オメガでおすすめの腕時計15選。人気モデル~魅力まで徹底解剖

高級腕時計界の中でも抜群のコストパフォーマンスを武器にロレックスに次いで人気のあるブランド「オメガ(OMEGA)」。

スピードマスターやシーマスターを筆頭に、腕時計に人生を捧げた玄人から初めて高級時計に手を出す初心者まで、多くの人々を魅了する実用的で実質剛健な腕時計達が高く評価されています。

今回はそんなオメガの腕時計がもつ特徴や評判をご紹介するとともに、初めてオメガの腕時計を買うならコレ!という人気の高い定番のおすすめモデルを厳選してご紹介致します。

ゆうた
初めての腕時計選びから、彼氏や旦那さんへのプレゼントまで、オメガの腕時計を購入する際に知っておきたいポイントや「これを選べば間違いない」という定番モデルについてご紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
関連記事

ステータスシンボルとなるような高級ブランドから、腕元を華やかに演出するビジネス顔なコスパ優秀ブランド、さらにはカジュアル向けのスポーツ系デザインまで。 「腕時計不要時代」から最近は一周回って「腕時計の便利さ」や「手元の印象」を意識する[…]

実質剛健なコスパ優秀ブランド「オメガ」

omegawatches

ロレックス、オメガ、タグホイヤー、といえば日本3大人気腕時計ブランドです。

1848年に時計師のルイ・ブランがスイスのヌーシャテル州に設立した工房が原点であり、1894年にはブランド名の由来となるムーブメント「Ω=オメガ(Cal.19)」を発表し、1903年から「オメガ」を社名に採用しました。

1932年のロサンゼルスオリンピック以来28大会で公式タイムキーパーを務め、テレビ画面にタイムを重ねて表示する「オメガスコープ」や、水泳選手自らの手でタイマーを止める「タッチパネル」など、様々な技術を開発しオリンピックに導入するなど、スポーツウォッチとしての高い実績を誇るブランドです。

オメガは高い知名度を持つ高級ブランドの腕時計の中でも、かなりコストパフォーマンスに優れたラインナップが展開され、高級腕時計の入門ブランドとしても多くの方から親しまれているブランドです。

20代〜30代あたりの男性が初めて高級腕時計を選ぶ際に名前の挙がるブランドでありつつ、時計界での歴史が長いため玄人層にもファンが多いブランドとして知られています。

関連記事

世界1の知名度を誇る腕時計ブランドと言っても過言ではない腕時計界の絶対王者「ロレックス(ROLEX)」 ステータス性はもちろん資産価値としての魅力もあり、腕時計を愛するマニアから投資家、さらには高級腕時計初心者の最初の1歩本まで「誰も[…]

関連記事

モータースポーツやカーレースに深い縁を持つスイスの腕時計ブランド「タグホイヤー(TAG Heuer)」。 ステータスシンボルとしての確かな地位を持ちつつ手ごろな価格で展開される、名実ともに「コスパ最優秀のブランド」として多くの時計愛好[…]

なぜ人気?オメガの腕時計が愛され続ける3つの魅力

omegawatches

なぜオメガの腕時計は日本はもちろんのこと世界中で愛されているのか?

その理由は以下の3つに集約されるでしょう。

他にもオメガの魅力は語り足りないほどございますが、あまり長くなると申し訳ないので厳選に厳選を重ねて3つだけご紹介致します。

コスパに優れ流通量が多く入手しやすい

omegawatches

「コスパ」という言葉について色々な解釈があると思いますが、オメガの腕時計は多くのスイスブランドの中でも頭1つ抜け出たリーズナブルな価格で展開されています。

ロレックスに匹敵するほどの知名度を持ちながらも、ステンレスモデルであれば20万円台あたりから購入でき、中古市場であればさらに安く状態の良い製品が手に入るほどです。

また、人気ブランドの高級腕時計にとって気に入ったモデルが入手しやすいというのも魅力の1つとなり得ます。

例えば、ロレックスのデイトナなんかは「まず素人が正規店で正規価格で購入するのは不可能」と言われており、リセール市場でもほとんどが定価を遥かに上回るプレミアム価格で取引されています。

そんな中オメガは一部の好事家向け限定モデルを除いて比較的流通量が多く、ネットや雑誌で見かけた「気に入ったモデルの気に入った色」が、比較的どこでも手に入れやすいという特徴があります。

また、直営店が日本国内に多い事に加え、アフターメンテナンスも国内正規品と並行輸入品で差別を設けていないため、高級腕時計初心者でも安心して並行店から購入できるというのも大きな魅力と言えるでしょう。

高い実用性と時計産業を牽引する革新性

omegawatches

腕時計の高級ブランドといえば「装飾性やロマン溢れる超絶技巧」なんかが注目されますが、オメガの魅力はむしろ「腕時計としての高い実用性」にあると思います。

オメガの腕時計は機能だけでなくデザイン自体も合意的かつ実用性重視に設計されており、自社の厳格な審査の元に「日常で使える機能性」を徹底的に突き詰めてリリースされています。

資産価値という意味ではロレックスやパテックフィリップといったブランドには及びませんが、非常にオーソドックスな実質剛健な作りが、年齢や性別という壁を込めてタイムレスに愛され続けています。

このように、万人受けする腕時計と聞くと「エッジのない面白くないブランド」というイメージになるかもしれませんが、オメガは腕時計産業を牽引するリーディングカンパニーの1つです。

特に有名なのは「コーアクシャル」と呼ばれる機構で、詳しいことは割愛しますが、摩擦を最小限にすることでオーバーホール期間を10年に1度で済むようにした素晴らしい発明です。

しかもオメガはここで満足することなく、コーアクシャルを進化させ15,000ガウスもの耐磁性を持たせた「マスターコーアクシャル」というムーブメント機構もリリースしています。

オメガは「腕時計の実用性」に対する飽くなき探究心を今でも持ち続け、常に時計を進化させ続けているブランドなのです。

007のボンドウォッチなど華やかな逸話の数々

omegawatches

「良い商品であれば人気が出る」のは間違い無いですが、高級腕時計を身に付けたい理由の1つに「ロマン」や「歴史」があると思います。

そういった角度から見ても、オメガの腕時計は非常に魅力溢れるヒストリーやエピソードを沢山持つブランドです。

まず何より有名なのは「ボンドウォッチ」として選ばれ続けている点でしょう。

スーツ、革靴、腕時計。英国紳士をきどるダンディズムで欠かすことの出来ないキーワードの1つであるスパイ映画「007」シリーズで、主人公のジェームズ・ボンドの腕元を飾るのは常にオメガのシーマスターです。

「英国海軍所属で控えめな紳士である中佐のボンドにはブルーダイアルのシーマスターがふさわしい」と衣装担当が提案したことが、オメガ着用のきっかけだったと言われています。

また、シーマスターにはジャック・マイヨールが前人未到の100mダイビングを記録したときに着用していたり、沈没した飛行艇からダイバーが唯一持ち帰ったものが正常動作するシーマスターだったなんて逸話もあります。

そして何より「ムーンウォッチ」でしょう。

1969年の「アポロ計画」で人類初の月面着陸に同行したスピードマスターは、エンジントラブル時には逆噴射のタイミングを計測するなどの偉業を残し、この時から「ムーンウォッチ」と呼ばれるようになりました。

オメガの腕時計の評価や評判について

omegawatches

好事家な方々からするとその知名度が故に賛否あるかもしれませんが、腕時計界隈ではヴァシュロンコンスタンタンやオーデマピゲに匹敵する「ブランドの格」を持っていると言われる評判の高さがあります。

やはりまず、なんといってもロレックスと並んで「誰もが知っているブランド」であり、特にここ日本では高級時計の代名詞的存在として1900年代を牽引してきた存在です。

オメガの腕時計に対する否定的意見に照準を絞ってみても、大半が「スピードマスターの愛用者が多すぎる」や「特徴のない作り」のようないわゆる「腕時計としてアイコニックな存在すぎる」という意見ばかり。

これ系の否定意見はほとんどが嫉妬か「自分の選んだ腕時計以外全部ダメ」系の意見なので聞くに値しません。

特にオメガが高く評価される理由の1つに「ユーティリティの高さ」が挙げられます。

20代の時に買った腕時計が60歳になってもまだ似合う。なんて言われるのがオメガの腕時計の特徴です。

世界各国の腕時計ブランド人気ランキングをさらってみても、オメガ(とロレックス)ほど地域差なく人気のブランドは他にありません。いかにオメガの腕時計が「普遍的魅力」を持っているかが伺い知れるでしょう。

そのことから、オメガの腕時計は中古の相場の変動が少なく、購入時の将来設計を立てやすいのも魅力。いかに安定してオメガの腕時計が「求められているか」がわかる点でもあります。

オメガの腕時計を愛用している有名人

主にバラエティ番組やプライベートなシーンで着用してたり、ドラマや映画の劇中で愛用していると言う話を聞いたことのある有名人についてざっくりご紹介します。

  • 安倍 晋三
  • 毛利 衛
  • 堺 雅人
  • 渡部 篤郎
  • オダギリジョー
  • 織田 裕二
  • 長谷川 博己
  • 香取 慎吾
  • 岡田 准一
  • 香川 照之
  • 松坂 桃李
  • 三浦 翔平
  • 入江 陵介
  • 松田 丈志
  • 須藤 元気
  • 藤原 一裕

中には公式のアンバサダーも含まれていたり、間違っている情報もあるかもしれません、あくまで参考までにどうぞ。

オメガの腕時計の選び方

omegawatches

おさらい!腕時計選びのコツ

  • ケースサイズは「40mm~42mm」が男性におすすめ!
  • 手軽さなら「クォーツ式」|ロマンなら「機械式」
  • 「ソーラー」タイプだとより手軽に使える
  • 防水性能は3気圧以上|外遊びするなら「10気圧」以上だと安心
  • フォーマルなら「革ベルト」|定番は「金属ベルト」

オメガの腕時計を選ぶなら、まずは定番のコレクションごとにどんな腕時計があるのかを調べてみるのがおすすめです。

例えば、オメガのコレクションでも最も有名な「スピードマスター」1つとっても、ムーンウォッチと呼ばれるシリーズやレーシングと言われるシリーズなどの展開があります。

あの有名な「アクアテラ」もシーマスターコレクションの中の1つであり、オメガのコレクションはそれ自体が「目的」を持っているため、コレクション事の特徴や展開を理解すると、自分好みの上時計を見つけることができるでしょう。

オメガのコレクションとして最も有名なの名前は以下の5種類です。

それぞれのコレクションで展開されている腕時計の種類や、コレクションの特徴について以下で簡単にご紹介しますので、オメガの腕時計を選ぶ際に役立てていただければと思います。

スピードマスターの種類や特徴と評判

1957年に登場して以来、オメガの看板モデルとしてシーンを牽引し続けてきた代表作といえば、マスターシリーズの中でもカーレース向けクロノグラフとして誕生したスピードマスターです。

高級腕時計界の中でも特にアイコニックなモデルであり、オメガのフラッグシップというだけでなく「腕時計を代表する1本」と言えるコレクションです。

スピードマスターには大きく分けて

  • スピードマスター (ムーンウォッチ)
  • スピードマスター プロフェッショナル(ムーンウォッチ)
  • スピードマスター レーシング
  • マークツー

があります。

「プロフェッショナル」と付かない無印モデルは全て自動巻きクロノグラフであり、加えて「レーシング」と付くモデルはよりモータースポーツ向きのデザインに仕上げられていると考えていただければ差し支えないでしょう。

マークツーと呼ばれるモデルは1969年にスピードマスターの派生モデルとして誕生したモデルの系譜であり、定番のスピードマスターを外して差をつけたい方々から支持されています。

なんといっても人気のコレクションであり、最初の1本におすすめされる事も多いシリーズです。

シーマスターの種類や特徴と評判

定番のスピードマスターに勝とも劣らない人気コレクションがシーマスターです。

スピードマスターど同時期に登場したマスターコレクションの1つであり、ロレックスのサブマリーナやブライトリングのスーパーオーシャン等と並んでダイバーズウォッチシーンを牽引した歴史的傑作腕時計です。

シーマスターの中でも特に人気が高いシリーズといえば

  • シーマスター アクアテラ
  • シーマスター300M
  • シーマスター ダイバー300M(旧名プロダイバーズ|プロフェッショナル)
  • シーマスター プラネットオーシャン

上述の4種類です。

シーマスターの中でもエントリーモデルとして人気の高いアクアテラは、シーマスターの中でもドレスウォッチ的な品格を持ちビジネスシーンで使いやすく、価格帯も手頃であることから最初の1本に選ばれやすいモデルです。

そんなアクアテラに対し、いかにもダイバーズウォッチという見た目をしているのがシーマスター300Mや、ダイバー300Mです。

特にダイバー300Mは「これぞダイバーズ」という感じのスポーティーなルックスですが、ビジネスシーンでも使える控えめなダイバーズ感を求めている方はシーマスター300Mが良いでしょう。

ちなみに「プラネットオーシャン(宇宙)」と名付けられたシリーズは、シーマスターの中でもハイエンドモデルであり、600M防水や16mm厚のケースなど、プロユースなハイスペックに仕上げられています。

関連記事

ビジネスマンのスーツ姿において個性を出せる数少ないアイテムの1つ「腕時計」 第一印象が重要なビジネスシーンにおいて、真面目でちゃんとしてるイメージを印象付ける事が出来る腕時計は「時間を確認できる道具」以上の価値を持っています。 […]

レイルマスターの種類や特徴と評判

オメガのマスターシリーズといえば、スピードマスターと、シーマスターと、レイルマスターです。

レイルマスターは他の2種類に対して不人気・・・というわけではなく、突出した個性が無かったため1957年~1961年という短い期間でしか販売されていませんでした。

そのことから2017年までオメガフリークが選ぶ最も通好みな1本という位置付けでしたが復刻により大ブレイク。

現在ではシーマスターコレクションの1部として定番展開されています。

レイルマスターの名前のとおり、鉄道時計として求められるスペックに仕上げられており、初代の時点で最大1,000ガウスの耐磁性を備えた「磁気の強い現場でも使えるハイスペックモデル」な1本です。

端正なデザインが多くビジネスシーンでも扱いやすいことや、スピードマスターやシーマスターに比べて「オメガかぶり」が少ない点も昨今注目度が上がってきている理由です。

コンステレーションの種類や特徴と評判

オメガの定番としえばスピードマスターやシーマスターなどのマスターシリーズが定番ですが、コンステレーションもまたドレスウォッチとして長年オメガを支えてきた定番モデルです。

コンステレーションの定番モデルといえば

  • コンステレーション
  • コンステレーション Cライン
  • コンステレーション グローブマスター

の3種類です。

定番のコンステレーションといえば、ロゴやインデックスなど随所に星モチーフがあしらわれ、ベゼル部分の爪のようなデザインがエレガントかつ華やかな逸品。

年配の方や腕時計玄人な方に好まれるのは「Cライン」や「グローブマスター」と呼ばれる、上品なベゼルを採用したシリーズです。

特にCラインは1967年にジェラルド・ジェンタという、パテックフィリップのノーチラスや、オーデマピゲのロイヤルオークと言った傑作をデザインした腕時計界の巨匠の処女作。

アンティーク市場では絶大な人気を誇っています。

そんなCラインや初期のコンステレーションのデザインをグローブマスターは引き継いでおり、ちょっと周囲と差をつけたい方々から愛されています。

デ・ヴィルの種類や特徴と評判

コンステレーションと並び、オメガのドレスウォッチとして非常人気のコレクション。

デビル(悪魔)ではなく、フランス語で「街・都会」を意味するデ・ヴィル(De Ville)が由来であり、その名の通り都会的で洗練された上品さが魅力です。

初代がリリースされた当時はシーマスターコレクションの1部として展開されましたが、タフな作りと薄型でドレッシーな見た目が人気となり、1967年からは独立したコレクションで展開されています。

特に人気なのは

  • デ・ヴィル
  • アワービジョン
  • プレステージ

の3種類です。

無駄のないシンプルな「オーソドックスなドレスウォッチ」と言った雰囲気のデ・ヴィルとプレステージに対し、遊び心を加えたデザインなのがワービジョンです。

ドレスウォッチ好きな方々からの評判も素晴らしく、腕時計らしいベーシックなルックスから漂う洗練された雰囲気が高く評価されています。

まずはこれ!オメガのおすすめ腕時計15選

実際にオメガの腕時計を買おうと思うなら、まずこの定番モデルだけでも見てからがおすすめ!と言える、売れ筋の人気腕時計を15種類厳選させていただきました。

  1. スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ|Ref. 311.30.42.30.01.005
  2. スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ|Ref. 311.30.42.30.01.006
  3. スピードマスター ムーンウォッチ マスタークロノメーター ムーンフェイズ|Ref. 304.30.44.52.01.001
  4. スピードマスター レーシング コーアクシャル クロノグラフ|Ref. 326.30.40.50.01.001
  5. シーマスター アクアテラ クォーツ|Ref. 231.10.39.61.02.001
  6. シーマスター 300M マスター コーアクシャル|Ref. 233.30.41.21.01.001
  7. シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.30.42.20.01.001
  8. シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.30.42.20.03.001
  9. シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.92.44.20.01.001
  10. シーマスター アクアテラ コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 220.10.41.21.01.001
  11. シーマスター 600M プラネットオーシャン コーアクシャル クロノメーター|Ref. 232.30.38.20.01.001
  12. シーマスター プラネットオーシャン マスタークロノメーター|Ref. 215.30.40.20.01.001
  13. デヴィル コーアクシャル|Ref. 431.13.41.21.02.001
  14. デヴィル コーアクシャル クロノグラフ|Ref. 431.13.42.51.01.001
  15. コンステレーション コーアクシャル|Ref. 123.10.35.20.02.001

それぞれの腕時計の特徴や魅力について、以下で詳しくご紹介するので、是非選ぶ際の参考にしていただければと思います。

スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ|Ref. 311.30.42.30.01.005

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:手巻き Cal.1861
パワーリザーブ:48時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水性:50m
参考価格:¥600,000前後(実売:¥430,000前後)

おすすめポイント

  • 誕生から50年以上の歴史を誇るスピードマスターの本流
  • スーパールミノヴァによる視認性と50メートル防水が魅力

スピードマスターといえば!オメガといえば!そんな1本

ゆうた
オメガと聞いて最初にイメージする腕時計といえばこのムーンウォッチ。Ref. 311.30.42.30.01.005はより忠実の当時のデザインを踏襲しており、付属品も非常に豪華なため「ムーンウォッチ」としての歴史やロマンを存分に味わえるモデルとして「高級腕時計の入門機」としても人気の高いモデルです。

スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ|Ref. 311.30.42.30.01.006

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:手巻き Cal.1861
パワーリザーブ:50時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水性:50m
参考価格:¥700,000前後(実売:¥570,000前後)

おすすめポイント

  • シースルーバックを採用しムーブメントを眺められるモデル
  • 005よりも忠実さには欠けるが「今欲しいデザイン」なのはこちら

現代的なスペックにまとめ上げた歴史的傑作モデル

ゆうた
オリジナルの雰囲気を大切にしながらも、シースルーのケースバックを採用することで歴史的腕時計のムーブメントの駆動を眺めることが出来る「優雅な時間」が過ごせる人気モデルです。よりオリジナルに忠実な005か、現代的な006か、好みもあると思いますがムーブメントが見れるのは満足度が高いので非常におすすめです。

スピードマスター ムーンウォッチ マスタークロノメーター ムーンフェイズ|Ref. 304.30.44.52.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.9904
パワーリザーブ:60時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:44.25mm
防水性:100m
参考価格:¥1,230,000前後(実売:¥800,000前後)

おすすめポイント

  • METASの認証を受けたコーアクシャル マスター クロノメーター9905を採用
  • 立体的でクールな印象のサンブラッシュダイヤルとロジウムインデックス

ムーンウォッチの中でも非常に日常使いしやすい自動巻モデル

ゆうた
人気の高い「ムーンウォッチ」ですが、手巻き式というのがネックになっている方も多いでしょう。そんな方におすすめなのがこの自動巻きモデルのムーンウォッチ。Cal.9904はシリコン(Si14)製のフリースプラングテンプや両方向巻き上げ式ローターを使用した信頼度の高いムーブメントです。

スピードマスター レーシング コーアクシャル クロノグラフ|Ref. 326.30.40.50.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.3330
パワーリザーブ:52時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:40mm
防水性:100m
参考価格:¥520,000前後(実売:¥300,000前後)

おすすめポイント

  • オメガのレーシング40mmの中で最も人気のあるモデル
  • 自動巻きやコーアクシャル機構を搭載したエントリー向けにおすすめな1本

抜群のコストパフォーマンスとオメガらしさを両立した人気モデル

ゆうた
モータースポーツ向けに設計されたスピードマスターレーシング。パリの石畳をイメージした模様がインダイヤルに刻まれ高級感のある見た目を演出しています。特に定番のブラック文字盤は人気が高く、実売30蔓延台から購入できるとあってエントリーモデルにも選ばれやすい傑作です。

シーマスター アクアテラ クォーツ|Ref. 231.10.39.61.02.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:クォーツ Cal.1538
パワーリザーブ:27/36ヵ月
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:38mm
防水性:150m
参考価格:¥270,000前後(実売:¥160,000前後)

おすすめポイント

  • 防水時計の代名詞であるシーマスターの中でも特にスタンダードな1本
  • 上品な腕元を演出するフレッシュマンにもおすすめなミディアムケース

新社会人が選ぶ「正解モデル」といえばコレ!な歴史的傑作

ゆうた
「アクア=水」と「テラ=地球」を組み合わせた造語により、海と宇宙を連想させるモデル名を冠されたオメガを代表するモデル。ビジネススタイルや上品で知的な印象を与えるミディアムケースとスタンダードなデザインが支持される人気のエントリーモデル。クオーツによるコストパフォーマンスの高さは圧倒的です。

シーマスター 300M マスター コーアクシャル|Ref. 233.30.41.21.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal,8400
パワーリザーブ:60時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:41mm
防水性:300m
参考価格:¥710,000前後(実売:¥530,000前後)

おすすめポイント

  • 古き良きデザインを継承し最新テクノロジーを搭載した1本
  • クロノメーター認定ムーブメントの精緻な意匠が鑑賞できるケースバック

時代を超える「レトロ」が渋い本格ダイバーズの人気モデル

ゆうた
スーパールミノバが塗布されたサンドブラスト仕上げのブラックダイヤルとリキッドメタルを採用したベゼル部分のインデックスなど、時を超えて愛される「レトロ」な風格がかっこいい1本。オリジナルにインスピレーションを受けたクラシカルな外装ですが、現代の最新技術を詰め込んだハイスペックモデルです。

シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.30.42.20.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8800
パワーリザーブ:55時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水性:300m
参考価格:¥616,000前後(実売:¥450,000前後)

おすすめポイント

  • 経年変化を起こしにくいセラミックを文字盤
  • ブラックダイアルにグレー波模様が描かれているデザイン

腕時計界でも最高峰のスペックを手ごろな価格で入手できる人気モデル

ゆうた
ヘリウム・エスケープバルブを備えた30気圧防水ステンレスケースに、自動巻きCal.8800ムーブメントを搭載した本格的なダイバーズウォッチ。クールな印象のブラックダイヤルは特に人気の高い定番モデルであり、赤のロゴマークがシックに映える、初めてのシーマスターにおすすめな1本です。

シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.30.42.20.03.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8800
パワーリザーブ:55時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水性:300m
参考価格:¥616,000前後(実売:¥450,000前後)

おすすめポイント

  • 経年変化を起こしにくいセラミックを文字盤
  • ブルーダイアルにネイビーの波模様が描かれているデザイン

腕元に知的な印象を与えるブルーダイヤルの人気モデル

ゆうた
ヘリウム・エスケープバルブを備えた30気圧防水ステンレスケースに、自動巻きCal.8800ムーブメントを搭載した本格的なダイバーズウォッチ。上品で知的な印象のブルーダイヤルは、控えめで紳士的なダンディズムの象徴として年齢や地域を超えて世界中が憧れるモデルです。できる男を演出する1本。

シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.92.44.20.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8800
パワーリザーブ:55時間
ケース素材:セラミック
ケースサイズ:42mm
防水性:300m
参考価格:¥616,000前後(実売:¥450,000前後)

おすすめポイント

  • 経年変化を起こしにくいケースも文字盤もセラミックなモデル
  • ラバーベルトを採用したスポーティな「本格派」ダイバーズ

現代的なルックスとスペックに仕上げたクールでスポーティな1本

ゆうた
伝統や格式を感じさせるシーマスターを、現代的な腕時計のトレンドに合わせて仕上げた人気モデル。本体にはセラミックを使用しラバーベルトを採用することで、従来のモデルよりもより海水に強い仕様へとアップデートされました。スポーティでありながらも上質感のあるルックスが非常に人気のモデルです。

シーマスター アクアテラ コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 220.10.41.21.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8900
パワーリザーブ:60時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:41mm
防水性:150m
参考価格:¥650,000前後(実売:¥445,000前後)

おすすめポイント

  • オンオフ使えるデザインにオメガらしいスペックを併せ持つ超優秀モデル
  • 60時間のパラーリザーブに15,000ガウスの耐磁性能を誇るダイバーズ

オメガで最もコスパ優秀な「エントリーモデルの正解」といえばコレ

ゆうた
20代〜30代で「初めての高級腕時計」を検討しているなら、最優先でチェックしたいのがこのモデル。上質なデザインと、METAS認定のマスタークロノメーターCal.8900を覗くシースルーバックなど高級時計を存分に楽しめるスペックでありながら、実売50万円以下という優れたコストパフォーマンスを誇る逸品です。

シーマスター 600M プラネットオーシャン コーアクシャル クロノメーター|Ref. 232.30.38.20.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8520
パワーリザーブ:50時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:37.5mm
防水性:600m
参考価格:¥670,000前後(実売:¥,000前後)

おすすめポイント

  • 新型のコーアクシャル脱進機の採用により高い安定性と信頼性を獲得
  • 600m防水でありながらシースルーバックというマニア好みの設計

防水時計の代名詞シーマスターを代表するトップレンジモデル

ゆうた
最新のテクノロジーが込められた新世代のシーマスター。600mもの防水機能を備えているのにシースルーバックを採用しているのも時計ファンには嬉しいポイントです。潜水時の視認性を向上させるために使い分けられた二色の蓄光塗料など、非常に完成度の高いデザインです。ケースのボリューム感もたまりません。

シーマスター プラネットオーシャン マスタークロノメーター|Ref. 215.30.40.20.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き cal.8800
パワーリザーブ:55時間
ケース素材:ステンレススチール/セラミック
ケースサイズ:39.5mm
防水性:600m
参考価格:¥800,000前後(実売:¥560,000前後)

おすすめポイント

  • 波模様をあしらったねじ込み式ケースバック
  • 文字盤とベゼルには耐傷性に優れたブラックセラミックを採用

オメガが築いたダイバーズウォッチのDNAを引き継いだ正統派

ゆうた
コーアクシャルエスケープメントを備えた自動巻きCal.8800を搭載し、オメガのダイバーズのDNAを引き継いだ正統派のコレクション。伸縮可能なフォールディング・クラスプや波模様をあしらったねじ込み式ケースバックなどのディテールも魅力であり、伝統に裏打ちされたデザインと現代的な機能性が高く評価されています。

デヴィル コーアクシャル|Ref. 431.13.41.21.02.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.8500
パワーリザーブ:60時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:41mm
防水性:100m
参考価格:¥650,000前後(実売:¥300,000前後)

おすすめポイント

  • 3針にデイト表示のみのシンプルでドレッシーなモデル
  • オメガウォッチの中でも特別なエレガンスを感じる逸品

ドレスウォッチ好き達を唸らせるデザインと屈指のコスパ優秀モデル

ゆうた
3針にデイト表示のみという過度な装飾を省いたデザインに、立体的なローマンインデックスが非常に上品な仕上がりを見せるオメガ渾身のドレスウォッチ。コーアクシャルムーブメントcal.8500を覗くシースルーバックを採用しながらも、実売30万円あたりから購入できるコスパ優秀モデルとして注目されています。

デヴィル コーアクシャル クロノグラフ|Ref. 431.13.42.51.01.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.9300
パワーリザーブ:60時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水性:100m
参考価格:¥730,000前後(実売:¥500,000前後)

おすすめポイント

  • 立体的なローマンインデックスを配したエレガントなデザイン
  • 6時位置に絶妙なサイズで配されたデイト窓がアクセント

ドレッシー&スポーティなオメガの魅力が詰まった人気モデル

ゆうた
ドレッシーな薄型ケースに、インパクト抜群な2つ目のクロノグラフを組み合わせつつ、目盛りを省いたシンプルな積算計と絶妙なサイジングの6時位置のデイト窓などが、非常に高い次元で組み合わされた完成度の高いデザイン。上品さの中にもアクティブな雰囲気を感じさせる、デ・ヴィルの中での人気の高いモデルです。

コンステレーション コーアクシャル|Ref. 123.10.35.20.02.001

シーエッジ編集部のおすすめ度:
ムーブメント:自動巻き Cal.2500
パワーリザーブ:48時間
ケース素材:ステンレススチール
ケースサイズ:35mm
防水性:100m
参考価格:¥500,000前後(実売:¥320,000前後)

おすすめポイント

  • 1952年より続くオメガを代表するドレスウォッチコレクション
  • 「爪」と印象的なダイアルが特徴的なエレガントな1本

オメガのドレスウォッチといえばコレ!な定番モデル

ゆうた
1952年より続くコンステレーションは、オメガを代表するドレスウォッチの1つ。栄光の歴史に彩られたこのモデルといえば、「爪」とローマ数字が刻印された印象的なベゼルであり、ドレスウォッチカテゴリーの中でも非常に高貴でエレガントな風格を漂わせる傑作中の傑作です。大人なあなたに是非おすすめな1本です。

オメガの腕時計に関する気になる質問

オメガの腕時計を購入する際に知っておきたいポイントをまとめました!

  1. オメガの腕時計はどこで買える?
  2. オメガの修理保証について

それぞれ以下で簡単にご紹介いたしますので、オメガの腕時計の購入を検討している方は覚えておくと安心です。

オメガの腕時計はどこで買える?

omegawatches

オメガの腕時計は正規店の他に非常に多くの並行店で購入できます。

例えば、ビックカメラやヨドバシカメラの腕時計コーナーから、日本全国各地に点在する腕時計の専門店など、場合によっては高級雑貨を扱うお店などでも見かける事があります。

正規店の場合、値引きすることはほぼ不可能ですが、メーカーが独自に行っている手厚い「アフターサービス」が受け取れるため、定期メンテナンスや修理保証などにこだわるならこちらがお勧めです。

並行店の場合は、正規店ほどのサービスは受け取れませんが、メーカー希望小売価格を大幅に下回る実売価格が魅力です。

オメガの腕時計の正規取扱店については、公式のホームページにてリストアップされていますので、絶対的な本物に対する保証であったり今後の修理についての安心感が欲しい方はそちらへ足を運んでみるのがおすすめです。

ショップリストについてはコチラ

オメガの修理保証について

omegawatches

オメガの保証期間は購入から5年間です。

オメガの保証期間が5年に引き上げられた2018年7月1日以降に販売されたモデル以外は、従来の保証期間となるので注意が必要です。

従来の保証期間は、コーアクシャル機構を搭載していないモデルは2年、コーアクシャルムーブメントモデルは3年~4年です。

繰り返しになりますが、国際保証書に2018年7月1日以降の日付が入っていれば、どのムーブメントを搭載していても保証期間が5年となります。

国際保証は、オメガウォッチをご購入いただいた時点ですでに存在していた材質上及び製造上の欠陥を対象とします。

保証期間中にお客様のオメガウォッチに何らかの問題が生じた場合は、適切なカスタマーサービスを提供するとともに、無料で対応させていただきます。

保証に関するご意見については、オメガ ブティックまたは正規サービスセンター までご連絡ください。

情報が更新されている場合もありますので購入前に必ず公式ページをご確認ください。

詳しくはコチラ

編集部が厳選するオメガでおすすめの腕時計ベスト3はコレ!

本記事では【オメガのおすすめ腕時計】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部がデザイン性やコーデの合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ|Ref. 311.30.42.30.01.005
  2. シーマスター ダイバー300M コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 210.30.42.20.01.001
  3. シーマスター アクアテラ コーアクシャル マスター クロノメーター|Ref. 220.10.41.21.01.001

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーデに合うオメガの腕時計を見つけてみてくださいね!

関連記事

100万円を超える腕時計を手に入れたところで、その価値を知る人が少なければステータスシンボルとしての価値は下がってしまいます。 せっかく高価な腕時計を購入するなら、そこはやはり「誰もが知る価値のある腕時計ブランド」の中から選びたいとこ[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG