イルビゾンテのメンズ財布・革小物が大人に刺さる理由。おすすめモデル~人気モデルまで

流行に左右されない普遍的なデザインと上質なレザー使いが高く評価されているイタリアの名門ブランド「イルビゾンテ(IL BISONTE)」。

定番の革財布はもちろんのこと、キーケースやコインケースと言った革小物の人気も高く、性別という垣根を超えて多くの人々から愛されているブランドです。

今回はそんなイルビゾンテの中でもメンズ向けの定番として人気の高いおすすめ革財布や革小物を厳選してご紹介するので、自分用にも男性へのプレゼント用にも、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

ゆうた
イルビゾンテの革製品がなぜこんなに高く評価されているのか。その魅力や特徴とエイジングの感触などをご紹介すると共に、絶対に外さない鉄板の人気モデルや、最新の注目モデルに至るまで、イルビゾンテの革財布や革小物のおすすめ商品を徹底解説します。
関連記事

老若男女誰もが使う財布、皆が当たり前に持っている物であり、長く使い続けるこそデザインも機能も妥協したくないですよね。 キャッシュレス化に伴い、以前に比べて財布の種類もバラエティー豊かに増えた昨今。必ず自分のスタイルに合う最適な財布を選[…]

初めての「本格的な革製品」におすすめなイルビゾンテ

ilbisonte

イルビゾンテ(IL BISONTE)は1970年にイタリアのトスカーナ州にあるフィレンツェの高級店街から一本入ったパリオーネ通りにて創業した「革製品_革小物」を中心としたブランド。

高品質なオリジナルレザーを採用した革製品は、イタリア本国だとグッチやルイヴィトンと言った老舗高級メゾンと「品質的には肩を並べるブランド」と称される、日本で言うところの土屋鞄やガンゾのような印象です。

1999年に日本国内で1号店を展開してから10年ほどは、まだまだ好事家たちが注目しているマニアックな革製品のブランドという立ち位置でした。

しかしウィメンズ向けの革製品から火がつき、ここ10年ほどで性別問わず愛されるファーストレザーグッズの定番ブランドという地位を確固たるものにしました。

2019年にはその高成長に目をつけ、独占輸入販売権を取得していた日本の企業が買収し完全子会社化。日本企業傘下に入ったことで、より日本人好みな製品展開も繰り広げられ、今や不動の地位を確かなものとしています。

イルビゾンテの革製品の魅力と評価・評判

ilbisonte

イルビゾンテ(IL BISONTE)の革製品は創始者のワニー・ディ・フィリッポ氏の理念を色濃く残した製品作りが特徴です。

氏の「雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日に当たり、あなたが日焼けすればバッグも日に焼けます。あなたのイルビゾンテはあなたの一部になるのです。」という言葉。

まさにそんな言葉通りのスタイルを貫くことのできる「使い続けられる製品」が魅力のブランドです。

そんな、イルビゾンテの革製品がなぜこんなに世界中の男性や、革にうるさいマニアな方々から高く評価されているのか。その魅力を分析するとしたら以下の3つは外せません。

  1. 魅力1:シンプルで実用的な「一生使えるデザイン」
  2. 魅力2:欲しいものが必ず見つかる豊富なラインナップ
  3. 魅力3:優れたエイジングと魅力的な経年変化

他にもイルビゾンテの革製品の魅力は語り足りないほどございますが、あまり長くなると申し訳ないので厳選に厳選を重ねて3つだけ、以下でそれぞれ簡単にご紹介致します。

また、良い部分ばかり書き連ねても嘘っぽいので、独自目線で不満な点も簡単にご紹介致します。

逆に!イルビゾンテの製品で不満な点は?

  • 水シミも楽しむ設計なので雨に弱い(撥水しない)
  • 「男らしいデザイン」ではない
  • コバ処理がカジュアルなナチュラル仕上げ

魅力1:シンプルで実用的な「一生使えるデザイン」

ilbisonte

どれだけ優れたレザー素材を使っていて、どれだけ優れた製造工程を踏んでいて、それによって「一生使える耐久性」を手に入れている製品だとしても、飽きてしまったら一生使うことは難しいでしょう。

しかしイルビゾンテの革製品はどれも、味気ないくらいにシンプルです。

悪く言うのなら、小学生に「財布描いてみて」と言ったら全員が絵に書く形のような、まさに普遍性の局地とも言える面白みのないデザインばかりです。

ですが、イルビゾンテの凄さはそこにあります。

その圧倒的な普遍的外観の中に、まさに機能美とも言える完璧なデザインが施され、使えば使うほどにその「使い勝手の良さ」の虜になっていくのです。

一生使える、と言うよりは「一生連れ回したくなる」ような革製品。それがイルビゾンテ最大の魅力と言えるでしょう。

魅力2:欲しいものが必ず見つかる豊富なラインナップ

ilbisonte

イルビゾンテでは、「形を決めて、色と素材を決める」ような、まるでセミオーダーメイドかと言うほどの豊富なラインナップが存在します。

例えば「財布」と言っても、スナップボタンの有無、ジッパーの有無、カードホルダーの数、札入れの位置、などなど人によってこだわりはあると思いますが、これらを全て網羅しているといって過言ではないほどのバリエーションが存在します。

さらにすごいのはカラーバリエーションです。

多くのブランドは、人気モデルだけ豊富なカラーバリエーションで、新作や不人気なモデルは地味な色だけ・・・なんて事も多い中、ほとんどの型番で10種類以上のカラーバリエーションが常に展開されています。

さらに人気モデルの場合は季節限定のカラーバリエーションが展開されたり、昨今は日本企業の傘下となったことで、国内のセレクトショップとの別注モデルも活発化してきています。

この豊富さにより、セミオーダーメイドのブランドに匹敵するほどの「選択肢」を生み出しているのです。

魅力3:優れたエイジングと魅力的な経年変化

ilbisonte

なんと言ってもイルビゾンテの魅力は「革」と「革の変化」です。

そもそも、イルビゾンテに使用されるオリジナルのレザーは、創始者の「100%自然の力で作られたレザーにこだわりたかった」という意見がそのまま反映された、天然素材のみでなめした革を使用し続けています。

これにより、一般的な革製品とは一味違った傷つきやすいけど丈夫で、革の表情が豊かで香り高く、経年変化が早く現れる」と言う優れた革製品が生み出されているのです。

特に「革の経年変化(エイジング)の早さ」は全ブランドの中でも随一であり、その手軽さもあって多くのレザー初心者の男性がファーストレザーグッズにイルビゾンテの革製品を選んでいます。

イルビゾンテの革製品は、たった1年使うだけで「別物」と言えるほどにエイジングし、10年経過した頃にはヴィンテージのような風格を醸し出してくれます。

この魅力的な経年変化こそが、イルビゾンテの革製品最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

まずはコレ!イルビゾンテで人気の定番革財布3種

イルビゾンテ(IL BISONTE)の革財布を購入するなら、まずはやっぱり「ベストセラー」や「ロングセラー」な、代名詞的存在の定番モデルは欠かせません。

特にイルビゾンテの革財布の中でも有名なモデルを厳選して3つピックアップしました。

  1. 54162304540|長財布
  2. 5432404140|長財布
  3. 5412300340|長財布

どのモデルも「イルビゾンテといえばコレ!」な定番ばかりです。

まずはこの中から好みな革財布があるかチェックしてみるのがおすすめです。

54162304540|長財布

イルビゾンテのメンズ向け革財布の定番といえばコレ!な名作

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×19×2cm
参考価格:¥50,000前後

おすすめポイント

  • スリムなL字型メタルジップの長財布
  • 無駄のないジェンダーレスなデザイン

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、特にシンプルなメンズ向け長財布を探している方から高い人気を獲得している、スリムなL字型メタルジップの長財布「54162304540」。

イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

カバンの中でもかさばりにくいサイジングに、使い勝手の良い内部構造。

カラー展開が豊富な点も人気の理由です。

L字型のジップを開くと中央にはジッパータイプの小銭入れがあり、内側の片方にはカードを1枚ずつ合計4枚収納できるカードホルダーを完備しており、日常生活における十分な収納力を誇ります。

