冬の身支度に。メンズにおすすめのスヌードブランド10選。コーデとの合わせ方も解説

冬の定番アクセサリーといえば、ここ数年はマフラーよりもスヌードに注目が集まっています。

スヌードはマフラーよりも使い勝手が良く、巻き方を憶えなくてもボリューム感が出しやすいため、冬のスタイリングでトレンド感のあるシルエットを手軽に作れる人気アイテムです。

今回はそんなスヌードについてご説明すると共に、この冬に使いたいおすすめのスヌードを厳選してご紹介いたしますので、是非ワードローブに加えていただければ嬉しく思います。

ゆうた
街を歩けば「お洒落な人はみんなスヌード」ってくらい、ここ数年は冬の定番となりつつあるアイテムです。見た目の良さだけではないスヌードの魅力を知れば、あなたも絶対欲しくなるはず!




街で見かけるけどスヌードって何?

スヌードというのは首の周囲に巻く輪状の厚手の布の事。

一般的な「マフラー」が細長い長方形をした厚手の布を首に巻くのに対し、スヌードは最初から布の両端が縫い付けられたドーナツ状になっている点が大きな違いです。

よく似たものに「ネックウォーマー」があり、スヌードはネックウォーマーの1種と考えられています。

ネックウォーマーは主に「機能性」を重視し、スポーツや作業の際に邪魔にならないシンプルな形状とフリース等の機能的な素材を採用している点が特徴です。

反対にスヌードはファッションアイテムとしての側面が強く、ゆったりとした着用時のシルエットや、ものによっては二重巻きできるような長さなどデザインにも幅があります。

ただしこのような、ネックウォーマーとマフラーの中間にあるような防寒兼ファッションアイテムを「スヌード」と呼ぶのは日本語圏内だけ。

英語圏では日本で言うところのネックウォーマーもスヌードという名前で展開されている事もあります。

スヌード自体元々はスコットランドの未婚女性が処女の印として身に付けていたヘアアクセサリーに由来をもち、このことからも一般的な防寒具とは違い「人に見られる事」を意識したファッションアイテムにルーツがある事がわかります。

そこに目をつけたヨーロッパのメゾンによって2010年あたりからレディースを中心にブームとなり、2012年ごろからは日本のメンズファッションシーンにもその人気が波及しました。

現在は、従来のマフラーを超える勢いで人気を獲得しつつあり、冬のメンズファッションの定番アイテムとして確固たる地位を築いています。

ゆうた
余談ですが、英語圏で「マフラー」と言うと自動車などの排気消音器であるマフラーを指す事が多く、一般的には「スカーフ」という言葉が使われます。

実はファッション初心者におすすめ。スヌードの魅力

スヌードには大きく分けて「スヌード」と「ロングスヌード」の2種類が存在します。

ゆったりと2重巻できるほどの長さで個性を出せるロングスヌードですが、はっきり言って上級者向け。と言うより、自称上級者ですら似合ってない男性が多く、かなり難しいアイテムなので要注意です。

そこにだけ気をつければ、実はスヌードはとてもファッション初心者におすすめなアイテム

その理由は以下の3点。

  1. スタイルをよく見せる事が可能
  2. ネックウォーマーのような手軽さ
  3. 手軽にトレンド感を演出できる

初めての冬のオシャレに挑戦する方や、マフラーを使ったコーディネートに四苦八苦していまだにピンときてない方なんかは、是非スヌードに挑戦していただきたいところです。

スタイルをよく見せる事が可能

wear

スヌードの利点は何より「小顔効果」と「長身効果」です。

マフラーでこれを実現しようとすると、コーディネートに合わせた巻き方を工夫したりアレコレ努力する必要がありますが、スヌードであれば首元にポンと置くだけで実現可能です。

スヌードは基本的にボリューム感のある生地の物が多く、コーディネートの中心を胸よりも上に持ってくる事が出来るため、視線誘導によって身長を高く見せる事ができます。

もちろん、相対的に体型をスリムに見せる事も可能です。

また、首元に強いボリュームを出せる事によって小顔効果が期待できるだけでなく、顎の一部が隠れるような巻き方をすれば、顔の輪郭を誤魔化す事ができるのです。

いわゆる「ゲレンデマジック」のように、スヌード1つで冬のコーディネートのスタイルアップが可能と言うわけです。

ネックウォーマーのような手軽さ

brandavenue

個人的に何より「マフラーよりスヌードを気に入って使っている理由」はコレです。

マフラーをつけて遊びに出かければ、電車などで暑いと巻き直し、お店に入れば外して巻き直し、移動のたびにネクタイを着け外ししているような面倒くささにイライラします。

さらに、なんとなく「ちゃんとつけれてない感」だったり、歩いている際に鏡等に写った自分を見て「もっとちゃんと巻き直したい」なんて気分になるなど、思った以上にストレスだったんだと思います。

スヌードはその点、良い意味で巻き方にバリエーションがありません

特にメンズ向けの定番である「シングル」のタイプは、使い方としてはネックウォーマのようにスポッと被るだけ。

2重巻きや3重巻きが出来るようなロングスヌードであっても、基本的には「被る」か「ぶら下げる」の2つしかありません。

あれこれテクニックが必要なマフラーと違って、スヌードはスポッとかぶったら顎が隠れる程度のボリューム感を出すためにちょちょっと調整するだけ。

首にかけておけばそれなりに見れる形になるスヌード。1度使ってみれば、もうマフラーには戻れない手軽さと快適さがあります。

手軽にトレンド感を演出できる

brandavenue

上述する便利さや手軽さに加えて、スヌードは「着けてるだけでトレンド感が出せるアイテム」とあって、2015年あたりから非常に人気の高いアイテムです。

一般的に「トレンド感の高いアイテム」と言うのは扱いにくい物も多い中で、ここまで手軽に使えるとあれば、人気が出る理由に説明は不要といったところではないでしょうか?

なぜここ数年スヌードが「トレンドアイテム」となっているのか。

そのキーワードとしては「ジェンダーレス」と「エフォートレス」というファッションの考え方が流行している事に由来します。

スヌードの持つジェンダーレスな魅力

2019~2020年のメンズファッションウィークでは強いキーワードとなったジェンダーレス。

そんな中でもまだまだンズファッションの定番アイテムとして浸透しきっていないスヌードは、攻めたジェンダーレススタイルに抵抗のある男性でも手軽に取り入れられるアイテムの1つ。

そもそもが女性用のアイテムに歴史を持つ事や、マフラーよりも「端末の見えない曲線的なシルエット」が中性的な印象を与えるため、定番のメンズファッションを程よく現代的に中和してくれます。

スヌードの持つエフォートレスな魅力

さらに、2015年あたりから続くファッションの1大トレンドである「エフォートレス」の流れをフォローしている点もポイント。

このトレンドの中心である「気取らない・努力しない」と言う点からも、マフラーよりスヌードの方がドンピシャでハマるのは理解に容易いのではないでしょうか?

そういった角度からも「とりあえずスヌードを選ぶ」というだけで、気軽にここ数年のトレンド感を纏えるため、ファッション感度の高い方々がこぞって取り入れているアイテムなのです。

メンズにおすすめのスヌード10選

というわけで、この冬に初めてスヌードを挑戦すると言う男性でも扱いやすい、無難さとお洒落さを兼ね備えたマストハブなおすすめスヌードを厳選して10種類紹介致します。

  1. ユニクロ(UNIQLO)|スヌード
  2. ビーミング by ビームス(B:MING by BEAMS)|ローゲージ スヌード
  3. シップス(SHIPS)|ナローケーブルスヌード
  4. ジュンレッド(JUNRed)|ツイストニットスヌード
  5. シェアパーク(SHARE PARK)|ケーブルスヌード
  6. エーグル(AIGLE)|異素材ミックスツウィストスヌード
  7. クロリス(Chloris)|ナノユニバース別注スヌード
  8. ブラウニー(BROWNY)|モヘアタッチカラースヌード
  9. エルビーシー ウィズライフ(Lbc with Life)|シンプルスヌード
  10. トルネードマート(TORNADOMART)|フェザーヤーンスヌード

基本的スヌードは余程高級ブランドの物でない限り、高額な物でも1万円前後。手頃な価格帯の物であれば2000円あたりを目安に選べます。

定番素材や定番カラー以外にも、ちょっとした遊び心のあるデザインを合わせて手に入れておくと、意外な自分と出会えるかもしれません。

ユニクロ(UNIQLO)|スヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:-
参考価格:¥-前後

おすすめポイント

  • 安心安定のユニクロ!無難なデザインが理想的
  • カラバリを揃えやすい手頃な価格帯

やっぱり最初はユニクロのスヌード

無難なスヌードを手に入れるなら、真っ先に思い浮かぶのがユニクロではないでしょうか?

