大人必見。メンズにおすすめのベルトブランド20選。ビジネス~カジュアルまで幅広くご紹介

『ベルト』は毎日身に付けるアイテムだからこそ、自分に似合うモノを選んでおきたい。でも意外と難しい『ベルト』の合わせ方や選び方。

そこで本記事では【メンズにおすすめのベルト特集】とちなんで【ベルトのおすすめブランド20選と選び方】ついてご紹介。

定番ベルト〜トレンドベルトまで幅広くご紹介しているので、ぜひご自身のお気に入りのベルトを見つけてください。

Kentino
本記事を読めばご自身の探していた理想のベルトに必ず出会うことができます。ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね!




デイリーに使う小物。だから知っておきたいベルトについて

wear

デザイン一つで着こなしの印象がグッと変わる『ベルト』。

毎日身に付けるアイテムだからこそ、自分に似合うモノを知っておきたいですよね。

着こなしをミックスする装いが定番化した近年に置いて『ベルト』は、必須アイテムでもあるので、自分にぴったりの『ベルト』を見つけてくださいね!


ベルトの種類は大きく分けて7種類

ベルトの種類は7種類
ひとくちにベルトといってもその種類は全部で7種類もあります。
たとえ細くても体の中心にあるベルトはアイテムの中でも特に目につく存在です。
以下ではまずベルト7種類をご紹介していくので、まず自分はどんなモノが好みなのかある程度理解しておきましょう!
Kentino
この7種類さえ覚えておけばまず問題ありません。以下ではそれぞれの特徴について解説していくので、気になる種類をクリックしてくださいね!

プレーンベルト:1つは持っておきたい万能ベルト

wear

フォーマル・ビジネススタイル:
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

全てのベルトの原型とも言えるプレーンベルト。ドレスベルトと呼ばれており、オン・オフ問わず使える万能な種類です。

お洒落初心者やどんな着こなしにも合わせられるベルトをお探しの男性は、プレーンベルトがおすすめです。

ベルト本体の幅で印象や雰囲気が大きく変わる特徴もあり、太いプレーンベルトはデニムやミリタリーパンツ、細いプレーンベルトはスラックスなどのキレイめな着こなしに良く合います。

Kentino
どの着こなしにも合わせられる言わばベルト界の絶対王者になるので、はじめての一本やオン・オフ問わずオールシーズン使えるベルトをお探しの男性におすすめです。

リングベルト:大人の空気感をプラスできるお洒落な種類

wear

フォーマル・ビジネススタイル:
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

『リングベルト』は『プレーンベルト』などの一般的なベルトとは異なり、2つのリングに通したベルトを折り返して固定するベルトです。

すぐにサイズを調節できるので、食べ過ぎてしまった後などに簡単に緩くすることができます。

着こなしをヴィンテージ感溢れる雰囲気にしてくれるので、大人のカジュアルコーデやキレイめコーデに使いたい種類です。

Kentino
意外とどんな着こなしにも合わせられるので、定番を外したベルトが欲しいという周りと差別化したい男性におすすめです。

メッシュベルト:季節感をプラス。夏に活躍してくれる

wear

フォーマル・ビジネススタイル:
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

装飾的な腰元を作り、涼し気な印象と存在感ある雰囲気にしてくれる『メッシュベルト』。

編み込まれたデザインは、ビジネススーツやジャケパンといったキレイめ着こなしにも良く合い、『プレーンベルト』の同じくメンズベルトを代表する種類です。

穴が決まっていないので調節もしやすくお腹まわりの気になる30代以降の大人の男性も自由に調節できるので勝手も抜群です。

Kentino
オン・オフ問わず使えて幅広い着こなしにマッチしてくれる優秀なベルトなので、持っていない男性は一つは買い揃えておきたい種類です。

ガチャベルト:着こなしの外しに最適

wear

フォーマル・ビジネススタイル:使わない
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

カジュアルな着こなしからキレイめコーデの外しアイテムとして大流行した『ガチャベルト』。今ではすっかり定番ベルトの仲間入り。

ベルト本体の余った部分を垂らしておくと着こなしのアクセントに。

価格も他の種類と比べてもプチプラなお値段なので、一つ持っておいて損はしないでしょう。

Kentino
特にスラックスパンツやワイドパンツなどのボトムスに良く合い、着こなしを感度の高い雰囲気にしてくれるので、一つは持っておきたいベルトの種類です。

ロングベルト:上級者や感度の高い人向き

wear

フォーマル・ビジネススタイル:使わない
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

オーバー100センチは当たり前の『ロングベルト』。

バックルがどんな形でもオーバー100センチのものなら『ロングベルト』と呼んで良いでしょう。

普通のベルトと比べても非常に長いので、“二重”に巻いて腰回りにボリュームを持たすと着こなしにひねりを加えられます。

Kentino
最近では感度の高いファッショニスタを中心に人気となっている種類になるため、少し背伸びしたベルトに挑戦したい男性におすすめです。

スタッズベルト:派手でロックな雰囲気

wear

フォーマル・ビジネススタイル:使わない
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

完全にデコラティブなベルトに属する『スタッズベルト』は、ロックなイメージが強いですが大人の着こなしの外しアイテムとして使われることも多いです。

フォーマルな着こなしにおいては完全にNGですが、カジュアルな装いのワンポイントやアクセントとして使うと効果的です。

Kentino
装飾的な雰囲気の強い『スタッズベルト』は、既にいくつかベルトを持っている男性におすすめです。

二つ穴ベルト(ダブルピンベルト・ギャリソンベルト):90年代に一世を風靡したベルト

フォーマル・ビジネススタイル:
キレイめ:
カジュアル:
ストリート:

縦に穴が二つ開いたベルトのことを『二つ穴ベルト』もしくは『ダブルピンベルト』や『ギャリソンベルト』などとも呼ばれています。

デコラティブな雰囲気を持ち腰元を彩るのにはおすすめですが、最近では少々「ダサい」「古臭い」と思う人も多く、お洒落に自信がない男性にはあまり向きません。

ファッション感度の高い男性の着こなしのアクセントや外しアイテムとして使用されることが多いです。

Kentino
ビジネススーツなどフォーマルな場面には向きませんが、ジーンズやカーゴパンツといった無骨な雰囲気のあるボトムスに良く合います。

購入する前に知っておきたい2つのこと

購入する前に知っておきたい2つのこと
Kentino
ベルトを購入する前に知っておいて損はしない2つのことについて以下で詳しく解説していきます!

ベルトのパーツの名称

ベルトのパーツの名称
名称 意味や特徴
A.バックル
  • 剣先を通しベルトを保持する大切な部位。
  • バックルのデザインでベルトの印象が大きく変わる
  • 美錠・尾錠とも呼ばれる。
B.遊革(さるかわ)
  • 剣先を通しベルトの先を固定する役割がある
C.剣先
  • ベルト先を指す。
  • 剣先のデザインによって印象が変わる大事なパーツ。
  • こだわる男性は非常にこだわる部位。
D.ベルト穴
  • 最近のベルトは基本5つ穴が開いている。
  • 真ん中の穴で止めるのが最もバランスが良いと言われる
E.帯革
  • ベルトの本体で使用される革や素材は様々。
  • また、仕上げの加工によってデザインや耐水性が大きく変わる
番外.ベルトループ
  • ベルトループとは、ベルトをズボンに通すときの輪っかのことを指す。

ベルトの仕上げによって変わる雰囲気

ベルトの仕上げ
素材名 特徴
オイルレザー
  • 革素材にオイルを染み込ませて仕上げ、耐水性を強化。
  • ツヤのある質感と硬い特徴があり、安価のレザーベルトは基本オイル仕上げである。
型押し
  • 革の表面に高温高圧プレスで模様を付けた仕上げ
  • ハイブランドのレザーベルトでよくみられ、品格と高級感溢れる雰囲気を醸し出す。
シュリンク
  • レザーベルトでは基本の仕上げ方法。
  • 革を縮めることでシボを引き立たせ、味わい深い印象になる
  • 傷がつきにくいからデイリー使いに適した仕上げ方
ヌバック
  • キメが細かく独特の雰囲気に。
  • 着こなしのポイントとして用いられるベルトに多い仕上げ方法の一つ

絶対に失敗しないベルトの選び方

着こなしのバランスを左右するだけあってベルト選びに苦労する男性は多いと思います。

しかし、ポイントさえ覚えてしまえば誰でも自分に似合うベルトの種類を見つけることができます。

以下では絶対にベルト選びを失敗したくない男性に向けてベルト選びの2つのポイントを解説しています。

ビジネスシーン使いなら靴の色に合わせるのがセオリー

wear

ビジネスシーンなどのフォーマルな場面でベルトを使う方は、必ず靴の色に合わせて選んでください。

休日の装いでキレイめな着こなしが多い男性もシューズとベルトの色を揃えて選ぶことで失敗せずに普段の着こなしにバランス良く合わせられます。

Kentino
「靴の色に合わせてベルトを選ぶ」を頭に入れておけばまず失敗することはありません。
関連記事

皆さんはビジネスシーンに相性の良いベルトがあることをご存知ですか? しかもベルトは頻繁に買うものではないからこそ、誰だって失敗したくないですよね。 そこで本記事ではビジネススーツにおすすめのベルトブランドを10選ご紹介。 […]

着こなしに合わせたデザインを選ぶ

wear

普段の着こなしがジャケパンやスラックスなどのキレイめな装いが多い男性は、レザーベルトやメッシュベルト。逆にカジュアルな装いが多い男性ならリングベルトやガチャベルト、また細めのレザーベルトがそれぞれおすすめです。

オン・オフ問わず使いたいのであれば、メッシュベルトが合わせやすくどんな着こなしにもマッチしてくれます。

【定番】おすすめのベルトブランド10選

まずは絶対に失敗しない定番ブランドのおすすめベルトをご紹介していきます。

どれを選んで良いのか分からない男性は、まず以下でご紹介する10選からお選びください!

グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS)ダブルリング ロング ベルト

合わせやすさ:
形状:ロングベルト
販売価格:2,530円(税込み)
おすすめポイント
  • 手頃な価格帯だから何色か揃えるのもおすすめ
  • カジュアルな表情だからデニムやチノパンなどにも合わせやすい
  • 頑張りすぎない大人の休日コーデには特におすすめ

今季注目を集めるロングベルトは、着飾らないシンプルなデザインがおすすめ!

垂らして着こなしのポイントにするも良し、ベルトループに入れてキレイめにするも良し。着こなしの雰囲気によって変えるとマンネリを回避できます。

タックインスタイルに合わせてもお洒落な雰囲気になるのでおすすめです。

ビューテー&ユース(BEAUTY&YOUTH)BST GLOSSYLTR BASIC BELT

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:11,000円
おすすめポイント
  • オン・オフ問わず使えるベーシックなベルト
  • ベルトを初めて買うお洒落初心者におすすめの一本
  • 大人のシンプルな着こなしにも合わせやすい

オン・オフ問わず使えるベーシックなデザインは、一本あるだけでどんなシーンにも対応できるので、ベルトでお悩みの男性はまずコレで決まり!

また、使い込んでいく毎に馴染んでいくので扱いやすい。

信頼の厚いブランドから発売されているベルトなだけに安心して購入できます。

モンキータイム(monkey time)LTHR BELT

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:7,000円~
おすすめポイント
  • カシメとバックルのメタリックがアクセント
  • シンプルなデザインで幅広い着こなしに適応

感度の高いファッションアイテムが揃う人気ブランドの「モンキータイム」。

バックルとカシメのメタリックが着こなしのアクセントにもなりお洒落をブラッシュアップしてくれます。

デザイン自体非常にシンプルなので、幅広い着こなしに合わせることができる万能選手。

ベルトをはじめて買うという男性にもおすすめできる非常に扱いやすいベルトです。

ユニクロ(UNIQLO)

公式ストアで詳細を確認

合わせやすさ:
形状:メッシュベルト
販売価格:¥2,990円+税
おすすめポイント
  • 圧倒的なコスパの良さで今すぐ買いな一本
  • オン・オフ問わず使えるデザイン
  • ストレッチ性が高いからお腹周りが気になる男性におすすめ

コスパ重視で考えるなら大本命になっている「UNIQLO」。

細かい編みが特徴でオン・オフ問わず使うことができるため、ベルトを始めて買う男性や1本でどの着こなしにも合わせられるベルトをお探しの男性には特におすすめです。

また、ストレッチ性が高いので、お腹周りが気になる男性や食べ過ぎたあといつも苦しくなってしまう男性のお腹周りを支えてくれます。

ディーゼル(DIESEL)メンズベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥6,000円~
おすすめポイント
  • バックルが太いから無骨な着こなしにマッチ
  • バックルにあしらわれたブランドロゴがお洒落

創業以来から今日まで幅広い年齢層の男性から支持される老舗ブランドの「ディーゼル」。

重圧感のある太いバックルがワイルドな着こなしにマッチしお洒落な雰囲気にしてくれます。

ライダースやデニムパンツなどの着こなしに合わせるとワイルドな表情を演出できるので、30代以降の大人の男性におすすめです。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)メッシュベルト

合わせやすさ:
形状:メッシュベルト
販売価格:¥19,800円
おすすめポイント
  • 品質の高いフルグレインレザーを使用
  • ツヤと光沢感が強くキレイめな着こなしにも◎

ベルト選びの候補には必ず入れておきたいブランドの「ホワイトハウスコックス」。

イギリスの伝統あるレザーブランドで、本モデルには品質の高いフルグレインレザーを使用。ツヤと光沢感が強くキレイめな着こなし~カジュアルな着こなしなど幅広いコーデに合わせられます。

メッシュベルトの中でも厚い革を編み込んでおり、熟練の職人により一つずつ丁寧に仕上げているので耐久性も申し分なし。

レザーの英国御三家の一つなだけに良いものを身に付けたいデキるビジネスマンには外せないブランドです。

ポールスミス(Paul Smith)AMULKE 79

 

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥15,000円~
おすすめポイント
  • 腰元を華やかに彩るお洒落ベルト
  • さりげなくベルトが見えたときがお洒落
  • 普段シンプルな着こなしが多い男性におすすめ

さりげなくある「ポールスミス」の定番柄が大人の遊び心を演出し男の腰元を華やかに彩ってくれます。

本体はシンプルなデザインなので、幅広い着こなし使用できシャツやセーターなどの大人シンプルな装いに良く合います。 

ディースクエアード(DSQUARED2)ウェブベルト

楽天で最新価格をチェック

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥15,000円~
おすすめポイント
  • インパクトな3Dロゴが着こなしのアクセントに最適
  • デニムに合わせたくなるようなデコラティブなデザイン

レッドラインにブランドネームを3Dロゴで仕上げたこちらのモデルは、デニムやMA-1など武骨な着こなしやワイルドな雰囲気のアイテムと相性抜群。

ちょいワルで大人の遊び心溢れるデザインは、着こなしのアクセントになること間違いなし。普段の着こなしにマンネリを覚えてきた男性におすすめです。 

アンダーソンズ(Anderson’s)イージベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥14,000円~
おすすめポイント
  • お腹まわりが気になる男性におすすめ
  • ドレス仕立てなのにカジュアルにも合わせられる万能モデル
  • 伸縮性に優れた素材も使用しているから食べ過ぎても安心

お腹まわりが気になる男性や中年のぽっこり体型のビジネスマンにおすすめしたいモデルがこちら。

シャツが厚手の時や食べ過ぎてしまった時でも伸縮性に優れた素材を使用しているので、お腹周りのサイズに合わせて伸びてくれます。

その点、デザインも高級な雰囲気でオン・オフ問わず使うことが可能。一つ持っておくだけで幅広い着こなしに対応してくれます。

イージベルトになるので、これなら食べ過ぎたあとでも苦しくありません!

ウィゴー(WEGO)ウエスタンベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥2,199円
おすすめポイント
  • ご紹介しているベルトブランドの中で一番安い
  • トレンドのウエスタンベルトで男の腰元に華を添える
  • 安いのに安さを感じさせないデザイン

今回ご紹介しているベルトの中で最も安いモデルがこちら。レザー素材で仕上げたシンプルで着飾らないウエスタンベルトです。

細めで華奢な雰囲気なので、スラックス系といったキレイめなボトムスに合わせても◎。

使い勝手の良いベルトになるので、お洒落で安いベルトをお探しの男性におすすめです。


【高級】おすすめのお洒落ベルトブランド5選

サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)ガンチーニ バックル リバーシブル ベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥30,000円~
おすすめポイント
  • 見ただけでフェラガモのベルトだと分かるデザイン
  • 個性的なベルトながらも意外と幅広い着こなしにマッチ

 普通では物足りない!そんな男性におすすめしたいベルトがこちら。

パンチの効いた印象的なバックルは、着こなしのアクセントとして効果的に使えます。

滑らかでツヤ感のある本体は、スラックスなどのキレイめなボトムスやシャツなどの装いにもマッチ。高級感溢れる着こなしにしてくれるので、特別な日に使いたい一本です。

プラダ(PRADA)レザーベルト

合わせやすさ:
形状:メッシュベルト
販売価格:¥32,400円+税
おすすめポイント
  • 男の腰元にさりげない華を添える高級ベルト
  • ビジネススタイルを高級な雰囲気にブラッシュアップしてくれる

シンプルなデザインは、男の品の良さをさりげなく演出。主張のあまりないデザインだからこそお洒落で着飾らない大人の印象にしてくれます。

一目では「プラダ」とは分からないからこそ欲しくなる。ドレッシーな着こなしからビジネススタイルなどフォーマルなシーンにおすすめです。

ハリのある硬めの革素材なので、型崩れもなく長いあいだ綺麗な状態で使うことが可能です。

ボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

合わせやすさ:
形状:メッシュベルト
販売価格:¥60,000円~
おすすめポイント
  • 主張しすぎないシンプルなデザインで着こなしを選ばない
  • 手持ちにあまりベルトがない男性におすすめ
  • 良いものを長く使いたいという考え方の人にぴったり

「ボッテガヴェネタ」の代名詞でもある「イントレチャート(メッシュ編み)」で仕立てたクラシックなレザーベルトです。

耐久性の高いVNカーフレザーを手編みで完成させているので、使いこむうちに味わい深い表情を醸し出します。

ビジネススーツから休日のカジュアルな着こなしにまで合わせられるので、一つ持っておくと全てのシーンに対応してくれます。

30歳過ぎて良いものを持ちたい男性や手持ちにあまりベルトがない男性におすすめです。

グッチ(GUCCI)GGキャンバス×レザーベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥30,000円~
おすすめポイント
  • GGキャンバスで普段の着こなしをブラッシュアップ
  • キレイめな装いをお洒落な雰囲気に変えてくれる

 大人になっても身に付けたいブランドロゴってありますよね。

派手だと分かっているのに身に付けたくなるそんな魅力の詰まったブランドこそ「グッチ」です。

さすがにビジネススタイルには不向きですが、休日のキレイめな装いからイベントなどのドレッシーな装いの腰元を華やかに彩ってくれます。

また、最近トレンドのタックインスタイルにもぜひ合わせたいベルトになるので、感度の高い男性はぜひ挑戦してみてください。

ジョンロブ(JOHN LOBB)本革ベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥40,000円~
おすすめポイント
  • さりげないデザインで大人のお洒落を楽しめる
  • 遊革(さるかわ)とベルト本体の色が微妙に違うデザイン

ベルトを通す穴の遊革(さるかわ)とベルト本体の色が微妙に違うデザインが魅力の「ジョンロブ」。

同ブランドはさりげない箇所にお洒落を散りばめたデザインが特徴で、本モデルもそれを感じさせれるデザインが魅力です。

ツヤ感のあるレザーにオイルを染み込ませ、撥水性の高さをアップ。汗をかきやすい夏場でも革がダメになることはないので1年中使うことが可能です。

おすすめのビジネス用ベルトブランド5選

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)ベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥7,000円~
おすすめポイント
  • 大人の渋さを演出し落ち着いた雰囲気にしてくれる
  • スタンダードなプレーンベルトだから人を選ばない

 ビジネス用ベルトで一番おすすめしたいモデルがこちら。

ビジネススーツの色合いによって選べる豊富なカラーリングが魅力となっており、革靴と揃えると全体のバランスを保てます。

剣先もシャープなデザインなので、腰回りをスマートに見せてくれます。

職人が1つ1つ自然な風合いの濃淡が出るよう仕上げをした手間暇かかったモデルになるので、良いものを長く使いたいという男性におすすめです。

オロビアンコ(Orobianco)ORB-021018

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥11,000円~
おすすめポイント
  • スーツの色に合わせて選べる豊富なカラーリング
  • 経年変化で味のある風合いを楽しめる

太めのシルバーなバックルが男らしい雰囲気を演出し仕事のデキるビジネスマンに。

味わい深い牛革素材を使用しておりしなやかで耐久性にも優れています。

革ブランドの作るレザーベルトだけあってクオリティも高く、長い間お使い頂けます。

サドラーズ(Saddler’s)カーフレザーベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥7,000円~
おすすめポイント
  • 着こなしの邪魔をしないシンプルなデザイン
  • 自分好みの色を選べる豊富なカラーリング

タックインスタイルでも着こなしの邪魔をしないシンプルなデザインが魅力の「サドラーズ」のベルト。

カーフレザーを使用しているので、他の牛革と比べると柔らかく馴染みやい特徴があります。

扱いやすいベルトになるので、オン・オフ問わず使えるカーフレザーベルトをお探しの男性におすすめです。

カルバンクライン(Calvin Klein)レザーベルト

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥5,000円~
おすすめポイント
  • 剣先がシャープになっているからスマートな印象になる
  • ビジネススタイルをスタイリッシュに仕上げたい男性におすすめ

ビジネススーツの邪魔にならないシンプルでミニマルな本モデルは、ブラックやネイビーといったトーンの暗いスーツとの相性が良いです。

シルバーのバックルには「Calvin Klein」のロゴが入っており、さりげなくお洒落を主張しているところもポイントです。

価格もお手頃なので、一つ持っておいて損はしないでしょう。

コーチ(COACH)F64840 ATAQ0

合わせやすさ:
形状:プレーンベルト
販売価格:¥15,000円~
おすすめポイント
  • ゴールドのバックルが他と差別化し自分だけの個性を演出
  • ビジネススーツの着こなしを高級な雰囲気に仕上げてくれる

ゴールドのバックルが高級な雰囲気を演出するこちらのモデルは、ビジネススタイルをワンランク上の大人な表情にしてくれます。

使い込むうちにレザーを馴染み柔らかくなっていくので、扱いやすくデイリー使いに適したビジネス用ベルトです。


メンズにおすすめのベルトブランドまとめ

本記事では【メンズにおすすめのベルトブランド20選】をご紹介しました。

ベルトは男の腰元の支える大切なアイテム、それだけに着こなしにしっかりハマるベルトが欲しいもの。

本記事でご紹介したモデルは、どれも着こなしに合わせやすいのでご自身のライフやワークスタイルに合うお気に入りの一本を見つけてくださいね!

最新情報をチェックしよう!