反対側にはレシートや領収証を収納するのに便利なフリーポケットがあり、所有者のライフスタイルに合わせて自由に活用できる「余白」が用意されているのも嬉しいポイントです。

ゆうた
ミニマルでフラットな印象のL字ジッパーの長財布は、ジッパーが苦手な方でも手に取りやすく「苦手な男性」が非常に少ないデザインだと思います。万能タイプの財布を求める男性はもちろん、大切な方への贈り物にも、ペアで合わせて使用する財布にもおすすめなデザインです。
関連記事

「紙幣を折らずに収納できる」事と「財布の中でも最も収納力が高い」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「長財布」。 ちゃんとした財布を買うならやっぱり長財布!という男性も多く、定番の二つ折り長財布以外にもラウ[…]

5432404140|長財布

クラシカルな王道デザインが人気の超定番長財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×18.5×3cm
参考価格:¥50,000前後

おすすめポイント

  • 無駄のないシンプルなフロントデザイン
  • パワフルな収納力が自慢のロングセラー

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でもとりわけクラシカルなルックスと「財布」としての機能性(収納力」にフォーカスしたロングセラーーモデルが「5432404140」です。

無駄のないシンプルなフロントデザインに、アンティークゴールドな真鍮のボタンがアクセントとなった上品なルックス。カラー展開が豊富な点も人気の理由です。

フラップを開くとジャバラ状のフリーポケットが4つあり、財布を開くだけで中身を一目で見渡せる設計になっています。

カードポケットは1面に6つが3面あるため、合計18枚のカードを無理なく整理整頓可能。それぞれのエリアにはマチが4cmずつ設けられており、大きく開けるため視認性も操作性も抜群です。

お札を種類ごとにエリア分けしたり、レシートや領収証を細かく整理したりと、所有者に合わせて使用方法を変えられる高い汎用性

さらに、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

ゆうた
非常に普遍的なので、お洒落なデザイン、と言えるかどうかは別として、財布としての機能性を最大限に高めた逸品であることは間違いありません。見た目に対する収納力は圧倒的であり、普段から財布をパンパンにして過ごしてしまうクセのある方は要チェックです。

5412300340|長財布

イルビゾンテのロングセラーとして知られる三つ折りタイプの長財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×18×2.5cm
参考価格:¥40,000前後

おすすめポイント

  • スリムなつくりの三つ折式長財布
  • 美しいデザインと充実した収納が魅力

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも特に息の長いロングセラーモデルとして知られる、三つ折り式の長財布「5412300340」。

イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

その人気ぶりからヴィンテージ感の強い素材を採用した同型の「5412307940」が展開されるなど、カラー展開が豊富な点も人気の理由と言えるでしょう。

なんと言っても特徴的なのは三つ折り式の長財布という設計であり、非常にスリムなデザインからは想像もできないほどの充実した収納力を誇る点です。

1つ目のスナップボタンを開けると最初に見えるのはお札と小銭を入れておける「財布」のスペース。さらに二つ目を開けるとカードホルダーが現れるという設計であり、日常生活で大変使いやすい構造となっています。

カードホルダーは、縦向きに8枚。横向きに2枚と、合計で10枚をすっきりと収納することができ、お札入れ部分の仕切りなど「財布の中身を整理したい男性」にとってはたまらない仕様となっています。

ゆうた
外装からはファスナーやスナップボタン等の「金具」が見えないデザインとなっており、イルビゾンテの定番革財布の中では特にフォーマルでドレッシーな印象のスタイルが特徴です。2枚のカードには財布を開くだけでアクセス可能なため、カード決済がメインな方でも使い勝手が良い、よく考えられたデザインだと思います。

イルビゾンテで人気のおすすめ革財布5選

イルビゾンテ(IL BISONTE)では定番モデル以外の革財布も非常に人気です。

新作の革財布や変わり種の革財布を交えながら、イルビゾンテの中でも特に注目なおすすめ革財布を厳選して5種類ご紹介します。

  1. 54182304140|長財布
  2. 5482305195|長財布
  3. 411853|二つ折り財布
  4. 5452404640|三つ折り財布
  5. 54202304440|ミニ財布

それぞれの革財布の特徴については以下で魅力をご紹介いたします。

イルビゾンテで売れ筋とされる定番の革財布を避けて差をつけたい男性は要チェックです。

54182304140|長財布

隠れた名作!?超優等生なラウンドジップタイプの長財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×19×2cm
参考価格:¥50,000前後

おすすめポイント

  • すっきりした見た目と大きな開口部が特徴
  • 故障のリスクはあるが「実は1番使いやすい」タイプ

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、見た目の良さと機能性の高さが頭1つ抜け出たラウンドジップタイプの長財布。

革財布にとって最も故障の多い部分が「ジッパー」なので、エイジングを楽しみながら一生使っていこうと考えている方からは敬遠されがちですが、それを補ってあまりある見た目の美しさと使い勝手の良さが特徴です。

なんと言ってもまず「美しいフォルム」です。

イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴で、カラー展開が豊富な点も人気の理由と言えるでしょう。

コの字型のジッパーを全開放することで財布が大きく開き、中身の確認や取り出しの容易さは他の追随を許しません。

両サイドにはカードホルダーが4枚ずつ。その裏側にはレシートや領収証を収納できるポケットがあり、コインケースの脇がお札入れになっていたりと、厚さ2cmのスリムなルックスからは想像できないパワフルな収納力があります。

日本のお札がぴったり目に入る無駄のないサイズ感と、細部のアンティークゴールドな真鍮がクラシカルなムードを加速させます。

ゆうた
個人的に、ラウンドジップタイプは最も好きな形の長財布です。しかし、金具部分が多いとお手入れする時がちょっと面倒なので、毎週のようにクリームを塗って革を育てていく楽しみを求めている方はもっとシンプルな作りの物を選ぶのがおすすめです。ただ、使い勝手はダントツです。

5482305195|長財布

トレンド感を加速させるガマぐちタイプの長財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):11×20×2cm
参考価格:¥40,000前後

おすすめポイント

  • ポッテリしたフォルムが印象的なガマぐち長財布
  • フラップを固定するゴムベルトも完備

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも特徴的なルックスとトレンド感のあるスタイルが人気を獲得する、隠れたロングセラー長財布といえば「5482305195」です。

クラッチバッグをそのまま小さくしたかのような、ボッテリとした可愛らしいフォルムから生まれるレザーのシワ感が素晴らしく、イルビゾンテのオリジナルレザーの魅力を非常に高く引き出せています。

もちろん、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴で、カラー展開が豊富な点も人気の理由ではないでしょうか。

ガマぐちを開くと真鍮フレームによる仕切りがあり、小銭を種類ごとに分けたり片側にカードをまとめたりと、ライフスタイルや好みに合わせて使用感を調整できるのも嬉しいポイント。

スナップボタン式のフラップをあければ8枚分のカードケースが存在し、フリーポケットはお札がちょうど入るサイズとなっているため、札が曲がるのが嫌な方はここを札入れに使用するのがおすすめです。

カードやレシートが増えてしまって一時的にフラップが閉まらない時のための補助用ゴムベルトなど「持ち運べる量」で言うならイルビゾンテの革財布の中でもダントツではないでしょうか。

ゆうた
ベーシックで保守的なデザインの財布を好む男性にはお勧めできませんが、ちょっと個性をアピールできるお洒落な財布を探しているなら、このガマぐち財布は要チェックな逸品。兎にも角にもレザーとの相性がよく、使えば使うほどに味わい深くなっていく姿はこのシルエットならでは。物欲を刺激する革財布です。

411853|二つ折り財布

究極にスタンダードな二つ折りのショートウォレット

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×10.5×2cm
参考価格:¥20,000前後

おすすめポイント

  • ズボンのポケットにちょうど収まる大きさ
  • マチ付きの小銭いれが実に使い勝手抜群

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、特に男性からの支持が高いコンパクト系二つ折り革財布といえば「411853」です。

究極にシンプルな二つ折り財布の王道的デザインであり、外装からは金属パーツが見えない非常にフォーマルな仕上がりとなっており、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでもオンオフ問わず使える点が魅力です。

素材にはもちろん、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

また、シンプルな上に機能性長けた優れたデザインはもちろんのこと、繊細なステッチワークとカラー展開が豊富な点も人気の理由と言えるでしょう。

内部の構成としては、3枚分のカードケースの他に、汎用性の高いマルチポケットが3カ所と、見た目のコンパクトさからは想像できない高い収納力を誇ります。

スナップボタン式のコインケース部分は薄型ながらも4cmのマチが設定されており小銭の出し入れも非常にスムーズ。出かける際は軽装で過ごしたい男性にぴったりな革財布に仕上がっています。

ゆうた
現在は、札入れに仕切りのついた2段階方式の「5422300540」がニューモデル(B-type)として展開されております。便利ではありますが、革が1枚増えることでスリムなシルエットが若干損なわれるため、男性からは旧タイプの方が支持されている傾向です。
関連記事

「長財布に匹敵する収納力」と「ズボンのポケットにも収納しやすい」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「二つ折り財布」。 利便性で財布を選ぶならやっぱり二つ折り財布!という男性も多く、定番の二つ折り以外にもス[…]

5452404640|三つ折り財布

手のひらサイズの職人技!立体的な作りの人気三つ折り財布

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):8×9×1cm
参考価格:¥30,000前後

おすすめポイント

  • ボックス型のコンパクトからは信じられない収納力
  • 小銭重視のライフスタイルなら相性抜群

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも「携帯性」と「機能性」に特化したシンプルな設計の三つ折り財布として高く評価されている「5452404640」。

使い勝手の良さはもちろん、その人気ぶりから他ブランドによる別注モデルや、季節限定のカラーウェイがリリースされるなど、カラー展開が豊富な点も人気の理由です。

まさに「手のひらサイズ」なコンパクト設計でありながらも、小銭の取り出しやすいボックス型のコインケースが前面に配置されており「小銭いれのついでに札入れがある」と言うような仕上がりになっています。

反対側には、札入れと3枚分のカードが縦挿しできるカードホルダーが配置され、お札とカードの出し入れ方向が同じなため動線もスムーズとなっており「使えばわかる快適さ」が愛用者を伸ばしています

小銭入れとしての使い勝手が抜群なので「ミニ財布」に憧れるけど、財布としての機能性は妥協したくないと言う男性は要チェックな逸品です。

また、素材にはイルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出ます。

ゆうた
トレンドの「ミニ財布」にもグループ分けできそうなコンパクトさと、折財布としても十分に評価できるパワフルな収納力と操作感を併せ持った、まさに「いいとこどり」な名品革財布。サイドの切りっぱなしのレザーがラフな雰囲気で、育つ事による革質の変化も楽しめます。

54202304440|ミニ財布

シンプルでコンパクトな上品系大人ウォレット

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×9.5×2.5cm
参考価格:¥35,000前後

おすすめポイント

  • ラウンドジップが特徴の二つ折り財布
  • シンプルで可愛らしいデザインと抜群の収納力

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、荷物を最小限に抑えたい時にでも上品さを損なわないコンパクトサイズのレザーウォレットとして確固たる地位を築く人気モデルが「54202304440」です。

現代の財布事情にフォーカスしたデザインとなっており、2020年の春夏コレクションでリリースされて以来一躍人気モデルとしてスターダムを駆け上がったミニ財布の1つです。

人気のラウンドジップ財布をそのままコンパクトにしたような構造のこの財布は、もちろんイルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

サコッシュなどのコンパクトなバッグでも収納しやすく、ポケットに入れてもかさばりにくい点や、カラー展開が豊富な点も人気の理由と言えるでしょう。

この小ささで6枚のカードポケットを完備しており、十分な収納力のコインケースや札入れまで、まさに魔法のように収納できる「メイン財布」として申し分のない使い勝手を誇ります。

ゆうた
ボックス型のコインケースよりも「小銭いれ」としての使い勝手で勝るラウンドジップのコインケースに、コンパクトな札入れと十分すぎるカード収納スペースを設けた「ネクストトレンド」な人気モデル。スマホでの電子決済が増えた昨今の「小銭メインな財布事情」にぴったりな仕様になっています。
関連記事

近年急速に進むキャッシュレス化と流行ど真ん中のミニバッグに対応した『ミニ財布』に注目が集まっています。 ほんの10年前には考えられなったほど、急速に進むキャッシュレス文化。日本のみならず世界を挙げてキャッシュレス化が進められていますよ[…]

イルビゾンテで人気のおすすめ革小物5選

革製品に定評のあるイルビゾンテでは革財布以外の革小物も大変充実しています。

最近は電子マネー化も進み革財布自体が必要ない方も増えてきていますし、革財布よりもリーズナブルな価格なので男性への気楽なプレゼントなどにもおすすめです。

ここでは、イルビゾンテの革小物の中でも特に人気の高いおすすめの商品を厳選してご紹介します。

  1. 54192304193|名刺入れ
  2. 5412300241|コインケース
  3. 411341|カードケース
  4. 411621|マネークリップ
  5. 5402300090|キーケース

それぞれの革小物の特徴については以下で魅力をご紹介いたします。

54192304193|名刺入れ

名刺入れとしてもカードケースとしても使えるフラップタイプ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):7.5×11×2cm
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • シンプルなスナップボタン付きのカードケース
  • 利便性が高く手ごろな価格でギフトにも人気

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、特に男性へのプレゼントとして選ばれることの多い「54192304193」。

ビジネス用の名刺入れとして使用出来るのはもちろん、スナップボタンによってカードケースとしても使いやすく、コンパクトな持ち物を好む男性から高く評価されている人気商品です。

シンプルな作りではあるものの、ジャバラ仕様で中に仕切りを配置するなど「さすが」と言える心遣いが抜群の使い勝手を生み出しています。

一般的な名刺であれば30枚程度入る「ちょうどいいサイズ感や、マチなしのポケットにより頂いた名刺を傷つけずに収納したり、頻繁に使用するカードを分けて整理することも可能です。

もちろん、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴で、カラー展開が豊富な点もギフト向けとして人気の理由です。

ゆうた
お堅い職場など、よりフォーマルな外見の名刺入れを求めている男性は、スナップボタンの存在しない「411620」というモデルにも注目です。どちらも高い収納力とレザーの魅力を引き出した質感の良さなど、カードケースとして非常に高いクオリティを誇る名品です。
関連記事

ビジネスシーンで欠かせないアイテムの名刺入れ。 『名刺入れで第一印象が決まる』と言ってもいいほど、名刺入れはビジネスシーンにおいて非常に重要なアイテムです。 どのモデルを選んで良いのか分からない。TPOに合う名刺入れのモデルが知[…]

5412300241|コインケース

究極にシンプルなボックスタイプのフラットコインケース

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):7×8×1.5cm
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 真鍮のボタンが印象的なコインケース
  • 中身が全て見渡せるボックスタイプ

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、長く使えて価格がリーズナブルであると言う点から、ギフトアイテムとして選ばれやすいボックス型のコインケース「5412300241」。

胸ポケットに入ってしまうほどのスリムでコンパクトな設計に加え、1万円前後の価格帯とカラー展開が豊富な点が人気の理由です。

ボタンを開けて開くと中身が全て見渡らせるボックスタイプの使用感が優秀なコインケースとなっており、枚数にして30枚程度であれば小銭を入れていても形が崩れるようなことはない収納力を誇ります。

一般的な用途としてはコインケースですが、中にはピルケースとして使用している男性や、ピアスや指輪といったビジネスシーンで外すアクセサリーを収納しておくケースとして愛用している男性も多いようです。

もちろん、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

ゆうた
バーツの数が少なく、壊れるような箇所がないので、本当に一度の修理もなく一生使えてしまうコインケースです。弱い箇所には二枚革を使用して補強するなど、流石の完成度を誇っており、色違いでなら何個もらっても嬉しい使い勝手の良さがギフト用として愛されています。
関連記事

電子マネーやクレジットカーなど、近年急速に進むキャッシュレス化。 さらにミニマリズムの煽りを受け、お財布すら持たない人も増加しているなど、脱お財布文化も広がりを見せています。 とは言っても、まだまだ紙幣や小銭を必要とする場面が多[…]

411341|カードケース

片マチでスマートな印象のシンプルスタイルなカードケース

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10.5×7×0.7cm
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • かさばることなく持ち運べるスリムなサイズ感
  • コンパクトながら仕分けがしやすい作り

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、優れた機能性とオンオフ問わず使えるデザインに加え、送った相手に気を遣わせすぎない絶妙な価格制っていでギフト向けとして高い支持を獲得する「411341」。

片マチタイプのすっきりしたデザインと、コンパクトながら仕分けのしやすいマチ無しカードポケットが配置された使い勝手の良さや、カラー展開が豊富な点も人気の理由です。

もちろん、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。特にシンプルな作りなので革質を存分に楽しめます。

ボタンのないデザインなので、名刺を受け渡しする際にスナップボタンやラッチを開ける作業が煩わしいと感じるビジネスマンにもおすすめです。

ゆうた
金属パーツの一切存在しないフォーマルなデザインのカードケースです。レザー製品の多くは金属パーツ周辺から故障することが多いわけで、その箇所が少ないこのカードケースはイルビゾンテの製品の中でも最も耐久性が高い部類に属すと言えるでしょう。そういった点もギフト向けとして非常におすすめです。
関連記事

急速に進むキャッシュレス文化においてカードケースはもはやビジネスマンの必須アイテムでもあります。 特にスーツで通勤している男性だと、お財布を持ち歩くよりもカードケースのほうが荷物の量も減らすことができ、移動もグッと楽になります。 […]

411621|マネークリップ

現金を剥き身で持つのが苦手な方におすすめなマネークリップ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×11×0.5cm
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • しっかりホールドしてくれるゴールドのクリップ
  • スーツの内ポケットやパンツのポケットにもすっきり収納

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、特に昨今の財布事情とあいまって人気を伸ばし続けている注目商品が、レザー製マネークリップの「411621」です。

美しいゴールドカラーのクリップはしっかりとしたホールド力をもち、色馴染みの良いレザー素材のカラー展開が豊富な点も人気の理由です。

いわゆる「マネークリップ」とは違い、クリップで挟んで保持するだけでなくレザー部分に端を収納することもできるため、例えば万札はしっかり収納して千円札は使いやすいように挟むだけにするなんて使い方でも活用可能。

両サイドにはカードを収納しておけるスペースもあり、スーツの内ポケットやシャツの胸ポケットに収納しても、シルエットを崩さずに着用できると言う点が高く評価されています。

もちろんレザー部分には、イルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーを採用しており、使えば使うほどに色が濃くなり艶が出るのが特徴です。

ゆうた
カチッと留まる心地良い音や操作感も、このてのマネークリップ選びには重要なポイントの1つ。毎日使用するものだから、何度使ってもストレスがない。むしろ何度でも使いたくなるような心地よさが人気を伸ばしている理由と言えるでしょう。薄い作りのマネークリップが好きな男性は要チェックです。
関連記事

お財布から紙幣やカードをコンパクトにスマートに持ち歩けるマネークリップに切り替える男性続出中! そこで本記事では【メンズにおすすめのマネークリップブランド15選】ご紹介! 数あるマネークリップブランドの中でもこのブランドを抑えておけ[…]

5402300090|キーケース

手頃な価格でイルビゾンテが堪能できる4連キーケース

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×5×2cm
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • コンパクトに必要な鍵を収納して持ち歩ける
  • 上品な色合いで経年変化も楽しめる

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の中でも、ファーストイルビゾンテに選ばれることの多い定番アイテムが、シンプルなスナップボタンの4連キーケース「5402300090」です。

家を出る時と帰る時、毎日必ず触る道具だからこそイルビゾンテ伝統のバケッタ製法を用いたオリジナルレザーの使えば使うほどに色が濃くなり艶が出る魅力を存分に堪能できます。

もちろんカラー展開が豊富な点も人気の理由です。

キーケースに使用されるクオイエットレザーは特に厚みのある素材であり、鋭利な鍵をしっかりと保護して傷が付きにくいという特徴があります。

外装にも内側の補強にも刻印されたイルビゾンテのロゴマークに、二箇所のアンティークゴールドなスナップボタン。縁周りの型押しされたラインがアクセント隣、クラシカルな印象を加速させます。

ゆうた
硬くて光沢の強いクオイエットレザーを採用した耐久性や使い勝手もさることながら、ちょっとしたギフトにもお求めやすい価格であるため「初めてのイルビゾンテ」に選ぶ男性も多いと思います。このキーケースが「イルビゾンテ沼」の始まりだった・・・なんて思い出のある男性も多いのでは?
関連記事

大人の男性なら鍵を収納できるキーケースぐらいは、持っていたいところ。 スーツスタイルや休日の格好にむき出しとなった鍵がジャラジャラと音を立てている光景は見栄えが悪くカッコも悪くなります。 本記事では大人の男性が持ちたいキーケース[…]

イルビゾンテの革小物に関する気になる質問

ilbisonte

イルビゾンテ(IL BISONTE)といえば、レザーグッズ初心者から革マニアな男性まで幅広い方々に愛されている人気ブランド

ここでは初めてイルビゾンテの革製品を購入しようと考えている方に向けて、以下の2点をご紹介致します。

  1. イルビゾンテの革小物はどこで買える?取扱店について
  2. イルビゾンテの革小物の修理と保証について

それぞれ以下で簡単にご紹介いたしますので、イルビゾンテの革製品の購入を検討している方は覚えておくと安心です。

イルビゾンテの革小物はどこで買える?取扱店について

ilbisonte

基本的にイルビゾンテ(IL BISONTE)は革財布や革小物などのレザー製品を製造するブランドとして非常に有名な部類に入るため、アマゾンや楽天といった大手のオンラインショッピングサイトにて気軽に手に入ります。

特に、現在は定番ラインから外れてしまっているモデルなどは、オフィシャルのオンラインショップよりも行為ったオンラインモールなどでレザー製品を扱う店舗をチェックするのがおすすめです。

イルビゾンテの取扱店としては、比較的日本各地にイルビゾンテのブランドショップがあるほか、ブランド系革製品を取り扱うセレクトショップなどでも比較的見かける機会があります。

レザー製品には「傷や個体差を楽しむ」という側面と「安定した品質が優れた証」として見る側面があります。前者の場合は特に、実際の商品を確認しながら選ぶ方が楽しめるでしょう。

イルビゾンテの直営店や取扱店について詳しくは公式ホームページがまとめてくださっているので、実際に現物をみながらお買い物したいという方は、そちらを参考にお出かけしてみるのがおすすめです。

取り扱い店舗を確認したいは方はコチラ

イルビゾンテの革小物の修理と保証について

ilbisonte

イルビゾンテ(IL BISONTE)のレザー製品の保証期間は購入日から半年間(6ヶ月)です。

【修理は出来ますか?】

イルビゾンテの革製品は修理を行うことが可能です。ボタン、ファスナー、ステッチのほつれなど、有料修理で対応させていただいております。保証期間内(6ヶ月以内)で商品の不備が原因による不具合が発生した場合は無料で修理(または交換)させていただきます。その際、保証書が必要になりますのでご注意ください。

※状態によって、修理費用と期間が異なりますこと、修理が不可能な場合がございますことをご了承ください。(引用元:イルビゾンテ神戸店

情報が更新されている場合もありますので購入前に必ず公式ページをご確認ください。

詳しくはコチラ

編集部が厳選するイルビゾンテの革財布&革小物おすすめベスト3はコレ!

本記事では【イルビゾンテのメンズ向けのおすすめ革財布&革小物】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が使い勝手の良さや合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. 54182304140|長財布
  2. 54202304440|ミニ財布
  3. 54162304540|長財布

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーディネートに合うイルビゾンテ(IL BISONTE)の革財布&革小物を見つけてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG