水沢ダウンのダウンジャケット

【最新版】水沢ダウンを今年注目すべき5つの理由。最新モデル~別注モデルまでご紹介!

ダウン業界に彗星の如く現れた水沢ダウン。2010年バンクーバー五輪の日本選手団に提供するためのダウンを開発して以降、「機能美」「国産」にこだわった良質なダウンジャケットを販売。

今では「カナダグース」「モンクレール」そして「水沢ダウン」の3大ブランドがダウンジャケットのマストバイとも呼ばれるぐらいに成長。

革新的なテクノロジーと現代のニーズに合わせた高い機能性は、多くの男性から支持されており今年も注目株!

本記事ではそんな【水沢ダウンを今年注目すべき5つの理由】そして【水沢ダウンでおすすめのダウンジャケット7選】をご紹介!

読み進めていくごとに欲しくなってしまうこと間違いなし!

関連記事

近年の冬のマストハブアウターにもなった『ダウンジャケット』。 毎年トレンドや旬の着こなしが変わってくるので、どのダウンジャケットを選ぶべきか分からない男性も多いはず。 そこで本記事では、ダウンジャケットを選ぶうえでどのようなポイントをおさ[…]




水沢ダウンとは?

誕生のきっかけは2010年バンクーバー五輪の日本選手団に提供するためのダウンを開発することが同ブランドの始まりです。

2008年の販売開始以来、従来のダウンジャケットとは一線を画した機能美が話題となり、今では毎年売り切れモデルが続出するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を獲得しているダウンブランドです。

ダウンジャケットの他にもダウンを用いたベストやパンツなども販売しており、国内外と問わず高い評価を得ています。


水沢ダウンが今年注目される5つの理由

異彩を放ってきた水沢ダウンですが、これだけ注目されるのには訳があります。以下では水沢ダウンが注目される5つの理由を解説していきます。

水沢ダウンの魅力に迫っていくので、購入を迷っている方は欲しくなってしまうこと間違いなし!?

水沢ダウンが今年注目される5つの理由

  1. ダウンブランドの革命児。世界からも注目の的。
  2. 革新的なテクノロジーを駆使した機能性
  3. 業界トップクラスの高い防水性を誇る
  4. 今までにないデザイン。近未来的なデザイン性
  5. 愛用者から絶賛の嵐!評判がかなり良いダウン

ダウンブランドの革命児。世界からも注目の的。

2008年から彗星の如くダウン業界に現れた水沢ダウンは、他のダウンブランドからも一目置かれる存在。

それは従来のダウンジャケットの常識を覆すデザイン性や機能性。

水沢ダウンには不可能はないのでは?と思わされるようなユニークなデザインやハイテクな機能は、日本のみならず世界からも注目の的!

その言葉を裏付けるのは、ドイツのミュンヘンで毎年行われる「ISPOアワード」と言う世界的スポーツ展示会の場に置いて同ブランドのダウンが毎年受賞。

さらに「JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100」では特別賞にも輝くなど、国内外問わず高い評価を獲得し続けています。

今後さらに世界中から注目されるであろう水沢ダウンから目が離せません!

革新的なテクノロジーを駆使した機能性

「BOA TECHNOLOGY」「HEAT NAVI」など、他のブランドにはない革新的な機能が魅力の水沢ダウン。(主な機能の説明はこの後ご紹介しています)

「ダウンジャケットなのにこんな機能が付いているの!?」と目から鱗な革新的なテクノロジー機能は、もはや水沢ダウンの代名詞。

現代のニーズに合わせたその使い勝手抜群の機能は、一度使うと他のダウンは着れなくなってしまうほど!

業界トップクラスの高い防水性を誇る

水沢ダウンのダウンジャケットは水に強い。

防水性に優れた撥水能力の高い「DERMIZAX® MICRO STRETCH」をほとんどのモデルに採用。

水沢ダウンの各モデルのディテールを見てもらえれば分かる通り縫い目がほとんど見えないのが特徴。

製造段階で水沢ダウンはミシンではなく熱接着・加工を採用。

従来のダウンはミシンの縫い目から水が浸入してしまいダウンをダメにしてしまう弱点がありましたが、水沢ダウンは縫い目を最小限に抑えることで水の侵入をシャットアウト。

さらに各種防水機能により水の侵入、浸透を防ぎダウンを長持ちさせてくれます。

今までにないデザイン。近未来的なデザイン性

他のブランドのダウンジャケットと比べてもらえれば分かりますが、非常にシンプルなデザインの中に近未来要素を取り入れたハイテク仕様。

ハイブランドのダウンは高級感、アウトドアブランドダウンはカジュアルな雰囲気、一方水沢ダウンは流行に左右されない近未来でハイテクな雰囲気が特徴。

従来のダウンにはなかった雰囲気も醸し出す言わば異彩なダウンジャケットなだけに街中で着用していたら洗練されたおしゃれな雰囲気を醸し出すことができますよ!

愛用者から絶賛の嵐!評判がかなり高いダウン

愛用者からの評判も非常に高いダウンとしても有名。

水沢ダウンのダウンジャケットはその高い機能性から手放せなくなる人続出中!

実際の愛用者の口コミを見てみると…

など、着心地の良さと高い保温性に納得している方が多いです。

「カナダグース」や「モンクレール」と悩まれる男性が多いですが、「水沢ダウン」が両者ブランドと違う点は、「国産」「水に負けない仕様」そして「最新テクノロジー搭載」の3点

やはり高級感や品の良さなどでは負けてしまいますが、防水・耐久・機能では引けを取りません。

3大ブランド価格帯が同じなので、防水・耐久・機能を重視して選びたい方は水沢ダウンがおすすめです。

関連記事

様々なダウンジャケットブランドがある今、本当に優れた防寒力と機能を兼ね備えたモデルを見つけるのは大変ですよね。 そこで、本記事では【世界最強ダウンジャケットブランド5選を徹底比較!】 数あるダウンジャケットブランドの中でも上位に入る5大ブ[…]

【世界最強】 ダウンジャケットブランド5選を徹底比較

水沢ダウンの各機能を徹底解説!

水沢ダウンで人気のおすすめモデルを紹介していく前に知っておいてほしい水沢ダウンの各機能。

知る・知らないでは後でご紹介するモデル選びにも関わってくるので、しっかり把握しておいてください。

機能名 特徴

STREAMLINE TECHNOLOGY

  • 「ストーム」のモデルの見ごろや袖に見られるテープ状のデザイン。
  • 雨に濡れたときの水の通り道としての役割を果たす
  • この機能によって内部に水が入ることを防止できる

HEAT WELDING

水沢ダウン

 

 

  • 従来のミシンの縫い方を覆し熱接着を採用した機能
  • 熱接着で縫い目がないので、羽毛が出てくることもなく、また高い保温性をキープできる

HEAT NAVI

水沢ダウン

  • デサントの特徴でもある保温素材の「ヒートナビ」
  • 太陽の光を吸収してそれを熱に変換する発熱素材のこと
  • 自然の力を取り入れた革新的なエコ素材として大注目されている

WATERPROOF

  • 業界でも高い防水性を誇るフォータープルーフ仕様
  • 熱接着で加工しているので、縫い目からの水の侵入が一切ない
  • 生地も撥水素材だから水をはじいて染みない特徴がある

BUILT IN CUFF

水沢ダウン

  • 袖口にマジックテープやコード・ストラップではなくブランド特有のレーザー加工を用いた縫い目のないアジャスター仕様。
  • 縫い目が一切ないので水の侵入をカットし、また防寒対策にもなる

BOA TECHNOLOGY

 

  •  フードの後ろに搭載されたダイヤルを回すだけでフードのサイズを自分好みに調節できる機能
  • フードのフィット感を自由に調節ができるので、内部の熱や風の通り抜ける道を調節でき、また温度管理にも対応

PARA-HOOD

水沢ダウン

  • フードをジップ内に収納できる機能のこと
  • フード部分にジップが収納できるスペースを完備しており、使わないときは収納でき、突然の雨の時は素早く出すことが可能

MOBILE THERMO SYSTEM

水沢ダウン

  • 従来の防寒を覆した発熱機能は、スイッチ一つで3段階の温度調節ができる温度管理システム
  • セラミック赤外線ヒーターにより発熱ができる革新的な機能

DUAL ZIP VENTILATION

水沢ダウン

  •  2重ファスナーにより「防水」と「温度・湿度」効果をもたらす機能
  • 止水ファスナーで水の侵入をシャットアウト
  • 空気の入り口と出口を作ることで内部にこもった湿気や熱を外に排出・循環できる。ベンチレーション機能

水沢ダウンでおすすめのメンズダウンジャケット6選

モデル名 特徴 価格帯

MOUNTAINEER

水沢ダウン

  • 機能性と快適性を追求したハイスペックモデル
  • 世界最強ダウンの呼び声が高い世界最強のダウン
 ¥110,000

SHUTTLE

  •  軽量モデル
  • 着丈が短いからスタイル良く着こなせる
  • ダイヤルを回すだけでフードのフィット感を調節できる
 ¥96,800

ANCHOR

  • 水沢ダウンの初期モデル
  • 肩幅の広い男性でもゆったりとした着心地が魅力
  • シンプルなデザインは着る人を選ばない
 ¥85,800

STORM

  • 水の流れをコントロールしてしまう革新的なテクノロジーを搭載
  • 防水・撥水性の高いモデル
 ¥128,000

VARIANT

  •  「ISPO2019」金賞受賞モデル
  • ビジネススーツにも合わせられるデザイン
 ¥121,000

REQUISITE

  • 唯一のプルオーバータイプのダウン
  • ユニークなルックスでコーデに個性を出す
 ¥131,000

マウンテニア(MOUNTAINEER)

ブランドが誇る機能性と快適性を追求したハイスペックモデル

水沢ダウン

水沢ダウン 水沢ダウン 水沢ダウン
シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:DERMIZAX® MICRO STRETCH

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥110,000(税込み)
マウンテニアの特徴
  • パラフードシステム搭載でフードの収納が自由にできる
  • 熱接着やシープテープにより水の侵入を一切許さない
  • 水沢ダウンの高い機能性を感じたい方におすすめのモデル

水沢ダウンの中でも高い機能性と快適を追求した本モデルは、ハイスペックモデルとして高い人気を獲得しています。

フロントに付いた2本の斜めジップポケットは、必需品をしっかり収納しておけるので、バッグを持たなくても大丈夫な仕様に。

従来のモデルはミシンの縫い目から風や水が浸入してきてしまいますが、本モデルは熱接着加工により、縫い目からの隙間風や雨の侵入を一切許しません。

さらにフロントジップは2列のファスナーを採用。

内部にこもる熱や湿気を適度に外へ排出し快適な着心地を1日中キープすることができます。

様々な画期的な機能が世界でも評価され、世界最大級のスポーツ展示会の「ISPO2018パフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワード」で同モデルは受賞を果たしています。

世界も認めた最強ダウンになるので、完成度の高いダウンジャケットや革新的な機能美を実感したい方におすすめです。

シャトル(SHUTTLE)

アウトドアシーンでも活躍してくれる軽量モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:DERMIZAX® MICRO STRETCH

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥96,800(税込み)
シャトルの特徴
  • 軽量モデルだから運動にも適している
  • ダイヤルを回すだけでフードにサイズを調節できる
  • アウトドアからスポーツシーンまで使える万能モデル

 2014年に「JAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100」そして「ISPO2014アワード」を同時受賞を果たした「シャトル」。

水沢ダウンの中でも特に軽量で動きやすいモデルとしてアウトドアやスポーツ好きから人気を獲得しています。

「BOA TECHNOLOGY」を搭載したモデルなので、フードに付いたダイヤルを回すだけで好みの締め付け感とフィット感を調節できることが可能。

寒さの厳しいときはきつく室内にいる時は緩めるなど、場面によって調節できるので使い勝手抜群!

軽量でありながらスマートなシルエットなので、スポーツやアウトドアシーンでも使うことができ幅広いシーンや用途で活躍してくれます。

1つ持っているだけで冬中ずっと使うことができるで、アウトドア好きの男性には特におすすめです。

アンカー(ANCHOR)

水沢ダウンの初期モデルはカジュアルダウンしたルックスが魅力

シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:DERMIZAX® MICRO STRETCH

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥85,800(税込み)
アンカーの特徴
  • フードは自由に取り外し可能
  • シンプルながらもカジュアルダウンしたルックス
  • 着る人やトレンドに左右されない初心者向けダウン

水沢ダウンの人気を支えてきたロングセラーモデルの「アンカー」。

水沢ダウンの代名詞とも言える基本的な機能はしっかり搭載しつつ初期モデルらしいシンプルなデザインが特徴。

初期モデルはカジュアルダウンした雰囲気が特徴となっているので、着こなしや着る人を選ばずに使うことができるのが魅力ポイント。

デニムやシャツ、ニットやセーターなど着こなしを選ばずに使うことができるので、毎日のコーデを気にしなくても合わせることができます。

初期モデルなので他のブランドの従来のダウンに似たベーシックモデルです。

ストーム(STORM)

まさに神機能!水の流れもコントロールする革新的なダウン

シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:DERMIZAX® MICRO STRETCH

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥128,000(税込み)
ストームの特徴
  • 見頃と袖に付いたテープで水の流れをコントロールする画期的なシステム搭載
  • スマートなシルエットでスポーツテイスト

水の流れをコントロールする2つのシステムで雨にも濡れないハイテクダウンがこちら。

見頃と袖に付いたテープは肩やフードからポケット部分に垂れ落ちる雨水を防止!

また、フード部分の「StreamLine Technology」は、水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保。

たとえ雨の中バイクや自転車に乗っていてもしっかり視界を確保することができます。

ルックスもハイテクな印象なので、水沢ダウンの革新的な機能を体験したい方におすすめです。

ヴァリアント(VARIANT)

2019年新モデル!「ISPO2019」金賞受賞モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:CEBONNER® HORNS NYLON

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥121,000(税込み)
ヴァリアントの特徴
  • シンプルなルックスはビジネススーツにも合わせられる
  • 細身のショート丈は小柄な男性もバランス良く着こなせる

新作モデルはビジネススーツにも合わせられる細身のショート丈のデザイン。

従来のモデルにはなかった細身のデザインは、小柄な男性も上手く着こなすことができます。そのため、バランス良く着こなすのが難しいという悩みを抱える男性にもおすすめです。

そして表地に初めて「CEBONNER® HORNS NYLON」を採用。

高耐水・透湿性を兼ね備えたコットンライクな質感は、ナチュラルでカジュアルな雰囲気が魅力です。

リグイジッド(REQUISITE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
カラー展開:全4色

素材:KEVLAR HYBRID GRADATION 2L

HEAT NAVI PT2 LIGHT RIP DOWN (90/10)

販売価格:¥131,000(税込み)
リグイジッドの特徴
  • 創設初めてとなるプルオーバータイプ
  • ハイテクな機能とデザインが存分に楽しめる新モデル

創設11年目の今年は今までになかったプルオーバータイプのダウンを発表!

プルオーバータイプにすること同ブランドの従来のモデルと比べて気密性が高くより暖かさを追求しています。

さらにバックパックなどによる摩擦のダメージが起こりやすい肩周りは、高強度に織り上げ耐久性を高めています。

また、左脇に「QuickBurst®ジッパー」を採用。

片手で容易にジャケットのサイドを大きく開口できるので、プルオーバージャケットでありながらも簡単に着脱が可能!

【別注モデル】水沢ダウン×SHIPS

ファーが付きラグジュアリーな雰囲気を醸し出す「マウンテニア」

SHIPSとの別注モデルの特徴
  • フードにファーが付いたことで高級感溢れるラグジュアリーな雰囲気に
  • 短すぎず長すぎない絶妙な丈感

メンズファッションブランドとして20代〜30代の男性から絶大な人気を獲得している「SHIPS」との別注モデルがこちら。

フードにファーを付いており、高級感と品のある雰囲気を醸し出します。

カジュアルな着こなしから「コーデュロイ」「ウール」といった素材感をいかした着こなしなど、幅広いコーデに合わせることができおしゃれな雰囲気にしてくれます。

特に冬の定番の素材の「コーデュロイ」は、今年トレンドになっているので、コーデュロイパンツなどと合わせると旬な着こなしになってよりおしゃれな雰囲気になりますよ!

機能性は「マウンテニア」と同じなのでハイスペックな機能もしっかり堪能することができます。

関連記事

最近購入したアイテムの中でも心から買って良かった!と思えた【ユニクロのコーデュロイパンツ】。 3000円で購入できるというのにクオリティが高く丈感と言い履き心地と言いほぼ文句の付け所なし! 本記事ではそんな【ユニクロのコーデュロイパンツ】[…]


水沢ダウンのダウンジャケットを使ったコーディネート

シンプルなデザインながらも洗練された雰囲気を醸し出す水沢ダウンのダウンジャケット。

そのため大人の休日コーデやデートコーデにぴったり!ここからは大人の男性のための水沢ダウンのダウンジャケットを使ってコーディネートをご紹介!

今年は「素材感」がキーワード!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤井大丸さん(@fujiidaimaru)がシェアした投稿

  • トレンドのコーデュロイアイテムをパンツに使って旬な着こなしにすると感度の高さをアピールできる
  • ダウンのファスナーを裾から開けるのがトレンド中!インナーをチラ見せすることで適度に抜け感を演出。
  • コーデュロイの独特な素材感が着こなし全体を野暮ったくせずこなれた印象に

万能アイテムに合わせてもOK!シンプルコーデはこう着こなす!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

SHIPS アトレ恵比寿店さん(@ships_atre_ebisu)がシェアした投稿

  • グレーのスラックスにバンドカラーシャツという使い勝手の良い万能アイテムに合わせると嫌味のないシンプルな着こなしに
  • ボトムスはグレー、シャツは明るい色味を使って適度に抜け感を作ると重たくなりがちの冬のコーデも爽やかな印象に

無彩色でまとめてストリートながらもアーバンチックな雰囲気を演出

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

beaveruenoさん(@beaver_ueno)がシェアした投稿

  • 色のバランスが上手な取り方は明を暗で挟むことでコントラス効果により色合いが調和される。
  • 「黒:グレー:黒」の色の組み合わせは誰でも簡単にできるから普段の着こなしにも積極的に取り入れていきたい
関連記事

幅広い着こなしに合わせられる黒スニーカーのおすすめモデル15選をご紹介! 今どの黒スニーカーが人気なのか、大手通販サイトの売り上げランキングやファッションのプロの声を基に調査。 さらに黒スニーカーを使ったおしゃれなコーディネートもご紹[…]

おすすめの黒スニーカー

洒落者は小物で差を付けて自分だけの個性を表現

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

37&COFFEEさん(@37_and_coffee)がシェアした投稿

  1. コーデ自体はシンプルでも小物アイテムだけでこんなに個性的な印象に変わる
  2. パンツはあえてアンクル丈にすることで大人のラフな雰囲気を醸し出す
  3. ソックスの色をあえて柄物にしてもより自分だけの個性を表現できて色使いが上手い人に見せれる
関連記事

ここでは「バレンシアガ」や「グッチ」など、ハイブランドのダッドスニーカーは高くて買えない!という男性のために安くておしゃれなダッドスニーカーを10選ご紹介! 平均価格1万円前後なのでお財布にも優しく購入することができます。それでいておしゃ[…]

おすすめのダッドスニーカー

水沢ダウンを羽織るだけで大人の休日おしゃれなコーデに様変わり

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BEAVER渋谷さん(@beaver_shibuya)がシェアした投稿

  1. 細かいストライプ柄は爽やかでインテリな印象になるからイメージアップに効果的
  2. シャツはあえて全閉めにすることで野暮ったい雰囲気を出さずに品のある大人の着こなしを演出
  3. デニムパンツを合わせておしゃれを頑張りすぎない雰囲気にするとラフでカジュアルな印象に

人気のおすすめ水沢ダウンまとめ

本記事では【水沢ダウンを今年注目すべき5つの理由】と【水沢ダウンで人気のおすすめダウンジャケット】をご紹介させて頂きました。

彗星の如くダウン業界に現れた新鋭ブランドですが、今最も世界から注目を浴びている水沢ダウン。

水沢ダウンでおすすめの人気モデル7選

知れば知るほどその魅力にハマってしまう不思議な水沢ダウン。ぜひお気に入りのモデルを見つけてその魅力にたっぷり浸ってくださいね!

関連記事↓

関連記事

【完売必至】ノースフェイスで人気のおすすめダウンジャケット7選を徹底比較!毎年完売必至の大人気ダウンや大人がおしゃれに着こなしたいダウンジャケットなど、販売するごとに賑わせるノースフェイスのダウンジャケット。 どれも人気モデルなだけにどれ[…]

関連記事

本物志向の男性にはおすすめしたいブランドの『カナダグース』。 1950年代カナダ・トロントで設立。以来、北極圏や世界中の寒冷地の映画や観測の撮影時のジャケットとして採用し続けられています。 今ではダウンブランドの絶対王者として業界をリード[…]

おすすめのカナダグースダウンジャケット
関連記事

 世界中から注目を浴びるダウンブランドの「ナンガ」。毎年売り切れ必須な「オーロラダウンジャケット」をはじめ、魅力的なダウンジャケットを展開。 ここでは、【ナンガのおすすめダウンジャケット4選を徹底比較!】 さらに別注モデルやダウンアイテム[…]

ナンガのダウンジャケット
関連記事

大人の男性を惹きつけて離さないモンクレールのダウンジャケット。 街中を歩けば大人の男性がお洒落にモンクレールのダウンジャケットを着ているのを見かけるほど、大人世代から長年人気を獲得しています。 そこで本記事では、モンクレールのダウンジャケ[…]

水沢ダウンのダウンジャケット
最新情報をチェックしよう!