チノパンツとは?メンズにおすすめのチノパンツブランド15選

メンズファッションにおけるボトムスの定番アイテムとして不動の地位を獲得する「チノパン」ことチノパンツ。

ワーク&ミリタリー由来のタフな素材と、デニムに対してどことなくスッキリとした大人カジュアルな雰囲気が、キレイめコーデやドレッシーなスタイリングを可能にする超優等生です。

今回はそんな「チノパンツ(以下チノパン)」について、その魅力や選び方を紹介すると共に、マストハブなおすすめチノパンから差のつく注目チノパンブランドまで徹底解説します。

ゆうた
オシャレな大人のズボンだったチノパンは、ここ数年のワイドシルエットブームにより今や「メンズファッションの大定番」としてデニムパンツを超える人気を獲得しています。読むだけで「チノパン玄人になれる」そんな情報を厳選してご紹介します。

ちょっとおさらい!チノパンって何?

初めに、ちょっとややこしいズボン(ボトムス)の種類について、まずはさらっとおさらいしつつチノパンとはなんぞや?と言う点を簡単にご紹介します。

チノパンの「チノ」と言うのは「チノクロス(ウエストポイントやストレッチチノも含む)」と呼ばれる素材のこと。

デニムとチノは同じ素材(コットン)を使い同じ綾織によって作られますが、使用される糸の番手がデニムの方が太いため、デニムはチノに対してゴワッザラッとした感触の生地に仕上がります。

また「トラウザーズ」や「スラックス」と言うのは簡単に言うと「シルエット」のことであり、これらもチノクロスやウエストポイントの生地で作られていればチノパンに含まれます。

日本ではなぜか、デニムに対してチノパンなどのキレイめパンツを「綿パン(コットンパンツ)」と呼ぶ事がありますが、デニムも素材自体は綿(コットン)であり、本来「綿パン」はシルクやナイロンで作られたパンツと区別するための言葉だった点が、多少チノパンという存在をややこしくしてる感があります。

ちなみに、チノパンに使用されるチノクロスというのは単糸で編まれている綾織り生地の事を指します。

名前の由来は諸説ありますが、最も有名なものはスペイン語で中国人という意味のChinoから来ているという説です。

関連記事

星の数ほどあるズボンの種類。 そもそも「ズボン」ですら「パンツ|ボトムス|ボトムズ|下衣」と呼び方が複数あり、そこに形状や素材など様々な名前が入り組んでまさに混沌の様相を呈しています。 今回はそんな男性向けに展開されているズボン[…]

ウエポン生地(ウエストポイント生地)とは?

チノパンの中には「ウエポン生地(ウエストポイント生地)」と呼ばれる生地を使用した物も含まれます。

短糸の綾織り生地であるチノクロスに対して、双糸の綾織りで作られているのがウエポン生地であり、中には「右綾じゃなければウエポンとは認めないというこだわり派の男性もちらほら。

その理由としては、ウエポン生地というのは軍服としてのルーツを色濃く残しており、「米国陸軍ウエスト・ポイント士官学校の制服に由来する生地」を略してこの名前で呼ぶため、このルーツを大切に思う男性は右綾である事を重要視する傾向にあります。

一般的なチノクロスよりも丈夫で光沢に優れており、この学校が「士官学校」つまりはエリート育成学校だったことで軍服の定番であるチノクロスよりもより上質な素材が採用されていたということに由来するようです。

そのため「大人カジュアル」でチノパンに差をつけるなら、ウエポン生地は要チェックと言えるのです。

大人世代にチノパンがおすすめの理由

カジュアルパンツの代名詞的な存在といえば「デニム」ですが、ブラックデニムやホワイトデニムよりもさらに「大人上品なカジュアルコーデ」を目指したいなら見逃せないのが「チノパン」です。

「チノパン」と聞くとなんとなく仕事に着ていっちゃいけない印象を受けかもしれませんが「コットン素材のスラックス」と聞いたらどうでしょう?なんとなくスーツにも合わせられる気がしてきますよね?

チノパンというのは要するにコットン素材のスラックスやトラウザーズの事。おそらくボトムスの中でも特に「ドレスとビジネスとカジュアルを両立できる一本」と言えるのではないでしょうか。

特にオリーブドラブやカーキ(ベージュ)なら、ジャケパン系からミリタリーワークなアメカジまで幅広く活用可能。

この汎用性の高さこそが「大人世代のおしゃれ脱初心者におすすめな最初のアイテム」としてチノパンが紹介される理由と言えます。

失敗しない!チノパンの種類と選び方

初めてのチノパン。せっかくなら「着回しがしやすくて履くだけでおしゃれ」なものを選びたいですよね?

まずは以下の2つのポイントについて注目してみましょう。

  1. 定番色の中から選ぶ
  2. 極端なシルエットは避ける

それぞれのポイントを以下で簡単にご紹介します。

定番色の中から選ぶ

チノパンの定番色といえば

  1. ベージュ(カーキ)
  2. オリーブドラブ
  3. ネイビー

この3色です。

もちろん、黒や白も定番ではありますが、こちらはむしろドレッシーな印象が強くなりすぎるため初心者はチノよりデニムで選ぶ方が無難でしょう。

最もベーシックなのはベージュ(カーキ)であり、シャツや革靴と合わせてクリーンで大人なコーディネートから、ブーツやトレーナーと合わせてアメカジやワークなスタイリングまで幅広く活用可能です。

反対に、ちょっと「キッチリ感」をアップさせたいならネイビーを。「ミリタリー感」を強く出したいならオリーブドラブなどを選んでみるのもおすすめです。

極端なシルエットは避ける

特にここ数年は「ワイドシルエット」のチノパンが猛威を奮っています。

右を見ても左を見ても、おしゃれな人からおしゃれぶってる人まで猫も杓子もワイドシルエットなチノーズであり、今や「初めてのチノパンにワイドシルエットを選ぶ」と言うことすら定番化しつつあります。

とは言っても、ある程度「おしゃれの教科書」が頭に入っていないと、突然下半身だけアンバランスな服を着てる人になってしまいます。

脱初心者を目指しておしゃれするのであれば、まずはベーシックなシルエットを。特にスタンダードと言われるストレートタイプより、若干テーバードのかかったスリムでナローなシルエットを選ぶのがおすすめです。

もちろん、スキニーなどの極端に細いシルエットにも注意が必要です。

メンズ向けチノパンを代表する人気モデルおすすめ10本

初めてチノパンを買うなら、絶対に知っておきたい「チノパンを代表するチノパン」を厳選して10本ご紹介します。

  1. スリムフィットチノ 433334|ユニクロ(UNIQLO)
  2. 874|ディッキーズ(Dickies)
  3. B11|カーハート(Carhartt)
  4. MASTER PANT|カーハート ダブリューアイピー(Carhartt WIP)
  5. #PT50 ジーン カット ワークパンツ|レッドキャップ(RED KAP)
  6. GSP-55|グリップスワニー(GRIP SWANY)
  7. ストレッチテーパードチノ|ビームス(BEAMS)
  8. GRAMICCI PANTS|グラミチ(GRAMICCI)
  9. NN-PANTS|グラミチ(GRAMICCI)
  10. #100|インコテックス(INCOTEX)

価格のレンジは2000円以下で買えるものから1万円以上するものまで幅広くラインナップしました。ぜひ素材の質感やシルエットの美しさに注目しつつ、自分に合ったチノパンを見つけていただければと思います。

スリムフィットチノ 433334|ユニクロ(UNIQLO)

全てのチノパンを淘汰してしまった圧倒的コスパの究極チノ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • チノパン買うならとりあえずコレ!な1本
  • 間違いないシルエットと良質な素材感
ゆうた
この世の全てのチノパンを「ユニクロか、それ以外か」にしてしまったと言っても過言ではない1本。圧倒的なコスパと、スタンダードなのにダサくないシルエットで、ファッショニスタから初心者まで幅広い層に支持されています。カラバリを揃えられるのも魅力。
関連記事

大人でも安心してはけるハーフパンツを展開するユニクロ。 種類もサイズも豊富。おまけに合わせやすく価格も安い。三拍子ならぬ四拍子揃ったユニクロのハーフパンツを買わない理由は見つかりません。 そこで今回は今現在ユニクロで買うことので[…]

874|ディッキーズ(Dickies)

チノパンと聞いてまず最初に名前の上がる「モデル名」がコレ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • ワークパンツの代名詞でありチノパンの代名詞でもある1本
  • 価格とスペックとシルエットのバランスが取れた名作
ゆうた
ストリートの悪ガキから、アメカジ好きな大人まで、非常に多くの男性から愛され続ける歴史的傑作チノパンの1つ。ワーク由来のタフな生地と機能的なシルエットが使い勝手抜群で、ビビッドな色からアースカラーまで幅広いバリエーションが存在します。

B11|カーハート(Carhartt)

「ダック地」と呼ばれる独特の素材感がワークなルックスの銘品

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥8,000前後

おすすめポイント

  • 12オンスコットンダックを使ったペインターパンツ
  • 高負荷な部分がガッチガチに補強されたディテール
ゆうた
ワークパンツの代名詞といえばコレ。LA系な空気の漂うディッキーズに対してNY系の雰囲気が漂うカーハート。落ち着いた大人のスタイリングからゴリゴリのストリートまで幅広い層に愛され、作り込みの良さが今でも多くの男性を魅了しています。

MASTER PANT|カーハート ダブリューアイピー(Carhartt WIP)

欧州展開のカーハートらしい洗練されたデザインのチノパン

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • ポリ混のツイル生地を使用したシンプルなワークパンツ
  • 野暮ったさが軽減されてよりコーディネートしやすい雰囲気
ゆうた
超人気ブランドであるカーハートの欧州版。カーハートらしいディテールを残しつつ、野暮ったさが軽減されており、テーバードされたシルエットで現代的なスタイリングを容易にしています。

#PT50 ジーン カット ワークパンツ|レッドキャップ(RED KAP)

ワーク系チノパンで差をつけるならコレ!な定番品

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • 定番ブランドの中でもちょっとマニアックな雰囲気
  • 薄く柔らかい質感で快適な着心地
ゆうた
ディッキーズやカーハートと並ぶワークブランドですが、日本では若干マニアックな地位にいるため差をつけやすい注目ブランド。他社より薄く柔らかい生地を使用しているため、タウンユースで使うには夏場でも非常に快適です。

GSP-55|グリップスワニー(GRIP SWANY)

キャンプブームもあって爆発的な流行を生み出している人気チノパン

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥11,000前後

おすすめポイント

  • 快適な履き心地の厚手ストレッチツイルを使用
  • スタンダードなキャンプパンツのシルエット
ゆうた
昨今「アウトドア系ブランド」への強い注目がありますが、中でもチノパンならコレ!と言えるのがグリップスワニーのGSP-55です。同社の人気モデルのJOG 3Dデニムをストレッチチノに仕上げたモデルであり、キャンプガチ勢だけでなく多くのファッショニスタ達が注目しています。

ストレッチテーパードチノ|ビームス(BEAMS)

スタッフからの支持率も高いベストセラーアイテムの1つ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥12,000前後

おすすめポイント

  • ビームスを代表するアイテムの1つと言えるチノパン
  • 美しいシルエットと柔軟性の高さが魅力
ゆうた
セレクトショップのオリジナルアイテムの中でも特に人気の高いチノパン。美しいテーパードのシルエットと柔軟性に富む素材が生み出す追従性は多くのリピーターを生み出し、年間1万本をも売り上げる名品として知られるチノパンを代表する一本です。

GRAMICCI PANTS|グラミチ(GRAMICCI)

「人気のチノパン」といえばコレ!なスタンダードアイテム

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 「おしゃれのために買うチノパン」の代名詞的存在
  • 圧倒的な履き心地の快適さを誇る一本
ゆうた
極限の状態でハードな体勢を必要とするクライマー達がノーストレスで使用できるように開発されたクライミングパンツ。ラフでカジュアルなスタイリングと、抜群の快適さが多くの男性達を虜にしており、今やチノパンを代表する一本として紹介される事も多い銘品。
関連記事

今や「ショートパンツの絶対王者」と言える地位を獲得したクライミングウェアの名門ブランド「グラミチ(GRAMICCI)」。 生きる伝説と言えるクライマー「マイク・グラハム」のあくなき探究心によって生み出された究極のクライミングウェアは、[…]

NN-PANTS|グラミチ(GRAMICCI)

現代的なシルエットで扱いやすい「脱初心者」におすすめな1本

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 「これ履いておけばおしゃれ」系のベーシックアイテム
  • 誰が履いてもスタイリッシュに見える美しいシルエット
ゆうた
「どうせお前らNNパンツだろ?」なんてイジリがSNS上で存在するほどに「定番」として愛されているグラミチのニューナローシルエット。トレンドのワイドとは真逆だが美しいシルエットが人気であり、まさに誰が履いてもおしゃれに見えるチノパンです。

#100|インコテックス(INCOTEX)

「定番の銘品」として語り継がれる「大人のチノパン」の大ベストセラー

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥35,000前後

おすすめポイント

  • こだわり系チノパンの中では最も知名度の高い1本
  • いわゆる「ちゃんとしたチノパン」ならコレ
ゆうた
万人に似合う細身テーパードとクリースなしでも美しいラインを描くシルエット。価格は「定番」と言われるチノパンではダントツの高額ですが、10年以上に渡って「大人が履くに相応しいチノパン」として不動の地位に君臨する大ベストセラーです。

差をつける!人気のチノパン注目ブランド15選

いわゆる「名作」や「定番」と呼ばれるチノパンがあるブランドと言うよりは「チノパンに1家言ある」ような、差のつくチノパンを購入する際に覚えておきたい注目ブランドを厳選して15種類ご紹介します。

  1. ビルズカーキ(BILLS KHAKIS)
  2. ネオンサイン(NEON SIGN)
  3. シオタ(CIOTA)
  4. ヤエカ(YAECA)
  5. ニート(NEAT)
  6. マーカ(marka)
  7. オーシバル(ORCIVAL)
  8. エディフィス(EDFICE)
  9. スティルバイハンド(Still By Hand)
  10. イエロールビー(YELLOW RUBY)
  11. バリーブリッケン(BARRY BRICKEN)
  12. ジャパンブルー(JAPAN BLUE)
  13. ブラン(blanc)
  14. ザ ナーディーズ(THE NERDYS)
  15. コンフェクト(CONFECT)

中には、発売日に並んで即完売と言うブランドもちらほらあるためオンラインショップなどでサクッと買えない場合もありますが、こだわりのチノパンを手に入れるなら絶対に覚えておきたいブランドばかりです。

ビルズカーキ(BILLS KHAKIS)

チノパンの原点を目指すハイクオリティなプロダクツが人気のブランド

注目度:
参考価格:¥20,000前後

ビルズカーキのチノパンの特徴

  • クラシックなスタイルと高いクオリティ
  • メイドインUSAにこだわる職人気質な逸品

第二次世界大戦時に生産されたチノパンが当時市販されていたチノパンよりも生地の耐久性に富んでいたこと影響を受け1990年にペンシルバニアにて創業したブランド「ビルズカーキ(BILLS KHAKIS)」。

品質に絶対の自信を持ち110%Guarantee(110% 品質保証)と記されたタグで有名です。

ネオンサイン(NEON SIGN)

布芸の追求をコンセプトに掲げるチノパンの注目ブランド

注目度:
参考価格:¥30,000前後

ネオンサインのチノパンの特徴

  • 独自のパターンメイキングで生み出される逸品
  • 性別を問わず多くのファッションユーザーを魅了

2009年秋冬コレクションよりスタートした日本のブランド「ネオンサイン(NEON SIGN)」。

東京ストリートの異端児とも異名をもち、コーディネートの主役として使えるような個性的でエッジの効いたチノパンが、ファッションやトレンドに敏感な人々を中心に高く評価されています。

シオタ(CIOTA)

ファッショニスタの間で人気上昇中の要チェックブランド

注目度:
参考価格:¥40,000前後

シオタのチノパンの特徴

  • シンプルでこだわり抜かれたディテール
  • 生地からインスピレーションを受けたデザイン

岡山に本拠を構える縫製工場、株式会社シオタが立ち上げたアパレルブランド。生地製造販売を行うブランドらしい、素材や生地に徹底したこだわりをもち、昨今ファッショニスタ達の間でカルト的な人気を獲得しています。

特に「スビンコットン」と呼ばれる、インド南部でのみ栽培される最高級の貴重な超長繊細綿を採用したチノパンが有名です。

ヤエカ(YAECA)

「必然的なシンプル」が多くの大人を魅了するチノパンの人気ブランド

注目度:
参考価格:¥20,000前後

ヤエカのチノパンの特徴

  • 流行に流されないナチュラルの到達地点
  • 抜群の清潔感と豊富なバリエーション

シンプルで長く着ていけるような日常着を「logically simple」をキーワードに生み出すため、2002年に設立された日本のブランド「ヤエカ(YAECA)」。

さまざまな「服を取り巻く要因」との関係性を見つめてデザインに落とし込み、スタンダードであり続けるデイリーウェアとしてのチノパンが高く評価されています。

ニート(NEAT)

今最も「手に入らないチノパン」として知られる人気ブランド

注目度:
参考価格:¥40,000前後

ニートのチノパンの特徴

  • パンツ専業のブランドらしい徹底的なこだわり
  • 独自の美しいシルエットをもつパターン

2015年に誕生したパンツ専業ブランド「ニート(NEAT)」。発売日には行列を作るほどの人気を誇り、今最も入手が困難なチノパンなんて言われるほど多くのファッショニスタに支持されています。

何度も試作を重ねてようやくたどり着いた極上のシルエットに、最高級からデッドストックまでこだわりの詰まった生地が使用されることで、唯一無二なチノパンが生み出されています。

マーカ(marka)

大人のための洗練されたチノパンが手に入る話題のブランド

注目度:
参考価格:¥20,000前後

マーカのチノパンの特徴

  • 都会的で独自のモダニズムを感じさせるデザイン
  • 美しくもシンプルで職人的なディテールワークが特徴

2003年に設立された、メイド・イン・ジャパンのメンズウエアを発信する人気ブランドマーカ(marka)。

古き良き時代から培われてきた職人的なディテールワークと、独自のモダニズムやウィットを感じさせるウェアが有名であり、上質で飾り気のないチノパンが多くの男性から支持されています。

オーシバル(ORCIVAL)

毎日着たくなるような心地よいチノパンが人気のブランド

注目度:
参考価格:¥10,000前後

オーシバルのチノパンの特徴

  • フレンチワークな上質スタイルのチノパンが特徴
  • フランスで生産されたコットン素材を採用

1939年の誕生以来、フレンチマリンの代表的ブランドとして多くの男性達から支持されている名門「オーシバル(ORCIVAL)」。

フランス海軍向けのコットン生地を供給していた歴史からもわかる通り、高いクオリティのチノパンは世界中で評価されており、ブランドの信頼と製品の品質を保つ為にフランスにて生産された素材を使用したプロダクツが人気を獲得しています。

エディフィス(EDFICE)

ビームスのチノパンのライバルといえばこのブランド!

注目度:
参考価格:¥10,000前後

エディフィスのチノパンの特徴

  • セレクトショップらしいトレンド感のある作り
  • 履き心地や価格のバランスに優れたチノパン

ジャーナルスタンダードを運営する会社が展開しているメンズ・セレクトショップ「エディフィス(EDFICE)」。

とにかく何にでも似合う「普遍性」と、優れたクオリティに対するリーズナブルな価格など、ツボを抑えた良質なチノパンが数多く揃い、知名度的に若干「セレクトショップ御三家」に劣る点から差をつけやすいあたりも支持されています。

スティルバイハンド(Still By Hand)

独特のクラフト感がファッショニスタを魅了する注目チノパン

注目度:
参考価格:¥15,000前後

スティルバイハンドのチノパンの特徴

  • 抜群のコストパフォーマンスがある意味価格破壊
  • 絶妙なさじ加減の美しいシルエットが魅力

直訳すると「いまだに手で」という意味になる通り、たくさんの人間の手によって作られる洋服の独特なクラフト感や温もりを感じるコレクションが高く評価されているブランド。

綿糸を3本撚り合わせた三子糸を使用したチノパンなど、優れたスペックと美しいシルエットを両立させつつ、驚愕とも言える価格帯で展開されています。

イエロールビー(YELLOW RUBY)

現代的かつ独創的なシルエットのチノパンが話題のブランド

注目度:
参考価格:¥0,000前後

イエロールビーのチノパンの特徴

  • スタイリッシュなのにストレスフリーなデザイン
  • 現代的なシルエットの中に独創性のある作り

「見る人を楽しませたい」をテーマとし、現代的なシルエットにこだわりながら、独創的なデザインや色使いと定番的なスタイリングを混ぜ込んだ独自の表現が多くのファッショニスタを魅了するブランド。

テーバードなのにリラックス感のあるシルエットで生み出されるチノパンが特に人気のブランドです。

バリーブリッケン(BARRY BRICKEN)

最高のチノパンブランドと謳われる名門中の名門

注目度:
参考価格:¥30,000前後

バリーブリッケンのチノパンの特徴

  • まるでドレスパンツのような上質感と華やかさ
  • チノパンの最高峰とうたわれる圧倒的品質

1969年のアメリカはボルチモアで創業したトラウザーズブランド「バリーブリッケン(BARRY BRICKEN)」。

チノパンでありながらドレスパンツのような作りの丁寧さ頑強さが評判になり、チノパンの最高峰ブランドとして世界中のファッショニスタから高い評価を獲得している名門ブランドです。

ジャパンブルー(JAPAN BLUE)

デニムの名門らしいセルビッチのチノが人気のブランド

注目度:
参考価格:¥15,000前後

ジャパンブルーのチノパンの特徴

  • ロールアップした際に差のつくセルビッチのチノ
  • 日本製にこだわった丁寧な作りの良さ

日本メイドにこだわり続けるデニムブランドとして2011年に岡山県倉敷市でスタートした「ジャパンブルー(JAPAN BLUE)」。

桃太郎ジーンズで有名な会社の手がけるブランドでありそのクオリティの高さはすでに証明済み。クラシカルなシルエットや国産の上質なチノパンが世界中のファッショニスタ達を魅了しています。

ブラン(blanc)

性別を超えて愛される「幻のチノパン」と呼ばれる銘品

注目度:
参考価格:¥20,000前後

ブランのチノパンの特徴

  • チノ系パンツの頂点と言われる完成度の高さ
  • 入荷即完売を繰り返すため幻とも言われるブランド

多くのセレクトショップで「入荷即完売」を繰り返すため、常連であっても1度も現物をみたことがないなって人も多い幻のチノパンとしてマニアックなファッショニスタを中心に話題となっている注目ブランド。

ウィメンズ用のワイドデザインとして展開されている美しいシルエットが男性ファンの心をつかみ、むしろメンズでの販売数の方が増えているという稀有な流れを持つブランドです。

ザ ナーディーズ(THE NERDYS)

シルエットにとことんこだわったクラシックなチノパンが人気

注目度:
参考価格:¥20,000前後

ザ ナーディーズのチノパンの特徴

  • 「常に履くことができる」普遍的なクラシック
  • 癖はないがステージ衣装のように美しいチノパン

NERDは英語のスラングで「ださい」の意味。音楽にどっぷりハマったファッションに頓着しない人のためのステージ衣装をテーマとし、2013年春夏シーズンよりスタートした日本のブランドです。

スーツスタイルに向き合ったデザインが多く、落ち着いた大人の「オシャレ」が楽しめる銘品揃いなブランドです。

コンフェクト(CONFECT)

着心地にこだわったシンプルで実用的なチノパンが見つかるブランド

注目度:
参考価格:¥15,000前後

コンフェクトのチノパンの特徴

  • 時代遅れにならない定番アイテム的風格のデザイン
  • キメすぎたくないけど着飾りたい時におすすめ

会社自体は昭和25年にスタートしており、カットソーの製造で蓄積したノウハウを生かし2009年からスタートしたメンズラインが「コンフェクト(nest Robe CONFECT)」です。

気取りすぎず、時代に左右されすぎないことを重視したタイムレスなチノパンが高く評価されており、値段とクオリティのバランスが取れた普遍的魅力に溢れています。

シルエット別。チノパンツを使ったメンズコーディネート特集

ここからはチノパンを使ったコーディネートをご紹介していきます。

チノパンツと一口にいってもシルエットによってその雰囲気は大きく異なります。そこで代表的なのシルエット別にご紹介していくので、自分の好みのシルエットはどれなのか、確かめながらご覧ください。

スキニー・ストレートシルエットのチノパンツを使ったコーディネート

Iラインならチノパンツもクリーンな印象に仕上がる

wear

スキニーシルエットのチノパンツは、Iラインと呼ばれる上半身と下半身のボリュームに差をつけないシルエットで、スタイリングをするのがオススメです。

ストンと一直線に落ちるようなシルエットを意識と野暮ったい印象に見えがちのチノパンもクリーンな印象に仕上がります。

ブル―シャツとストレートシルエットのチノパンツ合わせなら清潔感溢れる着こなしに

wear

ストレートシルエットのチノパンは、いま流行りのリラックスシルエットのトップスにも相性抜群。

適度にリラックス感を演出しつつ、ブルーシャツが持つ清潔感も演出でき、メンズコーデも格上げしてくれます。

チノパンをキレイめに仕上げたいときは細身のシルエット+シャツ合わせがオススメです。

ストレートシルエットのブラックチノパンツなら男らしさを格上げしてシックに仕上がる

wear

テーパードシルエットよりもヒップラインが細いストレートシルエットは、スマートでスッキリとした印象が特徴。

色味も定番のベージュではなく、ブラックを選択してシックでモダンな印象に仕上げています。

ストレートシルエットはキレイめに見えるので、普段から細身シルエットのアイテムが好みの方にオススメです。

テーパードシルエットのチノパンツを使ったコーディネート

テーパードシルエットのチノパンツならリラックス感の出しつつ清潔感溢れる着こなしに

wear

腰周りにゆとりを持たせ、裾に向かって細くなるテーパードパンツは、着こなしを上品に見せることが出来るので、初心者が一番扱いやすいシルエットです。

リラックスした雰囲気を活かし、トップスもリラックスしたシルエットのアイテムでまとめて旬なエフォートレスな着こなしに仕上げるのがオススメです。

カジュアルになりすぎないようシャツやスウェードのローファーを合わせるなど、キレイめアイテムを合わせることを意識すると、大人の雰囲気を損なうこともなく、リラックスした雰囲気を演出できます。

ブラックのテーパードチノパンツをブラックコーデに合わせてシックに仕上げる

wear

ブラックのテーパードチノパンツをブラックコーデに合わせたシックな印象のコーディネートです。

ブラックは重たい色味でもあるので、グレーをインナーに挟むことで、重たさを軽減し、軽やかな印象に仕上げています。

真っ黒に仕上げるよりも墨黒やダークグレーを混ぜて着こなすことで、メンズコーデも格上げします。

グリーンのチノパンツなら他と差別化できる

wear

チノパンといえば、ベージュのイメージが強いですが、グリーンの色味も選択して他と差別化するのも一つの手。

カーキやオリーブもそうですが、グリーン系の色味は、スタイリングの男らしさを底上げしてくれます。

武骨らしさを全面に出すのも良いですが、ボーダーTシャツを合わせてクリーンに仕上げるのも、季節感を簡単に出せる方法の一つです。

ワイドシルエットのチノパンツを使ったコーディネート

ワイドシルエットのチノパンツならリラックスした雰囲気を演出できる

wear

ゆったりとしたシルエットとリラックスした雰囲気が魅力のワイドパンツ。

コーデの主役として使うことができ、幅広いスタイリングに合わせられる万能シルエットです。

レトロなムードを醸す腰ゆるプリーツ入りのワイドパンツをメインに、ネイビーのセーターにスタンドカラーシャツをレイヤリングしたクラシックモダンなスタイリングです。

色味もベージュではなくカーキをチョイスすることで、大人の無骨さを演出し、大人ムードを醸し出しています。

オフホワイトのワイドチノパンツでトレンド感を演出

wear

昨今ブームとなっているオフホワイト系のワイドパンツ。

チノパンならではの武骨さも相まって大人の着こなしにもよくハマります。

オフホワイトのチノパンは他のアイテムも明るい色合いでスタイリングしてあげることで、マイルドな印象に仕上げることができます。

ブラウンのワイドチノパンツで男らしい雰囲気を格上げ

wear

大人っぽい雰囲気を醸し出すブラウンのチノパンは、MA-1と合わせて武骨さを際立たせると男らしい雰囲気を損なわずにメンズコーデを格上げしてくれます。

MA-1は着こなし形次第で野暮ったく武骨な印象になりがちなので、ブラウンといった大人っぽく適度に品のある色合いと組み合わせることで、武骨さを軽減することができます。

編集部が厳選するチノパンおすすめベスト3はコレ!

本記事では【男性から人気のメンズ向けおすすめチノパン】をご紹介させて頂きました!

シーエッジ編集部が使い勝手の良さや合わせやすさからベスト3を選ぶなら

  1. 874|ディッキーズ(Dickies)
  2. B11|カーハート(Carhartt)
  3. NN-PANTS|グラミチ(GRAMICCI)

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーディネートに合うチノパンを見つけてみてくださいね!

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG