収納には不向き
  • カッターなどの刃物で簡単に切断できるため、防犯性能に怠る
  • 金属フレームを使用しているため重量が増える

 

 

 

Kentino
筆者はどちらも使用した経験がありますが「ファスナータイプ」に比べ「フレームタイプ」のほうが長持ちする印象があります。

軽量・強度の確認

安いスーツケース

航空会社によっても異なりますが、それでも年々重量制限が厳しくなってきており、規定の重量を超えると超過手荷物料金と超過料金を支払わなくてはいけません。

だからこそスーツケース本体の重量は意識して選びましょう。

最も使いやすいサイズ・容量の『Mサイズ・36L~50L』で例えるならスーツケース本体の重量は4キロ以内のモデルを選びましょう。それ以上重いモデルを選ぶのは損です。

また、最近では軽量モデルも数多く販売されており、『Mサイズ・36L~50L』では3キロ以内のモデルが全て軽量と判断して良いでしょう。

Kentino
本体の重量を抑えることができるとその分お土産などの荷物の重さを気にしなくなるので、帰国前の重量に対する不安やストレスもなくなります。
 

デザイン性

プライベートでの旅行なら自分好みのデザインや少しお洒落なカラーリングでも◎。

ビジネスやフォーマルなシーンでの使用ならデザインもカラーもベーシックなもののほうが嫌味なくビジネススーツにも合わせられます。

ライフ・ワークどちらでの使えるものなら、「グレー」「シルバー」「ブラック」のデザインも主張のあまりないものを選びましょう。

関連記事

本記事は出張に多いビジネスマン必読!【おすすめのビジネススーツケース10選】をご紹介します。 数あるスーツケースの中でも出張に適し、ビジネススーツにも合わせやすいモデルを中心にご紹介しているので、出張の多い男性やオン・オフ問わず使えるスー[…]

ビジネススーツケース

機内持ち込みサイズについて把握しておこう

機内にスーツケースを持ち込む場合、各航空会社が定めた規定内にサイズを収める必要があります。

その規定を超えてしまった場合、どんなことであろうともお預け荷物になるので、予めサイズのご確認と搭乗する各航空会社の規定サイズを確認しておきましょう。

Kentino
以下の記事では【おすすめの機内持ち込み可能スーツケース10選】をご紹介しています。機内に持ち込めるスーツケースをお探しの男性はご覧ください。
関連記事

小型スーツケースや出張など荷物の少ないときや壊れやすい荷物などなら機内に持ち込めるほうが安心で楽ですよね。 また、空港でスーツケースを預けると『荷物引取りターンテーブル』で待たないといけないので面倒くさい方も多いでしょう。 そこで本記事で[…]

以下の表には主な航空会社のサイズを記載しているのでご確認ください。

航空会社 サイズ
 
JAL(日本航空)
100席未満  
3辺合計100cm以内
幅45×奥行35×高さ20cm以内

JAL(日本航空)
100席以上
3辺合計115cm以内
幅55×奥行40×高さ25cm以内

ANA(全日空)
100席未満
3辺合計100cm以内
幅45×奥行35×高さ20cm以内

ANA(全日空)
※100席以上
3辺合計115cm以内
幅55×奥行40×高さ25cm以内

エアアジア(LCC)
幅56×奥行36×高さ23cm以内 
Kentino
重量に関しては『JAL』『ANA』は10キロ『エアアジア』は7キロとなっています。

【定番】おすすめのスーツケースブランド

【デザイン重視】お洒落なスーツケースブランド
ブランド名 品質 デザイン 販売価格 総評

RIMOWA

S S ¥40,000~ S

SAMSONITE

¥40,000~

TUMI

 S  ¥60,000~  A

無印良品

S A  ¥15,000~ A

LOJEL

おすすめ スーツケース

A S  ¥20,000~ A

INNOVATOR

A S ¥30,000~ A

SUNCO

A B  ¥15,000~ A

GRIFFIN LAND

A B ¥10,000~ A

AmericanTourister

A A ¥10,000~ A

ace.

A B ¥10,000~ A

リモワ(RIMOWA)

欠点の少なさが魅力のスーツケースブランド界の絶対王者。

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥40,000~
公式サイト:Rimowa

ドイツブランドらしい合理的で高品質なスーツケースを販売するドイツが世界に誇るスーツケースブランドの「リモワ」。

時代・消費者に合わせた最適な素材とパーツを駆使し常に時代を牽引してきたスーツケースブランド界の絶対王者です。

スーツケースとして非常に高品質な作りが魅力のため、イイものを長く使いたい大人の男性にぴったりのブランドです。

また、サイズやカラー展開も非常に豊富で、機内持ち込みサイズから1週間用の大型モデルなどご自身のライフスタイルに合ったお気に入りのモデルも見つかります。

サムソナイト(SAMSONITE)

スーツケース選びで一切の妥協をしたくない男性におすすめ

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥40,000~
公式サイト:samsonite

100年以上の長きに渡り、ライフスタイルや旅行者のニーズに応え、機能とデザイン性の高いトラベルグッズを販売してきた「サムソナイト」。

スーツケースのシェア率では世界でもトップクラス。その人気を支える魅力は「卓越された機能性」と「何年も使い続けられる耐久性」の高さです。

また、旅行者のニーズや目的は人によって変わります。しかし「サムソナイト」は、その全てのニーズを満たすために豊富なラインナップを用意しているので、必ず自分の目的やニーズに合った最適なスーツケースを見つけられます。

スーツケース選びで一切の妥協をしたくない男性には最適のブランドです。

Kentino

以下の記事では【サムソナイトでおすすめのスーツケース10】選を厳選してご紹介しています。欠点の少なさと扱いやすさ、そして豊富なラインナップが魅力のブランドです。必ずご自身に合う最適なモデルを見つけられるでしょう。
関連記事

スーツケースを選ぶ際に必ずおすすめされる「サムソナイト」は、欠点の少なさと扱いやすさ、そして豊富なラインナップが魅力のブランドです。 しかし、どれを選んで良いのか分からない。そんな男性のために本記事では、【サムソナイトでおすすめのスーツケ[…]

トゥミ(TUMI)

ビジネスマン御用達スーツケースブランド

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥60,000~
公式サイト:tumi

「トゥミ」は1975年の創業以来、卓越した機能性とデザイン美を追求したキャリーケースやビジネスバッグを販売するトラベル・ライフスタイルブランドです。

そんなビジネスパーソン支持率ナンバーワンブランドのスーツケースは、計算された機能性が魅力。

内部はビジネススーツやシャツ類を綺麗に収納できる小分けになった仕切りポケットを完備。

通常のスーツケースと比べてもスーツを収納することに特化した仕様となっているので、出張の多い男性には特にその使い勝手の良さを実感して頂けます。

シワの気になるシャツやネクタイ等も固定して収納できるので、たとえ大きな衝撃が加わったとしても綺麗な状態をキープできます。

また、「TSAロック」といった防犯性能に優れた機能も搭載しているので安心して預けることもできます。

デザインもビジネススーツに合わせやすいシックな雰囲気。仕事のデキる大人のビジネスマンに相応しいスーツケースです。

無印良品(MUJI)スーツケース

使用者に安心感を当たるような機能が目白押し。

muji

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥15,000~
公式サイト:muji
今巷で噂のスーツケースと言えば、「無印良品」のスーツケース。
知らない方も多いようですが「無印良品」は種類豊富にスーツケースを販売しており、約2万円前後とコスパも抜群。
同ブランドのスーツケースの魅力は、日本人視点のかゆいところに手が届く機能性とクオリティの高さ。
2017年に大幅にリニューアルされ、より一層使いやすく旅行者の間ではスーツケースの王様「リモワ」超えとまで言われています。
無印良品スーツケース
キャリバーの高さを自由自在に変えられるところやキャスターストッパーがより手に届きやすい場所にあるなど、使用者に安心感を当たるような機能が目白押し。
スーツケース おすすめ
スーツケースの品質の違いはキャスターに出るとも言われていますが、「無印良品」のモデルは、キャスターのサイズを40mmから50mmに変更しより大きくなりました。ヨーロッパや東南アジアなどの、道が整備されていない地域でも安定した走行と静音でストレスを緩和してくれます。
2万円以下で購入できるスーツケースとしては、スーツケースブランドを超えて最も使いやすいとシーエッジ編集部も太鼓判を押します。
人を選ばないシンプルなデザインなので、ご家族と兼用で使えるスーツケースをお探しのお父さん世代におすすめです。

ロジェール(LOJEL)

大型モデルでは珍しいフロントオープン開閉を採用。

おすすめ スーツケース

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥20,000~
公式サイト:lojel
1989年に日本で誕生した「LOJEL」は、企画やデザインをカナダで行い生産を中国で行い世界30カ国で展開するスーツケースブランドです。
「Let Our Journeys Enrich Life(旅で人生を豊かにしよう)」をコンセプトにお洒落なデザインと機能性が特徴のスーツケースを販売しています。
まだ、日本では知られてはいませんが、東急ハンズなどでは他の人気ブランドを抑え、広いスペースで紹介されており、今後日本でも流行るネクストブレイクスーツケースブランドです。
そんな「LOJEL」では、「モードカジュアル」「モードフレックス」「モードルークス」の3つのスタイルに当てはめ非常に多くのラインナップとなっています。
特に男性におすすめの「モードルックス」は、ビジネスシーンにも相応しいモデルを取り揃えており、どれも機能的で耐久性も抜群。
大型のスーツケースは基本オープン開閉のモデルが多い中、本モデルのようにフロントオープンと言ったこれまでにどのモデルにも似ていないデザインが魅力です。
これなら狭いスペースや空港内でも心おきなく荷物の整理ができるので嬉しい機能ですよね。
デザインもモダンで個性的なルックスなので、一生の思い出に残る旅行をより素晴らしい体験にしてくれること間違いありません。
他の人と被りたくない。これから日本で流行るスーツケースを使いたい。そんなお洒落に敏感な男性におすすめです。

イノベーター(INNOVATOR)

お洒落スーツケース代表。豊富なカラー展開から自分好みの色合いを!

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯: ¥30,000~
公式サイト:innovator

1971年スウェーデンで誕生した家具メーカーの「イノベーター」。ブランド名こそまだ知られていませんが、スウェーデンの国旗がデザインされたスーツケースを空港内で見かけたことのある方も多いのでは?

魅力は北欧ブランドらしい合理的な機能とデザイン。

innovator_info

内装は取り出したい荷物がすぐに分かるメッシュポケットの仕切りを完備し合理的に荷物を収納できます。また、シューズバッグやランドリーバッグに最適なトートバッグも付属で付いています。

フレームもクロスデザインと色合いを揃えることでモダンでスタイリッシュな雰囲気をより醸し出しお洒落な印象に。

「フレーム」「ジッパー」タイプとそれぞれ販売しているので、ご自身の使いやすい種類をお選び頂けます。

スタイリッシュでモダンなお洒落スーツケースをお探しの男性やトラベルシーンを彩りたい感度の高い方におすすめです。

サンコー(SUNCO)

品質とリーズナブルな価格帯がブランドの強み。信頼のおける日本スーツケースブランド

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯: ¥15,000~
公式サイト:suncoluggage

日本製の高品質と軽量を売りにする老舗鞄ブランドの「サンコー」。

ブランド本来の価値のよりも品質を求め男性やデザイン性よりも耐久性やコスト重視の旅行者におすすめのスーツブランドです。

品質は落とさずリーズナブルな価格帯で勝負できる秘密はずばり広告費。同ブランドは派手に広告を行わず商品の品質の高さで長年勝負してきました。

高品質ポリカーボネートをボディに使用し軽量と耐久性を高めた「SUPER LIGHTS」を筆頭に数多くの信頼できるスーツケースを販売しています。

高品質だけどお財布にも優しい安いスーツケースをお探しの男性には特におすすめです。

グリフィンランド(GRIFFIN LAND)

1万円以下のモデル多数!格安スーツケース代表ブランド。

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥10,000~
公式サイト:GRIFFIN LAND

格安スーツブランドをお探しなら「グリフィンランド」は必ず候補に入れておきたいブランドです。

圧倒的な価格帯で勝負する同ブランドは、あまりの安さに「すぐ壊れたりしない?」「品質に問題があるんじゃない?」と不安に感じる方の多いですがご安心ください。

「グリフィンランド」は、必ず発送前に品質の確認を行い、厳しい検査に通過したもののみ発送される許可が許されます。

実際の愛用者や口コミの評価も非常に高いため、品質に関しては特に問題ありません。

また、スーツケースは消耗品なので数年に一度買い替える必要があります。スーツケースに安さは必須と考える男性には特におすすめのブランドです。

アメリカン・ツーリスター(AmericanTourister)

1万円台から手に入る。コスパで選ぶならこのブランド!

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥10,000~
公式サイト:americantourister

手頃な価格帯な幅広い層の男性から人気の「アメリカンツーリスター」。 

スーツケースブランド定番の「サムソナイト」傘下のブランドで手軽な価格帯ながら品質の良いスーツケースが特徴です。

価格帯の目安は1万円台からと他のブランドと比べても遥かに安いので、リーズナブルで品質の高いスーツケースをお探しの男性は間違いなく候補に入れておきたいブランドです。

色鮮やかな色合いのモデルやスピーカーからインスパイアされたモデルなど、個性的なデザインが魅力です。

高級感よりかわ親しいやすい印象を持つスーツケースが多いので、ビジネスシーンよりかわプライベートシーンでも愛用におすすめです。

エース(ace.)

機内持ち込みスーツケースに一番おすすめ!

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥10,000~
公式サイト:ace.

シーエッジ編集部が機内持ち込みスーツケースで最もおすすめする「エース」は、機内に持ち込めるコンパクトなスーツケースをお探しの男性におすすめです。

同ブランドは、日本ブランドならではの美意識や心使いを感じさせる機能やデザインが特徴。

限られたスペースを活かし無駄のないよう収納できるよう計算された内装は、機内持ち込みサイズにも関わらず2~3泊の宿泊荷物を収納することが可能。

「エース」のスーツケースなら一々荷物引取りターンテーブルからスーツケースが出てくるのを待つこともなくスムーズに空港内を出られます。

また、マチ幅も広いので嵩張る衣服も楽に収納することができるので、出張にも最適です。

機内持ち込みスーツケースをお探しの男性は、ぜひ候補に入れてみてください。

【デザイン重視】お洒落なスーツケースブランド

【デザイン重視】お洒落なスーツケースブランド
ブランド名 品質 デザイン 販売価格 総評

ZERO HALLIBURTON

 S ¥60,000~   S

LANZZO

A S ¥70,000~ S

BRIEFING

A A ¥40,000~  A

GLOBE-TROTTER

 A S ¥160,000~ 

ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)

圧倒的なデザイン・機能美を誇るスーツケースの代表ブランド

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥60,000~
公式サイト:zerohalliburton

スーツケースの代表ともいえる「ゼロハリバートン」。圧倒的なデザイン美・機能美を誇り、空港内で転がす男性を見かけない日はないほど高い人気を獲得しています。

同ブランドのスーツケースの魅力はアフターサービスの充実度。

アルミ製品のスーツケースは10年、ポリカーボネートなどの樹脂製品は5年保証など、万が一破損した際もしっかりサポートしてくれるのでとても心強く安心できます。

デザインではボディと各パーツの色を揃えたモデルが多いため、まとまりのある見た目を演出してくれます。ビジネススタイルをより品のある雰囲気に変えてくれるので、出張の多いビジネスマンには特におすすめです。

ランツォ(LANZZO)

お洒落にこだわる男のスーツケースならコレ!

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥70,000~
公式サイト:lanzzo

2013年イタリアで誕生した「ランツォ」は、スタイリングとライフスタイルの向上を追求し旅に出る人のためにつくられたスーツケースブランドです。

同ブランドは『英国の認定機関の公式認定を受けた』高水準な品質のもとスーツケースを製造しているので、耐久性や品質の高さで業界トップクラス。

自動車製造の技術を機械整備に活かし美しい凹凸のボディやネジの巻き方など、頑丈でありながら滑らかなボディに仕上げています。

素材にはアルミニウムマグネシウム合金といった航空機基準のマテリアルを使用し素材もかなりこだわっています。

一度購入してしまえば長期間愛用し続けられるので、長い目でみるとコストパフォーマンスに優れていると言えます。

また、ボディ自体頑丈なので傷なども付きにくく綺麗な状態を維持して使うことができます。

イイ物にこだわる大人の男性や長期間使えるお洒落で欠点の少ないスーツケースをお探しの男性におすすめです。

ブリーフィング(BRIEFING)

ビジネスマン御用達ブランド。タフでミリタリー感溢れる雰囲気

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥40,000~
公式サイト:briefing

ビジネスマンの愛用率が非常に高い「ブリーフィング」。

日本ブランドでありながら製品の製造をアメリカで行う徹底したこだわりを持ち、愛用者から絶対的な信頼を得ているブランドです。

耐衝撃性 ・ 耐熱性 ・ 難燃性などにおいて高い物性を持つポリカーボネイトを使用。

外部から掛かる衝撃にもしっかり耐えることができ壊れることもないので、長期間使用することも可能です。

使用される各パーツは最高品質のものを使用しているので、製品自体も頑丈で長持ちしてくれます。

ビジネスマンの使用を想定して作られているので、細かなポケットや着脱式の仕切りポケットなど嬉しい機能も充実。

出張に使えるお洒落なスーツケースをお探しの男性には特におすすめです。

グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)

モダンでクラシックな雰囲気は身だしなみに気を使う男性にぴったり

人気度:
品質:
耐久性:
デザイン:
販売価格帯:¥160,000~
公式サイト:globe-trotter

1897年英国で誕生したスーツケースブランドの「グローブ・トロッター」は、身だしなみに気を使う大人の男性御用達のブランドとして今でも世界中で愛され続けられる由緒正しいブランドです。

クラシックな雰囲気とモダンな雰囲気を見事にマッチさせたデザインは、トラベルシーンをより華やかに演出し品のある品格を醸し出します。

丸みを帯びた美しいコーナ―には、ボディと同素材の『ヴァルカン・ファイバー』や『ブリティッシュレザー』を採用し経年変化も楽しめる魅力を併せ持ちます。

伝統的な英国らしい同ブランドのスーツケースは、身だしなみに気を使う大人の男性にぴったり。

お財布にも時間にも余裕のある30代以降の男性にぜひ使って頂きたいスーツケースブランドです。

まとめ

本記事では【おすすめのスーツケースブランド14選】をご紹介しました。

冒頭で解説した種類・選び方・購入前の注意点などを確認してからご自身のライフやワークスタイルに合ったスーツケースをお選びください。

Kentino
気になるブランドの詳細をもう一度確認したい方はブランド名をタップするとすぐに確認できます。
おすすめのスーツケースブランド14選

 

最新情報をチェックしよう!