ユニクロがスヌードを展開し始めたのは2014年前後、その後展開されるシーズンや展開されないシーズンがあったりしましたが、基本的にリリースされるときはウィメンズラインで展開されます。

ユニクロらしい癖のないデザインなので男性でも気軽に使える他、いわゆるセレクトショップで展開されるスヌードの半分以下の価格帯である事も嬉しいポイント。

スヌードに初挑戦するなら要チェックと言えるでしょう。

ゆうた
「とりあえずユニクロ」と言うイメージはありますね。昔は「ユニ被り」なんて言葉もありましたが、今やユニクロ製品が被ったとしても嫌なイメージを抱く方は少ないように感じます。

ビーミング by ビームス(B:MING by BEAMS)|ローゲージ スヌード

 

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル|ニット
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • 1つあれば重宝するシンプルなスヌード
  • 程良くカジュアルな印象

ローゲージニットの素材感が使い勝手抜群なスヌード

いわゆる使用するコーディネートを選ばない汎用性の高さで選ぶなら、ローゲージニットのスヌードは外せません。

ザックリとした網模様は温かみのある優しい素材感を生み出すと同時に、防寒具としての暖かさもしっかりと確保しており、カジュアルなコーデはもちろん、ちょっときれい目なスタイリングまで幅広くこなします。

さっと無造作につけるだけでもワンランク上のコーデが完成させられる定番顔のスヌードです。

ゆうた
ビームスのファミリー向けブランドとして展開されているB:MING LIFE STORE(ビーミング ライフストア)らしい、癖のない定番スタイルが注目のスヌードです。

シップス(SHIPS)|ナローケーブルスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ケーブルニット
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • ボリュームが魅力のケーブルスヌード
  • スタイリッシュに使えるナロー編み

定番顔なケーブルニットで選ぶおすすめスヌード

ローゲージニットに次いで人気のスタイルといえば、マフラーなどでもお馴染みのケーブルニットです。

ボリューム感が高く、ローゲージよりカジュアルで素朴な印象のケーブルニットですが、ナロー編みによって独特な風合いをもちスタイリッシュなデザインに仕上げられています。

秋冬の装いに嬉しいカラーバリエーションと、ジェンダーレスな雰囲気デザインが魅力的であり、アウターやパンツの色味と組み合わせて統一感あるコーデが作りやすいスヌードです。

ゆうた
セレクトショップ御三家の1つ「シップス」らしいシンプルできれい目なスヌードです。落ち着いた大人の印象をコーディネートにプラスしたい方は要チェックです。

ジュンレッド(JUNRed)|ツイストニットスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル|ツイストニット
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • 被るだけで決まるシングルスヌード
  • 編地を変化させたデザイン

スポッと被れば決まるスタイリングのおすすめスヌード

スヌードがぐるりと1周する間に編地を変化させる事で、向きによって異なる表情を出せる作りのツイストニットスヌードです。

秋口に活躍する優しい色味のブラウンやワインから、都会的な印象のスタイリッシュなネイビーなどカラーバリエーションも魅力的で、飽きのこないデザインに仕上げられています。

スヌードの素材自体もウールとアクリルの混合で、チクチクしない肌触りの良さと真冬でも安心の保温性の高さなど、見た目だけでなく使い心地にもこだわった製品です。

ゆうた
VANのアンチブランドとして有名な「ジュンメン」のセカンドライン「ジュンレッド」。敏感なトレンドとエイジレスなバランス感覚によって生み出される大人の男のかっこよさが魅力です。

シェアパーク(SHARE PARK)|ケーブルスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル|ケーブルニット
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • 定番のケーブルスヌード
  • 柔らかい生地感が魅力

柔らかい生地感が魅力のニュアンス系スヌード

表情豊かな風合いとボリューム感を持ちながらも、生地のもつ柔らかさがラフでこなれた印象の首元を演出するニュアンス系の定番スヌードです。

ざっくりと編み上げられたケーブルニットの素材感や、ベージュやグレーの色味も非常にジェンダーレスな中性的印象をもち、コーディネートにトレンドをプラスしてくれます。

あえて無骨なミリタリーコーデに合わせたり、デニムジャケットなどのアイテムと組み合わせて遊んでみるのもおすすめです。

ゆうた
天下のオンワードが展開する大人のカジュアルスタイルブランド「シェアパーク」。「審美眼のある36歳」をターゲットに生み出される、フランスの上品さとアメリカのカジュアルを融合させたアイテムが人気のブランドです。

エーグル(AIGLE)|異素材ミックスツウィストスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ケーブルニット|ボアフリース
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 素朴さと洗練が合わさる逸品
  • クラシックなケーブルニットとボアフリース

マテリアルの組み合わせを楽しむネジれスヌード

クラシックなケーブルニット面と、柔らかな触り心地のボアフリース面の2つを表裏で使い分けつつ、中央でネジって縫製し、ニュアンス異なる素材の個性派スヌードです。

素朴な印象を与える普遍的なデザインでありながらも、余分な装飾を省略して過度なボリュームを持たせない事で、上品で洗練された大人の雰囲気を醸し出しています。

流行のボリューミーなシルエットのスヌードではどことなく「ミーハー」で「子供っぽい」印象を与えがちな中、他と差をつけるなら要チェックなデザインです。

ゆうた
フレンチクラシックなレインブーツのブランドとして人気の「エーグル」。創設160周年を越える今も変わらず愛され続ける、素朴で機能的な製品作りが「物の良し悪し」のわかる派手嫌いな大人達から支持されています。

クロリス(Chloris)|ナノユニバース別注スヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル60%, アルパカ15%, ウール15%, レーヨン10%
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • ナノユニバースが別注をかけた注目スヌード
  • 本場イタリア製の品質を手頃な価格で実現

クロリスに完全別注をかけてデザインしたスヌード

スポーツ用のネックウォーマーのように手軽に使えて、ジャケットやコートのキレイめコーデのスタイリングにも対応しているシンプルな設計のスヌードです。

アクリルにアルパカやウールを混紡しており、肌触りの良さと保温性の高さも非常に優秀。

日常のスタイリングに馴染みやすく、ビジネスライクなコーディネートも、ライダースのようなワイルドなコーディネートもこなせる優等生タイプのデザインです。

ゆうた
スカーナ地方を中心としたファクトリーに生産を依頼し、確かな品質を手頃な価格で実現し続けるクロリスに、人気セレクトショップのナノユニバースが別注をかけたこだわりのスヌードです。

ブラウニー(BROWNY)|モヘアタッチカラースヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル|モヘアタッチ
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • WEGOでも人気のコスパ優秀スヌード
  • 実売価格600円前後の圧倒的低価格

600円で買える定番顔のモヘアタッチスヌード

来シーズンも使うか分からないトレンド系かつ季節物のファッションアイテムにとって「安い」と言うのはそれだけで圧倒的なアドバンテージと言えるでしょう。

定価は2000円前後ですが、販売店によっては600円あたりで展開されるこちらのスヌードは、値段よりも安っぽく見えず、クレイジーなカラーパターンを含めた豊富な展開が魅力です。

カラバリを揃えて使いまわすもよし、初めてスヌードに挑戦するならあまりコストをかけたくないと言う方も要チェックな逸品。本格的にシーズンが到来する前にチェックしておきましょう。

ゆうた
今や若者達にとって欠かす事のできない古着中心の服屋「WEGO」が展開するオリジナルブランド「ブラウニー」。アメカジテイストをベースにトレンド感を加味したアイテムの展開が人気であり、非常にリーズナブルな価格帯が注目です。

エルビーシー ウィズライフ(Lbc with Life)|シンプルスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:アクリル|ニット
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • 編地のポコポコとした表情
  • どんな着こなしにも合わせやすい普遍性

ジェンダーレスな普遍性と定番顔なシンプルデザイン

店頭に並べられたら、メンズ物なのかウィメンズ物なのか判断しきれない絶妙な「性別感の無さ」でありながら、しっかりメンズコーデに合わせやすい普遍的なデザインが魅力のスヌードです。

定番顔の素材感が魅力的なポコポコとした編地と、独特の立体感をもつ上品な色合い。1つ持っておくだけで冬のスタイリングに幅が出せます

過度なボリューム感もなく、ネックウォーマーのようにラフに使えて、それでいてきれい目コーデからラフなスタイリングまで対応できる。冬のワードローブの必需品です。

ゆうた
ウィメンズ向けの衣類が強い「エルビーシー ウィズライフ」らしいユニセックス感が魅力のスヌードです。男性にはあまり馴染みのないブランドですが、雑貨屋さん的な魅力のあるライフスタイルブランドです。

トルネードマート(TORNADOMART)|フェザーヤーンスヌード

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン|フェザーヤーン
参考価格:¥9,000前後

おすすめポイント

  • 個性を出すならフェザー素材のスヌード
  • 季節感を出せるコーディネートの主役アイテム

秋冬らしいインパクトならフェザースヌードがおすすめ!

1重でルーズに垂らしたり、2重にして首に巻きつけられる2WAY仕様のロングスヌードです。

秋冬のファッションの中心として使える主役級の存在感を持ったフェザーヤーンは滑らかな肌触りと光沢感のある系によって、非常に豪華なシャギー感を演出。

ストレッチ製のある素材による快適な着用感と高い保温性に加え、ボリューム感を適度に抑えたドレッシーな印象が大人っぽく使える傑作スヌードです。

ゆうた
「スピックインターナショナル」が展開するメンズファッションブランド。 「男の持つ少年と大人の二面性」をコンセプトに、ナイーブな感性と不良性をそなえたスタイルを提案しており、独特の色っぽさが魅力です。

冬の参考に。スヌードを着こなしに合わせる3つのテクニック

ここからは、スヌードを秋冬ファッションにお洒落に合わせるコツとポイントをご紹介していきます。

皆さんがもっとイメージを付けられるよう、Aラインシルエット・Iラインシルエット・Yラインシルエットの3つのシルエットに分けながらそれぞれのスタイルとシルエットに合うスヌードの合わ方を解説していきます。

【Aライン】にスヌードを合わせるコツ・ポイント

wear

Aラインシルエットとは、頭から足元にむかって広がっていくようなシルエットことで、三角形シルエットとも呼ばれています。

基本的にスヌードを使う秋冬の季節において、着丈の長いコートを合わせる着こなしは、ほぼ全てAラインシルエットになります。

スヌードをAラインシルエットに合わせる時のコツとしては、コートの胸元に注目するべし。

スヌードは顔まわりにボリュームをもたせるため、襟の大きなコート類との相性は正直悪いです。なるべくチェスターコートといったVゾーンが開くコートやステンカラーコートと合わせがおすすめです。

関連記事

シンプルな作りでビジネスシーンから休日カジュアルまでオンオフ問わずに活躍してくれるメンズの定番アウター「ステンカラーコート」。 Aラインを作りやすく、トレンドのビッグシルエットでも合わせやすいため、今季は特に要チェックなアウターです。[…]

関連記事

冬の大本命アウターの一つと言えば、そうチェスターコートですよね。 その汎用性の高さと着回しのしやすさ、そして防寒性の高さと良い事尽くしの冬の大定番アウターです。 今回はチェスターコートを選んだことのないファッション初心者のために[…]

【Iライン】にスヌードを合わせるコツ・ポイント

wear

Iラインシルエットとはトップスとボトムスのサイズ感を合わせてスッキリと見せるシルエットのこと。

スヌードをIラインシルエットに合わせるときのコツは、ボリューム感を気にしてあげることです。

Aラインシルエットとは変わって、上下のサイズ感が同じなので、顔まわりにあまりにもボリューム感のあるスヌードを合わせてしまうとバランスが悪く見えてしまいます。

そして、色味はネイビーはボルドーといった主張が少なくコーデに馴染んでくれる色合いを合わせてあげるとIラインシルエットにも馴染んでくれます。

【Yライン】にスヌードを合わせるコツ・ポイント

wear

Yラインシルエットとは、トップスにボリュームを大きく持たせて、ボトムスは細いパンツを合わせたシルエット。

Aラインシルエットと勘違いする人もいますが、Aラインシルエットに比べてより上下の境界線が強調されます。

スヌードをYラインシルエットに合わせるコツは2つあります。

1つめは、トップスの色味に揃えること。トップスと同じ色味に揃えることで、スヌードとトップスが一体化しているように見えます。

一体化して見えることによって顔まわりに主張なくボリュームを持たせることができ、顔がスッキリ小さく見えます。2つめは、逆にトップスとは全く異なる色味を使うこと。

たとえばトップスが黒やネイビーなら差し色としてイエローやレッドといったアクセントになるカラーをプラスしてあげるだけで、暗くなりがちの秋冬ファッションも色使いの上手いお洒落な人といった雰囲気を演出できます。

ゆうた
個人的に後者のほうが難易度は高いので、初心者は前者の「トップスの色味と揃える」に徹したほうが良いと思います。。

メンズにおすすめのスヌードまとめ

本記事では【メンズ向けおすすめスヌード】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が独断と偏見でベスト3を選ぶなら

  1. ユニクロ(Uniqlo)|スヌード
  2. ビーミング by ビームス(B:MING by BEAMS)|ローゲージ スヌード
  3. シップス(SHIPS)|ナローケーブルスヌード

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルに合うスヌードを見つけてみてくださいね!

関連記事

冬の必須小物アイテムのマフラー。温めるだけではなくファッションの一部として取り入れる男性も多いですよね。 今では多種多様なマフラーが販売されており、どれを選んでいいのか分からない方も多いはず。 そこで本記事では【メンズにおすすめのマ[…]

メンズマフラー
最新情報をチェックしよう!