【2021年最新版】ノースフェイスのおすすめショートパンツ15選

夏のワードローブに欠かすことのできない鉄板アイテムといえばショートパンツ(ハーフパンツ|短パン)です。

中でもアウトドアブランドのショートパンツはマストハブなアイテムの1つであり、ノースフェイスのショートパンツは飛び抜けた人気を誇る「永久定番」なアイテムという地位を確固たるものにしています。

今回はそんなノースフェイス(THE NORTH FACE)について、多くの男性の心を掴んで止まない魅力をご紹介すると共に、ノースフェイスの中でも特におすすめな人気のショートパンツについて新作も定番も掘り下げてご紹介します。

ゆうた
ショートパンツ3大ブランドといえば「グラミチ」「パタゴニア」「ノースフェイス」と、どこもクライミングパンツが有名なブランド。その中でなぜノースフェイスがここまで高く評価されているのか、その魅力について掘り下げます!
関連記事

夏のワードローブに欠かせないアイテムといえば「ショートパンツ(ハーフパンツ|短パン)」。 タウンユースはもちろんのことアウトドア遊びまで幅広く使えますが、ともすれば子供っぽくなりやすくお洒落に着こなすにはある程度の知識とテクニックや上[…]

トレンド感ある配色が人気のノースフェイス

wear

泣く子も黙るアウトドアブランドの絶対王者といえば「ノースフェイス(THE NORTH FACE)」です。

有名ブランドとのコラボモデルはもちろん、定番とされる人気商品ですら即完売プレ値は当たり前。アウトドアアイテムがストリートで愛されて以降、ファッションブランドとしても非常にハイプな存在として人気を伸ばし続けています。

アウトドア系ブランドのショートパンツといえばノースフェイスの他に「グラミチ」や「パタゴニア」が有名ですが、その両名とノースフェイスが大きく違うのは「配色の妙」です。

タウンユースにフォーカスしたトレンド感のある配色やパターン、ワントーンのモデル1つとっても「絶妙な色味」に仕上げられており、カジュアルコーデの気分を加速してくれます。

グラミチやパタゴニアの「アウトドアアイテムでございます」という無骨な雰囲気を嫌う方は要チェックです。

ノースフェイスのショートパンツが愛され続ける3つの魅力

wear

アウトドア系のショートパンツを買おう、と思い立った時最初に浮かぶブランドが「ノースフェイス(THE NORTH FACE)」ではないでしょうか。

シンプルに1言でノースフェイスのショートパンツの魅力を語るとするなら「オシャレ」というのが、ノースフェイスのショートパンツが人気な理由と言えるでしょう。

しかし、ノースフェイスのショートパンツが人気の理由を細かく分析するとしたら、以下の3つは外せません。

他にもノースフェイスの魅力は語り足りないほどございますが、あまり長くなると申し訳ないので厳選に厳選を重ねて3つだけご紹介致します。

トレンド感のある配色や柄

ノースフェイス(THE NORTH FACE)のショートパンツが、よく同列に語られるスポーツブランドやアウトドアブランドの中でも「違い」を発揮しているのは、やはりデザインのトレンド感です。

例えば「緑のショートパンツ」1つとっても、いわゆるアウトドアメーカー等がいかにもなアウトドア系グリーンなのに対し、ノースフェイスでは絶妙なエメラルド色やパステル系など、大変スタイリッシュなツボを抑えたカラバリで展開してきます。

また人気モデルには「ノベルティ」と呼ばれる特別な色や特殊な柄(カモフラやエスニックなど)を使用したモデルも随時投下されるため、別注モデル等をリサーチせずとも差のつくデザインが入手できます。

この「トレンド感」こそが、オシャレブランドとしての地位を確固たるものにしている大きな理由と言えるでしょう。

確かなクオリティと優れた機能性

メンズファッションにおいては「オシャレ着」のイメージがあるノースフェイス(THE NORTH FACE)ですが、今でも一流のクライマーやアルピニスト達に物品提供を行うアウトドアのトップブランドです。

人類が未だ踏破していないルートに挑むために極限の環境を想定して作られる製品達、そしてそのフィードバックは末端の製品にも生かされており、ショートパンツにもさまざまな創意工夫が見られます。

この品質の良さと機能性の高さで、ブランドバリューに頼らないクオリティを提案してくれる点もまた、ノースフェイスのショートパンツが高く評価される理由の1つと言えます。

「オシャレブランド」というハイプなイメージ

アウトドアブランドとしての人気を確固たるものにする「ノースフェイス(THE NORTH FACE)」ですが、その人気はとどまるところを知らず、今や「ファッションブランド」としても飛び抜けた人気を誇ります。

グッチ、バレンシアガ、ナイキ、シュプリーム、ノースフェイス。これらは一括りに今巷で爆発的な人気を誇る価値の高いブランドという扱いであり、ブランドイメージも非常に良好。

要するに、ノースフェイスのロゴがショートパンツについているだけで、あまり詳しくない人からするとなんかオシャレに見える。という事です。

ノースフェイスのショートパンツの評価や評判について

ノースフェイス(THE NORTH FACE)というと、グラミチやパタゴニアに比べるとかなりハイプなイメージやミーハーなイメージが強く、一時期のモンクレールやティンバーランドのような「流行り物」的イメージがある方も多いでしょう。

実際のところノースフェイスでは現在25年前の大ブームを彷彿とさせるほどブームになっており、本格登山ウェアはほとんど目新しいものがないのにカジュアルウェアはどんどん新作が投入されている状況。

そのため「ノースフェイスはもうダメ」「もうノースフェイスは田舎の中学生も来てるし陳腐化してきてる」なんていう意見もちらほら出てきています。

ショートパンツといえば3大モデルが「グラミチのNNショーツ」と「パタゴニアのバギーズ」と「ノースフェイスのバーサタイル」だと思いますが、この3つの中では最も人気がないのがノースフェイスかもしれません。

ショートパンツ以外の分野では頭1つ抜けでた存在として業界をリードするノースフェイスですが、ショートパンツに関しては若干他社に遅れをとっている感が否めないのは事実です。

しかしそれでもやはり「ノースフェイスのショートパンツはオシャレだ」という評価も多く、事実オシャレだと思いますので、これを言ってしまうと元も子もありませんが「自分が気に入るか気に入らないか」が重要かと思います。

関連記事

今や「ショートパンツの絶対王者」と言える地位を獲得したクライミングウェアの名門ブランド「グラミチ(GRAMICCI)」。 生きる伝説と言えるクライマー「マイク・グラハム」のあくなき探究心によって生み出された究極のクライミングウェアは、[…]

関連記事

タウン・山問わず使えるオールラウンダーのショートパンツとして圧倒的な人気を獲得するパタゴニアのバギーズショーツ。 毎年完売カラーやサイズも出るなど、この人気留まることを知りません。 そこで本記事ではパタゴニアでおすすめのショート[…]

初心者必見!ノースフェイスのショートパンツの選び方

wear

初めてのショートパンツに検討している男性も多いであろう「ノースフェイス」のショートパンツ。

そこで、ここからはノースフェイス(THE NORTH FACE)のショートパンツを選ぶ際に覚えておきたいポイントや、選び方に重要となるキーワードについて簡単にご紹介いたします。

個性を出すなら「ノベルティ」シリーズ

まず1つ覚えておきたいのは「バーサタイルショーツ」がノースフェイスにおけるショートパンツの絶対王者である事です。

どのブランドにもこういった永久定番な鉄板モデルはあるわけですが、こういった定番モデルは夏になると街に溢れてしまい、最悪の場合配色すらもモロ被りとなってしまいます。

夏のコーディネートはシンプルなものが多いため、白Tサンダルにバーサタイルなんて着こなしだと「上から下までもろ被り」という可能性も。

となると注目すべきは「別注モデル」などになるわけですが、ノースフェイスではノベルティ(意:珍しい事象や物)」と名付けられたシリーズが展開され、毎年定番外の新しい配色や柄がリリースされています。

定番アイテムを選ぶなら、こういった差のつくアイテムにも注目して選ぶのがおすすめです。

水陸両用という選択肢もアリ!

ノースフェイスで展開されるショートパンツのほとんどが表生地に撥水性能を持たせているため、ちょっと雨が降ってきたり水辺での遊びでも多少は対応してくれるスペックに仕上がっています。

中には、内側にポリプロピレンを採用することで水捌けを良くし、どっぷりと水に使った状態でも生地の肌離れが良い使用感に仕上げたモデルもあります。

もちろん、完全に水陸両用として使える水着としての性能を持たせたショートパンツも。

この辺りは用途に合わせて選ぶ必要がありますが、タウンユースよりむしろアウトドアユースメインでの購入を考えている方は要チェックと言えるのではないでしょうか。

ノースフェイスのショートパンツのサイズ感について

wear

ノースフェイスのショートパンツは基本的にどれも比較的タイト目な作りとなっています。

特に定番モデルとして愛されるバーサタイルショーツは、パタゴニアのバギーズと比較してゆとりの少ない作りになっていますが、裾にある4cm弱のスリットで足の動きやすさを確保しています。

また、バギーズと比較するとウエストゴムの伸びが少ないため、フィッティング自体もタイトに感じる場合もあると思います。

ファッションアイテムとしてみるならバギーズよりもバーサタイルの方がスリムで洗練された印象のシルエットとなります。都会的なコーディネートで着こなしたい方にはノースフェイスの方がおすすめと言えるでしょう。

まずはこれ!ノースフェイスのおすすめショートパンツ15選

夏のメンズファッションにおける必須アイテム「ショートパンツ」の中でも非常に高い人気を誇る定番ブランドが「ノースフェイス(THE NORTH FACE)」です。

そんなノースフェイスのショートパンツの中から、毎年定番となる人気モデルや今年履きたい注目モデルを厳選し、特におすすめなショートパンツを15種類ご紹介します。

  1. バーサタイルショーツ(Versatile Short)|NB42051
  2. ノベルティバーサタイルショーツ(Novelty Versatile Short)|NB42052
  3. ナイロンデニムバーサタイルショーツ(Nylon Denim Versatile Short)|NB42152
  4. バーブショーツ(Verb Shorts)|NB41812
  5. ノベルティースワローテイルベントハーフパンツ(Novelty Swallowtail Vent Half Pant)|NB41887
  6. スワローテイルベントハーフパンツ(Swallowtail Vent Half Pant)|NB41877
  7. クラスファイブカーゴショーツ(Class V Cargo Short)|NB41725
  8. デニムクライミングショーツ(Denim Climbing Shorts)|NB42006
  9. マッドショーツ(Mud Shorts)|NB41953
  10. フレキシブルショーツ(Flexible Short)|NB91775
  11. フレキシブルマルチショーツ(Flexible Multi Short)|B42081
  12. マグマショーツ(Magma Shorts)|NB41912
  13. フライウェイトレーシングショーツ(Flyweight Racing Short)|NB41980
  14. オブセッションクライミングショーツ(Obsession Climbing Short)|NB42103
  15. エイペックスライトショート(APEX Light Short)|NB42080

特に「バーサタイルショーツ」は、メンズ向けショートパンツを語る上で最初に名前の挙がるモデルの1つであり、ノースフェイスからショートパンツを買うなら絶対にチェックすべき1本です。

バーサタイルショーツ(Versatile Short)|NB42051

ノースフェイスのショートパンツといえばコレ!な絶対的定番モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:約140g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • 軽量で乾きやすいドライタッチのナイロン素材
  • 多少の雨や水辺のアクティビティに対応する撥水性
ゆうた
ノースフェイスのショートパンツといえばこれ!軽量かつコンパクトに収納できるため1枚持っておけばタウンユースからアウトドアまで幅広く活躍してくれます。

ノベルティバーサタイルショーツ(Novelty Versatile Short)|NB42052

定番バーサタイルショーツから個性際立つデザインの人気モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:約140g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥7,000前後

おすすめポイント

  • 定番モデルだからこそ嬉しい特別なデザイン
  • シンプルになりがちな夏のコーデに刺さる1着
ゆうた
シンプルなコーディネートにまとまり感を演出できる柄物のデザイン。定番アイテムだからこそ差をつけられる点が人気のモデルです。

ナイロンデニムバーサタイルショーツ(Nylon Denim Versatile Short)|NB42152

経年変化で自分好みに育てられる人気のショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:-
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥12,000前後

おすすめポイント

  • ナイロンなのに糸の中心を白く残した経年変化仕様
  • タウンユース向けアイテムとして嬉しいカジュアル感
ゆうた
軽くて速乾性のあるナイロン素材をインディゴ染料で染め上げ、糸の中心部を白く残すことでまるでデニムのように色落ちを堪能できる逸品。カジュアルな少年っぽさがポイントです。

バーブショーツ(Verb Shorts)|NB41812

アウトドアに欲しい機能を全て搭載した優等生なショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン90%、ポリウレタン10%
重量:345g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥11,000前後

おすすめポイント

  • 防風性と適度な保温力も備える厚手の生地感
  • 高い撥水力とベンチレーションが万能的な1本
ゆうた
トレッキングシーンに欲しい機能を全部盛り込んだ膝上丈のショートパンツ。優れた撥水性の素材と保温性のある生地にベンチレーションを備えることでオールシーズン使える名作です。

ノベルティースワローテイルベントハーフパンツ(Novelty Swallowtail Vent Half Pant)|NB41887

スタイリッシュなカラーバリエーションと軽量スタイルが人気

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン83%、ポリエステル17%
重量:約85g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥7,000前後

おすすめポイント

  • 肌離れの良い軽量素材に耐久撥水加工を施した1本
  • タウンユースに嬉しいスタイリッシュな柄
ゆうた
100g以下という履いている事を忘れそうなほどの軽量性に加え、背面にはファスナーポケットを備えるなど機能性に長けた逸品。薄手ですが防風性も高く肌寒い時期にも活躍します。

スワローテイルベントハーフパンツ(Swallowtail Vent Half Pant)|NB41877

超軽量な股下ランニングショーツといえばコレ!な傑作モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:105g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • 肌離れの良い軽量素材に耐久撥水加工を施した1本
  • 優れた性能とリーズナブルな価格を両立
ゆうた
ノベルティモデルの方がストレッチ性や軽量性に優れていますが、スタンダードな色やデザインを求める方はこちらがおすすめ。タウンユースでも使いやすいベーシックなビジュアルです。

クラスファイブカーゴショーツ(Class V Cargo Short)|NB41725

オールマイティに使えて初心者でも履きやすい名作ショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:-
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • トレッキングからキャンプまで大活躍なスペック
  • ショートパンツ初心者でも着こなしやすいデザイン
ゆうた
速乾性と耐摩耗性に優れ、あらゆる小物を収納できるポケット量により「アウトドアパンツの傑作」として愛される1本。ミリタリーワークな雰囲気が初心者でも着こなしやすく高い人気を誇ります。

デニムクライミングショーツ(Denim Climbing Shorts)|NB42006

ストレッチデニムを採用した追従性の高いクライミングパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:綿96%、ポリウレタン4%
重量:約455g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥11,000前後

おすすめポイント

  • 夏コーデの定番となったストレッチ素材のクライミングパンツ
  • ストレスフリーな履き心地とタウンユース向けのデザイン
ゆうた
グラミチを筆頭に、今やクライミングパンツは「夏のコーディネートの中心」と言えるほどの人気。カジュアルに履きやすいデニム素材と、機能的なバックポケットのデザインが秀逸です。

マッドショーツ(Mud Shorts)|NB41953

キャンプも海水浴もこなせる水陸両用ショートパンツの傑作モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:表ナイロン100%|裏ポリプロピレン100%
重量:245g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ミャンマー
参考価格:¥7,000前後

おすすめポイント

  • 撥水加工を施した平織りのナイロン生地を採用
  • 濡れても肌離れがよくベタつき感が少ない裏地
ゆうた
海水浴や川辺でのバーベキューなど「水辺」とは切っても切れない関係なのが夏のアクティビティ。そんな場面で大活躍なのが水陸両用のショートパンツであり、これさえあれば移動も遊びも万事OKです。

フレキシブルショーツ(Flexible Short)|NB91775

ナチュラルな雰囲気なのに機能的な履き心地を実現したランニングショーツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン86%、ポリウレタン14%
重量:175g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:中国/カンボジア/ベトナム
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • 快適な履き心地を実現する2WAYストレッチ素材
  • 日常生活でも使いやすい長めの丈感
ゆうた
ハード目なショートパンツがちょっと気恥ずかしい。でもスポーツ由来の機能的なショートパンツが良い。そんなわがままを叶えてくれるのがこちら。トレーニング以外でも大活躍する1本です。

フレキシブルマルチショーツ(Flexible Multi Short)|B42081

トレーニングシーンを中心にオールマイティに活躍する優等生ショーツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン86%、ポリウレタン14%
重量:約165g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:カンボジア/ベトナム
参考価格:¥0,000前後

おすすめポイント

  • ランスポーツからタウンユースまで幅広く活躍するデザイン
  • クライミングシーンでも愛用者の多いショートパンツ
ゆうた
2WAYストレッチ素材と足の動きを妨げない短めの設計があらゆるスポーツに大活躍な1本。風合い自体が柔らかいためタウンユースでも使いやすく、おしゃれでアクティブな印象を与える仕上がりです。

マグマショーツ(Magma Shorts)|NB41912

肌離れの良いポリプロピレンが水陸両用に近いスペックを誇る1本

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン51%、ポリプロピレン38%、ポリウレタン11%
重量:約195g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥0,000前後

おすすめポイント

  • 雨や汗で濡れても快適さをキープするドライタッチな生地
  • 水着等に使用されるポリプロピレンが汗冷えや濡れ戻りを抑制
ゆうた
水陸療養ではありませんが、水着に近いスペックを持たせることで汗冷えや濡れ戻りを抑制する優れた1着。もちろん撥水加工によって多少の雨にも対応しており、アウトドアシーンで大活躍なショートパンツです。

フライウェイトレーシングショーツ(Flyweight Racing Short)|NB41980

小物類の収納に長けた機能的ランニングショーツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ポリエステル89%、ポリウレタン11%
重量:115g(Lサイズ)
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:ベトナム
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 補給食や小物の収納が可能な股下18cmのデザイン
  • 高ストレッチ素材のウエスト切替による高いフィット感
ゆうた
メインは補給食などのストックですが、スマホやパスケース程度の小物がしっかり収納できるためタウンユースでも抜群の快適さを誇る1着。そのまま寝られるほどの快適性が嬉しいショートパンツです。

オブセッションクライミングショーツ(Obsession Climbing Short)|NB42103

科学的に分析しクライミングのムーブに最適化した新時代のショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン91%、ポリウレタン9%
重量:-
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:中国
参考価格:¥13,000前後

おすすめポイント

  • ハイステップ系ムーブでも快適な動きを実現
  • 強度を備えた4WAYナイロンストレッチ素材
ゆうた
クライミングのムーブでも特にパンツのつっぱりが気になるハイステップ系をスムーズにこなせる1本。日本代表ユニフォームの開発で得られた知見を生かした究極のショートパンツです。

エイペックスライトショート(APEX Light Short)|NB42080

ニッチな層に突き刺さるスペックの軽量ソフトシェルショートパンツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン100%
重量:-
サイズ展開:S、M、L、XL
原産国:中国/ベトナム
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 優れた撥水性と生地擦れの音を軽減した仕上がり
  • ポリウレタンを使用せずにストレッチ性を持たせた生地
ゆうた
バックプリントのスタイリッシュなロゴマークがどことなくテックストリートなルックスを醸し出すショートパンツ。熱圧着の末端処理によるスマートさが現代的な感触を生み出しています。

ノースフェイスのショートパンツを使ったコーディネート集

ここからはノースフェイスのショートパンツを使ったコーディネートをご紹介していきます。

ノースフェイス ショーツ コーデ「ライトブラウンのMUD SHORTを合わせたカジュアルコーデ」

wear

トレッキングやキャンプ、ウォータースポーツまで幅広く対応する水陸両用ショートパンツの「MUD SHORT」をノースフェイスのロゴTシャツに、キーンのユニークを合わせたメンズカジュアルコーディネートです。

膝上丈でスッキリさせつつも、裾広がりなので程よくカジュアル感もあり、アウトドア雰囲気を演出。

水陸両用のショーツなので、キャンプや川沿いでも活躍してくれます。

ノースフェイス ショーツ コーデ「オレンジのVERSATILE SHORTSを合わせたアウトドアカジュアルコーデ」

wear

鮮やかなビビットカラーのオレンジショーツをメインに使ったアウトドアスタイルです。

オレンジショーツを主役にするため、その他のアイテムはブラックで統一。

こうしたビビットカラーをコーデに使う時は、ほかのアイテムの色味を揃えることで、よりビビットカラーも引き立ち、バランスの整ったスタイリングに仕上がります。

ノースフェイス ショーツ コーデ「ネイビートーンでまとめるとカジュアルコーデも大人っぽい印象に仕上がる」

wear

メンズ夏コーデにとってネイビーは必要不可欠。夏は主軸となるアイテムのカジュアル感が強く、子供っぽくなってしまうので、ネイビーの持つ上品な雰囲気をフル活用しましょう。

Tシャツやショーツもネイビーにするだけで、上品かつ落ち着いた雰囲気になります。

それを活かしてネイビーのワントーンコーデにすれば、カジュアルコーデも大人っぽい雰囲気に仕上がります。

ノースフェイス ショーツ コーデ「パープルのショーツで夏コーデにヒネリを加える」

wear

人気モデル「VERSATILE」のパープルカラーをブラックのビックワークシャツに合わせたストリートコーディネートです。

パープルはカラーでヒネリを加えるのに持ってこいなカラーです。

特にブラックと組み合わせることで、嫌味のない個性的な雰囲気を作ることができ、コーディネートをお洒落に変えてくれます。

こちらのコーデのようにビッグシャツを合わせて、バケットハットやスニーカーをプラスしてあげると簡単にストリートコーデを作ることができます。

ノースフェイス ショーツ コーデ「Versatile Shortsなら大人のシンプルコーデもお洒落な雰囲気に」

wear

サラリとした着心地が魅力の「Versatile Shorts」は、大人に最適なショーツです。

ベージュの色味を選択すれば、カジュアル感もさほど強くなく、たとえTシャツ、スリッポン合わせでも子供っぽくなることはありません。

ノースフェイス ショーツ コーデ「デジタルカモフラ柄のショーツで大人の遊び心を演出」

wear

単色や無地のショーツに飽きたら、カモフラ柄に挑戦してみるのをおすすめします。

ノースフェイスならカモフラ柄のショーツの展開も多くら特にデジタルカモフラのショーツは高い人気を誇っています。

デジタルカモフラは、迷彩柄といっても武骨感や野暮ったさを感じさせない柄なので、お手持ちの洋服とも合わせやすいのが魅力。

こちらのコーディネートのように、白よロンTやスニーカーに合わせても悪目立ちすることなくお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。

大人の遊び心を演出するには打って付けの柄です。

ノースフェイスのショートパンツに関する気になる質問

オシャレ着としてのショートパンツを初めて購入するという男性からも選ばれやすいノースフェイス。

そこで、ノースフェイス(THE NORTH FACE)のショートパンツを購入する際に知っておきたいポイントをまとめました!

それぞれ以下で簡単にご紹介いたしますので、ノースフェイスのショートパンツの購入を検討している方は覚えておくと安心です。

ノースフェイスのショートパンツは登山にも使える?

暑い夏でも快適に登ることができるショートパンツは登山愛好家にも愛用者の多いアイテムであり、本格的なアウトドアブランドであるノースフェイスのショートパンツは登山にも使用可能です。

もちろん、ショートパンツは肌の露出が増えるため虫刺されや転倒時の怪我のリスクが増えたり、気候の変化に対応しずらいなどのリスクを踏まえた上での使用が必要となります。

特にノースフェイスではトレッキング用に特化したショートパンツなども展開されており、保温性の高い素材とベンチレーションを組み合わせることで気候の変化に対応できる構造のモデルなどもあります。

どのような山で、どのように使用するのか、この辺りが選ぶ際の基準になると思いますので、しっかり目的とスペックを照らし合わせながら選びましょう。

ノースフェイスのショートパンツはどこで買える?

ノースフェイス(THE NORTH FACE)はショートパンツにおける超メジャーブランドの1つ。

そのため、公式のオンラインショップはもちろんのこと、アマゾンや楽天といった大手のショッピングサイトでも手軽に手に入れることが可能です。

楽天の場合は店舗ごとに規約が違いますが、アマゾンの場合は購入から30日以内なら試着して返品交換が可能となっているので、サイジングのレンジがタイトな商品を通販する場合はこういった試着可能な場所での購入がおすすめです。

アウトドア用品店やスポーツ用品店などの大型店舗であれば比較的どんなお店でも見かけることの多いブランドですが、ニッチなスペックのショートパンツに関しては取扱にムラがあるため、まずは「ブランドのフラッグシップストア」に足を運んでみましょう。

ノースフェイスの直営店について詳しくは公式ホームページがまとめてくださっているので、実際に試着したり現物をみながらお買い物したいという方は、そちらを参考にお出かけしてみるのがおすすめです。

取り扱い店舗を確認したいは方はコチラ

編集部が厳選するノースフェイスのおすすめショートパンツベスト3はコレ!

本記事では【ノースフェイス(THE NORTH FACE)のおすすめショートパンツ】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部がデザイン性やコーデの合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. バーサタイルショーツ(Versatile Short)|NB42051
  2. スワローテイルベントハーフパンツ(Swallowtail Vent Half Pant)|NB41877
  3. クラスファイブカーゴショーツ(Class V Cargo Short)|NB41725

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーデに合うノースフェイスのショートパンツを見つけてみてくださいね!

関連記事

人気ナンバーワンのアウトドアブランド「ノースフェイス(The North Face)」では、靴やサンダルといったフットウェアの人気も高く、トレンド感度の高い男性からは毎年熱視線を注がれている名門。 昨今ではスポーツサンダルやスライダー[…]

関連記事

アウトドアブランドの中でも頭二つ分ほど抜きに出る「ノースフェイス」。 四角いリュックで一世を風靡した「BCヒューズボックス」や新ビジネスリュックの定番となった「シャトル3WAYデイパック」、休日使いに適した「グラニュール」など、傑作バッグ[…]

関連記事

この記事では、『ノースフェイス』のリュックの中でも特におすすめな人気のモデルについて厳選してご紹介していきます! 知名度・実力を兼ね備えた『ノースフェイス』は、10代〜40代の幅広い年齢層から絶大な支持を獲得する最も有名なアウトドアブ[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG