人気のおすすめメンズ長財布ブランド20選。30代・40代の大人の男性にはコレ!

「紙幣を折らずに収納できる」事と「財布の中でも最も収納力が高い」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「長財布」。

ちゃんとした財布を買うならやっぱり長財布!という男性も多く、定番の二つ折り長財布以外にもラウンドジップタイプやスナップボタン付きなど多様な種類が展開されています。

そこで今回は、初めて長財布を選ぶ男性が知っておきたい人気のブランドについ「定番ブランド」「本格派ブランド」「有名ハイブランド」に分けて合計20種類に厳選し紹介いたします。

ゆうた
初めて長財布を選ぶ男性はもちろん、プレゼントやギフトにメンズ向け長財布の有名なブランドを知りたいという方も必見です。簡単に選び方や、ブランド内でも人気の高い長財布についてもご紹介しておりますので、是非参考にしていただければと思います。
関連記事

老若男女誰もが使う財布、皆が当たり前に持っている物であり、長く使い続けるこそデザインも機能も妥協したくないですよね。 キャッシュレス化に伴い、以前に比べて財布の種類もバラエティー豊かに増えた昨今。必ず自分のスタイルに合う最適な財布を選[…]

長財布の優れた魅力とメリットとは?

長財布のメリットといえば、やはり以下の5点です。

  1. ずば抜けた収納力の高さ
  2. レシート等の整理整頓のしやすさ
  3. こまめに整理する必要のない包容力
  4. 紙幣を折りたたむ事なく収納可能
  5. 財布の中でもエレガントな見た目

反対に、パンツのポケット等にしまいにくい事や、どうしたって荷物が増えてしまうことなどデメリットもあります。

初心者必見!失敗しない長財布の選び方

長財布を選ぶときに注意すべきポイントとしては以下の2点です。

  1. 長財布の種類(形状)と容量
  2. 長財布に使用されている素材

長財布の種類や容量によって使い心地が変化するのは言わずもがなですが、素材もナイロンやレザーと言ったわかりやすい物以外にも、カーフやブライドルやコードバンと言った革ごとの違いもあります。

男らしい長財布を求めているのか、それとも上品でエレガントな長財布を求めているのか、もちろんカジュアルでトレンド感のある長財布を求めているかなど目的に合わせて上手に選びたいところです。

長財布の種類と容量の選び方

長財布の種類と特徴

  • 【二つ折り】フラップ部分がカード入れになった定番
  • 【フラップ式】フラップ分の厚さが無駄に感じることも?
  • 【フラップ式(スナップボタン付き)】しっかり閉じられる
  • 【L字ジップ】二つ折りとラウンドジップの良いとこどり
  • 【ラウンドジップ】大容量だがボリュームが出やすい

長財布の種類については簡単に分けると上述の通りです。

(※二つ折りとフラップ式は区分けが曖昧なため基本的にはどちらもフラップ式と表記される事が多いです。)

また、長財布を選ぶときには形状と合わせて要領や収納力もポイントとなりますが、何より小銭入れの形状には注目です。

多くの場合はマチのあるポケット型が採用されていますが、中にもボックス型の小銭入れが採用されているものもあり、この辺りは使用感や好みに合わせて選ぶ必要があります。

長財布の素材の特徴と選び方

代表的なファブリック系素材の特徴

  • 【ナイロン】耐久性が高く経年変化も楽しめる
  • 【キャンバス】水に弱くかなりカジュアルな印象
  • 【コーテッドキャンバス】水に強く上品な印象
  • 【ターポリンや合成皮革】ほぼ雨具・合皮には加水分解しやすいものも

代表的なレザー系の特徴

  • 【カーフ(牛革)】非常に繊細で経年変化が現れにくい
  • 【ブライドル(牛革)】堅牢で白く粉を吹き経年変化で艶が出る
  • 【ヌメ(牛革)】経年変化で色艶が現れやすく育てるのが楽しい
  • 【コードバン(馬革)】扱いが繊細だが革の中でも色艶が非常に美しい
  • 【ゴート(山羊)】美しく綺麗なシボ感と高い耐久性が特徴
  • 【ウォーターバッファロー(水牛)】牛革に近い質感で安価
  • 【床革(牛革)】2層目の革。カジュアルな質感だが安く耐水性がある
  • 【本革(牛革)】別名「グレインレザー」本革ですよって意味

長財布の素材選びは、長財布の表情を大きく変化させる重要なポイントです。

実際に経年変化や質感は「鞣しかた」などで大きく影響されるため必ずしも上述の通りとはなりませんが、ここではなるべくシンプルに解説したいため、一般的な物を基準に紹介しております。

特性を理解して目的に合わせた長財布を見つけてください。

リーズナブル!メンズ向け長財布の定番ブランドおすすめ5選

初めての長財布を選ぶ男性ならまずチェックしておきたいのが以下の「定番ブランド」です。

本格的な革製品のブランドに勝るとも劣らないクオリティを、非常にリーズナブルな価格で展開しており、ビジネスからカジュアルまで幅広いコレクションが揃う人気の長財布ブランドです。

  1. イルビゾンテ(IL BISONTE)
  2. ポーター(PORTER)
  3. オロビアンコ(Orobianco)
  4. ビジネスレザーファクトリー(Business Leather Factory)
  5. ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)

以下でそれぞれのブランドについて特徴を解説するとともに、ブランド内の長財布の中でも特に人気の高い定番モデルを厳選してご紹介いたします。

イルビゾンテ(IL BISONTE)の長財布の特徴

ilbisonte

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~50代
価格の目安:¥30,000~¥50,000

イルビゾンテとは?

  • 1970年に創業したエイジングの早さで有名なイタリアのブランド
  • L字ジップや三つ折り式など機能的な長財布が人気

1970年にイタリアのトスカーナ州にあるフィレンツェの高級店街から一本入ったパリオーネ通りにて産声をあげた、高品質なオリジナルレザーの長財布で有名なブランド「イルビゾンテ(IL BISONTE)」。

ヌメ革などの経年変化が強く現れる素材を使用した、L字ジッパーや三つ折り式など個性的で機能的な長財布が多くラインナップされており、非常に日本の環境にマッチした作りとなっています。

そのため「本格的なレザーの質感や風合いを楽しみたい」「経年変化やエイジングに挑戦したい」と言った長財布初心者の男性からも非常に高い支持を得ている「初心者向け」なブランドです。

種類やカラバリが豊富であり、いわゆる「定番」の形状で作られた長財布もあるため、人気や売れ筋と言ったラインナップに縛られずに選んでみることをおすすめします。

ゆうた
本国イタリアでの知名度は、日本でいう土屋鞄やガンゾのような「老舗高級メゾンと質的には肩を並べるブランド」といった感じの扱いです。
関連記事

流行に左右されない普遍的なデザインと上質なレザー使いが高く評価されているイタリアの名門ブランド「イルビゾンテ(IL BISONTE)」。 定番の革財布はもちろんのこと、キーケースやコインケースと言った革小物の人気も高く、性別という垣根[…]

54162304540|L字ジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×19×2cm
参考価格:¥50,000前後

54162304540のおすすめポイント

  • スリムなL字型メタルジップの長財布
  • 無駄のないジェンダーレスなデザイン

5412300340|三つ折り長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×18×2.5cm
参考価格:¥40,000前後

5412300340のおすすめポイント

  • スリムなつくりの三つ折式長財布
  • 美しいデザインと充実した収納が魅力

ポーター(PORTER)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~50代
価格の目安:¥10,000~¥20,000

ポーターとは?

  • 1962年に創業したナイロン製品で有名な日本のブランド
  • ベーシックな作りの万人受けする長財布が人気

1962年に、吉田鞄製作所の自社ブランドとして産声をあげた、ナイロンツイルの素材を採用した「タンカーシリーズ」で有名なブランド「ポーター(PORTER)」。

ベーシックなスタイルのレザーを使った長財布から、タンカーシリーズのようなナイロン素材を採用した長財布まで、使用される素材もスタイルも非常に多岐にわたる展開が特徴です。

ゴリゴリのストリートスタイルな方々から、颯爽とオフィス街を駆け抜けるスーツ姿のビジネスマンまで、非常に幅広い層から熱狂的に支持される「日本を代表する長財布ブランド」です。

当ページで紹介しているモデル以外にも最近ではブライドルレザーを使用した長財布や、クロム鞣しのアウトドアスタイルな製品も人気が高いため、個性派な男性はポーターの長財布についてもっと深く調べていただければと思います。

ゆうた
自動車で例えるなら、ポーターはレクサスと言ったところでしょうか。世界中のイノベーターやクリエイター達とコラボし、ビルボードの上位にいるセレブから隣の家のお兄さんまで愛用している長財布の定番ブランドです。
関連記事

ポーター(PORTER)といえばナイロン製のバリバリ財布のブランド、というイメージがあるかもしれませんが、実はレザー製品や革財布も高い人気を誇る「日本鞄業界の重鎮」といえる存在です。 高品質でリーズナブルなスタンダード系デザインと、鞄[…]

METRO LONG WALLET 245-06061|フラップ長財布

素材:フルタンニン ソフトレザー
サイズ(タテ×ヨコ):9.5×18cm
参考価格:¥16,000前後

METRO LONG WALLET 245-06061のおすすめポイント

  • 独特なシボ感のあるソフトシュリンクレザーを採用
  • 単体でも使用可能なカードホルダーを同梱

TANKER WALLET 622-68166|フラップ長財布

素材:ナイロンツイル|ナイロンタフタ
サイズ(タテ×ヨコ):20×11cm
参考価格:¥10,000前後

TANKER WALLET 622-68166のおすすめポイント

  • 「MA-1」をモチーフに開発したオリジナル生地を採用
  • 経年変化であえて塗装が剥がれる金具類を採用

オロビアンコ(Orobianco)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥20,000~¥40,000

オロビアンコとは?

  • 1996年に創業したビジネスバッグで有名なイタリアのブランド
  • 現在はイタリアでの事業を精算し日本のライセンス商品のみが展開

1996年にイタリアはミラノ郊外にて産声をあげた、お洒落なビジネスバッグで有名なブランド「オロビアンコ(Orobianco)」。

手ごろな価格でありながらも、日本製の高いクオリティを持った長財布やイタリア製の本格長財布までバリエーションが広く、とりわけ日本のビジネスシーンに合わせた使い勝手が魅力です。

ビジネスシーンでもスタイリッシュなお洒落を楽しみたいが、高級メゾンの長財布はどれも高価でなかなか手が出せない・・・という男性達から絶大な支持を得ているブランドです。

とにかく安く買いたい!という男性は日本製や中国製を。従来のオロビアンコらしい本格的な製品を求める男性はイタリア製の長財布がおすすめなので、生産国をチェックしながら選ぶと良いでしょう。

ゆうた
一部の限られた製品を除いて、ほとんどが日本製(中国製)なのでもはや「イタリアっぽいブランド」という感じですが、あまり感度の高くないビジネスマンからは根強い人気。クオリティはなんなら以前より上がっているような印象を受けます。
関連記事

今や日本のビジネスマンにとって欠かすことのできないファッションブランドの地位を確固たるものにする「オロビアンコ(Orobianco)」。 2019年にイタリアでの事業を清算したことで現在はより日本人向けな製品展開が中心となり、日本国内[…]

ORS-031708|フラップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×18.5×1.5cm
参考価格:¥18,000前後

ORS-031708のおすすめポイント

  • スタイルを崩さないスリムなフォルムが特徴
  • 長期間の使用に耐える新開発のソリッドレザー

ORS-084309|ラウンドジップ長財布

素材:牛革(裏地:羊革)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19.5×2.5cm
参考価格:¥47,000前後

ORS-084309のおすすめポイント

  • イタリア製のオールレザーで作りこまれた本格派
  • 裏地にも羊革を使用したマニアも唸る逸品

ビジネスレザーファクトリー(Business Leather Factory)の長財布の特徴

business-leather

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~50代
価格の目安:¥3,000~¥10,000

ビジネスレザーファクトリーとは?

  • 2014年に創業した激安本格革製品で有名な日本のブランド
  • モデル毎に異なるデザイナーを採用した長財布の展開

2014年に日本で産声をあげた、本牛革を使いながら価格破壊とも思えるような値段で、ジネスに合う長財布を取り扱っているブランド「ビジネスレザーファクトリー(Business Leather Factory)」。

ビジネスシーンで使いやすいデザインと、クオリティに対する「コスパ」では他の追随を許さぬリーズナブルな価格で、本格派の長財布を選びたいけど懐事情が厳しい男性達から絶大な支持を集めている注目のブランドです。

特に有名な長財布が3種類ありますが、この全てが違うデザイナーによって生み出されており、設計思想の違いから生まれる痒いところに手の届くラインナップも人気のポイントと言えるでしょう。

素材やカラバリの展開はどの長財布もほとんど変わらないため「容量」や「目的」をベースに選ぶのがおすすめです。

ゆうた
ビジネスレザーファクトリーは、「バングラデシュの雇用創出」のためにはじまった、ソーシャルビジネス。現地の工場では働きたくても働けない人々(若年層・シングルマザー・障害者)を優先的に雇用し、高級メゾンでは考えられない低価格を実現しています。

10010|ラウンドジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10.5×19.5×2cm
参考価格:¥10,000前後

10010のおすすめポイント

  • 高級ブランドとも取引きするタンナーのオリジナルレザー
  • 機能性とデザイン性が共存した至高のラウンドジップ長財布

10063|ラウンドジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2.2cm
参考価格:¥10,000前後

10063のおすすめポイント

  • 手に馴染むミーリングレザーを採用したラウンドジップ長財布
  • 中身の取り出しやすさを追求したデザイン

ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)の長財布の特徴

pellemorbida

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥20,000~¥30,000

ペッレモルビダとは?

  • 2012年に創業したシュリンクレザーで有名な日本のブランド
  • エレガントな作りの中に遊び心のあるディテールが光る長財布

2012年に男性有名誌の編集や創刊に携わった干場義雅氏が立ち上げた、400年の歴史をもつ姫路松原エリアのシュリンクレザーを使用した長財布で有名なブランド「ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)」。

海外系ブランドのような上質感と洗練されたデザインでありながらも、どことなく海外系のギラギラ感が抑えられ、日本人らしい適度に垢抜けた雰囲気の長財布が展開されています。

機能性に妥協せず、おしゃれな長財布を愛用したいビジネスマンからの人気が高く、皮革素材を厳選し国内生産にこだわるといった細部にまで徹底追求したプロダクツがレザーフリークからも高く評価されています。

定番の長財布以外にも、コレクションやシーズンによってはテーマ性を強く打ち出した長財布も展開されていますので、差をつけたい男性はしっかり調べてみるのがおすすめです。

ゆうた
某有名匿名掲示板でも「俺の長財布みて」などのスレッドに登場する事が増えてきており、辛辣なコメントの多い場所にも関わらず比較的高評価な意見が寄せられているのを多々目撃します。今や「定番」という立ち位置まで人気を伸ばした新興ブランドです。

Barca BA311BI|ラウンドジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2cm
参考価格:¥30,000前後

Barca BA311BIのおすすめポイント

  • コントラストをつけたバイカラーに仕上げたラウンド長財布
  • イタリアの名門ヌォーヴァオーヴァーロードの牛革を使用

Barca BA310|フラップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×1.5cm
参考価格:¥25,000前後

Barca BA310のおすすめポイント

  • スーツに似合うシックなオールインワンスタイルの長財布
  • イタリアの名門ヌォーヴァオーヴァーロードの牛革を使用

本物志向!メンズ向け長財布の本格派ブランドおすすめ7選

長財布を買うならやっぱり素材は革!それも、一生の相棒になるような、ともに成長していける革財布を求めている男性も多いのではないでしょうか?

ここでは、牛革以外のエキゾチックなレザーはもちろん、革質や縫製や経年変化の味わい深さに至るまで、レザーにとことん拘った本格派のレザーブランドやファクトリーブランドを厳選して7種類ご紹介します。

  1. ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)
  2. グレンロイヤル(GLENROYAL)
  3. エッティンガー(ETTINGER)
  4. ガンゾ(GANZO)
  5. 土屋鞄製造所
  6. スマイソン(SMYTHSON)
  7. ファーロ(FARO)

以下でそれぞれのブランドについて特徴を解説するとともに、ブランド内の長財布の中でも特に人気の高い定番モデルを厳選してご紹介いたします。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥30,000~¥40,000

ホワイトハウスコックスとは?

  • 1875年に創業したブライドルレザーで有名なイギリスのブランド
  • 豊富なバリエーションと優等生なデザインの長財布が揃う

1875年にイングランド北西部に位置するウォルソールにて産声をあげ、ブライドルレザーを使用した長財布で有名な英国皮革製品御三家にも数えられるブランド「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」。

オンオフ兼用で使える絶妙なラインを突いた長財布や、ブライドルレザーの質感を強く引き立たせた王道スタイルの長財布まで、非常に展開の幅が広い点が特徴と言えるでしょう。

英国御三家と言われるブランドの中でも知名度と人気度が飛び抜けて高く、「タフで上質な実質剛健の物づくり」もあってブランド力にもクオリティにも妥協したくない男性から支持されています。

ホワイトハウスコックスはブライドルレザーに型押しした長財布の展開も多いため、傷や汚れが気になる男性は目立ちにくい型押しの長財布を選んでみるのもアリだと思います。

ゆうた
「WHC」の愛称で親しまれる英国御三家の中でも特に人気の高いブランド。高級メゾンよりも本格ブランドでしょ!という男性の最初の窓口であり、レザーにこだわる長財布選びをするなら要チェックです。
関連記事

レザーの品質の良さと高い技術力。オンオフ問わず使えるファッショナブルなデザイン性。そして使い勝手の良さまで多方面で高評価を獲得するブランド「ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)」。 マニアックなこだわりはの好事家達は[…]

S9697|フラップ長財布

素材:ブライドルレザー
サイズ(タテ×ヨコ):9×17cm
参考価格:¥45,000前後

S9697のおすすめポイント

  • オン&オフ兼用な二つ折り財布のベストセラー
  • 長財布で迷っているならコレ!な優等生スペック

S2622|ラウンドジップ長財布

素材:ブライドルレザー
サイズ(タテ×ヨコ):10×19cm
参考価格:¥50,000前後

S2622のおすすめポイント

  • 大容量の収納力が魅力なラウンドジップタイプの名作
  • スイス製のriri社のジッパーを採用した安心感

グレンロイヤル(GLENROYAL)の長財布の特徴

glenroyal

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥60,000~¥100,000

グレンロイヤルとは?

  • 1979年に創業したブライドルレザーで有名なイギリスのブランド
  • 使い勝手を追い求めた個性的な構造の長財布も人気

1979年にスコットランドの中西部エア・シャーにて産声をあげた、ブライドルレザーを使用した革製品で有名な英国皮革製品御三家にも数えられるブランド「グレンロイヤル(GLENROYAL)」。

構造や機能性といった面で個性的なデザインの長財布が多く、より使い勝手を求めて作られた斬新な試みが、さすがは英国御三家の中でも最も若い存在だと感じさせてくれます。

レザー製品好きなら知らない人はいない「W&H GIDDEN(ギデン) 」のOEMを手掛けていた事でも有名であり、長財布の出来の良さで選ぶなら要チェックなブランドと言えるでしょう。

最も人気の長財布がスナップボタン式である事からもわかる通り、非常に種類が豊富です。定番外の長財布も魅力的な物が多いので、気になる方はぜひラインナップを詳しく調べてみてください。

ゆうた
イギリス御三家と呼ばれるブライドルレザーの人気ブランドの中でも、特に「ブライドルレザー」へのこだわりのが強く、他の素材をほとんど長財布に使用しない事で知られています。
関連記事

「英国皮革製品御三家」にも数えられる、ブライドルレザーを筆頭とした革製品の世界的な名門ブランド「グレンロイヤル(GLENROYAL)」。 キズやアタリまで愛おしくなるような「歴史」を刻む高い堅牢性と、使い勝手を追求する姿勢を随所に感じ[…]

ROUND LONG PURSE 03-6178/F|スナップボタン長財布

素材:牛革(ブライドル)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×18×2.5cm
参考価格:¥50,000前後

ROUND LONG PURSE 03-6178/Fのおすすめポイント

  • 厚みの調整が可能なフラップを搭載
  • 使い勝手を追求する姿勢が反映されたディテール

ZIP AROUND LONG WALLET 03-6029|ラウンドジップ長財布

素材:牛革(ブライドル)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19.5×2cm
参考価格:¥51,000前後

ZIP AROUND LONG WALLET 03-6029のおすすめポイント

  • 大容量なラウンドジップタイプの長財布
  • 整理整頓がしやすくパワフルな収納力

エッティンガー(ETTINGER)の長財布の特徴

ettinger

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥30,000~¥50,000

エッティンガーとは?

  • 1934年に創業したブライドルレザーで有名なイギリスのブランド
  • スリムなシルエットと豊富な素材で展開される長財布が人気

1934年にイギリスのロンドンはリージェント・ストリートから離れた閑静な場所に産声をあげた、ブライドルレザーを使用した革製品で有名な英国皮革製品御三家にも数えられるブランド「エッティンガー(ETTINGER)」。

シルエット自体の種類は少なく、基本的にはラウンドジップとフラップ二つ折りが定番ですが、コンビネーションカラーの豊富さが素晴らしく選ぶのに迷ってしまうかもしれません。

英国紳士のような落ち着いた雰囲気の大人の長財布を愛用したい男性や、繊細で高級感のある長財布が欲しいと考えている男性から高い人気を誇っており、遊び心のあるカラーウェイも支持されています。

定番はBHと呼ばれるブライドルハイドですが、長財布ではカーフを使ったSTや、ゴートを使ったCPなど素材の展開も豊富なので、素材ごとの特徴を見極めながら選ぶのがおすすめです。

ゆうた
定番のブライドルレザー以外にもクロム鞣しのカーフレザーのコレクションも人気があります。ベーシックに見えて変化球も多いブランドなので、初心者だとしっかり勉強して選ばないと好みのものに出会えない可能性もあります。
関連記事

イギリス王室とコラボレーションしたシリーズを展開するほど、英国革製品界では確固たる地位を築く人気ブランド「エッティンガー(ETTINGER)」。 定番のブライドルレザーを採用したコレクションだけでなく、上質なカーフレザーを採用したドレ[…]

SLIM LONG WALLET BH2112|フラップ長財布

素材:牛革(ブライドルレザー)
サイズ(タテ×ヨコ):9×17.5cm
参考価格:¥54,000前後

SLIM LONG WALLET BH2112のおすすめポイント

  • エッティンガーの長財布の中では最小サイズ
  • スーツの内ポケットでもシルエットを崩さず収納可能

ROUND ZIP PURSE BH2051|ラウンドジップ長財布

素材:牛革(ブライドルレザー)
サイズ(タテ×ヨコ):10×19cm
参考価格:¥80,000前後

ROUND ZIP PURSE BH2051のおすすめポイント

  • 財布に必要な機能を過剰なほど詰め込んだ名作
  • シンプルでスマートな見た目にパワフルな収納力

ガンゾ(GANZO)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥30,000~¥60,000

ガンゾとは?

  • 1917年に創業した最高品質の革製品で有名な日本のブランド
  • 長財布こそ極上の革を味わうに最も適した形とあって非常に人気

1917年に東京都日本橋にて産声をあげた味岡順太郎商店が1999年に立ち上げた「日本最高峰の革製品」で有名な長財布のブランド「ガンゾ(GANZO)」。

長財布は革の良し悪しが顕著に出るため「長財布を買うなら絶対にガンゾ」という男性も多い。そんな期待に答えるような完成度の高い長財布が高価だが多くの男性に愛されています。

長財布にこだわる男性は、調べれば調べるほど、勉強すればするほどに「結局ガンゾにたどり着く」なんて言われるほどであり、縫製や革質などどこの部分を切り取っても他の追随を許さぬ完成度を誇ります。

せっかくガンゾの長財布を買うなら最上級のコードバン!という男性も多く定番として愛されていますが、コードバンは取り扱いも繊細なため、あえてその他の素材を選んでみるのもアリかと思います。

ゆうた
筆者も愛用しているブランド。ガンゾだけでなくレディースラインのエポイもパートナーが愛用していますが、はっきり言って「その金額を出すだけの価値がある長財布」です。1番良い長財布は?と聞かれたら、個人的にガンゾを推します。
関連記事

「至高の革財布」を求めて知識を蓄えていったコダワリ派の男性がたどり着く1つの到達地点的存在のブランドとして知られるジャパンメイドの最高峰「ガンゾ(GANZO)」。 今や世界からも注目される「芸術の領域」に足を踏み入れた革製品の数々は、[…]

CORDOVAN 57340|ラウンドジップ長財布

素材:コードバン(馬革)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19.5×2.5cm
参考価格:¥65,000前後

CORDOVAN 57340のおすすめポイント

  • 一枚ぐるりと国産コードバンを贅沢に使用し美しく縫製
  • 収納力と使い勝手を考慮したデザイン

CORDOVAN 57192|フラップ長財布

素材:コードバン(馬革)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×19×1.8cm
参考価格:¥50,000前後

CORDOVAN 57192のおすすめポイント

  • 手間のかかる水染めを施しオイルフィニッシュを経たコードバン
  • カジュアル感のあるジッパーを見えづらい低い位置に設置

土屋鞄製造所の長財布の特徴

tsuchiya-kaban

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥10,000~¥50,000

土屋鞄製造所とは?

  • 1965年に創業したランドセルで有名な日本のブランド
  • 男らしい革質を採用した長財布が人気な傾向

1965年に足立区は花畑の自宅兼工房にて産声をあげた、ランドセルで有名なブランド「土屋鞄製造所」。

非常に豊富なレザーの種類とそれらの魅力を引き出した長財布が展開されていますが、特に人気なのはコードバンやブライドルレザーと言った多少個性の光る素材を使った長財布達の様子。

「日本の革製品」の中でも飛び抜けた知名度を誇っており、丈夫でシンプルな長く愛せるプロダクツの数々が、国産の革製長財布にこだわりのある男性から非常に高い人気を得ています。

定番や人気から選ぶと高級なコードバンやイギリス風のブライドルが挙がりますが、縫製が美しく長く使ってもへたりにくいため、個人的にはヌメ系の経年変化が強く現れる長財布にも注目していただきたいところ。

ゆうた
日本の革製品御三家があったら確実に名前が挙がるであろう名門ブランドです。ランドセルなんかは毎年予約枠が争奪戦になるほどであり、上質な長財布を探している男性ならこの名前は避けて通れないブランドと言えるでしょう。

コードバン 長財布|フラップ長財布

素材:コードバン(内装:ソフトヌメ革)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.5×18.9×2cm
参考価格:¥50,000前後

コードバン長財布のおすすめポイント

  • コードバンの一枚革を使用した贅沢なロングフォルム
  • しなやかな内装のソフトヌメ革が上質な経年変化を演出

ブライドル ファスナーロングパース|ラウンドジップ長財布

素材:ブライドルレザー(内装:ソフトヌメ革)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9.6×19.4×3cm
参考価格:¥40,000前後

ブライドルファスナーロングパースのおすすめポイント

  • 堅牢な馬具用革を使用した重厚感溢れるラウンドジップ長財布。
  • 重厚感や愛用するほど深まる革の経年変化が絶品

スマイソン(SMYTHSON)の長財布の特徴

smythson

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~40代
価格の目安:¥30,000~¥50,000

スマイソンとは?

  • 1887年に創業したステーショナリーで有名なイギリスのブランド
  • スーツ姿に似合うハイブランド系スタイルの長財布が人気

1887年にイギリスはロンドンのニューボンドストリート133番地にて産声をあげた、手帳や文房具などのステーショナリーで有名なブランド「スマイソン(SMYTHSON)」。

長財布では経年変化に強いカーフを使用し、型押しなどを利用して展開を増やしており、革製品の取り扱いが苦手な方でも「こだわってる風」のオーラが出せる長財布が豊富。

レザーにこだわる本格派な長財布が欲しいけども、素朴や無骨な雰囲気ではなく高級メゾンのようなハイセンスで洗練された印象の長財布が欲しいという男性達から絶大な支持を得ています。

日本ではあまり長財布についてコレクションの名前やモデル名が普及しておらず、公式以外のオンラインショップでは気に入る商品が選びにくいと思います。調べる事が苦手な男性は要注意です。

ゆうた
4人からロイヤルワラントを授かるという偉業を達成したブランド(とは言っても皮革製品の専売ではないため、評価は分かれるところ)。多くの著名人が愛用しており、現在でも「特別な人のための極上な老舗ブランド」と言った立ち位置です。
関連記事

エリザベス女王、フィリップ王妃、チャールズ皇太子と全てのロイヤルワラントを所持するブランド「スマイソン(SMYTHSON)」。 歴史や伝統に基づく信頼感と、モダンでタイムレスなデザインに仕上げられたレザー製品の数々が、世界中のセレブリ[…]

Panama スリムコートウォレット|フラップ長財布

素材:クロスグレインカーフ
サイズ(タテ×ヨコ):19×9cm
参考価格:¥50,000前後

Panama スリムコートウォレットのおすすめポイント

  • 軽量かつ質感の美しいクロスグレインレザーを採用
  • スリムでエレガントなスタイルとクラシカルな配色

Mara スリムコートウォレット|フラップ長財布

素材:カーフ
サイズ(タテ×ヨコ):10×19cm
参考価格:¥50,000前後

Mara スリムコートウォレットのおすすめポイント

  • 時代を感じさせないマラクロコ型押しカーフレザーを採用
  • ジャケットの胸ポケットにぴったり入るサイズ感

ファーロ(FARO)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥20,000~¥50,000

ファーロとは?

  • 1965年に創業した極薄レザーで有名な日本のブランド
  • 大型になりやすい長財布にとって革命的と言えるプロダクツ

1965年に日本にて産声をあげた、熟練職人のみがおこなえる高度な薄造り技術から生み出される0.4mmの極薄レザーを使用した長財布で有名なブランド「ファーロ(FARO)」。

どうしても使用する素材の面積が増える長財布にとって、素材自体が薄いというのはそれだけで圧倒的なアドバンテージです。また、構造も非常に洗練された物となっています。

同じサイズ同じ容量の長財布を比較した場合、世界で最も耐久性が高く薄いのはおそらくファーロの長財布になるでしょう。ビジネススーツなどのシルエットを崩したくない男性から非常に高い信頼を獲得しています。

定番は「FIN-CALF」の長財布ですが、シーズン毎の「最新モデル」は見た目や構造からして現代的で挑戦的な仕上がりのモデルも多いため、テック系のファッションが好きな男性に響く展開が豊富です。

ゆうた
縫製や加工技術ではおそらく国内でもトップと言える実力派。テクニカルなアイテムやミニマルなスタイルを好む男性はもちろん、技術力の高さやロマンを感じたい男性からも注目されています。

1_W01_01 / Long Zip Wallet|L字ジップ長財布

素材:ゴートレザー(内装:シープレザー)
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):19×9.5×1cm
参考価格:¥50,000前後

1_W01_01 / Long Zip Walletのおすすめポイント

  • 防水処理がされているため濡れた手で触っても安心
  • 薄くスマートなボディを実現しつつ使い勝手の良いデザイン

SPERIO FIN-CALF|フラップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):19×9.5×2cm
参考価格:¥40,000前後

SPERIO FIN-CALFのおすすめポイント

  • 0.4mmのカーフを張り合わせて薄く仕上げたファーロの代表作
  • 最もスマートなルックスの極めて現代的なエレガンス

ステータス!メンズ向け長財布の高級ブランドおすすめ8選

それなりの金額でちゃんとした長財布を購入するなら、ブランド力や知名度はもちろん、ステータスシンボルとなるような一流のメゾンやハイブランドから選びたいという男性も多いでしょう。

ここでは「手の届く贅沢」と言えるプチラグジュアリーなブランドから、雲上のブランドとされる高級メゾンまで、ブランド名の知名度が高い長財布を8種類厳選してご紹介します。

  1. ポールスミス(Paul Smith)
  2. コーチ(COACH)
  3. プラダ(PRADA)
  4. グッチ(Gucci)
  5. ルイヴィトン(Louis Vuitton)
  6. ロエベ(Loewe)
  7. ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)
  8. ダンヒル(Dunhill)

以下でそれぞれのブランドについて特徴を解説するとともに、ブランド内の長財布の中でも特に人気の高い定番モデルを厳選してご紹介いたします。

ポールスミス(Paul Smith)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥20,000~¥30,000

ポールスミスとは?

  • 1946年に創業したストライプ柄で有名なイギリスのブランド
  • オーソドックスな王道的展開の長財布が人気

1946年にイギリスはノッティンガムにて産声をあげた、クレイジーなマルチストライプ柄の長財布で有名なブランド「ポールスミス(Paul Smith)」。

外装的にはシンプルなブラックやネイビーを中心に、差し色としてマルチストライプを使用したような展開の長財布が人気で、エンボス加工や型押しのものはあまり定番として挙がってこない様子です。

定番とされるデザイン以外にもポールスミスではヒトクセあるデザインの長財布も展開されており、ワンランク上のお洒落を楽しむなら要チェック。

レディースラインも落ち着いたデザインが多いため男性でも使いやすい長財布が豊富です。

ゆうた
30代~40代が選ぶ好きなアパレルブランドには常に上位にランクインする売れっ子ブランド。長財布もブランドのエッセンスを凝縮したようなイギリス流クラシカルの中にもヒネリのあるデザインが多く、オンオフとわず使えるモデルが展開されています。
関連記事

ファッショナブルな革財布や革小物を探しているなら、絶対に見逃せないブランドが「ポールスミス(Paul Smith)」です。 クレイジーカラーのストライプ柄や、差し色とヒネリの効いたブリティッシュトラッドな革製品の数々は、ファッショニス[…]

ジップストローグレイン 873219 P785|ラウンドジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19.5×2.5cm
参考価格:¥20,000前後

ジップストローグレイン 873219 P785のおすすめポイント

  • 通常のレザーに比べて傷や汚れが付きにくいエンボスレザー
  • マルチストライプのジッププルと内装のパイピングが特徴

ストライプポイント 873301 P756|フラップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):9×19.3×2.5cm
参考価格:¥23,000前後

ストライプポイント 873301 P756のおすすめポイント

  • ライニングのさりげないアクセントがオンオフ問わず活躍
  • 上質なカーフレザーを採用したコスパ抜群の人気モデル

コーチ(COACH)の長財布の特徴

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥10,000~¥20,000

コーチとは?

  • 1941年に創業したCのモノグラムで有名なアメリカのブランド
  • ダークトーンなシグネチャー柄の長財布は特に人気の高いモデル

1941年にアメリカはニューヨークのマンハッタンにて産声をあげた、Cのモノグラムを使用したシグネチャー柄やリーズナブルな価格で有名なブランド「コーチ(COACH)」。

コーチといえばコーテッドキャンバスのシグネチャー柄が定番ですが、大人の男性だとベージュの長財布は使いにくいようでダークトーンにまとめられた長財布が人気を得ている様子。

レザーに強いブランドだけあって、水牛の革を使用した長財布や、レザーの型押しにシグネチャー柄を使った長財布なども展開されていますので、興味のある方はぜひ掘り下げて調べていただきたい名門です。

ゆうた
圧倒的なリーズナブルと抜群の上質感を武器に日本中のビジネスマンを虜にするブランド。ベーシックかつ大人っぽい雰囲気の長財布を欲しい方は選択肢に入れておきたいブランドの1つです。
関連記事

アクセシブル・ラグジュアリー(手の届く贅沢)をコンセプトに掲げ、高級メゾンの品質で生み出される革製品を手ごろな価格で展開する人気ブランド「コーチ(COACH)」。 ハイエンドなブティックライン以外にもセカンドラインとして展開する「アウ[…]

アコーディオン ウォレット シグネチャー キャンバス 5015|ラウンドジップ長財布

素材:コーテッドキャンバス
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2cm
参考価格:¥40,000前後

アコーディオン ウォレット シグネチャー キャンバス 5015のおすすめポイント

  • シグネチャー柄のコーテッドキャンバスとリファインドレザー
  • パワフルな収納力が使い勝手抜群な逸品

アコーディオン ウォレット ウォーター バッファロー レザー 21796|ラウンドジップ長財布

素材:ウォーター バッファロー レザー
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19cm
参考価格:¥44,000前後

アコーディオン ウォレット ウォーター バッファロー レザー 21796のおすすめポイント

  • コーチの財布の中でも最高レベルの収納力を誇る逸品
  • 水牛の皮で仕上げられた最高級の素材を採用

プラダ(PRADA)の長財布の特徴

prada

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥60,000~¥100,000

プラダとは?

  • 1913年に創業したサフィアーノで有名なイタリアのブランド
  • シンプルで飾らない「普遍性」を最高級に仕上げた長財布が人気

1913年にイタリアはミラノにて産声をあげた、特殊な型押し加工を施したカーフレザー「サフィアーノ」を使用した長財布で有名なブランド「プラダ(PRADA)」。

サフィアーノ以外の展開もありますが、なんと言ってもサフィアーノと呼ばれる独特な細かい筋模様の型押し加工を施したカーフレザーの長財布はメンズの定番であり、これを差し置いて他はありません。

プラダのメンズ向け長財布は種類もカラーバリエーションも少なく、正直選ぶのが退屈なほどです。ラウンドジップか折りたたみ式か、好みの形状を選ぶと良いでしょう。

ゆうた
ナイロン素材や特殊なレザーなど卓越した素材開発に定評のある高級ブランド。経年変化に強くいつまでも美しい「サフィアーノ」を使用した長財布は特にビジネスマンからの人気が高い名作です。

2ML506_2DRM|ラウンドジップ長財布

素材:サフィアーノレザー
サイズ(タテ×ヨコ):20×10.3cm
参考価格:¥100,000前後

2ML506_2DRMのおすすめポイント

  • クロスハッチの質感とワックス仕上げが特徴
  • コントラストの効いた内張りを施したラウンジップ財布

2MV836_2DRM|フラップ長財布

素材:サフィアーノ
サイズ(タテ×ヨコ):19×9.5cm
参考価格:¥80,000前後

2MV836_2DRMのおすすめポイント

  • クロスハッチの質感とワックス仕上げが特徴
  • コントラストの効いた内張りとエナメルメタルのロゴ

グッチ(Gucci)の長財布の特徴

gucci

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥50,000~¥100,000

グッチとは?

  • 1921年に創業したGGモノグラムで有名なイタリアのブランド
  • グッチらしさを出した長財布は今やステータスシンボルの1つ

1921年にイタリアはフィレンツェにて産声をあげた「世界で初めて品質保証のためにブランド名を記入した事」で有名なブランド「グッチ(Gucci)」。

ハイブランドの中では珍しくコーティングを施さないキャンバスを使用した長財布を展開しており、カジュアルなコーディネートにも合わせやすくスーツからストリートまで幅広く活躍してくれます。

選ぶ際に気になるのはやはり「グッチらしさ」をどこまで目立たせるかです。

現在は爆発的に大人気のブランドなので、ステータスシンボルとしてグッチカラーに身を包んだ長財布も良いですが、トレンドが終わったときを気にするなら落ち着いた配色を選ぶのが良いでしょう。

ゆうた
ここ数年は「最もホットなブランド」として若者からご年配の男性まで多くの人々から注目されているトレンドのブランド。特にGGモノグラムとキャンバス素材を採用した長財布はステータスシンボルとして圧倒的な人気を誇ります。

ウェブ GGスプリーム キャンバス ジップアラウンドウォレット 408831 KLQCN|ラウンドジップ長財布

素材:GGスプリームキャンバス
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):19×10×2.5cm
参考価格:¥85,000前後

ウェブ GGスプリーム キャンバス ジップアラウンドウォレット 408831 KLQCNのおすすめポイント

  • シグネチャーウェブとハチのディテールが印象的
  • 王道のグッチカラーを備えた定番の人気モデル

グッチ シグネチャー ジップアラウンド ウォレット ‎307987 CWC1R|ラウンドジップ長財布

素材:グッチシグネチャーレザー
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):19×10.5×2.5cm
参考価格:¥100,000前後

グッチ シグネチャー ジップアラウンド ウォレット ‎307987 CWC1Rのおすすめポイント

  • 同色レザーディテール付きのグッチシグネチャーレザーのラウンドジップ
  • グッチらしくもビジネスでも使いやすい大人の仕上がり

ルイヴィトン(Louis Vuitton)の長財布の特徴

louisvuitton

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:20代~40代
価格の目安:¥90,000~¥100,000

ルイヴィトンとは?

  • 1854年に創業したLVのモノグラムで有名なフランスのブランド
  • アーティスティックな感性を刺激する長財布が人気

1854年にフランスはパリのカピュシーヌ通りにて産声をあげた、モノグラムを使用した旅行鞄や革製品で有名なブランド「ルイヴィトン(Louis Vuitton)」。

ここ数年は特に「パクリ商品」を置いてきぼりにするような複雑な素材使いや繊細な作りの展開が多く、面積の大きい長財布ではアーティスティックな作りの傾向が顕著に現れています。

個性の際立つトレンド感の強いデザインが多く、同じ形状でも地味な長財布から上級者じゃないと使いこなせないデザインまで豊富に揃います。

初心者はまず「ポルトフォイユ・ブラザ」の中から選ぶと良いでしょう。

ゆうた
今最も注目されているファッションデザイナーのヴァージルアブローが就任して以来、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を伸ばしている老舗メゾン。独特の世界観を醸し出す長財布達が現代のトレンドとマッチし多くのファッショニスタ達から注目されています。

ポルトフォイユ・ブラザ NM|フラップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2cm
参考価格:¥150,000前後

ポルトフォイユ・ブラザ NMのおすすめポイント

  • スタイリッシュかつマスキュリンな雰囲気を演出
  • あらゆるジャケットの胸ポケットにすっぽり収まるサイズ

ジッピーウォレット・ヴェルティカル|ラウンドジップ長財布

素材:牛革
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×20×2cm
参考価格:¥130,000前後

ジッピーウォレット・ヴェルティカルのおすすめポイント

  • 収納力重視で選びたい男性におすすめなスペック
  • 複数のポケットとコンパートメントを備えた実用的な財布

ロエベ(Loewe)の長財布の特徴

loewe

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~40代
価格の目安:¥50,000~¥70,000

ロエベとは?

  • 1872年に創業したLのアナグラムで有名なイタリアのブランド
  • インパクトのあるロゴを使用していても嫌味っぽくない長財布が人気

1846年にスペインの小さな革工房から始まり、1872年に現在の名前で創業した「店舗デザインの先駆者」として有名なブランド「ロエベ(Loewe)」。

一見して地味で目立たないデザインの中に、違いの分かる大人達を虜にする上質感と気品のある魅力が詰め込まれており、スーツスタイルに似合う長財布を探している男性は要チェックです。

現在は特にブランドの知名度が向上しているので、Lのアナグラムロゴを型押しした長財布なら、嫌味ったらしくない範囲でステータスシンボルとして活躍してくれるでしょう。

ゆうた
昨今急激にメンズファッションの人気ブランドへと成長しており、今や「お洒落な人なら何か1つは持っている」ような存在となりました。ブランドバリューだけでなく長財布自体のクオリティも非常に良いので、差をつけたい男性は要チェックです。

ロング ホリゾンタル ウォレット ソフトグレインカーフ C649978X01|フラップ長財布

素材:ソフトグレインカーフ
サイズ(タテ×ヨコ×マチ)9.5×19.2×2.5cm
参考価格:¥80,000前後

ロング ホリゾンタル ウォレット ソフトグレインカーフ C649978X01のおすすめポイント

  • ソフトグレインカーフスキン製の二つ折り長財布
  • アナグラムのロゴをエンボス加工した王道デザイン

オープン ウォレット スムースカーフ C500U46X01|ラウンドジップ長財布

素材:スムースカーフ
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):20×10×2.5cm
参考価格:¥90,000前後

オープン ウォレット スムースカーフ C500U46X01のおすすめポイント

  • パワフルな収納力が魅力のラウンドジップ長財布
  • アナグラムのロゴをエンボス加工した王道デザイン

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の長財布の特徴

bottegaveneta

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥60,000~¥100,000

ボッテガヴェネタとは?

  • 1966年に創業した編み革で有名なイタリアのブランド
  • イントレチャートの長財布はお洒落な人達から賛否両論?

1966年にイタリアのヴィチェンツァにて産声をあげた、編み込みデザイン(イントレチャート)で有名なブランド「ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)」。

やっぱりダントツの人気を誇るのは編みレザーの長財布ですが、あまりにもパクリデザインが多くなっているのと流行りすぎたのもあって、お洒落にうるさい男性からは賛否ある傾向です。

とは言ってもイントレチャート以外の展開も非常にスタイリッシュであり、長財布では面積も広いことから様々な展開のデザインが豊富に揃っています。差をつけるなら定番外をチェックしましょう!

ゆうた
イタリアの初期人芸が際立つ手作業の編み込みレザーで作られた長財布が人気のブランド。日本ではお兄系やチャラい感じの方から人気になった事もあってイメージは千差万別。最近はその傾向も徐々に落ち着き、大人のブランドとして親しまれています。
関連記事

トレードマークとも言える「編みレザー」のイントレチャートを筆頭に、気取らない美しさを持った革製品が人気を誇る「ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)」。 上質な素材使いと、使用感に配慮した設計から、審美眼を持った大人たちから[…]

ジップアラウンドウォレット 593217VCPQ|ラウンドジップ長財布

素材:カーフ
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2cm
参考価格:¥100,000前後

ジップアラウンドウォレット 593217VCPQのおすすめポイント

  • メタルファスナー引き手と軽量カーフのライニング
  • イントレチャートレザーのジップアラウンドウォレット

ジップアラウンドウォレット 649534V0AL|ラウンドジップ長財布

素材:カーフ
サイズ(タテ×ヨコ×マチ):10×19×2cm
参考価格:¥95,000前後

ジップアラウンドウォレット 649534V0ALのおすすめポイント

  • ピュアグレインカーフのジップアラウンドウォレット
  • 角折りのディテールが程よいカジュアルと個性を演出

ダンヒル(Dunhill)の長財布の特徴

dunhill

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
おしゃれ度:
年齢層:30代~50代
価格の目安:¥20,000~¥90,000

ダンヒルとは?

  • 1880年に創業した紳士用品の品揃えで有名なイギリスのブランド
  • ビジネススーツに似合う長財布なら右に出るものはいない名門

1880年に馬具専門製造卸売業としてイギリスはロンドンにて産声をあげた、「エンジン以外は全て揃う」で有名なブランド「ダンヒル(Dunhill)」。

長財布と聞いて即座にダンヒルが浮かぶ男性は多くないと思いますが、ビジネススーツに似合う大人の長財布を調べていくと必ずと言って良いほどに辿り着くブランドの1つでもあります。

一流のクオリティでありながら、これみよがしなブランド感がなく、本物を好む男性達の「わかってる感」を演出するのにもってこいな長財布が揃っています。

ゆうた
イメージは「おじさん向け」かもしれませんが、ビジネスシーンで使用する事をメインに据えて長財布を選ぶなら絶対に外せない優等生なブランド。まさに「紳士」をそのまま長財布にしたようなデザインが多く、長財布選びで失敗したくない男性は要チェックです。

シグネチャー 10CC コートウォレット|フラップ長財布

素材:コーテッドキャンバス
サイズ(タテ×ヨコ):19.5×9.5cm
参考価格:¥70,000前後

シグネチャー 10CC コートウォレットのおすすめポイント

  • 軽量で撥水性と耐久性に優れたコットンキャンバスを使用
  • イタリア製の柔らかいフルグレインのカウハイドレザートリム

ベルグレイヴ 10CC コートウォレット|フラップ長財布

素材:フルグレインカーフレザー
サイズ(タテ×ヨコ):19×9.5cm
参考価格:¥70,000前後

ベルグレイヴ 10CC コートウォレットのおすすめポイント

  • エッジがカットされたエンジンターンのバックルが特徴
  • ヴィンテージに着想を得たビジネスアクセサリーを現代的に解釈

編集部が厳選するメンズ長財布おすすめベスト3はコレ!

本記事では【男性に人気のメンズ向けおすすめ長財布】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が使い勝手の良さや合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. ガンゾ(GANZO)
  2. ビジネスレザーファクトリー(Business Leather Factory)
  3. ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーディネートに合う長財布を見つけてみてくださいね!

関連記事

近年急速に進むキャッシュレス化と流行ど真ん中のミニバッグに対応した『ミニ財布』に注目が集まっています。 ほんの10年前には考えられなったほど、急速に進むキャッシュレス文化。日本のみならず世界を挙げてキャッシュレス化が進められていますよ[…]

関連記事

「長財布に匹敵する収納力」と「ズボンのポケットにも収納しやすい」事で、キャッシュレスが加速する昨今でも根強い人気を誇っている定番「二つ折り財布」。 利便性で財布を選ぶならやっぱり二つ折り財布!という男性も多く、定番の二つ折り以外にもス[…]

 

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG