感度高いメンズから大人気!メゾン マルジェラでおすすめの香水TOP15

リリースされるほとんどの香水が「メンズ・ウェイメンズ」関係なく使えるユニセックスな系統である点も多くの男性達から人気を得ている「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」

香水界隈でもダントツの人気を誇る「レイジー サンデー モーニング」を筆頭に、香りの記憶をコンセプトとした「レプリカ」シリーズのブレグランスは、今や時代を代表する人気香水となっています。

今回はそんなメゾン マルジェラの香水について、多くの男性の心を掴んで止まない魅力をご紹介すると共に、メゾン マルジェラの中でも特におすすめな人気の香水を厳選してご紹介します。

ゆうた
彼氏や旦那さんへの贈り物はもちろん、上司やご友人の男性へのプレゼントなどに香水を選びたい方にもメゾン マルジェラの香水はおすすめです。新作や定番の種類はもちろん、特に人気の高い香水も厳選してご紹介したいしますので、是非参考にしていただけばと思います。
関連記事

今や男性の身嗜みの1つとなった「香水」。しかし無臭信仰の強い日本ではちょっと似合わないだけでも「香害」的な扱いを受けることもあって、選ぶ際のセンスを強く問われるアイテムでもあります。 そこで今回は「周囲からの評価の高い香水」や「嫌がる[…]

現代における「最も人気の香水」と言えばマルジェラ

「人気の香水」と言えば、古くはブルガリのプールオムやアランドロンのサムライなど、ここ日本において「爆発的にヒットし、渋谷中がその匂いだった」なんて流行が度々発生しています。

では「現在、今現在は?」と言うと、メゾン マルジェラ(Maison Margiela)のレプリカシリーズ、中でもレイジー サンデー モーニング」は熱狂的とも言える支持を獲得する「マス・メンズ・フレグランス 」と言えるでしょう。

性別を超えて愛される香りの人気はもちろんのこと、現代的なスタイルのボトルデザインや、コンセプチュアルな展開など、人気の理由は枚挙に暇がありません。

最も大衆に愛されているフレグランスとして「どれを買ったらいいか分からない」と言う香水難民な男性なら最も注目すべきブランドがメゾン マルジェラと言えるのでは無いでしょうか。

メゾン マルジェラの香水が男性に愛され続ける3つの魅力

解体と再構築をキーワードに、ユニークで既成概念に囚われない表現が多くのファッショニスタから支持されている、マルタン・マルジェラが1988年にスタートしたブランド「メゾン・マルジェラ」。

なぜメゾン マルジェラ(Maison Margiela)の香水が日本の男性達から高く支持されているのでしょうか?

その理由は以下の3つに集約されると言えます。

他にもメゾン マルジェラの魅力は語り足りないほどございますが、あまり長くなると申し訳ないので厳選に厳選を重ねて3つだけご紹介致します。

ブルガリのプールオムを作った現ルイヴィトン専属調香師が担当

thenationalnews

まず何といってもメゾン マルジェラの香水が人気な理由はその「香りの良さ」にあると言えます。

とは言うものの、香りの良さを文章で説明するにはあまりに難しい事なので、今回はマルジェラの香水を作っている調香師「ジャック・キャヴァリエ」と言う人物の権威を借りて紹介したいと思います。

「調香界のモーツァルト」との異名をとるジャック・キャヴァリエは、日本では知らない人の方が少ない泣く子も黙るマスフレグランス「ブルガリ プールオム」を作った人物。

現在は天下の高級ブランド「ルイ・ヴィトン」の専属調香師に就任しており、ルイヴィトン史上初の香水コレクションは東京都大阪の二店舗だけで初日2000万円も売り上げたと言われる奇跡のクリエイトを起こした事も有名です。

そんな彼が唯一ルイヴィトンから許されているのが「ブルガリ」と「メゾン マルジェラ」の調香です。

また、彼以外にもマルジェラの香水を手掛ける調香師は

  • カルロス・ベナイム
  • ドミニク・ロピオン
  • マリー・サラマーニュ

などなど、香水好きな方々なら誰もが知っている「超オールスター」な面々が担当しています。

「香りの記憶」をコンセプトとしたレプリカコレクション

マルジェラの中でも人気の高いコレクションといえば「レプリカ」。

香水以外にもスニーカーや衣服も展開されており、デザインチームが見つけてきたヴィンテージのスタイルを分解し再構築して複製する「マルジェラといえばレプリカ」と多くの人に知られているコレクションです。

香水では「記憶やムードを複製」する香水として、「ある年」の「ある場所」をテーマにそれぞれのストーリーに基づいてシーンを再現する香りを表現しています。

それはまさに「反モード」として存在感を表したマルジェラらしい試みでは無いでしょうか。

香り自体も、嗅いだことのない香りなのに、まるで過去に経験したかのようにそのシーンが思い出させられる香りとして高く評価されており、それはまるでヴィンテージの古着を羽織るように自然体で斬新なスタイルを提案してくれます。

モダンでインダストリアル風味なボトルデザイン

クラシックな薬局の瓶から着想を得たボトルデザインもまた、マルジェラの香水が「インテリア」としても優れていると多くの男性達から評価されている理由の1つです。

まるで工業製品のように飾り気のないインダストリアル風味なルックスは、生産国や年代を記したコットンラベルのアイデアによって再現した香りの場所やシーンや時刻などが説明とともに刻印されています。

このある意味ミニマルで飾り気のないボトルは、洗面台やワードローブに収納するのはもちろん、デスクや玄関などにおいても周囲の雰囲気を邪魔せず、どことなく洗練された今時な印象を与えてくれるのも嬉しいところ。

またラベルにはコットン素材を採用していることで「エイジング」が楽しめると言う点も男心を掴んで離さない理由でしょう。

一般的に香水のラベルは「新品の時」が最もかっこいいとされますが、マルジェラのレプリカフレグランスは、使用を繰り返すことでラベルがほつれ、液垂れがシミになり、それはまるでヴィンテージの薬瓶のように育ちます。

こういった部分の「所有欲」も、人気を獲得している理由ではないでしょうか。

メゾン マルジェラの香水の評価や匂いの評判について

今最も人気の高いメンズ香水と言っても過言ではない「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」のレプリカコレクション。

中でも「レイジー サンデー モーニング」に関しては、もちろん苦手という方が少数存在するのは前提としても、その人気ぶりは凄まじく、学生からビジネスマンまで多くの方から高評価。

しかもこの香水がすごいのは、男性だけでなく女性からの人気も非常に高く、ユニセックスの香水として「使ってよし!嗅いでよし!」と、非常に高い普遍性を誇っている点だと思います。

そもそもマルジェラの「レプリカ フレグランス」が始まったのは2010年。今でこそ「メンズの定番香水」として人気ですが、それでもあまで「トレンド」という意味であり、いつまでこのブームが続くのかはわかりません。

しかし、個性の強い香りだったり、斬新さがウリな香りというわけではないので、いわゆる時の試練によって風化しにくく、何十年後でも定番として愛されそうな気配はあります。

現在のところ、メゾンマルジェラは「好みが合わない」という方以外からの悪い評価や評判はほとんどなく、いわゆる香水IQの高い人も低い人も手放しで称賛している「大ブームの渦中」と言った感じです。

このブームに「飽きた」人たちが出始めたら、正しい角度で行われる批評も増えるのではないかと思います。

メゾン マルジェラの香水を愛用している芸能人&有名人

有名人のSNSやバラエティ番組内で交わされたエピソードを元に、メゾン マルジェラの香水を愛用している芸能人についてざっくりとご紹介します。

  • 本田 翼
  • 高橋 愛
  • 田丸 麻紀

まだまだ流行り始めたばかりで、かつマルジェラ自体があまりマーケティングを行っていない事もあり、男性芸能人が愛用しているという情報はあまり出てきません。(大人の事情で愛用報告が出せないケースも多い)

中には公式のアンバサダーも含まれていたり、間違っている情報もあるかもしれません、あくまで参考までにどうぞ。

男性向け!メゾン マルジェラの香水の種類と選び方

おさらい。香水選びの基礎知識まとめ

  • 「パルファン」>「トワレ」>「コロン」の順に濃度が下がる
  • 「オード(オーデ)」がつくとさらに濃度が下がる
  • メンズは「オードトワレ(EDT)」と「オーデコロン(EDC)」が主流
  • 濃度が高いと長時間持続するが、濃度が低い方が手軽に使える
  • 香りの系統は着用者の印象や季節などのTPOに合わせて選ぶ
  • ビジネスシーンは「ハーバル系」や「ウッディ系」がおすすめ
  • 爽やかな香りは若者向け・甘い系や辛い系は40代以降向け

香りの変化に関する基礎知識

  • トップノート|使用から30分までに強く感じる香り
  • ミドルノート|トップノートの後に1~4時間程度感じる香り
  • ラストノート|使用から2時間後以降に感じ始める香り

香水の匂いの系統の基礎知識まとめ

  • 柑橘などの「フレッシュ系」は好青年でスポーティな印象|夏
  • 植物などの「ハーバル系(シプレ系・フゼア系)」は清々しく知的な印象|春・秋
  • お花を中心とした「フローラル系」は上品でエレガントな印象|春
  • 白檀などの「ウッディ系」は落ち着きのある印象で男性向けの定番|秋・冬
  • スパイスなどの「オリエンタル系(グルマン系)」はダンディな印象|秋・冬
  • 清涼感のある「マリン系(アクア系・オゾン系)」は半袖の男性の定番|夏

基本的な「香水の選び方」についておさらいしたところで、ここからは男性がメゾン マルジェラ(Maison Margiela)の香水を選ぶ際に知っておきたい種類やポイントについてご紹介します。

それぞれの項目については以下で詳しくご紹介しています。

ゆうた
以下では1分で分かる香水の種類や選び方について詳しくご紹介しています。自分にはどんな匂いが似合うのはイマイチ分からないという男性は合わせてご覧いただくことで、自分にぴったりの香水の匂いや種類が分かります。
関連記事

「良い匂いのする男はモテる」というのは世界の常識。有名メゾンでは「香水は1着のドレスに相当する」とも言われており、その人の印象をファッションと同じくらい左右するポイントです。 しかし間違っちゃいけないのは「いい匂い」と「自分に似合う匂[…]

メゾン マルジェラのメンズ向け定番香水から選ぶ

男性から人気の高いメゾン マルジェラのメンズ向け定番香水といえば以下の物が有名です。

  1. レプリカ オードトワレ レイジー サンデー モーニング

この香りの人気はもうダントツです。

正直「レプリカ」コレクションに属すマルジェラの香水はどれも非常に人気が高く「定番では無いもの」というのは新作だけと言えるほど、ハズレの無いコレクションとして知られています。

ですので、余計な誤解を与えず「定番が欲しい」という方にお伝えしたいのは「レイジー サンデー モーニング」から、マルジェラの香水を初めて見てはいかがでしょうか?というご提案です。

ちなみに、マルジェラのレプリカ フレグランスでは、オードトワレとオードパルファンの2種類がありますが、一般的とされているのはオードトワレで、気軽に使えるため男性向けとしても定番です。

また、メゾンマルジェラではレプリカ以外のフレグランスも展開されていますが、レプリカの方が圧倒的に人気であり、ほとんどがウィメンズコレクションなので男性にはあまり関係がありません。

メゾン マルジェラのメンズ向け新作香水から選ぶ

香りで差をつけるなら、街に溢れる定番の香りよりも新作に挑戦するのがおすすめです。

男性から人気の高いメゾン マルジェラのメンズ向け新作香水をリストアップしましたので、そちらをチェックしてみてください。

ダントツで人気の高い定番香水「レイジー サンデー モーニング」をあえて避けて、ちょっと周囲と差をつけたいなら上述の3種類は要チェックです。

特に「スプリングタイム イン ア パーク」と「コーヒー ブレイク」は、天才ジャック・キャバリエの作品の中でも注目度が高く、発売してすぐから話題となった香水です。

マルジェラのレプリカ フレグランスはハズレの少ないコレクションなので、新作に手を出しやすいあたりもポイント!是非とも新しい香りで周囲と差をつけてみてください。

メゾン マルジェラ初心者の男性は香水セットやサンプル買いに注目!

メゾン マルジェラの香水を色々使ってから、本格的な30mlや50mlと言ったサイズを購入したい。という男性には、ミニボトルを集めた香水セットや、サンプルセットと呼ばれる物を選ぶのがおすすめです。

20ml以下のミニボトルについては定番モデル以外だと展開されていない事があったり、ブランドによっては「公式では展開されていない」というケースもあります。

しかしマルジェラはほとんどの香水に10mlのお試しサイズ(トラベルサイズ)が展開されているので、気になる香りを揃えて使い比べてから大きいサイズを購入すルト良いでしょう。

新作の香水はセット販売されていない事も多いですが、メゾン マルジェラのメンズ向け定番銘柄であればセットで試せる「ギフト」や「サンプル」が公式外から展開されていますので、そちらをチェックしてみるのがおすすめです。

メゾン マルジェラで人気のメンズ香水おすすめランキングTOP15

実際にメゾン マルジェラ(Maison Margiela)の香水を買おうと思うなら、まずこの定番モデルや注目の新作だけでも知ってからがおすすめ!と言える、人気の香水をランキング形式に15種類厳選しておすすめします。

  1. レプリカ オードトワレ レイジー サンデー モーニング(Replica EDT Lazy Sunday Morning)
  2. レプリカ オードトワレ ジャズ クラブ(Replica EDT Jazz Club)
  3. レプリカ オードトワレ コーヒー ブレイク(Replica EDT Coffee Break)
  4. レプリカ オードトワレ アンダー ザ レモンツリー(Replica EDT Under the Lemon Trees)
  5. レプリカ オードトワレ フラワー マーケット(Replica EDT Flower Market)
  6. レプリカ オードトワレ ウィスパー イン ザ ライブラリー(Replica EDT Whispers in the Library)
  7. レプリカ オードトワレ ビーチ ウォーク(Replica EDT Beach Walk)
  8. レプリカ オードトワレ セーリング デイ(Replica EDT Sailing Day)
  9. レプリカ オードトワレ アット ザ バーバー(Replica EDT At The Barber’s)
  10. レプリカ オードトワレ スプリングタイム イン ア パーク(Replica EDT Springtime in a Park)
  11. レプリカ オードトワレ バブル バス(Replica EDT Bubble Bath)
  12. レプリカ オードトワレ バイ ザ ファイヤープレイス(Replica EDT By The Fireplace)
  13. レプリカ オードトワレ ミュージック フェスティバル(Replica EDT Music Festival)
  14. レプリカ オードトワレ プロムナード イン ザ ガーデン(Replica EDT Promenade in the Gardens)
  15. レプリカ オードトワレ リップスティック オン(Replica EDT Lipstick On)

あくまで個人的な意見のおすすめランキングですが、大手通販サイトや香水専門店における売れ筋や人気も独自に調査し「失敗しない鉄板の人気香水」だけを厳選してご紹介しております。

是非初めてメゾン マルジェラの香水を購入する方は参考にしていただければと思います。

ゆうた
香水ランキングを書いているメディアの多くが、紹介料を多く得るために上位を実売1万円前後の香水にしがち。しかし、売れ残りでも無い定番銘柄が定価の半分以下で買えるのはそれだけ香りの人気があるからです。ここでは「本当に人気の高いおすすめの香水」を厳選して順位付けしていきます。

1位:レプリカ オードトワレ レイジー サンデー モーニング(Replica EDT Lazy Sunday Morning)

おすすめ香水ランキング1位の圧倒的人気を誇るマスフレグランス

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:アルデハイド|西洋梨|スズラン
ミドルノート:アイリス|ローズ|オレンジブロッサム
ラストノート:ムスク|アンブレットシード|パチョリ
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 清潔感で押し切る石鹸系のユニセックスな「嫌いな人の少ない」香り
  • オンオフ問わず使えるフローラルウッディムスクな香調
ゆうた
マルジェラの香水の中でも特に男性からの人気が高いレイジーザンデーモーニング。その名の通り2003年のフィレンツェにて、ゆったりとした日曜日の朝の微睡をイメージした香りであり、いわゆるシャボンノート的な洗剤や柔軟剤の香りに庭園から吹き込む風を感じさせる「究極の普遍的香り」が特徴です。

レイジー サンデー モーニングの口コミ・評価・レビュー

トップの香りが強く感じ、初めの印象は「メンズっ!」でも少し経つとフルーティな爽やかさが現れ段々と落ち着いたまろやかなホワイトムスクの甘さが香ります。付けたてよりも時間が経って馴染んだ香りが何とも心地良いです。リネンスプレーみたいにシーツなどにつけても良いですね。よく眠れる気がします。(40代|女性)

2位:レプリカ オードトワレ ジャズ クラブ(Replica EDT Jazz Club)

おすすめ香水ランキング2位の特に男性に偏って支持される人気香水

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:プリモフィオーレレモン|ピンクペッパー|ネロリオイル
ミドルノート:セージオイル|ラムアブソリュ|ジャワベチバーオイル
ラストノート:スティラックス樹脂|タバコリーフ|バニラビーンズ
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 特に男性からの人気に偏って多い「男が好きな大人の香り」といえばコレ
  • ニューヨークの中心地にあるジャズクラブをイメージしたウッディな香り
ゆうた
2013年のニューヨークはブルックリンにて「ジャズバーでのひととき」を思わせるフレグランス。涼しい時期であればバルサム&ウッディな複雑さが心地よい香りですが、体温の高い方や夏場だとバニラの香りしか残らず「背伸びした男子」のような香りになってしまうのが難点です。

ジャズ クラブの口コミ・評価・レビュー

かなり甘めのメンズ向け香水です。バニラやラムの香りが強いです。タバコも含まれているようですが、そこまでタバコ感は強くありません。どちらかというと、葉巻の匂いが染み付いたバーのソファーのような、ほんのりとして上品なタバコです。おしゃれなオジサマをイメージする香り。(30代|女性)

3位:レプリカ オードトワレ コーヒー ブレイク(Replica EDT Coffee Break)

おすすめ香水ランキング3位の「ミルク入れる派」に人気のコーヒー系

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:コーヒー
ミドルノート:ラベンダー|スペアミント|オレンジ|ブロッサム
ラストノート:ミルク|サンダルウッド|ヴァージニアシダー
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 砂糖とミルクの入ったコーヒーを思わせる居心地の良い香り
  • フレッシュで温かみのあるラベンダーが上品なアクセント
ゆうた
2007年、スウェーデン・ ストックホルムにある冬の午後3時のコーヒーショップをイメージした香りは、コーヒーにミルクを入れる年齢層。いわゆる「未熟で、可能性に満ちた香り」です。巨匠ジャック・キャヴァリエがブルガリやヴィトンでは表現することが許されない香りであり、香水好きからの注目度の高い香りです。

コーヒー ブレイクの口コミ・評価・レビュー

コーヒーというよりカフェオレ。甘くて優しい香りです。付けたてはスモーキーでメンズらしい香りなのですが、時間が経つ程甘くなっていきます。重たくはないです。ラベンダーとミントの香りが結構強め。(40代|男性)

4位:レプリカ オードトワレ アンダー ザ レモンツリー(Replica EDT Under the Lemon Trees)

おすすめ香水ランキング4位の柑橘ド真ん中なリフレッシュ系

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ライム|プチ グライン|カルダモン
ミドルノート:コリアンダー|メイト|グリーンティ
ラストノート:シダーウッド|シトラス|ホワイトムスク
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 酸味を抑えた刺激少なめのレモンシャワーが夏に人気の香り
  • 一般的なシトラス系よりもちょっぴりビターな大人の仕上がり
ゆうた
ここ最近、猛烈に人気順位を上げてきている注目の香りがコレ。1987年のシチリア島にてレモンの木の下をイメージしたこの香りは「青いレモンの実」のようなビターで爽やかな「外」の香りが夏にピッタリと支持されています。持続時間は短めですが、サラッと使える点も男性に支持される理由です。

アンダー ザ レモンツリーの口コミ・評価・レビュー

晴れた午後、ハーブとスパイスを浸け込んだスペシャルドリンクをグラスに入れて、青いレモンの実がなる木の下に座って飲んでる感じ。カルダモンが香る炭酸の泡にのってライムが弾ける、風にのってレモンの香りがほのかに漂う。乾いた空気、ドライで心地好い。午後が過ぎ去って自分だけの時間になる夕刻の様な、肌当たりの良いシンプルで温かな香り。(30代|女性)

5位:レプリカ オードトワレ フラワー マーケット(Replica EDT Flower Market)

おすすめ香水ランキング5位のメンズフローラルな生花フレグランス

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:グリーンリーヴス|フリージア
ミドルノート:エジプトジャスミン|チュベローズ|メイローズ
ラストノート:ピーチ|シダー|オークモス
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 花束の香りというよりは茎を切ったばかりの「花屋」の香り
  • グリーン感とホワイトフローラルの清潔さが男性からも人気の高い逸品
ゆうた
フローラル系というと女性のイメージがありますが、かなりフレッシュなグリーン感が漂い、しっかり目にジャスミンが香る事で男性的にも使いやすい香りとなっています。いわゆる「メンズフローラル」をさらに現代的にブラッシュアップした感じです。かなり「おしゃれ」な感じがします。

フラワー マーケットの口コミ・評価・レビュー

軽さはありながらも華やかな迫力があるギャップがいい。生花の香りだけでなく、花の持つエネルギーとか生命力まで再現してるようなそんな香り。こちらを纏うと花に囲まれた時の高揚感が蘇ります。レイジーサンデーモーニングよりも香りの拡散があり、持続もするので普段使いしやすい感じ。(30代|女性)

6位:レプリカ オードトワレ ウィスパー イン ザ ライブラリー(Replica EDT Whispers in the Library)

おすすめ香水ランキング6位の厳かで温かみのある香り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ペッパー|オレンジフラワー|パチュリー
ミドルノート:ベンゾイン|トンカビーン|キプロール
ラストノート:シダーウッド|バニラ|ベチパー
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 歴史ある建物と静かな空気を感じさせるオリエンタルスパイシー
  • ペッパーがアクセントにバニラウッディを引き締める名香
ゆうた
古びた本の紙とインクや、乾いた木材と厳かな空気感が漂う非常に良くできた香り。1997年のオックスフォード図書館をイメージしたこの香りは、図書館の香りがイメージできない人だと墨や木材の香りから寺院などをイメージするかもしれません。格式と規律に「囁き」を足したような素敵な香りです。

ウィスパー イン ザ ライブラリーの口コミ・評価・レビュー

期待を裏切らない本棚の香り。古いけどよく手入れされて黒光りしているマホガニー、チェリーなどの高級木材で作ったアンティークの本棚。薄いドライなバニラ臭。食べられるバニラと食べられないバニラの境界線上にあるバニラ。ナッツの可食部というよりはアーモンドの硬い殻の匂いもする。(50代|女性)

7位:レプリカ オードトワレ ビーチ ウォーク(Replica EDT Beach Walk)

おすすめ香水ランキング7位の南国バカンスなサマーフレグランス

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ベルガモット|ピンクペッパー|レモン
ミドルノート:イランイラン|ヘリオトロープ|ココナッツ・ルク
ラストノート:ムスク|シダー|ベンゾイン
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • フレッシュな開幕からイランイランとココナッツの南国リゾート演出
  • 海外ではマルジェラのレプリカシリーズでも最も人気の高い香り
ゆうた
若者にとっては「憧れの夏の香り」かもしれませんが、夏に苦い思い出のある大人にとっては「嫌な気分を思い出す香り」かと思います。いわゆる「陽キャ御用達」な香り。ジャリっとくる砂浜とビーチリゾートでの恋をそのまま瓶に詰めたようなイケメン臭が人気の香りです。

ビーチ ウォークの口コミ・評価・レビュー

イランイランとミルキーなココナッツを組み合わせたユニークな香り。ココナッツ全開というよりも、ココナッツやヘリオトロープやムスクのクリーミーな甘さと、フローラル感の強いイランイランを合わせることで、とてもソフトな新しいイランの香りを醸し出している。(40代|男性)

8位:レプリカ オードトワレ セーリング デイ(Replica EDT Sailing Day)

おすすめ香水ランキング8位のスポーティ系アクアノート

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:アクアティック|アルデヒド|ジュニパー
ミドルノート:コリアンダー|アイリス|ローズ
ラストノート:レッドシーウィード|アンバーグリス|アンバーウッド
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • オンオフ問わず使える「できる男系」清潔アクアティックノート
  • ウリ感が少なくリゾート風味が抑えめで知的な雰囲気も人気のポイント
ゆうた
2001年のギリシャはパロス島をイメージしたアクアティックノート。輝く太陽と大海原を想起させる開放感ですが、いわゆる巷に溢れるココナッツ系やウリ系の「海の香り(海水浴の香り)」ではなく、もっと大海原自体にフォーカスしたマリンノートとなっており「遊んでる感」が少なめな大人の香りです。

セーリング デイの口コミ・評価・レビュー

香りの濃い海外の柔軟剤っぽいような開幕から、松の葉を折ったときにぱっと香るようなアロマティックなグリーンさと、ウッディな深みがどこからともなくやってきて、石鹸ぽく傾き瓜感が登場。そのまま、ふや~っと柔らかくなって終わり。瓜っぽすぎないマリン/アクアティック系を求める方には合うと思います。(30代|女性)

9位:レプリカ オードトワレ アット ザ バーバー(Replica EDT At The Barber’s)

おすすめ香水ランキング9位の現代ストリートな「昭和の床屋」

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ダイダイエッセンス|バジルアコード|ブラックペッパー
ミドルノート:ゼラニウムエッセンス|ラベンダー|ローズマリーエッセンス
ラストノート:トンカビーン|エベルニル|ホワイトムスク
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 古き良き映画に出てくる理髪店をイメージするダンディズムな香り
  • 男らしい色気の漂う昭和な感触が逆に現代的トレンドにマッチ
ゆうた
1992年のマドリードにある古き良き理髪店をイメージした香り。90年代のヒップホップやレトロフィルムを愛するストリートスタイルの人にとっては「これぞ求めていた香り」と感じるのでは?ダンディな色気と理髪店特有の清潔感がクラシカルな魅力と落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

アット ザ バーバーの口コミ・評価・レビュー

もうビックリするほど名前と香りがピッタリ!まさしくこれはat the salon ではなくて at the barber です!あえて言うならば日本語で床屋と名前を変えたいぐらい。これは男性向けの香りでしょうが、それでもこの香りをつけると一気に老け込むような気がします。昭和の香りムンムン。パートナーには絶対つけてほしくない。(40代|女性)

10位:レプリカ オードトワレ スプリングタイム イン ア パーク(Replica EDT Springtime in a Park)

おすすめ香水ランキング10位の天使のベルの音のようなフレグランス

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:洋ナシ|ベルガモット|ブラックカラント
ミドルノート:スズラン|ジャスミン|ダマスクローズ
ラストノート:ムスク|バニラ
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 花開く季節から漂う甘美なフローラルフルーティーの香調
  • 若々しくフレッシュな男性を繊細でエレガントに魅せる香り
ゆうた
2019年の春の訪れを感じる上海の公園をイメージした透明感の強いフローラルフルーティ。「天国で天使が誕生すると鳴るベルの音」と称される万人受けな香りは、弾けるような若さとソーピィーで清潔感のある春風を感じさせます。特に若い年代の男性であれば、フェミニンな雰囲気を上手に纏えると思います。

スプリングタイム イン ア パークの口コミ・評価・レビュー

名前の通り、つぼみが開き始めた春先に、公園を歩いているような気分になる香りです。すずらんのフローラルで柔らかい香りが広がって、ラストにムスクがほんのり余韻を残していく感じ。「フラワーマーケット」よりも王道フローラルな香りで、日常生活に馴染みやすくて、一年中使えそうな香りです。(30代|女性)

11位:レプリカ オードトワレ バブル バス(Replica EDT Bubble Bath)

おすすめ香水ランキング11位のラグジュアリーなバスタイムの香り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:アルデハイド|ベルガモット|ベイローズ
ミドルノート:ジャスミン|ローズ|ラベンダー
ラストノート:ホワイトムスク|パチュリ|ココナッツ
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 清潔なだけじゃない優雅の漂う「泡風呂」のクリーンラグジュアリー
  • アルデハイドの煌びやかな開幕からココナッツとムスクのまろやかな展開
ゆうた
2005年の高級住宅街ビバリーヒルズにおける優雅なバスタイムをイメージした香り。石鹸系のクリーンな香りの中に、ココナッツやムスクによる官能的でリュクスなまろやかさが混じり、セレブリティ感溢れる「石鹸系香水の進化系」といった仕上がり。石鹸系なのに大人な男性でも合わせやすい点が魅力。

バブル バスの口コミ・評価・レビュー

レイジーサンデーモーニング系の清潔な石鹸系の香りを想像されているとギャップで微妙なのかもしれません。石鹸系を期待されている方はダメだと思います。夏でもいけるグルマン系の高い入浴剤(まさにバブルバス)の香りだなぁと気に入りました。ローズのせいかパウダリー感もあります。男性が纏っていても素敵だと思います。(20代|女性)

12位:レプリカ オードトワレ バイ ザ ファイヤープレイス(Replica EDT By The Fireplace)

おすすめ香水ランキング12位の冬にピッタリな暖炉の香り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ピンクペッパー|オレンジブロッサム|クローブ
ミドルノート:チェスナット|ガイアックウッド|ジュニパー
ラストノート:バニラ|ペルバルサム|カシュメラン
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 実に冬らしい「暖かい」を具現化したようなウッディアンバー
  • クローブやバニラのスパイシーさと「栗」の官能的な甘さが特徴
ゆうた
1971年のフランスのスキーリゾート「シャモニー」にて暖炉で過ごす夜明け前をイメージした香り。

バイ ザ ファイヤープレイスの口コミ・評価・レビュー

とっても甘い香り(ほんのりスパイシー)で、あたたかみのある香りなので個人的にはとっても大好きで、冬といえばコレ!という香水です。本当に冬らしい香りなので夏は一度もつけたことありません。気をてらわないウッディ系で男女は問いませんが、夏に付けたら「サウナかな?」となりそうです。お線香とも少し似ています。(30代|女性)

13位:レプリカ オードトワレ ミュージック フェスティバル(Replica EDT Music Festival)

おすすめ香水ランキング13位の高揚感を連想させるフレグランス

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ウィード|ヴァイオレットリーフ|レッドアップル
ミドルノート:パチョリ|バルカンタバコ|インセンス
ラストノート:レザー|ヴァージニアシダーウッド|サイプレス
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • ウッディーを象徴するパチョリを新解釈した攻め系の斬新な香り
  • ピリッとスパイシーな中にナチュラルな甘みの混在する中毒性が魅力
ゆうた
60年代の伝説的野外音楽フェス「ウッドストック」のイメージから、その興奮と熱狂による高揚感と、ウィードやヴァイオレットリーフによる「自然」の香りが入り混じった一癖ある仕上がり。それはさながらドラッグのような中毒性があり、一度この香りの魅力に取り憑かれたらなかなか抜け出せない系です。

ミュージック フェスティバルの口コミ・評価・レビュー

お香感が強く、ファッションやメイクなどに一癖ある感じの人に似合いそうなスパイシーで甘みも感じるレザーメインの香り。コンサバ系にはあまり向かない雰囲気なような。重すぎず私は好きです。かなりつける人を選ぶ気がします。万人受けはしないかも。(30代|女性)

14位:レプリカ オードトワレ プロムナード イン ザ ガーデン(Replica EDT Promenade in the Gardens)

おすすめ香水ランキング14位の男の哀愁を感じさせる田園風景の香り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:コリアンダーオイル、フリージア、クリスピーグリーン
ミドルノート:ピオニー、トルコ ローズ、サンバックジャスミン
ラストノート:パチョリ、サンダルウッド、ベチバーオイル
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 木々や花々の咲く田園風景の中をのんびりと散歩する自然に溶け込んだ香り
  • 落ち着いた上品なフローラルは男性が使うと「素敵なおじさま」な雰囲気に
ゆうた
1986年のオックスフォードシャーのイギリス庭園をイメージしたもので、ロマン主義的な田園風景の中を散策しているような印象。現代的な感覚ではどこか「いろいろあった大人の香り」というような、上品でロマンチックなオジサマの感じ。男性で合わせるなら30代以上の方がおすすめです。

プロムナード イン ザ ガーデンの口コミ・評価・レビュー

透明感のあるグリーンが清々しさ与え、ローズが青々しくなく甘く、どこか知性的なロマンティック。ラストはベチバーがトップから続くグリーンに厚みを加え立体的な印象になっています。晒しすぎず控えめで、ちゃんと育てられて培った品格がにじみ出ているような、そんな印象です。(30代|男性)

15位:レプリカ オードトワレ リップスティック オン(Replica EDT Lipstick On)

おすすめ香水ランキング15位の超フェミニンなのに使える香り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
トップノート:ベルガモット|ヘリオトロープ|ネロリ
ミドルノート:オレンジフラワー|イリス|ガルバナム
ラストノート:トンカビーン|バニラバーボン|パチョリ
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 鏡の前でメイクアップする女性の「白粉」と「口紅」をイメージした香り
  • 「化粧」という行為が持つ仕草や高揚感そのものを香りにした仕上がり
ゆうた
タイトルからして男性におすすめとは思えない香水ですし、香水マニアな方々も合わないとおっしゃる方は多いようですが、実は男性の愛用者も少なくない隠れた名作。まるで舞台のバックステージのような緊張感や高揚感があり、男性にクリエイティブな品格や先進性を纏わせる香りです。

リップスティック オンの口コミ・評価・レビュー

とにかくパウダリー。昔のフェイスパウダーをそのまま香水にした感じです。鏡台で化粧を派手にする人のような、それと同時にベビーパウダーみたいに思える瞬間もあり。懐かしくも新しい。不思議に落ち着く香りです。香りの変化は少なめに感じます。
私の肌の上だとバニラが残りやすいかな。パウダリーは好きだけど重さを減らしたい人に合うと思います。(30代|女性)

メゾン マルジェラの香水に関する気になる質問

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の香水ブームはまだまだ始まったばかり。完全メンズ向けに至ってはジャズクラブくらいしか存在せず、男性の中での認知度はあまり高くないブランドです。

そこで、メゾン マルジェラの香水を購入する際や使用する際に知っておきたいポイントをまとめました!

それぞれ以下で簡単にご紹介いたしますので、メゾン マルジェラの香水の購入を検討している方は覚えておくと安心です。

メゾン マルジェラの香水の上手な付け方:メンズ編

1箇所に何度もプッシュして体全体に振り撒いたり、香水を持ち歩いて何度も付け直したり、TOPを考えずに飲食店や会議室で強い匂いを漂わせたり、体臭を誤魔化すための消臭剤代わりに香水を使ったりしていませんか?

実はこれ、全部「NGな香水の付け方」なのです。

それはもちろんメゾン マルジェラの香水だって同じ事。まずは香水の上手な付け方についておさらいしてみましょう!

香水の付け方|基礎知識

  • 香水は1箇所に1プッシュが鉄則
  • 待ち合わせ30分前の使用が最も良い香りになるベストタイミング
  • しっかり香らせたいときは体温の高い「首筋|手首|肘」
  • ふんわり香らせたいときは上昇特性を生かし「腰・膝裏・足首」
  • 香水はアルコールなので髪の毛や顔には使わない
  • ワキや足裏など汗をかきやすい場所は悪臭化するので要注意
  • 香水を付け過ぎた時は無水アルコールやエタノールで拭き取る

メゾン マルジェラのメンズ香水はどこで買える?取り扱い店舗まとめ

メゾン マルジェラの香水なのでメゾン マルジェラのお店に行くのが手っ取り早いとも思えますが、意外とメゾン マルジェラの基幹店などでは最新作以外おいていなかったり、敷居が高くて入りにくいという事もあるでしょう。

香水はメゾン マルジェラの商品の中でも比較的手に入るお店が多いアイテムの1つ。

特に有名なのは

  • 大型のドラッグストア
  • ドンキホーテ等のディスカウントショップ
  • ビックカメラやヨドバシ等の家電量販店
  • デパート等の高級百貨店
  • ロフトやヴィレッジヴァンガード等の雑貨屋
  • 香水専門店

といったお店です。

また、メゾン マルジェラの香水を買うとなると安い買い物ではないため、実際に香りを体験してないとなかなか買う気になれないという点は避けられませんが、アマゾンや楽天と言ったオンラインショッピングでも比較的手軽に手に入ります

香水の専門店であれば、自分好みの香りを見つけられるのは勿論のこと、場面や雰囲気に合わせたベストな香水選びを相談する事もできますので、初心者の男性にはとてもおすすめです。

編集部が厳選するメゾン マルジェラの香水おすすめベスト3はコレ!

本記事では【メゾン マルジェラ(Maison Margiela)で人気のメンズ向けおすすめ香水】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が使い勝手の良さや合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. レプリカ オードトワレ レイジー サンデー モーニング(Replica EDT Lazy Sunday Morning)
  2. レプリカ オードトワレ ジャズ クラブ(Replica EDT Jazz Club)
  3. レプリカ オードトワレ コーヒー ブレイク(Replica EDT Coffee Break)

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルやご自身の印象に合うメゾン マルジェラの香水を見つけてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG