冬の主役。メンズにおすすめのチェスターコートブランド総まとめ

冬の大本命アウターの一つと言えば、そうチェスターコートですよね。

その汎用性の高さと着回しのしやすさ、そして防寒性の高さと良い事尽くしの冬の大定番アウターです。

今回はチェスターコートを選んだことのないファッション初心者のために選ぶならこのブランドから選べば間違いなしな大定番アウターブランドをご紹介します。

また、いつもサイズやカラー選びで迷ってしまう方のために絶対に失敗しないチェスターコートの選び方も解説しているので、最後まで読めばあなたに似合うチェスターコートを見つけることができます。




羽織るだけで大人顔。冬の主役に。

wear

チェスターコートは、ビジネス着に羽織っても良し、休日の服装に羽織っても良し、着こなしやシーンを問わずに使えるといった点からメンズファッション界において定番のアウターとして有名です。

また、着用するだけで大人っぽい落ち着いた雰囲気や上品な印象になるため、大人の男性なら一着は持っていたい冬の大定番アイテムです。

豆知識。チェスターコートの歴史やルーツ

wikipedia

チェスターコートがどんなコートか知っている人はいてもその起源まで知っている人は中々いないと思います。

チェスターコートの正式名称は、チェスターフィールドコート。政治家であり、ファッションリーダーとしても知られるチェスターフィールド伯爵が愛用していたことからこの名が付けられたと言われています。

ジャケットのようなラペル(大きな襟)が特徴のチェスターコートは、普段着だけではなくフォーマル着としても着用できることから、非常に人気の高いコートの一種類となっています。

間違えやすいのがチェスターコートがミリタリーウェアの一種だと言うこと。

ミリタリーウェアは軍人が着用する衣服を指しますが、チェスターコートは貴族が冬の寒さを凌ぎつつもお洒落を楽しめるのために誕生したファッションコート。

雰囲気からチェスターコート=ミリタリーウェアのように思う方もいますが、そのルーツはまったく異なります。


チェスターコート選びは3つのポイントをチェック

ここからはチェスターコートを選ぶ際に知っておきたい「着丈の長さ」「素材」「カラー」3つのポイントを解説します。

単に好みのチェスターコートを選ぶよりも自分の体格やスタイルを知ったうえで選ぶのでは大分変わります。

購入するからには自分の体型や雰囲気に合うものを選びたいに決まってますよね。はじめてチェスターコートを購入するファッション初心者の方は一度目を通しておいてください。

着丈の長さ:膝丈~膝上丈

wear

チェスターコートを選ぶ際にとても重要になるのが着丈の長さです。

チェスターコートはダウンジャケットなどとは異なり、縦に長いアウターです。縦に長いアウターはスマートでスッキリとした印象に見せてくれる一方で、着丈の長さが身長や着こなしに合っていないとバランスを崩して途端に悲劇的な格好になってしまいます。

イメージするなら裾や丈が身体のサイズに合わないのに兄弟の洋服のお下がりを着ることと同じことです。

そりゃ洋服に着せられてる感になってしまいますよね。チェスターコートもサイズ選びでを間違えると‘‘洋服み着せられた風‘‘になってしまいます。

なので、着丈やサイズの選び方が分からない方は、膝上丈~膝丈の長さを選んでください。

膝上丈~膝丈は、着こなしのバランスを取りやすく初心者が着たときもスッと身体に馴染んくれるサイズ感です。

また、膝上丈~膝丈ならビジネス着のアウターとしても重宝するので、幅広いシーンで活躍してくれます。

着丈の長いチェスターコートも重厚感があってカッコいいのですが、初心者が安易に手を出すと絶対に着こなしで失敗してしまうので、まずは膝上丈~膝丈のチェスターコートを選びましょう。

素材:やっぱりチェスターコートにはウール素材が良い

wear

基本的にチェスターコートはウール素材がメインになります。

最近ではメルトンやポリエステル素材を使ったチェスターコートも登場していますが、それぞれ生地の雰囲気や仕上がりが異なります。

シーエッジ編集部ではやはりウールをメインに使ったチェスターコートをおすすめします。

ウールのメリットと言えば、なんといっても着心地の良さと保温性の高さ。

メルトンやポリエステルも着心地や保温性は高いのですが、やはりウールには怠ります。

はじめてチェスターコートを買う方や長く愛用したい方は、ウール素材のチェスターコートを選んでください。

カラー:「ブラック」「ネイビー」「グレー」が使いやすい

wear

チェスターコートに限らず洋服選びで悩ましいのが色選びです。

特にチェスターコートのようなアウターは、人の目に一番止まるアイテムなので、色選びは重要。

着こなし問わず合わせられるチェスターコートを選ぶなら、「ブラック」「ネイビー」「グレー」がおすすめです。

この3つの色味ならビジネス着のアウターとしても使えて、また使用シーンも幅広く買って後悔することはまずカラーになります。

この3色の雰囲気をさらに解説していくと

  • ブラックは重厚感がありモダンでシック
  • ネイビーは大人の清潔感と品の良さ
  • グレーは軽快かつエレガントな雰囲気

となります。

3色とも使い勝手の良い色味になりますが、羽織ったときの雰囲気や印象が変わってきます。

自分がどんなスタイルに合わせたいのか、どんな雰囲気に仕上げたいのか。で選ぶと悩まずに色も決まります。

羽織るだけで簡単大人顔。チェスターコートのおすすめブランド

ワンシーズンを凌ぐためのモノとしては勿体ない。購入するからには長く愛用できて愛着の湧く一着を見つけたいですよね。

大人世代におすすめしたいチェスターコートに定評のあるブランドをご紹介。

それぞれデザインやシルエットが異なるので、ご自身の好みのモノを見つけてみてください。

ユニクロ(UNIQLO)ウールカシミヤチェスターコート

『ハイクオリティ・ロープライス』の代名詞ブランドと言えば我らが世界に誇るユニクロです。

プロでさえも「この価格で提供していいの?」と思わず驚いてしまうほど、高品質を圧倒的な価格帯で販売しており、チェスターコートもその一つです。

ユニクロは毎年ユーザーの声を基に改良を重ねており、同じ商品であっても毎年アップデートしてくるため、ユーザーからの信頼度も非常に高いブランドです。

そんな今年のチェスターコートは、今年らしいリラックスしたサイズながらも合わせやすい膝上丈。

羽織るだけで大人顔になれる洗練されたブラウンカラーは、平日・休日問わず愛用できるので、冬の間ずっと愛用し続けることができます。

サイズもXS~4XLの豊富なサイズ展開となっているので、ご自身のサイズや好みのサイズに必ず出会うことができます。

それでいて価格は驚異の1万円以下。これは迷わずに買い物リスト追加ですね。

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)ショートビーバーチェスターフィールドコート

創設1823年の歴史ある英国老舗ブランド「マッキントッシュ」のセカンドライン。

本ライン「マッキントッシュ」の哲学に寄り添いながら、本ラインよりも全体的に値段設定が低いので手が届きやすいアイテムを多く展開しています。

「マッキントッシュ」と言えば、ハイブランドからも選ばれるほど、生地に定評があります。

そんなセカンドラインが手掛けるチェスターコートも申し分なしのクオリティ。

重厚感ある着丈ながらもスッキリして見えるシルエット、素材と色合いが見事にマッチしたデザイン、そしてそれらを両立した手頃な価格帯。

業界人からしたらこのクオリティをこの価格でいいの?と思ってしまうほど。

クリーンな印象なので、オン・オフ問わず着用することができるため、1着持っていればこの冬をしっかり乗り越えることができます。

ビームス(BEAMS)フリース チェスター コート

1976年に誕生した日本を代表するファッションブランドの「ビームス」。『“BASIC & EXCITING”』をテーマに心地良い日常着を追求しています。

見た目以上に保温性に優れた本モデルは、フリースメルトン素材を使用。

生地は薄いものの想像以上の暖かさが魅力で、またシワになりにくいため、お手入れも簡単。

身幅がゆったりとしているので、重ね着をした時も腕や身幅の窮屈感もなく一日中快適に羽織ることができます。

カジュアルなジーンズからキレイめなスラックスなど、幅広いスタイルに合わせられるチェスターコートなので、お洒落初心者にもおすすめの一着です。

ナノ・ユニバース(nano・universe)WLGウールリングライバーコート

1999年に誕生した日本発のセレクトショップ、及びオリジナルブランドを展開するファッションブランドです。

ご紹介しているチェスターコートは、ウールリング素材を圧縮した柔らかい表情が魅力のオーバーコートです。

身幅が広くややドロップショルダー気味のデザインなので、リラックス感を演出する一方、落ち着いたカラーリングと素材感でキレイめな雰囲気にも。

オン・オフ問わず愛用できる一着となっているので、仕事にもプライベートにも使えるコートをお探しの男性におすすめです。

アーバン・リサーチ(URBAN RESEARCH)SUPER120 CHESTER COAT

センスの良い大人が着るブランドとしてすっかり人気ブランドとなった「アーバンリサーチ」。

超高品質ウール「SUPER120’S」を原料に、本モデルのためだけに作られた、柔らかで上品な起毛感に仕上げたオリジナルメルトンファブリックを使用。

独特の光沢感と陰影は、羽織るだけで大人ムードを演出してくれます。着丈はやや短めのミドルレングス。

着丈の長いアウターブームも良く役終わり、再びミドルレングスに注目が集まる今季、本モデルを使って旬なスタイリングを楽しめるはずです。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI)メルトンチェスターコート

「ティーケー タケオキクチ」は、30代~40代の大人男性から絶大な支持を集める「タケオキクチ」を手に取りやすい価格帯で販売するセカンドラインです。

定番のチェスターコートを今の空気感にアップデートした本モデル。着丈の長さもミドル丈で、オン・オフ問わず使える汎用性の高さが魅力です。

ベーシックな見た目ながらも日本人の体格に馴染むデザインとなっているので、「着丈の長いアウターだとバランスが悪くなって着られない…」と悩んでいた中年男性やファッション初心者にもおすすめの一着です。

インナーにニットやシャツなどを仕込んでクリーンでキレイめな印象に仕上げるとより本モデルの良さが引き立ちますよ!

アン・ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)ウールブレンド シングルオーバーコート

ミニマルで洗練されたデザインを得意とする「アン・ドゥムルメステール」。日本ではあまり馴染みのないファッションブランドですが、パリコレクションにも参加する世界的ブランドです。

そんなこちらのチェスターコート、特にデザインと素材が素晴らしく、柔らかなカシミアを混紡したウールブレンド素材は、キメが細かく表面の光沢感が特徴。

ディテール面では、印象的なスライダー式の胸ポケットに、腰ポケットも完備。ポケットという装飾的なデザインをメインに、他のモデルにはないデザインとなっているので、ミニマルで洗練されたチェスターコートをお探しの感度の高い男性におすすめです。

少しクセのあるモデルながらも羽織るだけで着こなしを最上級のスタイリングに仕上げてくれるお洒落モデルです。

アクネ・ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)チャド ウールオーバーコート

北欧発のクリエイティブ集団「アクネ・ストゥディオズ」。スポーティーでありながらミニマルなデザインを得意としたヨーロピアンスタイルのブランドです。

さすがはヨーロッパブランド。オーバーサイズながらも地面に向かってストーンと落ちるため、綺麗めでクリーンな仕上がりが特徴です。

きめが細かくなめらかなブラッシュドウールを使用しており肌あたりも抜群。

着丈の長さをスーツスタイルに合わせたときもしっかり決まる膝丈。クリーンで清潔感のあるチェスターコートをお探しの方におすすめのブランドです。

ヘルノ(HERNO)ウールナイロン チェスターコート

イタリアの老舗高級コートブランドの「ヘルノ」。伝統とクオリティを大切にしながらイタリアらしい高品質なモノ作りの高さが定評のブランドです。

見た目は上質なウールのチェスターコートにしか見えませんが、内側にヘルノの代名詞素材「NYLON ULTRA LIGHT(ナイロンウルトラライト)」を組み合わせたダウンチェスターコートなのです。

襟元のチェスタープロテクターは取り外しができるので、気温やその日の着こなしに合わせて着脱すると一層着こなしの幅も広がります。

チェスターコートのクリーンさに加えて、ダウンジャケットの保温性の高さをプラスした一着なので、真冬の時期もこの一着で乗り越えることができますよ!

Stile Latino / EOLO グレンチェック チェスターコート

イタリアファッションと言えばミラノが有名ですが、実はフォーマルスーツブランドや紳士服の仕立てブランドではナポリも負けてません。

ハイクオリティーな素材使い、そして熟練職人の手による縫製技術の高さを活かして、2004年誕生ながらイタリアを代表するブランドにまで成長を遂げた「スティレ ラティーノ」。

本モデルはそんなブランドの魅力を凝縮した贅沢なチェスターコートとなっています。

英国伝統のムードを放つ、大柄のグレンチェックで一歩先を行く大人の落ち着いた空気感を演出。

今の空気感にマッチした少しゆとりのあるサイズは、厚手のニット類を着用しても着膨れせずにスッキリと着こなすことができます。

仕立てのレベルでは申し分なし。着こむほどに愛着が増す、長年愛用し続けたい一着です。

ハリス・ワーフ・ロンドン(HARRIS WHARF LONDON)プレスウールブークレ シングルオーバーコート

イタリア・トリノ発のアウターブランドの「ハリス・ワーフ・ロンドン」。2009年創業ながらヨーロッパを中心に高い人気を誇る注目ブランドです。

ヴィヴィアンウエストウッドやアレキサンダーマックイーンで経験を積んだデザイナーのジュリア・アッチアルディ氏の英国サヴィルロー仕込みの高度なテーラリング技術と妥協を許さないモノ作り精神、そして高品質な生地使いによって、洗練されたモダンで美しいシルエットのミニマルクロージングを展開。

チェスターコートもそんなブランドのらしさが詰まった一着。

ループが重ねられたプレスウールブークレパネルを使用し、精巧に仕立てられており、チェスターコートとしての完成度の高さは申し分なし。

計算され尽くしたシルエットとデザインは、羽織るだけで大人ムードを演出。

まさに大人の男性のために作られた一着です。


着こなしの参考に。チェスターコートを使ったコーディネート

街行くお洒落男子はチェスターコートをこう着こなす。ということでここからは大人の男性のためにチェスターコートを使ったコーディネートをいくつかご紹介します。

これぞ王道。チェスターコートを使った大人シンプルコーデ

wear

チェスターコートをメインに王道アイテムでスタイリングしたコーデです。

クリーンな雰囲気のダークグレーのチェスターコートのインナーには、肌触りの心地良いブラックのプルオーバーをイン。

スラックスが旬な今ですが、やっぱりキレイめにクリーンに着こなすなら細身のデニムパンツは欠かせません。

足元には着こなしに抜きをプラスしてくれるオフホワイトのコンバースを合わせれば、女子ウケも抜群な大人ためのシンプルコーデの完成という訳です。

オレンジの色味は差し色に効いた大人シンプルコーデ

wear

程よく光沢感のある黒のチェスターコートにテラコッタ色の深みのあるニットをイン。

オレンジトーンの色味は、暗い色に逃げてしまいがちな秋冬コーデの差し色として効果的なので、積極的に取り入れていきたい色味でもあります。

ボトムスはクリーンな雰囲気のデニムスキニーパンツを合わせて、足元は大人ムードを演出してくれるブーツをチョイス。

こちらも女子ウケ抜群のコーデなので、デートや家族とのお出掛けにおすすめです。

ラペルの短いグレーのチェスターコートでスポーティーカジュアルにまとめる

wear

襟の短いグレーのチェスターコートにライトグレーのスウェットパーカーをプラス。

グレートーンの同系色合わせですが、インナーにはトーンの明るいものを合わせることで、コーデに抜きを作ることができます。

ボテっと重たくなりがちな冬コーデにとって抜きはかなり重要。意識して取り入れるだけでも全体の印象が見違えるように軽やかになるので、コーデを組む前に一度抜きが作れているか確認しましょう。

リラックスシルエットのチェスターコートなら今っぽい雰囲気を簡単に作れる

wear

肌あたり抜群なラムウール素材で見た目も着心地にも優しいチェスターコートを使った大人シンプルコーデです。

ゆったりめなサイズ感のチェスターコートは羽織るだけで今っぽい雰囲気になるので、休日使いなら細身よりもややリラックスシルエットのチェスターコートがおすすめです。

全体的にブラック〜ネイビーにまとめていますが、重たく見えないのは足元と首元に白をプラスしているからです。

この白の役割がかなり重役で、見せすぎてもチラつきますし、少なすぎるとコーデが一気に重たくなってしまう。多くても全体の1割に留めておくことを意識しましょう。

チェスターコートにスウェットパンツを合わせて大人のリラックスした休日スタイルに

wear

休日ぐらい肩の力を抜いてリラックスした着こなしが良い、かといって手抜きは嫌だ。という方におすすめしたいのがこちらのコーデ。

ブラウンのチェスターコートをメインにグレーのスウェットパンツを合わせ、肩の力を程よく抜いた雰囲気に仕上がってます。

インナーには白のケーブルニットを合わせて、優しくマイルドな印象に。

スウェットパンツも自分の身体に合うサイズのものなら外着としての着用もあり!クリーンなアイテムでまとめて、楽をしつつもお洒落さをアピールしていくと周りからもセンス良い!と思われること間違いなし。

ブラウンのワントーンコーデで感度の高い雰囲気を演出

wear

チェスターコートは胸元が開くため、インナーにタートルネックやスカーフ・マフラーといったアイテムを合わせて首まわりにボリュームを出してあげるのがおすすめです。

ベージュ系でまとめたこちらのワントーンコーデ。インナーに薄手の上品なタートルネックセーターを合わせて、グレートーンの細身のマフラーを合わせたエレガントスタイル。

足元をスニーカーからローファーにするだけで着こなしにエレガントさが増して大人っぽく仕上がるので、少し上品に仕上げたい日はローファー合わせがおすすめです。

チェスターコートを大人っぽくスポーティーエレガントに仕上げる

wear

チェスターコートをスポーティーな雰囲気のアイテムでまとめた大人スポーティーコーデです。

着丈の短いネイビーのチェスターコートにホワイトトーンのスニーカーを合わせて、ウール地のキャップで外しつつもエレガントな雰囲気を適度に残すことで、スポーツアイテムもキレイめにまとめることができます。

インナーにグレーのタートルネックセーターを合わせるなど、エレガントな雰囲気のアイテムを取り入れることで、大人の男性に相応しいスポーティーコーデに仕上がります。

メンズにおすすめのチェスターコートブランドまとめ

今回はメンズにおすすめしたいチェスターコートブランドをご紹介しました。

プライベートな着こなしにおすすめのブランドから少しカチッとしたフォーマル向きのブランドまで、幅広いテイストに応えられるブランドをご紹介したので、ぜひ本記事からお好みのチェスターコートを見つけてみてください。

関連記事

シンプルな作りでビジネスシーンから休日カジュアルまでオンオフ問わずに活躍してくれるメンズの定番アウター「ステンカラーコート」。 Aラインを作りやすく、トレンドのビッグシルエットでも合わせやすいため、今季は特に要チェックなアウターです。[…]

関連記事

機能美の塊と言って過言ではないメンズの冬の定番アウター「トレンチコート」。 ミリタリーウェアにルーツを持つ機能美と男らしさに加え、計算し尽くされたディテールがクラシカルできれい目なシルエットを演出してくれる冬のワードローブの定番アイテ[…]

 

最新情報をチェックしよう!