【大注目ブランド】ベルーフバゲージで人気のおすすめリュック5選

イマお洒落な男達が首ったけのリュックブランドとしてご紹介させて頂く「ベルーフバゲージ」。

まだ知名度の高いブランドではないので、知らないという男性も多いでしょう。

そこで本記事で大注目の【ベルーフバゲージでおすすめのリュック5選】をご紹介。

現代のビジネスマンがリュックに求める機能やデザインを全て満たしたモデルが多く、また休日にも使えるお洒落なデザインばかりなので、リュックをお探しの男性はぜひ最後までご覧ください。

Kentino
間違いなく流行るバッグブランドだと注目しているので、一足先にチェックしといてくださいね!




ベルーフバゲージ(beruf baggage)ってどんなブランド?

beruf

お洒落好きな感度の高い男性から注目される「ベルーフバゲージ」。(以下ベルーフとしてご紹介)

まだ知名度の高いブランドではないため、ご存じない方も多いと思います。

2006年に東京で創設した「ベルーフ(beruf)」は、ドイツ語で「職業」や「使命」という意味を持ち、はじめは「自転車のある生活」のためのバッグを販売。

そこで培った知識や経験を活かし「ビジネス」「トラベル」「アクティビティ」のテーマへと昇華させ、機能的で快適なアイテムを提案する正真正銘のメイド・イン・ジャパンブランドです。

時代の流れが以上に早い現代において「自転車」というキーワードはバッグを購入するうえでも非常に重要なキーワード。

「ベルーフ」は「自転車のある生活」を想定したモデルも作ることで、常にユーザーが求める機能やデザインに優れたリュックを販売しています。

以下ではそんな「ベルーフ」のリュックを語るうえで必要となるキーワードを3つに分けてご紹介していくので、ご覧ください。


ベルーフのリュックの3つの魅力

beruf

ベルーフのリュックの3つの魅力

「メイド・イン・ジャパン」全てハンドメイド生産

beruf(ベルーフ)

bm-bag.jp

全てハンドメイドでの生産にこだわる「ベルーフ」。

「メイド・イン・ジャパン」とうたっているブランドは日本に数多くありますが、その多くはコストの問題で生産拠点を海外に移す、又は一部の生産を日本で行い後は海外で生産しています。

その点、「ベルーフ」は裁断から縫製までの工程を確かな知識と経験をもった日本の職人が行っています。

日本の職人技術は世界でもトップクラスのクオリティを持ち、高く評価されています。

コストや時間がかかるものの、「良いモノをお客様に届けたい」そのブランド想いがこもったバッグの数々は、細部に渡りキチンと縫製されているので、ほつれや壊れることもなく長期間お使い頂けます。

防水リュックとしては業界トップクラス

beruf

「ベルーフ」をおすすめする最大の理由はこの「防水性能」にあります。

最近ではほとんどのリュックに撥水加工が施されていますが、時間が経つと水分が内部へ沁みてきてしまいます。

その点、「ベルーフ」のリュックはどのモデルにもPVC加工が施されており、時間が経過しても内部に水分が浸入してくることはありません。

また、定番モデルの「URBAN EXPLORER 20」の素材には「DURON™ ポリウレタン」というゴムのようなマットな質感が特徴の防水素材を使用しており、高い防水効果を発揮してくれます。

大型台風やゲリラ豪雨などの記録的な大雨が増えている近年においてこの防水機能は必須要素。

ゆえに「ベルーフ」は防水リュックをお探しの男性におすすめなのです。

関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水リ[…]

waterproof

本当の意味での使いやすさ。機能性にこだわった設計

beruf

最近ではブランドのネームバリューやデザイン性ばかり注目されているリュック業界。

「少し使い勝手が悪くても人気のブランドだから… 」「背負いにくいけど、デザインかっこいいし」など、機能性を無視している方も多いのでは?

「ベルーフ」はその点で現代に必要とされる要素をしっかりおさえたモデルが多い特徴があります。

無駄な機能を省き逆にシンプルな機能で勝負した「WORK OUT 22」が良い例でしょう。その他にも背負ったまま内部へアクセスできるファスナーを採用するなど、とことんユーザー目線で作られた機能が特徴的です。

デザイナーの佐野賢太氏が試作品を実際に使うことでユーザー目線になれているのでしょうね!

Kentino
もし本当の機能性を求めるならリュック選びにおいて「ベルーフ」は選択肢に入れておきたブランドというわけです。

ベルーフで人気のおすすめリュック3選

ベルーフで人気のおすすめリュック3選
モデル名 サイズ 販売価格

URBAN EXPLORER 20

タテ45cm×ヨコ30cmマチ14cm ¥35,200

WORK OUT 22

タテ45cm×ヨコ30cmマチ16cm ¥18,700

 ADAPT ROLLTOP BACKPACK

タテ48cm×ヨコ28cmマチ14cm  ¥19,250 
Kentino
モデル名をクリックするとすぐに詳細を確認することができます

URBAN EXPLORER 20

ありとあらゆる場面で活躍してくれる万能モデル

サイズ:タテ45cm×ヨコ30cmマチ14cm
素材:DURON™ ポリウレタン(防水) / CORDURA® fabric高密度ポリエステル(防水)
容量:19L・重量:950g
ポケットの数:合計12(外:3内:9)

収納可能サイズ:

A4サイズまで収納可・15インチのPC収納可

販売価格:¥35,200(税込み)
URBAN EXPLORER 20の概要
  • 全てのシーンに対応できるリュックをお探しの男性におすすめ
  • 現代人にとって嬉しい機能を多数搭載
  • 「ベルーフ」のリュックでお悩みの方にはコレ!

URBAN EXPLORER 20の詳しい機能

  • 背負ったままでも直接内部へアクセスできるサイドファスナーポケット完備
  • 防水効果の高い「DURON™」とYKK製の「止水ファスナー」を採用。軽量かつ耐久性に優れている
  • 背面パネルに配置されたセキュリティーポケットで防犯対策も可能
  • サイドファスナーポケットのホールを利用してバッグ内部のモバイルバッテリーとモバイルデバイスを接続可能

まず新しいリュックをお探しの男性におすすめしたいモデルがこちらの「URBAN EXPLORER 20」。

「旅行には使えるけど、通勤や休日使いなど大きすぎる…」そんな声に応えてくれるルックスは、モダンでスタイリッシュなデザイン。

そしてどんな着こなしにも合うミニマムなサイズ感は、使いやすく幅広いシーンでも活躍してくれます。

気になる機能性はと言うと…超優秀。効率化が求められる現代にぴったりな機能を多数搭載。

背負ったままでも内部に直接アクセスできるサイドファスナーや着脱可能なデバイス収納用パネル(写真のようなオーガナイザーポケット)、さらには背面パネルに搭載されたセキュリティーポケットなど、現代人にとって使いやすい機能をいくつも搭載しています。

また、キャリーケースのハンドルに付けられるベルトも完備されているので、旅行や出張にも対応。

平日は通勤リュックビジネススタイルに合わせ、休日や旅行は普段の着こなしに合わせるなど、全ての用途やシーンで活躍してくれます。

Kentino
まさに現代の求めるニーズに応えたモデルになるので、新しいリュックをお探しの男性には迷わずおすすめします!

WORK OUT 22

シンプルな1気質が逆に使いやすい。ミニマリスト派のあなたにおすすめ

サイズ:タテ45cm×ヨコ30cmマチ16cm
素材:DURON™ ポリウレタン(防水) / ナイロン(撥水)
容量:22L・重量:550g
ポケットの数:外部ポケット3

収納可能サイズ:

A4サイズまで収納可・15インチのPC収納可

販売価格:¥18,700(税込み)
WORK OUT 22の概要
  • 気軽に背負えるミニマムなサイズ感
  • 着こなしを崩さないモダンなデザイン
  • ベルーフのリュックの中でもコスパ良し

WORK OUT 22の詳しい機能

  • 背負ったままでも直接内部へアクセスできるサイドファスナーポケット完備
  • 防水効果の高い「DURON™」とYKK製の「止水ファスナー」を採用。軽量かつ耐久性に優れている
  • シンプルな1気室の広々としたメインルーム
  • サイドファスナーポケットには頻繁に出し入れが必要なお財布やパスケースなどの収納に最適

気軽に背負えるリュックをお探しの男性には「WORK OUT 22」がおすすめ!

サイズでは先ほどご紹介した「URBAN EXPLORER 20」とほぼ同じですが、こちらの魅力はシンプルな機能性にあり!

最近のモデルは様々な機能が搭載され、魅力的に見えることも多いですが、実際に使ってみると「この機能必要ないな」など、無駄な機能も多かったりしますよね。 

その点こちらのモデルは、シンプルな1気質となっており、仕切りがない分より多くの荷物を収納することができます。

たとえば、仕事に終わりにジムなどに行かれる方ならビジネスアイテムとは別にジム用品を収納することも可能。

また、フロントのファスナーを開くことで内部の底へ収納した荷物の出し入れも安易に行えるので大変便利です。

そのゆえ価格も今回ご紹介しているモデルの中でも圧倒的に安いので、コスパの良い機能的リュックをお探しの男性には特におすすめです。

Kentino
価格面から見ても非常に価値のあるモデルなので、シンプルな機能が逆に良いという男性におすすめです

ADAPT ROLLTOP BACKPACK

タウンユースにもしっかり溶け込む大容量バッグパック

サイズ:タテ48cm×ヨコ28cmマチ14cm
素材:840デニールナイロン(ポリカーボネイトコート)(防水)

容量:20-28L(ロールアップにより調節可能)

重量:700g(全ての付属品を含む)

ポケットの数:外部ポケット3(付属サコッシュ含む)

内部ポケット1(PCスリーブのみ)

収納可能サイズ:

A4サイズまで収納可・15インチのPC収納可

販売価格:¥19,250(税込み)
ADAPT ROLLTOP BACKPACKの概要
  • たっぷり収納できる大容量バックパック
  • その日の荷物の量や大きなに合わせて自由に変化できる
  • 普段から自転車に乗る男性にもおすすめ
ADAPT ROLLTOP BACKPACKの詳しい機能
本体・サコッシュ・コインケースの3点セット
耐久性が非常に高い「840デニールナイロン」も表面に「ポリカーボネイト」でコーティングし軽量・高強度・高耐水を強化
 取り外し可能な「ショルダーパッド」と「背面パッド」は暑い季節にも活躍。
 15インチまでのPCを収納できる専用のスリーブを搭載

大容量リュックだけど重たく見えないモデルをお探しの男性は「ADAPT ROLLTOP BACKPACK」がおすすめ!

何でも収納できる大容量リュックの欠点と言えば、雰囲気を崩し重たい印象にしてしまうこと。

荷物の多い日ならまだしもそこまで荷物がない日や休日使いとなると…使い勝手悪いですよね。

その点こちらのモデルは、その日持ち歩く荷物の量や大きさに合わせて自由にサイズを変更できるロールトップタイプのモデル

着こなしの邪魔になる日なんかはサイズダウンすれば、雰囲気を崩すことなく背負えるのでかなり便利!

さらに。フロントに付けられたポケットは取り外し可能。しかも単独でサコッシュとしても使えるので、休日使いや旅行用途では二刀流がおすすめです。

ロールアップタイプのリュックなので、背中にも沿いやすく普段から自転車に乗る男性も違和感なく背負えて快適です。

Kentino
普段の着こなしにも合わせやすい大容量リュックをお探しの男性におすすめです。
関連記事

通常のバックパックやリュックに比べ多くの荷物の収納を可能になる大容量リュック。 最近ではビジネスシーンに特化した大容量ビジネスリュックも販売されるようになり、多くのビジネスマンから愛用されています。 そこで本記事では、『コスパ』『防水』『[…]

大容量ビジネスリュック

ベルーフでおすすめのビジネスリュック2選

ベルーフでおすすめのビジネスリュック2選
モデル名 サイズ 販売価格

WORK OUT 22URBAN COMMUTER 2×3 WAY BRIEF PACK HD

 タテ42cm×ヨコ30cmマチ22cm(最大)  ¥52,800

URBAN COMMUTER 2WAY BACKPACK

タテ42cm×ヨコ28cmマチ14cm  ¥29,150

URBAN COMMUTER 2×3 WAY BRIEF PACK HD 

画期的な機能を搭載した3WAYビジネスリュック

サイズ:タテ42cm×ヨコ30cmマチ22cm(最大)
素材:CORDURA® fabric高密度ポリエステル(防水)/ 牛革
容量:20L-28L(独立コンパートメントの着脱によって可変)
重量:1,450g~1,900g(本体サイズによって可変)

ポケットの数:内側ポケット:10

ペン挿し:2 外側ファスナーポケット:3

収納可能サイズ:A4サイズまで収納可
販売価格:¥52,800(税込み)
URBAN COMMUTER 2×3 WAY BRIEF PACK HDの概要
  • 多機能な3WAYビジネスリュック
  • 180度開閉可能なオープンファスナーで使い勝手抜群
  • どのビジネスシーンにも使えるビジネスリュックをお探しの男性におすすめ
URBAN COMMUTER 2×3 WAYの詳しい機能
「背負う」「持つ」「掛ける」の3WAY機能

3層の独立構造により本体サイズを2段階で調整(組み合せ)可能

2層を結合した状態は日常の通勤に最適化したビジネスバッグとして

A4ファイルが余裕をもって収納できるメッシュ素材のファスナーポケット
着脱可能なガーメントケースは出張時のプライベートな荷物の収納に最適

出張から通常のビジネスシーンにまで使える3WAYビジネスリュックをお探しの男性におすすめ!

またこちらのモデル、ただの3WAYビジネスリュックではありません。

beruf

実は、着脱可能なファスナーを採用しており、画像のようにそれぞれを取り外すことが可能なのです。

最近になってようやく3WAYビジネスリュックが世間に知られるようになったというのに「ベルーフ」からは用途に合わせて取り外して使うことができる画期的なモデルが販売されているのです。

これなら荷物の少ない日はスッキリとした2層結合状態、出張や荷物の量が多い日は3層結合など、その日の荷物の量や大きさに合わせて選べるので嬉しいですよね!

Kentino
以下の記事では3WAYビジネスバッグを特集しているので、本モデルと見比べてご自身のワークスタイルに合うモデルを見つけてくださいね!
関連記事

今ビジネスバッグを選ぶなら間違いなく3WAYビジネスバッグがおすすめです。 通勤や出張など様々なシーンでの使用を想定して作られた3WAYビジネスバッグは、「背負う」「持つ」「掛ける」ことができるので使い勝手抜群! ここ数年で多くのモデルが[…]

おすすめの3WAYビジネスバック

URBAN COMMUTER 2WAY BACKPACK

都市通勤する全てのビジネスマンにおすすめのモデル

サイズ:タテ42cm×ヨコ28cmマチ14cm
素材:CORDURA® fabric高密度ポリエステル(防水)/ 牛革
容量:17L
重量:750g
収納可能サイズ:A4サイズまで収納可
販売価格:¥29,150(税込み)
URBAN COMMUTER 2WAY BACKPACKの概要
  • スーツに合わせやすいスクエア形状のビジネスリュック
  • 使いやすくてコスパ良し。
  • 耐久性に優れており何年も使い続けられる 
URBAN COMMUTER 2WAYの詳しい機能
「背負う」「持つ」の2WAY仕様

水筒や折りたたみ傘の収納に適したマチ幅広めのサイドポケット

背面からアクセスする独立したPCスリーブ(13インチ対応)

身体に沿ってカーブを描く厚みのあるショルダーハーネス

背負い心地を安定させる2枚の背面パッド

シンプルで無駄のない機能が魅力の「URBAN COMMUTER」。

「都市通勤者のためにデザイン」されたビジネスリュックだけあってサイズ感と言い機能性と言い現代のビジネスマンに丁度良いモデルです。

beruf

このモデルがビジネスマンのニーズを満たしていると感じる箇所は、内部のオーガナイザーポケット。

デジタルライフな現代においてPCの持ち運びはもはや必須事項。

そうなると充電器やポケットWi-Fiなどの電子アクセサリーの持ち歩きも自然と必須になってきます。

こちらのモデルは、PCスリーブとは別にPCアクセサリーを収納することができるので、常に整理整頓された状態で持ち運ぶことができます。

出し入れをスムーズに行うと無駄な時間を省くことができ、効率化にも繋がります。

ビジネスリュックに求められる機能やデザインを全て満たしたモデルになるので、使うなら一切の妥協をしたくないという効率化主義のビジネスマンにおすすめです。

Kentino
以下の記事では大人の男性におすすめのビジネスリュック特集を行っているので、ご自身のワークスタイルと照らし合わせながら最適なモデルをお探しください
関連記事

ビジネススーツにリュックをおしゃれに合わせる男性も増え、今ではすっかりビジネスリュックはビジネスマンにとって欠かせないバッグの一つになりました。 また、「背負う」「掛ける」「持つ」ことのできる3WAYビジネスバッグやPCリュックなど、ビジ[…]

まとめ

本記事では【ベルーフバゲージで人気のおすすめリュック5選】をご紹介しました。

各モデルそれぞれ特徴や魅力が異なるので、ご自身のライフスタイルやワークスタイルに最適なモデルを見つけてくださいね!

ライフ・ワーク問わず使えるモデルなら「URBAN EXPLORER 20」を選んでおけばどちらの用途でも活躍してくれるのでおすすめです。

Kentino
もう一度気になるモデルの詳細を確認したい方は以下の表のモデル名をクリックするとすぐに確認できます
ベルーフで人気のおすすめリュック5選
最新情報をチェックしよう!