大人の男性におすすめしたい本格レザージャケットブランド15選。

男を上げる一生物のアウターとして絶大な人気を誇る定番アイテム「レザージャケット(革ジャン)」。

ライダースやフライトジャケットや果てはスタジャンまで、オールレザーで仕上げられた無骨なアウターは、かっこいい男子のマストハブとして、ワードローブに欠かせ無いアイテムです。

今回はそんなレザージャケットの種類と選び方をご紹介すると共に、この中から選べば間違いない!」と言える鉄板の人気ブランドを厳選して15種類、全29商品をご紹介します。

ゆうた
「安物や偽物のレザージャケット」はどうしてもダサくバレてしまいがち。もちろんこれは値段だけではありません。レザージャケットマニアも唸る「本物のブランド」から、一生の相棒に相応しいレザージャケットを厳選してご紹介します。

レザージャケット(革ジャン)とは!?

wear

いざレザージャケット(革ジャン)を選ぼうと思っても、周囲に革ジャン愛好家がいなければ「そもそも革ジャンとは何なのか」「どんなレザージャケットを選べば良いのか」について不明瞭な部分が多い事でしょう。

なぜ「レザージャケット」はかっこいいのか。

それは人類の挑戦を常にサポートし続けた衣服だからでしょう。

大空を駆ける飛行機乗り達を極寒の寒さから守るために。究極のスピードを求めるライダー達を怪我から守るために。生身の人間の命を脅かす悪魔の領域での活動を想定してレザージャケットは誕生しました。

50年代までレザーは「高機能素材」でしたが、60年代以降になると化学繊維が発達し、以降はファッションを意識したデザインがたくさん生み出され、レザージャケットカルチャーを形成して行きました。

これらの歴史により、レザージャケットは「ギア」として愛され、ワークやミリタリーの風格からワーカー層の不良達のアイコン隣、現在でも「かっこいい男の着る服」となっているわけです。

レザージャケットの上手な選び方

wear

レザージャケットの種類について詳しくは後述しますが、レザージャケットには大きく分けて「シングル」と「ダブル」というデザインの種類が存在します。

初心者まずシンプルな「シングル」のレザージャケットを選ぶのがおすすめです。

反対に、いかにもレザージャケット!という印象の、ロックンローラーや不良のイメージのある男らしく無骨なスタイルを求めている方は「ダブル」のレザージャケットを選びましょう。

中には、表生地にレザーを使って内側にダウン等のインサレーションを配置したモデルや、ジージャンやMA-1をオールレザーに仕上げたファッショナブルなモデルもあります。

2021年のトレンドとして予想されているのは「一般的な形状とは違うヒネリのあるレザージャケット」。ブレザーの流行も予想されるので、ブレザータイプのレザージャケットや、ノーカラータイプなどを選んでみるのもおすすめです。

まずは「形状」事の印象を見極めつつ、自分にあったレザージャケットを見つけてください。

レザージャケットの種類と特徴

レザージャケット(革ジャン)と言っても、そのデザインは非常に多く、予備知識なしには自分に似合うレザージャケットと出会う事すら難しいでしょう。

レザージャケットには大きく分けて3種類のスタイルがあり、またそれらに属さ無い個性的なデザインもあります。

  1. ライダースジャケット系レザージャケット
  2. フライトジャケット系レザージャケット
  3. スポーツジャケット系レザージャケット
  4. その他

それぞれの種類の中にも有名な形状が数種類ずつあるわけですが、上述の3種類は「オールレザーのジャケット」という意味で同じなだけで、出自も違えば歩んできた歴史も違います。

そのため合わせるコーディネートの方向性や、自分に似合いやすい服の系統と違うものを選ぶと、めっちゃダサい感じになりかねないのでまずはレザージャケットの種類から選んでみるのが良いでしょう。

ライダースジャケットの定番

ライダースジャケットといえば以下の5種類が定番です。

ライダースジャケットはその名の通りバイクに乗るためのライディング用レザージャケットとして成長してきた歴史を持ちます。

襟やフロント部分の合わせによって「ダブル」と「シングル」に別れ、ワイルドな雰囲気の「アメリカンタイプ」とタイトでシュッとした「ブリティッシュタイプ」に大別されます。

また、シングルのライダースジャケットは襟の形状が印象的となるため、スタンドカラーやオフセットと言った襟の形状によって種類分けがされています。

パンクスやロッキッシュなコーデと相性が良く、エンジニアブーツやチェルシーブーツと合わせると「これぞ」な雰囲気が漂います。

それぞれの種類について以下で簡単にご紹介致します。

ダブルライダース(アメリカンタイプ)

男らしさの象徴といえば「アメジャン」とも呼ばれるこのタイプ。

一般的にブリティッシュタイプよりゆったりとしたサイズ感でフロントに大きめなバックルがついたベルトのある物が多い傾向です。

ダブルライダース(ブリティッシュタイプ)

UKロックやパンクスの愛用者が多くスタイリッシュなシルエットが特徴の「ロンジャン」と呼ばれるブリティッシュタイプ。

シングルライダース(スタンドカラー)

ライダースジャケットの中でもとりわけミニマリズムを感じるデザイン。

スタイリッシュでモードな印象のコーディネートや、パーツが少ない事による耐久性の高さやメンテナンス性の高さも高く評価されるスタイルです。

シングルライダース(オフセットタイプ)

一般的に「シングルのライダース」と言われるとこのタイプ。

ダブルライダースのスタイルはそのままに、襟元をシングルにしてボリュームを抑え、アメリカンタイプともブリティッシュタイプとも違う絶妙ないいとこ取り感が人気です。

シングルライダース(襟付きタイプ)

最も初心者におすすめなライダースジャケットといえばこのタイプ。

ライダースでありながらもフライトジャケット系レザージャケットの雰囲気もあり、襟元のデザインもデニムジャケットやブルゾンのような「よくあるデザイン」になっているため着やすいのが特徴です。

フライトジャケットの定番

オールレザーのフライトジャケットといえば以下の4種類が定番です。

ミリタリージャケットには野戦用と航空用の2種類が存在し、航空用を指して「フライトジャケット」と呼びます。

現在フライトジャケットと聞くとMA-1やLN-2BやCWU-45Pと言ったセージグリーンのナイロンやアラミド繊維を使った物がイメージされると思いますが、そもそもはA-1と呼ばれるレザージャケットから始まった歴史を持ちます。

ライダースと並んで「レザージャケット」の定番として親しまれており、アメカジやミリタリーミックスの定番アイテムです。

それぞれの種類について以下で簡単にご紹介致します。

A-2

全てのフライトジャケットの始祖と言えるA-1をベースに1931年に制式化された後続モデル。

約20万着も作られたと言われるアメリカ軍航空隊の名作フライトジャケットであり、パイロットにとっては「一人前の証」であり、それは誇りであり宝物でもあったと言われています。

そのため終戦後に本来軍に返却する必要があるにも関わらず、紛失扱いにして持ち帰るパイロットが続出し、それはそのごファッションアイテムとしてアメカジの定番となりました。

G-1

映画「トップガン」にてトム・クルーズ演じる「マーベリック」が着用したことで一躍脚光を浴びた「アメリカ海軍の誇り」と言えるモデル

摂氏1030度のライトゾーンフライトジャケットであるA-2に対し、G-1は摂氏−1010度のインターミディエイトゾーン向けの作りとなっており、より防寒性に優れた作りと重量感が魅力な一着です。

B-3

B-3ジャケットといえば大塚明夫さんが演じる攻殻機動隊のバトーさんが愛用するジャケット。

1934年の誕生以来、摂氏−30〜−10度のヘビーゾーン向けジャケットとして作られたシープスキンとボアが生み出す無骨な重量感が、タフな男の象徴的ジャケットして多くの方々を魅了してきました。

使用される素材ゆえに10万超えは当たり前。割とちゃんとしたブランドの物なら20万円は軽く超えてくるため、ファッションアイテムとしてはフェイクレザーを採用した物が人気です。

A-1

これ無しにフライトジャケットタイプのレザージャケットは語れない「オリジン」です。

フライトジャケットの中でも非常にクラシカルで大人な雰囲気を漂わせており、落ち着いたコーディネートを上品に仕上げつつも男らしい雰囲気を演出したいなら必携の1枚と言えるでしょう。

スポーツジャケットの定番

ハンティングやアウトドア遊びで着られていた物がルーツのスポーツジャケットといえば、以下の5種類が定番です。

軽量性や動きやすさを重視した設計が多く、上述の5つ以外にも非常にデザインの幅が広いスタイルです。

それぞれの種類について以下で簡単にご紹介致します。

ダブルタイプ

いわゆる「ダブルのライダースジャケット」をベースとしたデザイン。

しかし襟を止めるためのボタンが排除されていたり、袖口がジッパーでは無くボタンカフス仕様になっているなど、ライダースジャケットの原型よりも軽量かつ軽快な印象となっている物が多い傾向です。

シングルタイプ

スポーツジャケットタイプのレザージャケットは通称「スポジャン」と呼ばれていますが、最もスポジャンらしいデザインといえばこのシングルタイプです。

襟のバタつきを抑えるチンストラップや袖口のカフスなどクラシカルなデザインに加え、フロントがジッパーでは無くボタン仕様になっているものも多く見られます。

グリズリージャケット

シープムートンをボディの前面と背面に配置する事で、まるで熊のように見えることから「熊ジャン」とも呼ばれるモデル。

防寒性が高く個性的で可愛らしい見た目から女性のファッションシーンではたびたびブームが訪れています。男性向けのアイテムとしては、ちょっと上級者向けな印象ですが、男臭くもかわいい雰囲気が出せるため人気のデザインです。

A-1スタイル

A-1フライトジャケットの印象はそのままに、袖元やウエストに施されたニットリブやコットンサテンの裏地を排除しオールレザーに仕上げたものがこの形状にあたります。

ほとんどの場合が「シングルタイプのスポジャン」と呼ばれる形状と同じであり、シングルタイプの中にA-1形のスタイルがあるというイメージで差し支えありません。

カーコート

オープンタイプのスポーツカーに乗るための服として誕生したカーコート。

セミロングほどの着丈をもちつつテーラー系の襟周りデザインな物が一般的ですが、防寒性を高めるためにムートン襟を配置したものやチンストラップ付きのシングル襟を配置した物もあります。

ファッションアイテムとしての人気も高く、襟付きのシングルライダースと合わせて「初心者向け」と言われる形状です。

その他

「ファッションアイテム」として進化したレザージャケットには、ここまでに紹介したタイプに当て嵌まらないものも登場しました。

中でも有名なものといえば以下の3種類が定番です。

上述の3つ以外にも、オールレザーのボマージャケットや、果てはレザー製コーチジャケットまで、その種類は多岐に渡ります。

それぞれの種類について以下で簡単にご紹介致します。

Gジャン形スタイル

デニムジャケットのデザインと言っても

  • タイプ1:ファースト
  • タイプ2:セカンド
  • タイプ3:サード
  • タイプ4:フォース
  • タイプ5:リータイプ

と、ざっくり5つに分けられますが、これらのスタイルを模してオールレザーに仕上げたレザージャケットは、初心者でも着やすい軽快なデザインとして注目度の高いスタイルです。

シャツ形スタイル

シャツのディテールやシルエットをそのままにオールレザーでリプロダクトしたスタイルも、異端的なデザインでありながらファッショニスタから高く支持されるアイテムの1つです。

薄く軽快な革を使用することで、実際にシャツのようなスタイルで着られる物もありますし、反対にゴツいレザーを使ってアウターとして使用できる仕様の物も人気です。

スタジャン形(ボンバー形)スタイル

スタジャンといえば「アワードジャケット」と呼ばれるベースボール用ユニフォームの1つ。

一般的には袖部分だけがレザー製でボディはウールやメルトン素材の物が中心ですが、オールレザーで仕上げたスタジャンもファッションアイテムとして定番であり、レザージャケットの人気モデルとなっています。

スタジャン自体がMA-1やL-2と言ったボンバージャケットのシルエットがベースなので、オールレザーになった場合にワッペン等が付けられていなければボンバー型やボンバースタイルと呼ばれる場合もあります。

ド定番!メンズ向け本格レザージャケットおすすめブランド15選

レザージャケット(革ジャン)を選ぶなら、まずは「間違いないブランド」から見ていくのがおすすめです。

ここでは、レザージャケット好き達が熱視線を送る「本物のブランド」を厳選して15種類紹介致します。

  1. ショット(Schott)
  2. ラングリッツ(Langlitz)
  3. ルイスレザーズ(Lewis Leathers)
  4. ブコ(BUCO)
  5. バンソン(Vanson)
  6. ジェームス・グロース(JAMES GROSE)
  7. アルファ インダストリーズ(Alpha Industries)
  8. アビレックス(AVIREX)
  9. トイズマッコイ(TOYS McCOY)
  10. リアルマッコイズ(THE REAL McCOY’S)
  11. バズリクソンズ(Buzz Rickson’s)
  12. ヒューストン(HOUSTON)
  13. ビームス(BEAMS)
  14. ザラ(ZARA)
  15. アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

ブランド毎に、特に人気の高いレザージャケットや名作と名高いモデルについてもご紹介しますので、是非レザージャケット選びの参考にしていただければと思います。

ショット(Schott)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ
スタイル:ライダース|ミリタリー|フライトジャケット

Schottの革ジャンの魅力

  • ライダースジャケットの原点であり進化し続ける頂点のブランド
  • 約100年もの間「レザージャケットの定番」として君臨し続けている

1913年にアメリカのニューヨークはイーストブロードウェイで誕生し、世界で初めてジッパー開閉式のライダースジャケットを製造した事で有名なレザージャケットの人気ブランドが「ショット(Schott)」です。

ショット|613 UST ONESTAR TALL

素材:ステアハイド
参考価格:¥110,000前後

おすすめポイント

  • ダブルライダースの超定番モデルであり原点にして頂点
  • 肩のエポレットにある星形のスタッズが象徴的

ショット|618 DOUBLE RIDERS

素材:ステアハイド
参考価格:¥90,000前後

おすすめポイント

  • 快適な着心地を誇る現代のスタンダードモデル
  • 快適な厚さのレザーに4つのスナップボタンが特徴

ショット|641 OLD SINGLE RIDERS

素材:ステアハイド
参考価格:¥100,000前後

おすすめポイント

  • シングルライダースの代表的モデルとして愛される名作
  • 同型が映画「イージーライダー」で採用され爆発的なヒットとなった

ラングリッツ(Langlitz)

langlitzjapan

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ
スタイル:ライダース

Langlitzの革ジャンの魅力

  • 1日6着ペースでしか生み出されないフルオーダーのブランド
  • マニア達からも「キングオブレザー」と称される究極の存在

1947年にアメリカのオレゴン州ポートランドで誕生したフルオーダー製作で有名なレザージャケットの人気ブランドが「ラングリッツ(Langlitz)」です。

ラングリッツ|Columbia

素材:カウハイド|ゴートスキン|ホースハイド|エルクスキン|etc
参考価格:¥320,000前後

おすすめポイント

  • ラングリッツの中で最もトラディショナルなモデル
  • キング・オブ・ライダース・ジャケットと呼ぶに相応しい風格

ラングリッツ|Cascade

素材:カウハイド|ゴートスキン|ホースハイド|エルクスキン|etc
参考価格:¥300,000前後

おすすめポイント

  • 斜めにスライダーが取り付けられたライダースの「オリジナル」がコレ
  • シンプルでスポーティーなスタイルを意識した形状

ルイスレザーズ(Lewis Leathers)

lewisleathers

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:イギリス
スタイル:ライダース|ミリタリー

Lewis Leathersの革ジャンの魅力

  • ブリティッシュスタイルライダースの代表的なブランド
  • 高橋盾や川久保玲をも魅了するファッショナブルなスタイル

1892年にイギリスのロンドンはグレート・ポートランド・ストリートで誕生し、シドビシャスやポールマッカートニーが愛用した事で有名なレザージャケットの人気ブランドが「ルイスレザーズ(Lewis Leathers)」です。

ルイスレザーズ|LIGHTNING

素材:カウハイド|ホースハイド
参考価格:¥200,000前後

おすすめポイント

  • 世界中のファッショニスタを魅了する永遠のスタンダードモデル
  • フロント4箇所のジップとサイドから回り込むバックルが特徴

ルイスレザーズ|CYCLONE

素材:カウハイド|ホースハイド
参考価格:¥200,000前後

おすすめポイント

  • やや長めの着丈により実用性の高い大人なシルエットが特徴
  • ヨークのないスリムでシンプルなバックスタイル

ブコ(BUCO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ(日本)
スタイル:ライダース

BUCOの革ジャンの魅力

  • 極上のエイジングに進化する「最強の経年変化」が堪能できるブランド
  • 1生着れて、着れば着るほどにカッコよくなる極上の逸品揃い

1933年にアメリカのミシガン州デトロイトで誕生したバイクアクセサリーやジェットヘルメットで有名なレザージャケットの人気ブランドが「ブコ(BUCO)」です。

1970年代オイルショックや創業者の引退によってブランドは消失。現在は日本の「ザ・リアルマッコイズ・インターナショナル」が復刻を担当し、同社からブランド展開されています。

ブコ|J-24

素材:ホースハイド
参考価格:¥270,000前後

おすすめポイント

  • ブコにおける究極の完成形とも言える傑作モデル
  • クラシカルな見た目に職人のハイレベルな仕事を堪能できる逸品

ブコ|J-24L

 

素材:ホースハイド
参考価格:¥300,000前後

おすすめポイント

  • J-24Lの着丈を若干伸ばしたライディング向けに合理的な形状
  • 取り外し可能なムートンボアによる十分な防寒製と風格

ブコ|J-100

素材:ホースハイド
参考価格:¥200,000前後

おすすめポイント

  • シングルライダースの完成系とも言えるシンプルな作り
  • 単純な形状の中から漂うエレガントなルックスの名作

バンソン(Vanson)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ
スタイル:ライダース

Vansonの革ジャンの魅力

  • トップグレンカウハイドの重厚なバンソンレザーを使った逸品
  • タフで無骨を地でいくアメリカンライダースジャケットの雄

1975年にアメリカのマサチューセッツ州ボストンで誕生し、今や世界中のバイカーから愛されるアメリカ最大のモーターサイクルレザーメーカーにまで成長したビッグブランドが「バンソン(Vanson)」です。

バンソン|B

素材:カウハイド
参考価格:¥130,000前後

おすすめポイント

  • 重厚な革質を堪能できるシンプルで無駄の無いスタイル
  • 初心者からレザーマニアな玄人まで人気のある永久定番モデル

バンソン|C2

素材:カウハイド
参考価格:¥130,000前後

おすすめポイント

  • 渋谷のバックドロップが別注し定番入りした人気モデル
  • 太めのアームホールにショート丈の「これぞ」なダブルライダース

ジェームス・グロース(JAMES GROSE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:イギリス
スタイル:ライダース

JAMES GROSEの革ジャンの魅力

  • イーストロンドンの専門工場で1点1点ハンドメイドによる生産
  • ルイスレザーより「玄人中心」に人気を獲得しているブランド

1876年にイギリスのロンドンで誕生し、60年代当時はルイスレザーを凌ぐ勢いで人気だったレザージャケットの定番ブランドが「ジェームス・グロース(JAMES GROSE)」です。

ジェームス・グロース|MANILA JACKET

素材:カウレザー|ホースレザー
参考価格:¥140,000前後

おすすめポイント

  • 本格的なライダースのディテールを踏襲したクラシカルなデザイン
  • ブランドのフラッグシップモデルであり最も人気のある傑作

ジェームス・グロース|KANSAN JACKET

素材:カウレザー|ホースレザー
参考価格:¥140,000前後

おすすめポイント

  • 着丈が長めに設定された実用的なシングルライダース
  • オフセットスタイルのデザインが万能に使える人気モデル

アルファ インダストリーズ(Alpha Industries)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

Alpha Industriesの革ジャンの魅力

  • アメリカ軍に納入するフライトジャケットの製造から始まった本格派
  • アメカジ&ミリタリーを牽引するブランドらしい展開の幅広さ

1954年にアメリカのテネシー州ノックスビルで誕生し、米軍の公式コントラクターとしても有名なレザージャケットの人気ブランドが「アルファ インダストリーズ(Alpha Industries)」です。

アルファ インダストリーズ|B-3 JACKET FAKE MOUTON TA1469

素材:フェイクムートン
参考価格:¥20,000前後

おすすめポイント

  • 本格的なデザインやディテールを踏襲したリアルな作り
  • フェイクムートンを採用する事で抜群のコスパを実現

アルファ インダストリーズ|MA-1 LEATHER DOWN

素材:シープスキン
参考価格:¥70,000前後

おすすめポイント

  • 定番MA-1を柔らかなシープスキンとダウンで再現した傑作
  • デザインと機能性を詰め込んだ変わり種レザージャケットの人気モデル

アビレックス(AVIREX)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:アメリカ
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

AVIREXの革ジャンの魅力

  • 完全なレプリカではない時代に沿ったレザージャケットの展開
  • 本物のクオリティと独自のアレンジ力を生かしたプロダクツ

1937年にアメリカのニューヨーク州ビーコンで誕生したアメリカ軍のコンストラクター「エアロ・レザー社(イギリスのとは別)」を前身とし、1975年から民生品を生み出すブランドとして誕生したのが「アビレックス(AVIREX)」です。

アビレックス|GOAT G-1 TOP GUN

素材:ゴートスキン
参考価格:¥100,000前後

おすすめポイント

  • フライトジャケットファン以外も惹きつけるデザインディティール
  • トップガンモチーフのデザインやブラッドチットを配置

アビレックス|A-2 PLAIN 6181061

素材:カウレザー
参考価格:¥80,000前後

おすすめポイント

  • 1931年に米国陸軍航空部隊に採用されたモデルの復刻
  • 高品質なカウレザーにより着れば着るほどに味わい深さを増す逸品

トイズマッコイ(TOYS McCOY)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

TOYS McCOYの革ジャンの魅力

  • ヴィンテージを新品状態から着られる唯一無二のブランド
  • この界隈のオタク達が熱狂する徹底的なディテールワーク

1996年に旧リアルマッコイズ創始者の1人により、日本で誕生したレザージャケットの人気ブランドが「トイズマッコイ(TOYS McCOY)」です。

トイズマッコイ|B-3 No.TMJ1818

素材:シープスキン
参考価格:¥320,000前後

おすすめポイント

  • 「WAR LOVER (戦う翼)」をイメージしたB-3ジャケット
  • ややオレンジ色掛かった染色のムートンが上質な雰囲気

トイズマッコイ|A-2 No.TMJ1716

素材:ホースハイド
参考価格:¥200,000前後

おすすめポイント

  • トイズマッコイの最高傑作!A-2より魅力的なRWAのA-2ジャケット
  • A-2を深く知るトイズマッコイだから生み出せた極上の逸品

リアルマッコイズ(THE REAL McCOY’S)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

THE REAL McCOY’Sの革ジャンの魅力

  • 日本の人材と技術力で今の時代に蘇らせる名品揃い
  • 希少な高級革に数えられるホースハイドを多数ラインナップ

1987年に日本で誕生したミリタリーやワークウェアのレプリカで有名なレザージャケットの人気ブランドが「リアルマッコイズ(THE REAL McCOY’S)」です。

リアルマッコイズ|A-2 No.MJ12103

素材:ホースハイド
参考価格:¥200,000前後

おすすめポイント

  • 「リアルマッコイズが納入業者だとしたら」というA-2のif
  • 「名品」の仕上がりにカーブの大きなフラップなど個性が光る

バズリクソンズ(Buzz Rickson’s)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

Buzz Rickson’sの革ジャンの魅力

  • ミルスペック準拠の製品作りでは他の追随を許さぬ完成度
  • 歴史と誇りを追求する最強のブランドとの呼び声も高い

東京墨田区のアパレル会社「東洋エンタープライズ」により1993年に誕生した、ミリタリーやワークウェアで有名なレザージャケットの人気ブランドが「バズリクソンズ(Buzz Rickson’s)」です。

バズリクソンズ|Type G-1 U.S. ARMY AIR FORCE BR80145

素材:ゴートスキン
参考価格:¥130,000前後

おすすめポイント

  • プレーンなG-1と言ったらコレ!なバズリクソンズの意欲作
  • 襟裏のステンシルや補強ステッチの入り方まで徹底的に再現

バズリクソンズ|A-2 No.23380 “ROUGH WEAR CLOTHING CO.” ANILINE HAND FINISHED BR80253

素材:ホースハイド
参考価格:¥150,000前後

おすすめポイント

  • A-2の代名詞であるラフウェア社のモデルを徹底的に再現
  • 手作業による独特の色ムラやブロンコハイドの傷がマニアをも唸らせる極上品

ヒューストン(HOUSTON)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ミリタリー|フライトジャケット

HOUSTONの革ジャンの魅力

  • 日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを作った企画力
  • 本格的な作りの良さとリーズナブルな価格の展開

1947年に日本の埼玉県大宮市で誕生したユニオントレーディング株式会社が、1972年に立ち上げた踊る大捜査線のM-51モッズコートで有名なレザージャケットの人気ブランドが「ヒューストン(HOUSTON)」です。

ヒューストン|Leather N-1 DECK JACKET 8177

素材:カウレザー
参考価格:¥55,000前後

おすすめポイント

  • オールレザーに仕上げたN-1デッキジャケットスタイルの逸品
  • ムートン衿にCONMARジッパーの本格仕様でこの価格は圧倒的

ヒューストン|A-2 Flight Jacket 8173

素材:ホースレザー
参考価格:¥55,000前後

おすすめポイント

  • 圧倒的なコスパにより完売が相次いだ人気モデル
  • 馬革にCONMARジップなどリアルクローズな仕上がりの名作

ビームス(BEAMS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ライダース

BEAMSの革ジャンの魅力

  • 着こなしが容易でトレンド感のあるオーセンティックな作り
  • 優れた価格設定によるバランス感覚の良い製品

1976年に日本で誕生したセレクトショップ「ビームス(BEAMS)」。PBで展開されるオーセンティックで日常のファッションに取り入れやすいレザージャケットが人気です。

ビームス|BEAMS PLUS|11-18-1360-343

素材:カウレザー
参考価格:¥110,000前後

おすすめポイント

  • アメリカのハイウェイパトロール隊のユニフォームを作る工場で製作
  • タウンユースでもライディング中でも使いやすいベーシックな1着

ザラ(ZARA)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:スペイン
スタイル:ライダース

ZARAの革ジャンの魅力

  • フェイクレザーを巧みに使った圧倒的な低価格が魅力
  • 本革を使用したモデルも3万円以内と他の追づいを許さぬコスパ

1975年にスペインのア・コールニャで誕生した手ごろな価格のファッション性に優れたデザインで有名なレザージャケットの人気ブランドが「ザラ(ZARA)」です。

ザラ|5479/350

素材:バッファローレザー
参考価格:¥24,000前後

おすすめポイント

  • 襟付きタイプのシンプルなシングルライダーススタイル
  • シェルに本革のみを使用した圧倒的なコストパフォーマンスが魅力

ザラ|1966/300

素材:フェイクレザー
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 雨に強く手入れ不要で使い勝手抜群なフェイクレザー
  • アメジャンからベルトやエポレットを排除したスマートな作り

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
国:日本
スタイル:ライダース

URBAN RESEARCHの革ジャンの魅力

  • カジュアルながらも大人の上品さ溢れるプロダクツが特徴
  • ロックやモードの雰囲気が漂うリーズナブルなアイテムが豊富

1974年に日本の大阪で誕生したジーンズカジュアルショップを起源とするセレクトショップ。

15種類を超えるPBをもち、手ごろな価格とおしゃれなデザインで有名なレザージャケットの人気ブランドが「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」です。

アーバンリサーチ|ROSSO MEN|RA97-17M019

素材:ラムレザー
参考価格:¥50,000前後

おすすめポイント

  • 馴染むのが早いのに重厚感の漂う上質なラムレザーを使用
  • 定番のブリティッシュスタイルをミニマルに仕上げた逸品

レザージャケットを使ったコーディネート集

さて、ここからはレザージャケットを使った大人のためのコーディネートをいくつかご紹介していきます。

大人世代、若い世代問わずファッションアイテムとして大人気のレザージャケット。30歳を超えてきてから着るレザージャケットは古臭くならないよう今っぽくアップデートする必要があります。

以下では、レザージャケットをトレンディかつお洒落に見せるポイントも合わせて解説していきます。

レザージャケットに白シャツを仕込んでレイヤードを楽しむ

wear

着丈の短いジャストサイズのレザージャケットのインナーに選んだのは、逆に着丈の長めな白シャツ。

白シャツは清潔感と抜け感をコーデにプラスすることができるので、レザージャケットの武骨な雰囲気を軽減し、軽やかな雰囲気に仕上がっています。

ボトムスはダメージ加工のブルージーンズを合わせていますが、白シャツの抜け度が高いので、野暮ったく見えず好印象なスタイルに。

上品な雰囲気のグレーのスラックスパンツに合わせてレザージャケットを今っぽくアップデート

wear

「AVIREX」のシープスキンを使用したしなやかなレザージャケットをタック入りのグレーパンツに合わせた武骨らしくも品の良さを感じる大人コーデです。

足元にはローファーを合わせ、バイカーらしさを抜くとタウンでもしっかり馴染むスタイルに仕上がります。

シングルライダースジャケットをAラインシルエットでエフォートレスに仕上げる

wear

細身のシングルライダースジャケットにネイビーのワイドパンツを合わせた王道のAラインシルエットコーデです。

細身のトップス+太めのボトムスはまさにAラインシルエットの模範的な合わせ方。

細身のライダースジャケットをお持ちの方は、太めのパンツと合わせ、エフォートレスな雰囲気に仕上げると野暮ったさもなく今っぽい雰囲気に仕上がります。

ダブルライダースジャケットはジップを閉めて男らしい逆三角形のシルエットを強調

wear

ダブルライダースジャケットはジップを閉じた時のシルエットが男らしい逆三角形のシルエットになるので、撫で方の男性はダブルライダースジャケットを選ぶのが好ましい。

そしてインナーには清潔感溢れる印象にするため、白シャツをオン。逆三角形のシルエットをより一層強調するようなスキニーパンツといった細身のパンツを合わせるのが効果的です。

体型カバーならシングルライダースジャケットに太めのパンツを合わせてIラインシルエットを強調

wear

スタンドカラーのシングルライダースジャケットならスマートでスタイリッシュな印象を演出できます。

たとえ太めのパンツと合わせたとしても襟付きのレザージャケットよりも細身に見えるので、体型カバーの役割も。

インナーには大きめの白Tをプラスしてお腹まわりを隠すと今っぽい雰囲気になりながらもお腹のシルエットが出ることもなく着こなせます。

上級者にはレザージャケットをインナー使いに

wear

実はレザージャケットはアウターだけではなくインナーとしての使用も可能。

上品な雰囲気のチェックのチェスターコートのインナーにダブルライダースジャケットを合わせ、上品さと男らしさが入り混じる上級者向きのコーディネートに。

ボトムスや足元はスラックスやドライビングシューズなどを合わせて大人顔に仕上げることで、高級感溢れる大人の着こなしに仕上がります。

レザージャケットをブラックコーデでまとめたコーディネート

wear

クラシカルなマフラーを巻くことでレザージャケットの男らしく武骨な雰囲気を抑え、マイルドな雰囲気に。

チラッと見えたブラックのセーターが親しみやすい優しい雰囲気を醸し出してくれます。

レザージャケットの印象を抑えたいときはマフラーやインナーにウール素材を使用するとマイルドに仕上げることができます。

レザージャケットをクラシカルなスタイルに格上げ

wear

「JAMES GROSE」のダブルライダースジャケットをクラシカルな雰囲気に仕上げた上品なコーディネートです。

ボトムスはタックの入ったシルエットのキレイなベージュパンツを合わせ、足元は革靴にすることで全体の印象を引き締めています。

休日のカジュアルな格好にレザージャケットをオン

wear

シングルライダースジャケットをパーカーに合わせてカジュアルな雰囲気に仕上げたコーディネートです。

パーカー×ジョーガーパンツ×キャンバススニーカーのコンボはまさにカジュアルコーデの王道。これだけでは子供っぽさが残ってしまうので、シングルライダースを合わせ、大人の男らしい雰囲気をプラスすると子供っぽさを軽減されます。

パーカーに合わせるときは首回りがごわつかないスタンドカラーのライダースジャケットを合わせるようにしてください。

いつものレザージャケットコーデにひねりを加えるならダスティーピンクを合わせる

wear

ライダースジャケットのコーディネートがマンネリ化してきたなと感じたらインナーにダスティーピンクを取り入れるといつもとは違った雰囲気に仕上がります。

ダスティーとはグレーを混ぜたくすんだ色合いのこと。原色とは違って大人でも簡単に着こなしに合わせられる色味としていま注目されているので、このダスティーピンクを取り入れて、マンネリコーデを脱出してみるのも一つの手。

その際は他のアイテムの色味は抑えて、インナーよピンクをメインに使用するのがベターです。

レザージャケットの手入れ方法

レザージャケット(革ジャン)は洗濯機で洗えない代わりに、しっかり手入れしてあげれば何十年も、場合によっては人間の寿命よりも長く使用できる場合もあるアイテムです。

「革の手入れ」と聞くと、ちょっと面倒なイメージがあるかもしれませんが、革靴と比べたら遥かに手軽に手入れが可能なので、使用する道具と方法を覚えて末長く愛用していただければと思います。

日常の基本的なお手入れ

レザージャケットのお手入れ方法&手順

  • 馬毛等の柔らかいブラシでゴミやホコリを落とす
  • クリーナーを使って汚れをしっかり落とす
  • クリームを使ってレザージャケットを保湿する
  • ブラシやクロスで乾拭きしてクリームを馴染ませる
  • 防水スプレーを使って仕上げる

レザージャケットの定番素材であるスムースレザーは水に弱く繊細な素材の1つ。

ツーリング中に雨が降ってきた翌日などにレザージャケットが乾くと、水分と同時に油分も失われ、水シミになったり硬化の原因となるので、しっかりお手入れして栄養補給を行ってください。

用意しておきたい手入れ道具

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥4,000前後

あると便利な道具まとめ

  • 馬毛ブラシ|毎日使えるホコリ落とし
  • 豚毛ブラシ|クリームを馴染ませるブラシ
  • 歯ブラシ|細かい汚れを落とすのに便利
  • 綿100%の布|豚毛ブラシと併用すればよりキレイに
  • クリーナー|汚れ落とし
  • デリケートクリーム|革の栄養補給
  • ミンクオイルスプレー|雨の翌日等のしっかり保湿に

クリーナーやクリームはまずレザージャケットの目立ちにくいところで試してみて、色褪せやシミになりやすいかどうかをチェックしてから全体に使用するのがおすすめです。

色付きのクリームやスプレーと言った物はシミの原因になりやすく上級者向け。まずは無色のナチュラルカラーがおすすめです。

部分的な色褪せが発生した時など、初めての場合は自分でなんとかしようとせずに、設備や技術のある専門のクリーニング店へ相談するのがおすすめです。

編集部が厳選するおすすめレザージャケットのベスト3はコレ!

本記事では【メンズ向けレザージャケットのおすすめブランド】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部がデザイン性やコーデの合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. ショット(Schott)
  2. ルイスレザーズ(Lewis Leathers)
  3. バンソン(Vanson)

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーデに合うレザージャケット(革ジャン)を見つけてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG