アークテリクスのおすすめジャケット15選。サイズ感からコーデまで徹底解説!

アウトドア向けジャケットの中でも、上品でスタイリッシュなデザインが多くファッションアイテムとしても非常に高い人気を誇るブランド「アークテリクス(Arc’teryx)」。

断熱効果の高いインサレーション系のダウンジャケットから、スマートなルックスのシェルジャケット(マウンテンパーカー)まで、ビームス等の別注モデルも含めて冬のアウター探しをしているなら絶対に見逃せないブランドです。

今回はそんなアークテリクスのインサレーションジャケットやシェルジャケットの定番モデルを中心に、男性におすすめなジャケットを上手な選び方と合わせてご紹介致します。

ゆうた
アークテリクスは「コレクション名」と「仕様表記」を組み合わせれば、どんなシーンを想定して作られたモデルなのかが分かる展開となっています。出来る限り簡単にわかりやすくご紹介しますので、是非自分好みのジャケット選びに役立ててください。
関連記事

今やアウトドアブランドの製品は、ファッションにおいて欠かす事のできないポジションを確立しています。 そんなアウトドアブランドですが、有名なブランドや人気の高いブランド、皆様はどれくらいのブランドをご存知でしょうか? 今回は、人気[…]

高機能でスタイリッシュなアークテリクスに熱視線

arcteryx

アークテリクス(Arc’teryx)といえば、地球上にある最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作り上げることをコンセプトに高機能アウトドアウェアを生み出し続ける一流ブランド。

現在ではその研ぎ澄まされたデザイン性と着心地の良さが高く評価され、「極限の環境に挑む冒険者」だけでなくファッションアイテムとして多くの人々から愛されています。

アウトドアブランドの中でも「大人のブランド」な印象の強いアークテリクス。今回はそんなアークテリクスのジャケット類が持つ魅力について余すところなくご紹介致します。

アークテリクスのジャケットの魅力

arcteryx

アークテリクス(Arc’teryx)の魅力はなんと言っても、高い機能性と優れたデザインの両立です。

アウトドアブランドとは言うものの、ノースフェイスやパタゴニアと違って、非常に都会的で洗練された大人の印象が漂うスタイリッシュなアイテムが多く、ファッショナブルなデザインこそが最大の魅力と言えるでしょう。

アイコニックな「始祖鳥(アーケオプテリクス)」の化石をイメージしたロゴマークは「本物」を着ていると言う満足感が高く、アウトドアブランドの中でもクラス感のあるブランドとして人気を得ています。

実際にアークテリクスはノースフェイスやパタゴニアと言ったアウトドアブランドよりも愛用者の年齢層も高く、本格的にアウトドアを楽しむ方以外にも非常に多くのファンを持つブランドです。

ゆうた
これは個人的な偏見でもありますが、アークテリクスのアイテムはニューバランス等が好きなセレクトショップの店員さんや、テック系のアイテムを好む「先端系」富裕層に愛用者の多いイメージです。バッグのアロー22なんかのイメージも強く「大人が愛用するアウトドアブランド」な風格です。

アークテリクスのジャケットの種類と選び方

アークテリクスの代表的なジャケットコレクションの種類

  • アルファ|高山環境から保護する軽量でミニマリストのクライミングおよびアルピニズム製品
  • ベータ|多様な活動や条件に対応する高性能製品
  • ゼータ|快適さと効率を重視した軽量のハイキングとトレッキングのデザイン
  • ガンマ|伸縮性のある耐候性の中層または外層を備え通気性と耐摩耗性に優れた設計
  • セイバー|スノースポーツに特化した丈の長いデザイン
  • キャシアー|リゾート系スノースポーツ向けスペック
  • トリノ|風が強く涼しく湿気の多い条件での山岳トレーニング用
  • ノーバン|困難な地形での拡張された高出力のための高性能トレラン向け設計
  • アトム|高度な耐候性を備えた多用途の合成断熱中間層を採用した製品
  • セレス|多様な活動や条件に対応する多用途の高性能設計
  • プロトン|耐摩耗性と耐候性のある外面を備えた通気性のある中間層断熱材を採用した製品

アークテリクスの仕様表記の種類

  • SV|Severe(シビア)|過酷な環境下を想定
  • IS|Insulate (インサレイト)|断熱性に特化
  • AR|All Round(オールラウンド)|汎用性の高いスペック
  • LT|Light(ライト)|軽量性重視
  • SL|Super Light(スーパーライト)|UL装備におすすめ

アークテリクス(Arc’teryx)のジャケットを選ぶ上で、既に自分に欲しいスペックや使用を想定している場面が存在するなら、上述のコレクションと仕様表記を組み合わせるだけで、ベストなジャケットに出会えると思います。

ただ「どんなジャケットを選べば良いかわかってない」という方であれば以下の2つのポイントから選ぶのが良いでしょう。

それぞれのポイントについて以下で詳しくご紹介します。

ちなみに今回は、いわゆるキルティングによるマシュマロマンのようなダウンジャケットは、ファッション的にジャケットと呼ばないのではないかという想定により割愛させていただいております。

中綿の有無を選ぶ

アウトドア向けの「ジャケット」には大きく分けて、中綿のある「インサレーション(ダウンジャケット)」と、中綿のない「シェル」の2種類が存在します。

化繊綿を中綿に使用したインサレーションや、羽毛を中綿したダウンジャケットは、中綿のないシェルと比較して圧倒的に断熱保温性が高く、寒い時に着るアウターを探している場合はこちらを選ぶのがおすすめです。

一般的に「ジャケット」というと、マシュマロマンのようなダウンジャケットと呼ばれるキルティングタイプの中綿ジャケットはイメージにしくいかと思いますが、キルティングではないダウンジャケットも存在します。

反対に、インサレーションのモコモコしたスタイルが嫌いな方は「シェル」と言われる、ウインドブレーカーやレインウェアのようなタイプのジャケットを選ぶのがおすすめです。

防水性の有無を選ぶ

一般的に「シェル(シェルジャケット)」と呼ばれるタイプのアウターには、防水性の高い素材を使ったハードシェルと、防水性を付与していないソフトシェルの2種類があります。

真冬のアウターとして使用する場合はハードシェルがおすすめですが、春先や秋口などにサラッと羽織れるシャッカシャカしたアウターが欲しいという場合はソフトシェルの方が快適でしょう。

中綿のあるインサレーションジャケットやダウンジャケットでも、外層部分にハードシェルのような防水性や高い生地を採用しているモデルもありますので、そちらも合わせてチェックしましょう。

アークテリクスのサイズ感

一般的に「海外サイズは大きめなのでワンサイズダウン」なんて言われたりしますが、アークテリクスのジャケットのサイズ感はカナダやアメリカなど本国でも「サイズが大きすぎる」と言われる傾向があります。

それもそのはず、インサレーションやシェルはレイヤリングにおける最終層。

内側にベースレイヤーやミドルレイヤーなどを組み合わせて着る想定になっているため、タウンユースなどでロンTの上にサラッと羽織る想定のサイジンジングになっていないのです。

そのため、アウトドアユースを想定するならサイズ表記通りの購入で大丈夫ですが、タウンユースのアウターとして使うならワンサイズダウンどころか、ピッタリ着るならツーサイズダウンでも大丈夫です。

ARやSVなどのアウター前提のモデルと、SLやLTなどミドルレイヤー想定のモデルでも1サイズ程度サイズ感に違いが出ることも覚えておくのがおすすめです。

ゆうた
あまり服に詳しくない「自称ファッション通」な方は、アウトドアブランドの服に対して「サイズ感が変!」だとか「袖(丈)が長すぎる!」なんて言いがちですが、アウトドア系は基本的に「課題に対するソリューション」としての製品なので、そのモデルが何を想定して作られているかを理解すれば、サイズ感についての理解も深まると思います。

アークテリクスで人気のジャケット厳選15種

選び方のおさらい

  • 防寒メインなら中綿入りのインサレーション(ダウン)
  • レインウェアとしての使用も想定するならハードシェルト
  • 軽い雨を凌ぐだけでいいならソフトシェル

数多あるアークテリクス(Arc’teryx)のジャケットの中から、とりわけタウンユース向けにおすすめなスペックやデザインをもった定番モデルを15種類厳選致しました。

上述の選び方を踏まえつつ、自分にピッタリなジャケットを見つけていただければと思います。

  1. セトンジャケット|インサレーション
  2. ラッドステン インサレーテッド|インサレーション
  3. フレイザージャケット|ハードシェル
  4. スコーミッシュ フーディ|ソフトシェル
  5. アトムARフーディー|インサレーション
  6. アトムLTフーディー|インサレーション
  7. アトムSLフーディー|インサレーション
  8. アルファARジャケット|ハードシェル
  9. アルファSVジャケット|ハードシェル
  10. ベータARジャケット|ハードシェル
  11. ゼータARジャケット|ハードシェル
  12. ゼータSLジャケット|ハードシェル
  13. ガンマMXフーディー|ソフトシェル
  14. ガンマLTフーディー|ソフトシェル
  15. セイバーARジャケット|ハードシェル

どのタイプのジャケットを選べば良いか迷ってしまうという方であればまずは「AR(オールラウンド)」と書かれているモデルの中から選んでみるのがおすすめです。

セトンジャケット|インサレーション

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ヨーノ(ナイロン)
中綿:コアロフト
参考価格:¥30,000前後

おすすめポイント

  • アウトドアでの高い機能性と快適さを備えるタウンユース向けアイテム
  • 水に強い化繊中綿で湿った時でも保温性を失わない

軽量でカジュアルなボンバースタイルの中綿ジャケット

寒さを防ぎつつ、熱くなり過ぎないアークテリクスが開発した高性能中綿を使用し、常に衣類内の環境を快適に維持してくれるタウンユース向けの傑作。

戦略的な中綿の配置とフリースの組み合わせが非常に汎用性の高い使用感を実現しています。

ゆうた
アークテリクス 社員なら必ず持ってると言われる人気モデル「アトムLT」をベースに、MA-1の身幅が広く着丈が短いピーキーなシルエットを着回ししやすいデザインに変更した人気モデルです。

ラッドステン インサレーテッド|インサレーション

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス
中綿:コアロフト
参考価格:¥70,000前後

おすすめポイント

  • 冬の市街地での活動向けに細かく改良されたデザイン
  • ゴアテックスとコアロフトを組み合わせた高機能ウェア

暖かさと防水性を兼ね備えたタウンユース向け高機能ジャケット

タイトめなシルエットにも関わらず十分な暖かさを確保したタウンユース向けの人気ジャケット。

徹底的に無駄が省かれた最先端のテクノロジーを感じさせる尖ったアウトドアブランドらしい仕上がりであり、フードや袖口のガスケット構造や脇下のレーザーカット穴など沢山の工夫が見られます。

ゆうた
実にアークテリクスらしいミニマルでスタイリッシュなルックスと、最先端のアルパインウェアからフィードバックした高機能が融合した1枚。タウンユース向け中綿ジャケットの決定版です。

フレイザージャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス
中綿:なし
参考価格:¥60,000前後

おすすめポイント

  • 軽くてパッカブルで傘より手軽に持ち運べるウェザープロテクションウェア
  • ゴアテックス素材とGORE C-KNITバッカーテクノロジーの採用

バンクーバーの実際の天候にインスパイアされたハードシェル

アルパインクライミングようウェアのテクノロジーを生かしつつ、都市での使用を想定して生み出した高機能ジャケット。

傘が好まれない街「バンクーバー」に合わせ、機能的にもファッション的にも都市と相性の良い防水ジャケットに仕上げられており、柔らかく肌触りの良いニット素材など、タウンユースむけハードシェルに相応しい逸品です。

ゆうた
これさえ持っておけば間違いない!と言うベストバイなジャケット。アウトドア仕様の派手なカラーリングや大きなロゴマークを避けた都会的なデザインに仕上げられた人気モデルです。

スコーミッシュ フーディ|ソフトシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ヨーノ(ナイロン)
中綿:なし
参考価格:¥25,000前後

おすすめポイント

  • 超軽量ミニマリスト構造のパッカブルな防風フ―ディ
  • 最先端の高耐風性素材「Tyono30ナイロン」を使用
  • 20SSはオッシュマンズで別注モデルも展開されているので要チェック!

確かな防風性と抜群の通気性を確保する高機能ソフトシェル

余計な部分を削って現代的なシェイプに生まれ変わり、ここ数年はアウトドアガチ勢以外にもタウンユースでの評判が高まってきている人気のソフトシェルジャケットです。

数あるウインドシェルの中でも着心地と重量のバランスが優れた名品であり、ソフトシェルを買うならとりあえずコレ!な1枚に仕上がっています。

ゆうた
20SSはオッシュマンズの別注モデルが展開中。都市部でもスマートに使用できるタンカラーの落ち着いたカラーウェイに仕上げられており、いかにもアウトドアブランドな配色が苦手な方は要チェック。

アトムARフーディー|インサレーション

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ヨーノ(ナイロン)
中綿:コアロフト
参考価格:¥40,000前後

おすすめポイント

  • アークテリクスのなかで最も汎用性の高い防寒着のひとつ
  • 透湿性・防風性・水濡れの強さも備えるパッカブルな汎用モデル

アトムシリーズで最も暖かい単体でもミッドレイヤーでもOKな1着

インサレーションジャケットでありながら、ミドルレイヤー(インナーダウン的な事)を想定して作られているため、非常にタイトでスマートなシルエットに仕上げられているのが特徴です。

初冬や春先はアウターとしてスマートに、真冬はコートなどのインナーに使って暖かく。そんな汎用性の高い逸品です。

ゆうた
究極の中庸を極めたオールラウンドな1着として人気の高いジャケット。アパレル業界にファンの多いモデルであり、ファッション紙の「著者紹介」なんかでも着てる人をよく見かける名品です。

アトムLTフーディー|インサレーション

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ヨーノ(ナイロン)
中綿:コアロフト
参考価格:¥35,000前後

おすすめポイント

  • クライミングやバックカントリーの現場で愛され続ける名作
  • 多様なコンディションや発汗レベルに対応する設計

丈夫で軽量なマルチに使える中綿入りインサレーションフーディ

抜群のバランスを持つLT(ライトウェイト)シリーズのインナーダウン は、シンプルながら高い撥水性を透湿性を持つシェルに、独自の中綿素材であるコアロフトを採用した、究極の化繊インナーダウンの1つ

アークテリクスのスタッフが全員持っていると豪語するモデルのクオリティは伊達ではありません。

ゆうた
形状回復に優れた素材でかさを出しやすく温度調節に優れた中綿素材と、ポーラーテックのストレッチ素材を戦略的に仕様したシェルの構造。完璧な引き算が生み出す「究極の1着」と言えるでしょう。

アトムSLフーディー|インサレーション

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ヨーノ(ナイロン)
中綿:コアロフト
参考価格:¥30,000前後

おすすめポイント

  • 着ている事を忘れるほど軽くコンパクトな考え抜かれたミニマリズム
  • 通気性と耐風性のバランスに優れたシェル素材

超軽量素材を使用したスーパーライトな汎用インサレーション

「アウターは真冬に着るもの」と言うイメージの方にとっては非常に中途半端な使いにくいウェアかもしれませんが、気温変化のストレスを感じたく無いと言う方にとっては「絶妙」な1着になる事間違いありません。

インサレーションでもあり、ウインドシェルでもあり、ソフトシェルでもある。ちょっと工夫するだけで「1年中使えるウェア」になる名作です。

ゆうた
アークテリクスの社員ならみんな持ってると言われるアトムシリーズのスーパーライトモデル。旅行先の気温がわかりにくい時や、朝夕の気温変化が激しい時に1着忍ばせておく安心感は半端じゃありません。

アルファARジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス プロ
中綿:なし
参考価格:¥80,000前後

おすすめポイント

  • 極端な気象条件や多様な地面特性に対応できる高い汎用性
  • RECCOリフレクターが遭難者の捜索や救助をサポート

アルパインクライミング向け高機能高汎用ジャケット

外生地には軽量かつ丈夫で高い撥水透湿性能を誇る最新の3レイヤーのゴアテックスプロを採用し、雪崩時の遭難救助システムRECCOを搭載した高山アルパイン向けの本格派ハードシェル。

止水テープを用いた圧着や、各所のドローコードからハーネスが邪魔しないポケット配置など、「究極のギア」と呼んで差し支えない完成度です。

ゆうた
日常生活やタウンユースでは完全にオーバースペックな1着ですが、お洒落着としても使いやすい高機能と絶妙な価格設定なのが嬉しいポイント。これぞアウトドアブランドのウェアを選ぶ醍醐味と言えます。

アルファSVジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス プロ
中綿:なし
参考価格:¥110,000前後

おすすめポイント

  • 厳しいアルパイン条件で実績のある性能を備える一着
  • 超高耐久な表面素材で嵐にも耐え得る非常に長持ちする保護性能を実現

アークテリクスの最も耐久性のある劣悪環境向けゴアテックスシェル

極限を征する為に生み出された至高のハードシェル。

世界中のクライマー達から絶大な支持を得ているアークテリクスのフラッグシップモデルであり、何の変哲もないジップ1つに至るまで情熱が注ぎ込まれた「知れば知るほどに圧倒される」名品です。

ゆうた
「オーバースペックを着る」と言うアウトドアブランドの「ロマン」をとことんまで体感できる1着。優れた機能性や携帯性に加え、圧倒的な耐久性に至るまで「命を預ける服」を堪能していただければと思います

ベータARジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックスプロ
中綿:なし
参考価格:¥75,000前後

おすすめポイント

  • あらゆる山岳環境やアクティビティに幅広く性能を発揮できるモデル
  • コンパクトで高い防水透湿性能と十分な耐久性を備える

高汎用なハイブリッド構造のゴアテックスプロジャケット

あらゆるアクティビティで使える汎用性をもたらした人気シリーズの中でも、特に高汎用なオールラウンド使用のスペックに仕上げたハードシェルジャケット。

前作よりも着丈を長くしつつシームテープを補足することで重量を増やすことなく防寒性を向上させています。

ゆうた
プロユースでピーキーなオーバースペックを着るロマンならアルファシリーズですが、機能性はそのままにもっと幅広く使えるモデルならベータがおすすめ。タウンユースでも最高の性能を発揮します。

ゼータARジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス
中綿:なし
参考価格:¥70,000前後

おすすめポイント

  • GORE C-KNIT™裏地のしなやかで衣擦れも少ない快適な着心地
  • トレイル系に特化した山でのアクティビティにぴったりのデザイン

防水透湿性に優れたトレッキング&ハイキング用シェル

徹底的に追求された「軽さ」と「可動性」。そして抜群のコストパフォーマンスと快適な着心地を備えたことで、研ぎ澄まされた装備の向かないアウトドアビギナーやタウンユースユーザーに支持者の多い傑作シェル。

高レベルなシーム技術により生み出される立体的なシルエットなのに高耐久」なモデルです。

ゆうた
山頂から通勤まで、幅広いシーンでオールラウンドに使える人気モデル。アークテリクスらしい色やシルエットに加え高い機能性を持っており、アークテリクスのシェルの中でも特にコスパに優れた逸品です。

ゼータSLジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス
中綿:なし
参考価格:¥45,000前後

おすすめポイント

  • 予測不能な山の天気を想定して設計された緊急用シェル
  • 「備え」に最適な超軽量でコンパクトなパッカブル仕様
  • 20SSはビームスで別注モデルも展開されているので要チェック!

超軽量なゴアテックス製エマージェンシーシェル

定番として愛されてきた「ベータSL」の後継機であり、スリムで縦長なシルエットがエマージェンシーシェルとしてはもちろんのこと、ストリートを舞台に非常に高い評価を得ている昨今注目のモデルです。

サラッと羽織るだけで快適かつテック感の漂うスタイリングが可能であり、価格帯も手ごろな点にも注目です。

ゆうた
20SSのビームス別注モデルは可能な限り大きくした袖のブランドロゴをビームスカラーのオレンジに仕上げているのが特徴です。ストリートな気分なら別注モデルを。洗練された大人カジュアルなら通常モデルが良いでしょう。

ガンマMXフーディー|ソフトシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:フォーティウス(ナイロン)
中綿:なし
参考価格:¥44,000前後

おすすめポイント

  • ストレッチ性と動きやすさを重視した高性能ソフトシェル
  • あらゆる組み合わせのレイヤリングに使える高汎用モデル

暖かくて水濡れに強い抜群の耐久性を誇るソフトシェル

アルパインクライミングやトレッキング、さらにはバックカントリーと言ったスノーシーンでも活躍するスペックを持ち、ジャージのような素材感を採用することで快適な着心地に仕上げた人気モデル。

いわゆるシャカシャカナイロンなシェルジャケットが苦手な人は要チェックなアイテムです。

ゆうた
アウターとしてもミドルレイヤーとしても使える高汎用なモデル。スマートで快適な素材感の持つ手触りの良さはむしろタウンユースで人気なモデルであり、大人の上質感が漂う1着です。

ガンマLTフーディー|ソフトシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ダブルウィーブ(ナイロン)
中綿:なし
参考価格:¥30,000前後

おすすめポイント

  • すっきりとしたスリムなストレッチ性のあるフィット感
  • 耐風性と耐水性に優れた軽量ソフトシェル素材

軽量で機能性に優れたマルチユースなソフトシェル

「1着持っておくと便利なウェア」の代表格であるソフトシェルは、ハードシェルに比べてさらに多くの場面で合わせることが出来き、初めてのアウトドアウェアとしても非常に人気の高いモデル。

そんなソフトシェルの中でもガンマLTは「軽量性」と「価格」と「機能性」のバランスが非常に優れ、尚且つ普段のコーディネートにも合わせやすいシルエットと注目されている逸品です。

ゆうた
買ったけど意外と使わなかった。ってことにもなりかねないハードシェルと違い、まず間違いなく気がついたら最も出番の多い服になってるのがガンマLTです。

セイバーARジャケット|ハードシェル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ゴアテックス
中綿:なし
参考価格:¥80,000前後

おすすめポイント

  • スノースポーツにもおすすめなゴアテックスの生地に暖かい微起毛バッカー
  • プロテクター類の装着も考慮したフィット感と設計

ビッグマウンテンのフリーライドツアー向けジャケット

ハードシェルなのに起毛の裏地を採用することで、中綿入りのインサレーションほどでは無いがこれだけでも高い防寒性能を発揮できるウインタースポーツ向けのハードシェル。

動きやすさに加えて高い防水性や暴風性を持ち、真冬のアウターとして隠れた人気を誇っている本格モデルです。

ゆうた
アトムやアルファと言った定番モデルほどの人気はありませんが、独特のシルエットや着丈の長さによって定番に差をつけられるハードシェルとしても人気です。

アークテリクスのジャケットを使ったコーデ

ここからはアークテリクスのジャケットを使ったお洒落なコーディネートをご紹介します。

Atom ARを使ってAラインを意識した大人カジュアルコーデ

wear

街着にもアウトドアでも使えるオールラウンドプレイヤーの「Atom AR」。

シンセティック断熱機能を備えたミッドレイヤーフーディーのインナーにボタンダウンシャツを合わせて街着にシフトチェンジ。

ジャケットもシャツに合わせるとキレイめな印象になるので、シャツ合わせなら失敗しません。

オレンジカラーのロゴが目を惹くBEAMS別注モデルならお洒落さがさらに際立つ

wear

ビームス別注モデルの「zeta」は、ビームスならではのオレンジカラーのロゴを使用。

インナーにもロゴのカラーとリンクするオレンジのフーディーをオン。黒のジャケットのフロントからチラッと見えるオレンジカラーは最強のアクセントに。暗くなりがちの冬コーデこそ、オレンジといった色物に挑戦するのがおすすめです。

「BETA SL HYBRID JACKET」にアクティブパンツを合わせて街着としてもOKなアウトドアスタイルに

wear

雨の日でも怖くない防水ジャケットの「BETA SL HYBRID JACKET」に、アークテリクスのクライミングパンツを合わせ、アクティブな雰囲気に。

全身ブラックのワントーンでまとめ、シックな印象にすると街中でも浮きません。

Iラインを意識するとスタイリッシュな印象にもなるので、ジャケットのサイズ選びにはご注意を!

SOLANO JACKETをブラックのワントーンでまとめ、差し色のパープルでお洒落をブラッシュアップ

wear

「SOLANO JACKET」にブラックのワイドテーパードパンツに合わせた都会的なアウトドアコーデです。

アークテリクスのようなジャケットは、テクニカルパフォーマンスとスッキリとした都会派スタイルが融合しているので、アーバンスタイルにも効果的!

パープルのニットキャップがブラックのワントーンコーデに映えてお洒落な雰囲気に。

アトム LTなら親しみやすいカジュアルな雰囲気に

wear

ネック位置の高い「アトム LT」にインディゴのテーパードデニムパンツを合わせて、リラックスした雰囲気を演出したこちらのコーディネート。

ボトムスの裾をロールアップすることで、全体的に軽やかな印象に仕上げ、ナイロン素材のスニーカーが全体の印象をグッと引き上げています。

着丈の長いアウターはYラインシルエットを意識

wear

着丈の長いマウンテンパーカーをメインに使用した大人カジュアルコーデ。

着丈の長いアウターは、ボトムスとの合わせが難しいと感じる方もいますが、細身のパンツに合わせてYラインシルエットを意識すれば、着丈の長いアウターも簡単に着こなすことができます。

足元にあえて革靴を合わせてジャケットの武骨な雰囲気を軽減しているのもポイントです。

編集部が厳選するアークテリクスでおすすめのジャケットベスト3はコレ!

本記事では【アークテリクスのおすすめジャケット】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が独断と偏見でベスト3を選ぶなら

  1. スコーミッシュ フーディ|ソフトシェル
  2. アトムARフーディー|インサレーション
  3. ゼータSLジャケット|ハードシェル

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルに合うアークテリクスのジャケットを見つけてみてくださいね!

関連記事

街中を歩けばアークテリクスのリュックを背負う大人男子を必ず見かけるほど、大人のお洒落リュックとして市民権を獲得している超人気ブランドです。 そんな名作揃いのアークテリクスのリュックは、ビジネス用途でも活躍してくれるので、私服だけではな[…]

関連記事

近年、冬のマストハブアウターにもなった『ダウンジャケット』。 毎年トレンドや旬の着こなしが変わってくるので、どのダウンジャケットを選ぶべきか分からない男性も多いはず。 そこで本記事では、ダウンジャケットを選ぶうえでどのようなポイ[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG