パタゴニアのバギーズショーツは夏の永久定番。サイズ感や種類を解説

タウン・山問わず使えるオールラウンダーのショートパンツとして圧倒的な人気を獲得するパタゴニアのバギーズショーツ。

毎年完売カラーやサイズも出るなど、この人気留まることを知りません。

そこで本記事では大人の夏のマストバイショーツ、パタゴニアのバギーズショーツを徹底解説します。

毎年大人気のバギーズショーツですが、サイズ選びやどんな種類を選んでいいのか分からない人も多いので、今回サイズ選びや丈の長さを含めて分かりやすく解説していきます。

関連記事

夏のワードローブに欠かせないアイテムといえば「ショートパンツ(ハーフパンツ|短パン)」。 タウンユースはもちろんのことアウトドア遊びまで幅広く使えますが、ともすれば子供っぽくなりやすくお洒落に着こなすにはある程度の知識とテクニックや上[…]

今年も熱視線。パタゴニアのバギーズショーツが大人に刺さる理由

wear

メンズショートパンツ界の定番にしてアイコンモデルの『パタゴニア』のバギーズショーツ。

夏の永久定番ショーツとして、20代~40代の幅広い層の男性から支持され続ける大人の短パンです。

デザイン性と機能性はもちろん、アウトドアらしい耐久性や撥水性も兼ね備えており、アウトドアでもタウンユースでもはけるオールラウンダーとして、絶対的な人気を誇っています。

そんなバギーズショーツ。選ばれ続けるには、他のブランドのショーツにはない見どころが多々あるからです。

シーエッジ編集部ではバギーズショーツの魅力を6つに分けてご紹介していきたいと思うので、今年の夏こそバギーズショーツをはきたい男性は購入の際の参考にしてみてください。

魅力1:タウン・アウトドア問わず使えるルックス

タウンユースでお洒落にはいても良し、アウトドアでガンガンはいても良し。街・山・海とシーン問わず使えるのは、愛用者にとって心強いはず。

スッキリとしたシルエットと普遍的なデザインなので、はく人や着こなしを選らずこともなく、どんな人でもお洒落にはきこなすことができます。

魅力2:高い耐久性と優れた撥水性

『パタゴニア』が誇るリサイクル・ナイロン素材に、DWR(耐久性撥水)加工が施された生地を使用。

耐久性はもちろんのこと、撥水性もかなり高く、さらに速乾性にも優れているため、オールシーン愛用できます。

魅力3:一度はくと虜に。抜群のはき心地

そして生地感として大分薄手です。

通気性も良く、蒸し暑い夏場でも快適なはき心地を維持できます。

さらにウエストも伸縮性に優れたゴム仕様なので、ストレスなくはけます。

ウエストはドローコードで好みのフィット感に調節できるので、食べ過ぎた後も安心!

魅力4:アウトドアブランドらしい隠しギミック

これは実際に手に取った方でないと分からない機能ですが、右ポケット内部に鍵や財布を留められるキーループを完備。

アクティブに動き回る機会も多いレジャーシーン。落としやすい鍵や小さめの財布を留めておけるのは、嬉しい機能です。

魅力5:パッカブル仕様。コンパクトに持ち運べる

小さく折りたたんで持ち運ぶことのできるパッカブル仕様なのもバギーズショーツの魅力です。

ポケットにパンツ本体を収納することでき、小さく折りたためるため、リュックやバッグの空いたスペースにサッと忍ばせておくことだって可能。

これなら極力荷物を小さくして持っていきたい旅行シーンにだって最適です。

魅力6:どれにするか悩んでしまうほどの豊富なカラー展開

安定の「ブラック」「ネイビー」の他に夏らしいビタミンカラーの「イエロー」「オレンジ」「ライトブルー」、そして毎シーズン新作として登場するユニークな柄物など、バラエティー豊かなカラーデザイン展開も見どころ。

バギーズショーツの魅力に取り憑かれた大人男子は、色違いで揃えるほど、人気の高さが伺えます。

パタゴニアのバギーズショーツのサイズ選びのコツ

wear

サイズ選びに悩まれる男性も多いようです。

サイズ選びは結論からいうと、『普段の自分がはくサイズよりもワンサイズ小さいモノがおすすめ』です。

普段Mサイズを選ぶ方はSサイズ、Lサイズ選ぶ方はMサイズを選ぶとシルエットも綺麗でカッコよくはきこなせます。

元々バギーズショーツは、欧米人の体型に合わせて作られていることもあるため、欧米人に比べて小柄で華奢な日本人にとってバギーズショーツのサイズは大きく感じてしまうことも、サイズを小さく選んだほうがいい理由の一つです。

もちろん、普段ご自身が選ぶサイズを選んでもらっても問題はありませんが、ワンサイズ小さくしたほうが、はいたときのシルエットがより綺麗に見えるので、シーエッジ編集部としては『バギーズショーツはワンサイズ小さく選ぶ』を推奨します。

パタゴニアでおすすめのバギーズショーツを徹底比較

では早速大人のスタンダードとも呼ばれる「バギーズショーツ」をご紹介していきますが、「バギーズショーツ」は丈の長さで大きく3種類に分かれています。

モデル名 股下の長さ 雰囲気 販売価格
ショート(5インチ) 13センチ
  • 最もポピュラーなモデル
  • アクティブでスポーティーなルックス
  • パッカブル仕様
¥ 7,150
ライト(6 1/2インチ) 17センチ
  • ロングより見た目がスッキリとしている
  • 低身長や体型に自信のない人におすすめ
  • パッカブル仕様
¥ 7,150
ロング(7インチ) 18センチ
  • ちょい膝上丈(人によって膝にかかるぐらい)
  • カジュアル感もそこまで強くなく大人っぽい
¥ 7,700

デザインや素材は同じですが、股下の長さが変わると雰囲気もガラリと変わるので、それぞれの雰囲気や合わせ方についてご紹介していきます。

バギーズショーツ ショート(5インチ)

バギーズショーツと言えばコレ!定番モデルにして殿堂入り

シーエッジ編集部のおすすめ度:
股下の長さ:13センチ
丈の長さ:膝上
素材:リサイクル・ナイロン素材
カラー展開:全16色
販売価格:¥ 7,150

おすすめポイント

  • 最も定番のモデル
  • カラー・デザインバリエーションが豊富

最もスタンダードなモデルであり、おそらく街中で見かける多くのバギーズショーツがこのモデルです。

股下は13センチとバギーズショーツの中で最も短く、どんな男性がはいても膝上丈になります。

膝上といっても膝よりも5センチ~7センチほど短くなるので、イメージとしては大分短めなスイムショーツに近いです。

後ろから見るとこのような雰囲気です。

大人の男性によっては「この丈の短さはちょっとハードル高い…」と言う方は避けたほうがいいですが、それ以外の男性は迷うことなくこちらの丈の短かさをおすすめします。

今トレンドのオーバーサイズTシャツとも相性が良いですし、大きめのシャツを羽織って大人っぽく着るのもあり。着こなし問わず合わせられるモデルです。

また、3種類のバギーズショーツの中で最もカラーバリエーションが豊富。

実に16色ものカラー・デザインから自分好みのものを選べるのもポイントです。

定番の「ブラック」や「ネイビー」もカッコいいですが、着こなしのアクセントとしてあえて柄物を選ぶのもありです。使いやすい色味で言うならば「ネイビー」一択ですね。

こんな男性には特におすすめ

  • 膝上でスッキリとしたシルエットが好みの方
  • 主にアウトドアやレジャーシーンではく方

バギーズショーツ ライト(6 1/2インチ)

小柄・華奢な男性もバランスよく合わせられる初心者向きモデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
股下の長さ:17センチ
丈の長さ:膝上
素材:リサイクル・ポリエステル100%
カラー展開:全5色
販売価格:¥ 7,150

おすすめポイント

  • 日本人の体型にも良く合うシルエット
  • ナイロンではなくポリエステルを採用

『バギーズショーツ ショート(股下13センチ)』と『バギーズショーツ ロング(股下18センチ)』の良いとこ取りをした『バギーズショーツ ライト(股下17センチ)』。

ウエストを「ショート」と「ロング」よりも1センチ細くしており、シャープでスッキリとした印象になります。

「ライト」は低身長の男性やショートパンツ初心者の大人の男性におすすめのモデルです。

シャープでスッキリとした印象に見えつつ丈もトップスとバランスを取りやすいので、ショートパンツ初心者はこちらのモデルをお選びください。

ナイロンからポリエステル素材に変わっていますが、生地の風合いはプロから見ても見分けが付かないほどなので、そこまで気にする必要はありません。

こんな男性には特におすすめ

  • ショートパンツ初心者の大人の男性
  • シャープでスッキリとしたシルエットが好みの方

バギーズショーツ ロング(7インチ)

タウンユースではくならコレ!スタイリングもしやすい入門モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
股下の長さ:18センチ
丈の長さ:膝上
素材:100%オーガニックコットン(コーデュロイ)
カラー展開:全15色
販売価格:¥ 7,700

おすすめポイント

  • 一般的な膝上丈でトライしやすい
  • 気持ち裾広がりで合わせやすい

「カッコいいからはいて見たいけど、バギーズショーツってどれも短かすぎて手がだしづらい…」そんな男性におすすめのロング丈(18センチ)モデルです。

『バギーズショーツ ショート』が股下13センチなので、それよりも5センチ長くなる『バギーズショーツ ロング』ならショートパンツ初心者の男性でも安心して手に取れます。

また、丈が長くなることで、タウンユースで着るようなシャツやサマーニットとも合わせやすく、お洒落なコーデに使うなら「ショート」よりも「ロング」をおすすめします。

こんな男性には特におすすめ

  • タウンユースでお洒落にはきたい方
  • 一般的な膝上丈のシルエットが好みの方

バギーズショーツ以外からも目が離せない。パタゴニアで人気のショーツパンツ

『パタゴニア』と言えば、バギーズショーツが圧倒的な知名度を誇りますが、その他のショートパンツも良作揃い。

ご紹介しないのは勿体ないので、ここからは『パタゴニア』で今買えるおすすめのショートパンツ・ハーフパンツをご紹介します。

ユーティリティ・ショーツ(6インチ)

流行中のビッグパッチポケットとコーデュロイ素材を組み合わせた旬なショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
丈の長さ:膝上
素材:100%オーガニックコットン(コーデュロイ)
カラー展開:全3色(ブルー・ベージュ・ライトブラウン)
販売価格:¥ 9,350

おすすめポイント

  • 夏でもはけるサマーコーデュロイショーツ
  • 流行中のパッチポケットデザイン

ベイカーパンツに見られる大きなパッチポケットを施したコーデュロイショートパンツです。

ここ数年、ビックパッチポケットとコーデュロイ素材を組み合わせたショートパンツが流行しているので、トレンド重視の男性には特におすすめです。

パッチポケットとは、通常のポケットとは違い、生地の上にそのままポケットを貼り合わせている仕様のこと。

そのサイズを大きくしてディテールに変化を加えることで、普通のショートパンツよりも大人カジュアルな印象が強くなり、コーデに変化を加えられます。

後ろポケットはフラップポケットとなっており、ディテール面にこだわっている作りのため、持っておくだけで夏の単調なコーディネートもお洒落な雰囲気に仕上がります。

また、コーデュロイと言っても夏にはけるような薄手で通気性に優れた素材なので、夏場でも安心してはくことができます。

製品洗いを施したような古着ライクな風合いなので、Tシャツとのスタイリングも大人ムードを損なわずに合わせられます。

1万円以下と比較的リーズナブルな価格帯となっているので、トレンド性の高いショートパンツをお探しの男性はぜひ検討してみてください。

こんな男性には特におすすめ

  • サーフテイストやスタイルがお好きな男性
  • トレンド重視。パッチポケットショートパンツをお探しの方

スタンドアップ・ショーツ

スタイリング問わず合わせられるオールラウンダーショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
丈の長さ:膝上丈
素材:100%オーガニックコットン(キャンバス地)
カラー展開:全5色
販売価格:¥ 9,020

おすすめポイント

  • 耐久性が高く様々な着こなしに合わせられる
  • チノパンツ見えするシンプルなデザイン

普遍的なデザインと高い耐久性で飽きることなく様々な着こなしに合わせられるオールラウンダーショートパンツです。

一見シンプルなチノパンツに見えますが、よく見るとキャンバス地のザラザラとした質感が特徴のオーガニックコットン100%を使用しています。

洗濯しても型崩れなく新品同様な雰囲気で愛用できるので、絶対に買ってよかったと感じるはずです。

シルエットもかなり綺麗です。

ウエストやヒップラインにかけてリラックスしたサイズ感ながらも形が綺麗なので、野暮ったい雰囲気もなく、生地がしっかりしているので、お手持ちのシャツからジャケットなど、様々なアイテムとスタイリングできます。

こんな男性には特におすすめ

  • どんなコーデにも合わせられるショートパンツをお探しの男性
  • 耐久性が高く長く愛用したい方

ライトウェイト・オールウェア・ヘンプ・ショーツ

どんな体型の男性にもフィットするシルエットと普遍的なデザインが魅力

シーエッジ編集部のおすすめ度:
丈の長さ:膝上細身
素材:オーガニックコットン76%/ヘンプ24%混紡素材
カラー展開:全4色
販売価格:¥ 8,250

おすすめポイント

  • 通気性が高く夏場でも軽やかな着心地
  • 普遍的で合わせやすいシルエットとデザイン

無駄なディテールを施さず普遍的なデザインで飽きずに長く愛用できる「ライトウェイト・オールウェア・ヘンプ・ショーツ」。

丈感が他のモデルに比べて短めとなっているため、どちらかというとタウンユースではなく、海や川といったレジャーシーンからアウトドアシーンに最適です。

素材には、通気性の高いソフトで軽量なオーガニックコットンとヘンプ素材を混紡。

オーガニックコットンの柔らかい着心地にヘンプ素材の清涼感がマッチし、着心地も文句の付け所なくかなり良いです。

スイムショーツではありませんが、カジュアルでアクティブなルックスから水着として着用する方もいるため、水陸両用のショートパンツとしてもお使い頂けます。

マリンスポーツやアウトドアシーンに最適なカジュアルなショートパンツをお探しの男性におすすめです。

こんな男性には特におすすめ

  • 夏でも軽やかな着心地ではけるショートパンツを探している
  • アウトドアやビーチでもはきたい

スイムショーツ

水陸両用のショートパンツをお探しの男性にはコレ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
丈の長さ:膝に掛かるぐらい(人によっては膝上)
素材:4.2オンス・ナイロン95%(リサイクル・ナイロン65%)/ポリウレタン5%混紡素材。DWR(耐久性撥水)加工済み
カラー展開:全6色
販売価格:¥ 9,900

おすすめポイント

  • 速乾性と伸縮性に優れているからはき心地抜群
  • 海・山といったレジャーシーンからタウンユースにも◎

川や海でも使えて、タウンユースでもはける水陸両用のハイブリットショートパンツです。

速乾性と伸縮性を備えたナイロン地を使用しており、海や川からあがったとしてもすぐに乾いてくれるので、そのまま街中を移動することだって可能です。

また、カラー・デザインバリエーションも豊富なので、自分好みの色合いやデザインを選択できるのも嬉しいポイント。

スイムショーツの多くはどれもエネルギッシュな雰囲気で大人の男性からすると抵抗感を抱く方も少なくありません。

その点、こちらのモデルならどのカラー・デザインもマットで落ち着いた雰囲気なので、30代以降の大人の男性も安心して手に取ることができます。

スイムウェア・ショートパンツがセットになったと考えるとかなりお買い得なので、海や川でも使えて普段使いもできるショートパンツをお探しの男性におすすめです。

こんな男性には特におすすめ

  • 水陸両用のスイムショーツをお探しの男性
  • タウン・アウトドア問わずはけるショートパンツ
関連記事

海やプールだけではなくリゾート地やキャンプでも使える水着(ボードショーツ)。 しかし、デザインから丈の長さ、サイズ感など、自分に似合う水着を見つけるのって意外と大変ですよね… そこで本記事では20代〜50代までに【おすすめのメン[…]

パタゴニアのバギーズショーツを使ったコーディネート

ここからはパタゴニアのバギーズショーツを使ったコーディネートをご紹介していきます。

これからパタゴニアのバギーズショーツを購入しようと検討している方は、どんな着こなしに合わせられるのか確認しておくと手持ちの洋服ともイメージしやすくなるもで、目を通しておいてください。

ブルーのバギーズショーツとシャツを合わせて大人の雰囲気に仕上げる

wear

大人の雰囲気感じる深いブルーのバギーズショーツに爽やかなライトブルーのスタンドカラーシャツを合わせた大人のカジュアルコーデです。

ショート丈のバギーズショーツはどうしてもカジュアル感が強まってしまうので、スタンドカラーシャツを合わせて大人ムードを演出。

カジュアルな雰囲気ですが、決して子供っぽくは見えないので、タウンユースではくならシャツ合わせがベター。

ビタミンカラーのオレンジは大人コーデの差し色として役割を発揮

wear

鮮やかなオレンジカラーのバギーズショーツを大人っぽい色合いに合わせた大人カジュアルコーデです。

他も鮮やかなカラーにしてしまうとチグハグで子供っぽい印象になってしまうので、他の色合いはネイビーでまとめると、簡単にビタミンカラーを大人の着こなしに取り入れることができます。

オリーブのバギーズショーツなら誰でも簡単に大人顔に

wear

ネイチャー感のあるオリーブカラーは、大人っぽい雰囲気のディープブルーTシャツに合わせて、落ち着いた雰囲気に仕上げるのがベター。

オリーブのバギーズショーツとディープブルーTシャツが相まって、子供っぽくなりがちなTシャツと短パンコーデも大人っぽく仕上げることができます。

カモフラ柄のバギーズショーツでメンズコーデを武骨に仕上げる

wear

珍しいカラーのカモフラ柄のバギーズショーツをホワイトのオーバーサイズTシャツに合わせた大人の武骨スタイルです。

ブラックキャップやスニーカーとソックス合わせなど、ストリートなアイテムを取り入れることで、カジュアル感を無くし、ストリートな雰囲気に仕上げています。

パープルのバギーズショーツでメンズコーデにヒネリをプラス

wear

ずば抜けて高い人気を誇るバギーズショーツのカラーこそパープルです。

着こなしのアクセントとしても、コーデにヒネリを加える意味としても高い効果を発揮してくれるパープルのバギーズショーツ。

かなりオーバーサイズなビックロンTシャツに、合わせてシンプルながらも個性感じる着こなしに仕上げています。

ブラックのバギーズショーツならモノトーンコーデにもハマる

wear

夏のモノトーンコーデならサイズ感を意識してメリハリを付けるとお洒落な雰囲気を醸し出せます。

ブラックのバギーズショーツにホワイトのオーバーサイズTシャツ、足元にホワイトスニーカー、キャップはブラックと、完全にモノトーンでまとめ、シックでモダンな印象に仕上げています。

トップスはオーバーサイズに、バギーズショーツはシャープに、各アイテムのサイジングを意識するとコーデにメリハリを付けることができ、コーデとまとまります。

アースカラーとの組み合わせならブラックのバギーズショーツがベスト

wear

アースカラーのワークシャツにブラックのバギーズショーツを合わせた大人の武骨スタイルです。

ワンサイズ大きめのワークサイズを羽織り感覚で合わせ、裾で広がるような雰囲気のバギーズショーツを合わせることで、コーデにメリハリが付き、大人っぽい印象に仕上がります。

アースカラーのブラックの組み合わせは絶対に外れない合わせなので、積極的に着こなしへ取り入れていってください。

イエローバギーズショーツで普段のコーデにヒネリを加えて個性出し

wear

ブラックのロンTシャツと鮮やかなイエローバギーズショーツを合わせたカジュアルコーデです。

イエローといったコーデの差し色となる色合いは、ブラックと合わせることで、よりアクセント効果を発揮し、カラーでメリハリを付けることができます。

イエローのバギーズショーツを合わせる場合は、ブラックやネイビーといった落ち着いた色合いに合わせるのがマストです。

シーエッジ編集部が厳選するパタゴニアのバギーズショーツはコレ

本記事ではパタゴニアのバギーズショーツが大人に刺さる理由とパタゴニアのバギーズショーツ・ショートパンツをご紹介しました。

アウトドアブランドが展開するショートパンツの中でも大人世代から高い人気を獲得しているため、アウトドアブランドのショートパンツをお探しの男性はまずパタゴニアのバギーズショーツやショートパンツがおすすめです。

その中でも特におすすめしたいモデルが

になります。説明不要なぐらい定番中の定番モデルなので、パタゴニアのバギーズショーツ・ショートパンツでお悩みの方は「ライト(6 1/2インチ)」をお選びください。

関連記事

パタゴニアと聞くと「あ〜お洒落なブランドだよね」と30代〜40代の方なら思うはず。 それもそのばす、ここ数年、ボアフリースで一世を風靡しているパタゴニアは、アウトドアブランドの中でも一二を争う人気ブランドです。 看板アイテムはボ[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG