ザ・ノースフェイスで人気のおすすめメンズリュック厳選13モデル

知名度・実力を兼ね備えた『ノースフェイス』は、10代〜40代の幅広い年齢層から絶大な支持を獲得する最も有名なアウトドアブランドの一つです。

ウェアやアウトドア用品など、どのジャンルにおいても高い人気を獲得していますが、中でもリュックのカテゴリーは、ブランドで最も人気のあるアイテムです。

アウトドアザック=ビジネスリュックまで、実に幅広いリュックを展開しているブランドなので、今回は『ノースフェイス』でおすすめのリュックを厳選してご紹介します。

機能性やデザイン性など、各モデルの特徴を詳しくご紹介しているので、ぜひご自身のスタイルに合う理想のリュックを見つけてくださいね!

Kentino
どのサイトよりも詳しくノースフェイスのリュックについて解説しているので、欲しかったモデルに必ず出会えますよ!
関連記事

定番ブランドからシーエッジ編集部がおすすめの最新ブランドまで、本記事では【2021年最新版】おすすめのメンズリュックブランド30選をご紹介します。 リュック選びに迷っている男性は、本記事を読めば欲しかった理想のリュックに出会え[…]

買って損なし!ノースフェイスの名作揃いなリュックに注目!

後にも先にもノースフェイスを超えるアウトドアブランドは現れないのでは?と思うほど、幅広い世代から絶対的な人気を誇っています。

2016年から爆発的な人気となった「BCヒューズボックス」や機能美に溢れた同ブランドのロングセラーモデル「ホットショット」さらにはビジネスシーンでの愛用率の高い「シャトルデイパック」など、一度は耳にしたことのあるモデルが勢ぞろい。

まさにリュック業界でもオールスターが揃ったブランドです。

そのため、新しいリュックや買い替えを検討している男性は、必ずノースフェイスのリュックを選択肢に入れておきましょう。

ノースフェイスのリュック3つの魅力

ノースフェイスのリュック3つの魅力
  1. 現代にぴったりのお洒落なデザイン性
  2. アウトドアブランドならではの高い機能性
  3. 一度購入すれば長期間使える

現代にぴったりのお洒落なデザイン性

アウトドアブランドブームの火付け役と言っても過言ではない「ノースフェイス」。ここまで指示される一つとして現代にぴったりなスタリッシュなデザイン性が挙げれます。

「ノースフェイス」のリュックは、どのモデルをとっても良い意味でアウトドアブランドらしさをあまり感じません。

そのため、野暮ったい・カジュアルすぎるなど、大人の男性にとってデメリットになりうる雰囲気や印象さえも感じず、都会的でスタイリッシュなお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。

アウトドアブランドならではの高い機能性

ノースフェイスは単におしゃれだから人気があるのではありません。アウトドアブランドならではの高い機能性に惹かれる男性が多いのも特徴。

デザイン性も良いけどしっかり機能性も充実したリュックが欲しいとお考えのあなたにぴったりのブランドです。

17インチと大きめのPCを収納できるモデルからメインルームが3つも付いたモデル、さらにはガジェット類の収納に最適なオーガナイザーポケットが充実したモデルなど、必ず自分好みの機能を搭載したモデルに出会えます。

さらに人間工学に基づいた設計の背面パネルや夏場の汗やムレを軽減してくれるメッシュ素材のショルダーベルトなど、背負う人を第一に考えた設計を忘れてはならない機能の一つです。

このように背負う人にとって最適な機能を搭載したノースフェイスのモデルは、リュック選びにとって必ず候補に入れておきたい外せないブランドなのです。

一度購入すれば長期間使える耐久性の高さ

「ノースフェイス」の良さといえば、アウトドアブランドでもトップクラスの耐久性の高さ。

どのパーツも高品質なものを使用し、精密に製造しているので、長期間愛用してもほつれや壊れることはよっぽどのことがない限りありません。

また、素材や加工方法にもこだわっており、通常のナイロン地と比べ約7倍もの強度を誇るバリスティックナイロン地などを採用。

さらに強度を増すために600~1600Dの非常に頑丈なデニール糸で織られています。

品質の高いパーツと引き裂きや擦れにも強い生地て作られたリュックは、アクティブな動きにも対応し長い間ずっと愛用し続けることができます。

ノースフェイスのリュックを購入する前に注意しておきたいこと

バラエティー豊かなリュックを販売するノースフェイスですが、実は大きく2種類に分けることができます。

1つめは「BCヒューズボックス」や「シャトルデイパック」のような上部限界まで荷物を収納できる四角い形のシルエットが特徴のスクエアリュック。

防水・撥水加工などを施し、雨の日にも強い特徴があります。

2つめは「ホットショット」などのリュックサック形状のもの。登山といったアウトドアに必要なスペックを搭載しているので、非常に耐久性が高く、また使い勝手も抜群で多機能を搭載しています。

スクエア形状 リュックサック形状
  • 大容量だから仕事終わりにジムに行く人にも◎
  • 無骨な男らしい雰囲気を醸し出す
  • 防水・撥水加工済みで雨に強い
  • 多機能でハイスペック
  • 人間工学に基づいたモデルも多く背負い心地抜群
  • 普段の着こなしにもお洒落にハマる
  • サイズがやや大きく着こなしのバランスを崩してしまう
  • 小柄な男性が合わせる際は注意が必要
  • アウトドアの雰囲気も強いのでスーツに合わせる際は注意が必要
  • やや雨に弱い傾向も
Kentino
上記の表も参考に大まかに好みはどちらなのか決めておくと選ぶのも楽になりますよ!

まずはコレ。ノースフェイスの超定番モデル3選

『ノースフェイス』でリュックを探すなら外せない定番モデル3選をご紹介します。

ブランドを代表するモデルとなるので、どのシーンでも使える汎用性の高いリュックや買って絶対に後悔しない魅力的なリュックをお探しの男性は、以下の3選からお探しください。

ホットショットCL

定番にして頂点。幅広いシーンで活躍してくれるオールラウンダー

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ51cmヨコ33cmマチ20cm
素材:420Dナイロン(K、NB、PG)、600Dポリエステル(WK、BO)、300Dポリエステルヘザー(ZG)、ジャカードカモポリエステル(BC)、240Dポリエステルヘザー(BD)、1680Dナイロン
容量:26L・重量:1135グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPC収納スリーブ内蔵
ポケットの数:13(外側3/内側10)
カラー展開:全13色
販売価格:¥19,440 (税込)

おすすめポイント

  • 幅広いシーンで使える汎用性よ機能性の高さ
  • 1つのリュックで全てのシーンに対応できるオールラウンダー
  • リュック選びで失敗したくないならコレ!

同ブランドのロングセラーモデルとして幅広い層の男性から支持される「ホットショットCL」。

リュックをお探しの全ての男性におすすめできるほど、充実した機能・お洒落なデザイン・壊れにくい耐久面など、人気の理由はズバリ欠点の少なさ。

サイズ的にはやや大きいものの、不思議とどの着こなしにもしっくりハマるデザインなので、毎日の着こなしにリュックを合わせるのが難しいと考えている男性には特におすすめです。

また、使い込むうちにその使い勝手の良さの虜になる方も多く、このリュックがあるだけで普段使いはもちろん、トラベルシーンからアウトドアシーンまで使えるので、他のリュックは必要ありません。

それぞれ別になったPC・タブレット収納スペースは、衝撃を吸収するソフトな作りなので、安心して大切なデジタルグッズを持ち運べます。

フロントの大きなコンパートメンルームには、小物の仕分けに便利なオーガナイザーポケットを多数完備しており使い勝手抜群。

サイドに付いたベルトは荷物の量や大きさによって自由に変更することができるので、荷物の少ない日・多い日問わずマチ幅を自由に変更できます。

さらにショルダーストラップには、直接目で見て分かる通気性の良いエアメッシュ素材を採用。

夏場などの暑き時期でも汗やムレを軽減し快適な背負い心地を維持することができます。

リュック選びで失敗したくない。長期間の使用を考えている男性は、まずこちらのモデルを選んで間違いないほど、シーエッジ編集部も太鼓判を押すモデルです。

BCヒューズボックス2

ロングセラーモデルにして大定番の大容量防水バッグパック

BC Fuse Box II

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ46cmヨコ33cmマチ14cm
素材:1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)1680Dナイロン
容量:30L・重量:1010グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPC収納パッド付きスリーブ内蔵
ポケットの数:8(外側3/内側5)
カラー展開:全10色
販売価格:¥11,550 (税込)

おすすめポイント

  • 取り外し可能なインナーオーガナイザー完備
  • 荷物多いときも安心の30Lの大容量サイズ
  • 雨にも負けない高い防水性

2016年頃からタウンユースで存在感のある四角いリュック「BCヒューズボックス」が急激に流行りはじめ、気がつくと”定番リュック”の一つとして紹介されるまでの知名度に。

かぶり率の高いリュックなだけに手を出せない男性も多いですが、それでも欲しい充実な機能が魅力です。

今回ご紹介しているのは「BCヒューズボックス2」。背負いやすさと使いやすさを向上。

上部限界まで収納できる大容量なシルエットに加え、内部には取り外し可能なオーガナイザーポケットを完備。フラップ裏にはメッシュポケットを搭載し貴重品の収納に最適です。

しかし、サイズ感がやや大きくスーツにランドセルを背負ってる雰囲気になってしまうので、ビジネスシーンには不向きな一面も。

休日使いでもサイズを一回り小さくしたモデルを選び、存在感を抑えることでお洒落に合わせられます。

Kentino
大容量にして防水性。価格も1万円とリーズナブルなので、雨の日も使える大容量防水リュックをお探しの男性このモデルがおすすめです。
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水[…]

waterproof

ビッグショット クラシック

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ55cmヨコ35cmマチ25.5cm
素材:420Dナイロン(K、NB、PG)、600Dポリエステル(WK、BO)、300Dポリエステルヘザー(ZG)、ジャカードカモポリエステル(BC)、240Dポリエステルヘザー(BD)、1680Dナイロン
容量:32L・重量:1270グラム
A4サイズ収納可能・17インチまでのPC収納スリーブ内蔵
ポケットの数:13(外側4/内側10)
カラー展開:全18色
販売価格:¥18,700 (税込)

おすすめポイント

  • 「ホットショットCL」の一回り大きい定番モデル
  • 17インチまでのPC・タブレット端末収納可
  • 荷物の多い人はこっちがおすすめ!

定番モデル「ホットショットCL」を一回り大きくした「ビッグショット クラシック」は、「「ホットショットCL」では、少し容量が足りない」という方におすすめです。

また、身長の高い方、体格の良い方からすると本モデルのほうが背負いやすいと感じるはずです。

最大17インチまでのPCスリーブ、11インチのタブレット端末を収納できるスリーブをそれぞれ1つずつ完備。

さらに、オーガナイザーポケット、さらには外部に合計4つのポケットを完備するなど、機能性の高さが魅力です。

こちらも定番モデルとなるので、サイズや容量といった観点からどちらが自分に合うのかで選ぶが良いでしょう。

ノースフェイスでおすすめのリュック7選

『ノースフェイス』は、定番モデル以外にも魅力的なリュックを種類豊富に販売しています。

紹介しないのは、勿体ないので、ここからはノースフェイスのおすすめリュックを7選ご紹介します。

ピボター

圧迫感のないサイズ感でバランス良く背負える

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ49.5cmヨコ32.5cmマチ24cm
素材:600D 50%リサイクルポリエステル(K、UN、BG、DB)、600D 50%リサイクルポリエステルエンボス(CR)、300Dポリエステルヘザー(MG)
容量:27L・重量:830グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPC収納スリーブを完備
ポケットの数:10(外側4/内側6)
カラー展開:全9色
販売価格:¥12,100 (税込)

おすすめポイント

  • 普段使い~アウトドアシーンにまで使える万能モデル
  • 逆三角形のようなシルエットでスタイリッシュな雰囲気

「ピボター」が、定番モデルや人気モデルだと他の人と被ってしまう。そんな男性におすすめしたいモデルです。

デイリー使いに丁度良いデザインと機能が魅力の影に隠れた名作モデルとしてファンからは親しまれています。

カラー展開は、全9色と豊富で定番のブラックカラーもおすすめですが、このクラシカルなデザインならベージュやカーキなどの色味のほうがよりデザインとマッチしてお洒落な雰囲気になります。

機能面では大小10個ものポケットを搭載。フロントの大きなポケットには手帳や貴重品など必需品の収納に最適。

また、擦れやすいマチ底には高強度素材を採用し耐久面も申し分なし。

アクティブなアウトドアシーンやトラベルシーンから普段使いまで、用途やシーンを選ばずに使える万能デイパックです。

アクセスパックオーツー

PCやタブレット端末を持ち歩く全ての男性におすすめ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ45cmヨコ32cmマチ18cm
素材:400Dナイロン/ポリエステルヘザーエンボス
容量:25L・重量:1720グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPCを収納できる単独の保護スリーブ完備
ポケットの数:8(外側4/内側4)
カラー展開:全2色
販売価格:¥35,200 (税込)

おすすめポイント

  • リュック本体が自立する設計
  • スタイリッシュでスマートなデザイン
  • ハードケース調のフレーム構造を採用し、PCらを衝撃から守る

ノースフェイスが打ち出す次世代デイパックの「アクセスパックオーツー」。

大幅な軽量化と実用的な使い勝手の良さが魅力となっており、現代人には欠かせない機能が充実しています。

PCを持ち歩く全ての男性に男性におすすめできるモデルですが、中でもエンジニア関係で働く男性には特におすすめできるモデルです。

ワンプッシュで開くロック機能付きのメインコンパートメントは、1日に必要な荷物をしっかり収納できます。蓋を開くような近未来的な構造となっており、中身の確認もしやすくかなり便利。

最大15インチまで収納できるPCスリーブには、ヒモを引っ張るだけで快適に取り出せるイジェクト機能を搭載。

PCとは別にタブレットやアイパッド収納に適したポケットも完備しており、こちらも同様にイジェクト機能付きなので快適に取り出せます。

さらにガジェット収納に適したオーガナイザーポケットを内部に完備しており、効率的に収納を行えます。

また、PCを収納すると一気に重量が重たくなることを考え、背面パネルは背負いやすさを重視したソフト立体構造を採用。背中に快適なフィット感をもたらし疲れを軽減してくれます。

オフィスカジュアルにもスーツにも合わせられる都会的なデザインなので、デイリーユースに最適です。

BCヒューズボックストート

ときにトートバッグとしても使える2WAY仕様

BC Fuse Box Tote

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ40cmヨコ28cmマチ13.5cm
素材:1000DTPEファブリックラミネート(ポリエステル100%)、1680Dナイロン
容量:20L・重量:580グラム
A4サイズ収納可能・15インチのスリーブ完備(PC収納はおすすめしない)
ポケットの数:5(外側1/内側4)
カラー展開:全27色
販売価格:¥10,450

おすすめポイント

  • シーンによって使い分けれる2WAY仕様
  • 全27色カラーという豊富なカラーリング

定番の「BCヒューズ」シリーズのトートバッグタイプとして発売されてから荷物の多い学生を中心に人気を集めるモデルです。

背負うとサイズ感が大きいため、着こなしや背負う人を選んでしまう欠点もあるものの、トートバッグとしても使える2WAY仕様を高く評価し今回ご紹介しています。

メインルームの開閉口はファスナーなしの簡単アクセス。メッセンジャーバッグのような使い方もできるので、普段から自転車やバイクに乗る男性には特におすすめです。

荷物の多い学生向きリュックですが、普段から自転車・バイクに乗って通勤する男性にもおすすめのモデルです。

トートパック

カジュアルで親しみやすい雰囲気が魅力。休日に使いたい可愛らしいリュック

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ37cmヨコ25cmマチ11cm
素材:600D 100%リサイクルポリエステル
容量:15L・重量:455グラム
13インチまでのPC・タブレット端末スリーブを完備
ポケットの数:1(外側0/内側1)
カラー展開:全5色
販売価格:¥8,800 (税込)

おすすめポイント

  • 親しみやすいデザインと気軽に背負えるサイズ感
  • 休日のお出かけ~ハイキングといったアウトドアシーンにおすすめ

まさに家族と休日のお出掛け用途で使いたくなるようなミニマムで可愛らしいルックスが魅力の「トートパック」。

小さいサイズ感なので、着こなしの邪魔になることもなく、またアウトドアシーンといったアクティブな用途でも柔軟に対応してくれます。

また、可愛らしい見た目だけではなく素材に注目!

リサイクルポリエステルというプラスチック廃棄物からリサイクルして作られた環境に優しいエコ素材を100%使用。

強度を増すために600デニール加工を施し、引き裂きやほつれることなく長期間使えるよう製造されています。

機能面は至ってシンプル。1気室のメインルームに13インチまでのPCやタブレットを収納できるスリーブを搭載しています。

休日のお出掛け用リュックをお探しのお父さんにおすすめのデイパックです。

シティボイジャーデイパック

タウンユース使いに適したミニマルなサイズ感が魅力

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ43cmヨコ31.5cmマチ10.5cm
素材:100%リサイクルナイロン・ポリエステルインサレーション
容量:19.5L・重量:520グラム
A4サイズ収納可能・11インチまでのPC・タブレット端末収納可
ポケットの数:ー
カラー展開:1色
販売価格:¥13,200 (税込)

おすすめポイント

  • 気軽に背負えるミニマルサイズ
  • 他のモデルに比べて安価な価格帯

タウンユース使いには丁度良いサイズ感の「シティボイジャーデイパック」。

休日のちょっとしたお出掛けやハイキングに使える小さめなリュックをお探しの男性におすすめです。

他のモデルと比べると機能面では怠るものの、休日使いなら逆にシンプルな方が使いやすさが増すので、シンプルで使いやすいリュックをお探しの男性には、こちらのモデルをおすすめします。

また、他のモデルに比べてリーズナブルな価格帯となっているので、予算1万円前後で休日使いできるリュックをお探しの方は、ぜひ候補に入れておいてください。

グラムデイパック

スーツケースのハンドルに取り付けられる機能を完備。旅行好きにはかなりおすすめ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ45.5cmヨコ27.5cmマチ17cm
素材:70Dリサイクルリップストップナイロン(シリコン/PUコーティング)
容量:20L・重量:285グラム
A4サイズ収納可能
ポケットの数:ー
カラー展開:全3色
販売価格:¥12,100 (税込)

おすすめポイント

  • 小さく折りたためるパッカブル仕様
  • トラベル・普段使いのサブリュックとして本領発揮

一見見た目は普通のリュックと同じような雰囲気ですが、実はこちら小さく折りたためることのできるパッカブル仕様のモデルなのです。

使いわないときは、手のひらサイズの大きなにまで小さくできるため、デイリーはもちろん、旅先のサブリュックとしても大活躍してくれます。

また、サイドポケットやフロントポケットの他にスーツケースのハンドルにそのまま取り付けられるウェビングテープを背面側に完備していたりと普通のリュック顔負けな機能が充実。

ショルダーハーネスもしっかりしており、背負い心地もパッカブルリュックとしてはかなり良いので、長時間背負っていても疲れにくく快適です。

普段使いはもちろん、旅行のサブバッグとして活躍してくれますし、なによりブランドバリューが高いので、おしゃれなアウトドアブランドのパッカブルリュックを愛用したい方には特におすすめです。

Kentino
折りたたみリュックの魅力についてもっと知りたい方は以下の記事も合わせてご覧ください。
関連記事

一度使うと手放せなくなる人続出のパッカブルリュック。 なんと言っても使わないときは小さく折りたたんでコンパクトに持ち歩けるので、トラベルシーンやアウトドアシーンで特に重宝します。 また、最近ではデザイン性の高いおしゃれなモデルも[…]

ノースドームパック

大人でも背負える大容量リュックをお探しの方はコレ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ52cmヨコ24cmマチ27cm
素材:200D100%リサイクルポリエステルリップストップ
容量:31L・重量:ー
A4サイズ収納可能・13インチまでのPC収納可
ポケットの数:ー
カラー展開:1色
販売価格:¥19,800 (税込)

おすすめポイント

  • 31Lの大容量モデルで荷物の多い日も安心
  • サイズ感は大きめですが普段使いもできるシルエット

普段使いでも問題なし!荷物の多い方やタウンユース・トラベル問わず愛用できる大容量リュックをお探しの男性におすすめの「ノースドームパック」。

30L以上のモデルは、普段使いとしてはやや大きく感じるため、中々手が出せない方も多かったと思いますが、本モデルなら普段使いもできるサイズ感となっているので、安心してタウンユース使いできます。

仕様もマチ底まで大きく開くファスナーや汗・ムレを軽減してくれる凹凸の背面パネルなど、ユーザー目線で作られており流石の一言。

シンプルな1気室のため、嵩張るようなモノもスムーズに収納でき、1泊程度の宿泊荷物も余裕の収納力。

スポーツバッグやタウンユースなど、幅広いシーンで活躍してくれるモデルです。

Kentino
旅行リュックをお探しの男性には特におすすめしたいモデルです。ネット限定ってとこにも惹かれますよね。
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水[…]

waterproof

ノースフェイスでおすすめのビジネスリュック3選

続いてビジネスシーンに特化した『ノースフェイス』のリュックをご紹介します。

スーツにも良く合うスタイリッシュなデザインで、多くの男性から支持されるモデルです。

ビジネス使いをメインに考えるなら以下の3モデルからお選びください。

ローマスリムデイ

洗練されたラグジュアリー感が魅力。大人の男性にはコレ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ48cmヨコ31.5cmマチ15.5cm
素材:840Dナイロン・牛革
容量:18L・重量:1300グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPCを収納できる単独のスリーブ付き
ポケットの数:8(外側2/内側6)
カラー展開:全2色
販売価格:¥26,400 (税込)

おすすめポイント

  • アウトドアブランドらしからぬラグジュアリーな雰囲気
  • 汗やムレを軽減する凹凸のある背面パネルを使用

シーエッジ編集部がビジネスシーンに一番おすすめしたい「ローマスリムデイ」。

ビジネスシーンに最適な20Lの容量や洗練されたデザイン、さらには充実した機能美と三拍子揃った欠点の少ないビジネスモデルです。

デザインに関しては、ノースフェイスのリュックモデルの中でもトップクラスの高さを誇ります。

フロント上部や髄所にあしらわれた牛革素材が全体の雰囲気をワンランク上の洗練された印象に変えてくれます。

機能性では、各種オーガナイザーポケットを完備した使い勝手の良いメインルームやガジェット類の収納に便利なフリースライニングポケットなど、使い勝手抜群。

背面側には15インチのPCや書類の収納適した独立のコンパートメントを完備しており、傷つけることなく綺麗に持ち運びすることができます。

背面は立体成形となっているため、夏場でも快適な背負い心地と疲れを軽減してくれます。

また、自立しやすいセルフスタンディング構造を採用。地面に置いたとしても崩れることなくキチンと綺麗な状態を保てます。

オン・オフ問わず使えるビジネスモデルになるので、ビジネスリュックをお探しの男性は候補に入れておきたいリュックです。

Kentino
洗練されたデザインと使い勝手の良い機能性。値段が高いのがデメリットですが、それでも買って満足すること間違いなしの魅力的なモデルです。オン・オフ問わず使うならこのモデルで決まり!

シャトルデイパック

ノースフェイスのビジネスリュックといえばコレ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ46cmヨコ29cmマチ14cm
素材:1050Dコーデュラバリスティック®ナイロン・500Dコーデュラ®ツイルナイロン/ポリエステル(RD)
容量:25L・重量:1090グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPCを収納できる単独のスリーブ付き
ポケットの数:11(外側4/内側7)
カラー展開:全5色
販売価格:¥19,440 (税込)

おすすめポイント

  • スーツとの相性も良いスマートなシルエット
  • スーツケースのハンドルに取り付けられる仕様
  • ビジネスシーンで本領発揮する多機能モデル

ビジネスマンから高い支持を集めるビジネスリュックのエントリーモデルの「シャトルデイパック」。

ビジネススタイルを崩さないスリムなスクエアシルエットと使い勝手の良い機能が魅力。

嫌味のない親しみやすいデザインとシルエットは、新卒から入社する若手ビジネスマンから大人のビジネスマンにまでおすすめできます。

機能面では、合計3つのメインルームを完備。機能・容量ともにビジネスモデルとしては高いパフォーマンスを発揮してくること間違いなし。

PCの収納可能サイズはなんと17インチまで対応。手持ちのPC類なら全て収納することができ、タブレット類と一緒に収納もできる大容量サイズです。

Kentino
同モデルノースフェイスでビジネスシーンに最適なモデルを知りたい男性は以下の記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

シャトル3WAYデイパック

シーンに応じて「背負う」「持つ」「掛ける」ことのできる3WAY仕様

ノースフェイスのビジネスリュック

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ44.5cmヨコ31cmマチ16cm
素材:1050Dコーデュラバリスティック®ナイロン・500Dコーデュラ®ツイルナイロン/ポリエステル(RD)
容量:25L・重量:1105グラム
A4サイズ収納可能・15インチまでのPCスリーブ完備
ポケットの数:8(外側2/内側6)
カラー展開:全5色
販売価格:¥23,760 (税込)

おすすめポイント

  • 短期出張にも適したサイズ感
  • ビジネスバッグとしても使える

通勤リュックでは出先やフォーマルな営業には不向きと考える男性が多く、ビジネスバッグで渋々通勤する男性も少なくありません。

しかし、こちらのモデルは『背負う』『持つ』『掛ける』ことのできる3WAY仕様。

通勤中は‘‘背負い‘‘、混雑する社内では‘‘持ち‘‘、営業先では‘‘肩に掛け‘‘れば、このリュック一つで全てのビジネスシーンに対応することができます。

このワニのように大きく開く開閉口も収納した荷物の視認性を高め、出し入れをよりスムーズに行えます。

また、見た目に寄らず1泊程度の出張にも対応しているので、出張の度に一々リュックを変えるのはめんどくさい男性にもぴったりです。

ビジネスシーンでの3WAYリュック使用率は、年々高くなっているのでビジネスリュックを変え買えようとしている男性は候補に入れておきましょう。

Kentino
以下の記事では「シャトル3WAYデイパック」同様に3WAY仕様となったおすすめのリュック10選をご紹介しています。ビジネスリュックをお探しの男性は必ず候補に入れておきたい種類なので要チェックです。
関連記事

今ビジネスバッグを選ぶなら間違いなく3WAYビジネスバッグがおすすめです。 通勤や出張など様々なシーンでの使用を想定して作られた3WAYビジネスバッグは、「背負う」「持つ」「掛ける」ことができるので使い勝手抜群! ここ数年で多くのモデル[…]

おすすめの3WAYビジネスバック

ノースフェイスのリュックはどこで買える?販売店舗について

直営店・ロフトや東急ハンズ・大手通販サイトなど、アウトドアブランドの中でも気軽に手に入ります。

また、公式オンラインショップでは、モデルのカラーによってセール価格になっていることも多いので、チェックしておくと自分の欲しかったモデルをお買い得な価格で手に入れることだってできます。

ノースフェイスの直営店を知りたい方はコチラ

アマゾンや楽天市場といった大手通販サイトも日頃から独自のセールをやっているので、そのタイミングを狙って安く購入するのもおすすめです。

ノースフェイスでおすすめのリュックまとめ

本記事では【ノースフェイスでおすすめのリュック13選】についてご紹介しました。

本記事で登場した12選はノースフェイスのリュックの中でも特に人気が高く、この中から選べば間違いないと太鼓判を押せるおすすめモデルです。

ご自身のライフスタイルに合う最適なモデルをお選びくださいね!

ノースフェイスでおすすめのリュック厳選13モデル
Kentino
もう一度気になるモデルを確認したい方はモデル名をタップするとすぐに詳細を見られますよ!
関連記事

アウトドアブランドの中でも頭二つ分ほど抜きに出る「ノースフェイス」。 四角いリュックで一世を風靡した「BCヒューズボックス」や新ビジネスリュックの定番となった「シャトル3WAYデイパック」、休日使いに適した「グラニュール」など、傑作バッグ[…]

関連記事

夏のワードローブに欠かすことのできない鉄板アイテムといえばショートパンツ(ハーフパンツ|短パン)です。 中でもアウトドアブランドのショートパンツはマストハブなアイテムの1つであり、ノースフェイスのショートパンツは飛び抜けた人気を誇る「[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG