ビジネスシーンにも馴染む。マムートのリュックを徹底解説。

一度見かけたら忘れない赤いサークルの中に長い象牙を生やしたマンモスのロゴマークでお馴染みの「マムート(MAMMUT)」。

最近では街中でマムートのリュックを背負う男性を見かける機会も増え、益々注目度も増すばかりのアウトドアブランドです。

今回はそんな‘‘マンモス‘‘ブランドでお馴染みのマムートのリュックをシーエッジ編集部が徹底解剖

おすすめモデルや人気モデルの紹介から愛用者の口コミやレビューなどを詳しく解説しているので、マムートのリュックをお探しの男性は必見の内容です!

Kentino
ご紹介しているモデルは、タウンユースをメインとした小型~中型のバックパックをご紹介しています。通勤・旅行・休日使いできるリュックをお探しの男性は必見の内容となっています!
関連記事

定番ブランドからシーエッジ編集部がおすすめの最新ブランドまで、本記事では【2020年最新版】おすすめのメンズリュックブランド30選をご紹介します。 リュック選びに迷っている男性は、本記事を読めば欲しかった理想のリュックに出会え[…]




マンモスのロゴが目印。マムートってどんなブランド?

マンモスのロゴは目印のマムートは、1862年アルプス山の景観が美しいスイスで誕生。

なんと150年以上もの歴史を持ち、ここ日本でもクライミング・アウトドア好き御用達のブランドとして老若男女に愛されるアウトドアブランドです。

創業以来からモノ作りを大切しつつ、最新の素材や画期的な技術を導入してきた言わば時代の最先端を走り続ける同ブランドのアイテムは、衣服のみならずリュックやバッグといった製品にも力を入れており、最近ではビジネスシーンでの使用率も年々高まっています。

Kentino
街中で愛用する方を頻繁に見かけるようになってきたブランドなだけに気になっていた方も多いのでは?

気になるマムートのリュックの評判

mammut

ここで気になるのがマムートのリュックの評判です。

実際にマムートのリュックを普段から愛用する方の口コミを見てみると…

思っていた以上に使い勝手が良く平日は通勤リュック、休日はクライミングやハイキングに愛用しています。

背中へのフィット感が高く、歩きやすく荷物が軽く感じる。仕事のアイテム以外にもジム荷物を収納できて楽。

最近マムートのリュックが人気だと聞き丁度リュックを探していたので試しに購入。全体の作りもしっかりしていて40代でも安心して背負えるようなデザインで気にっている。

1泊~2泊程度の荷物なら余裕で収納できる大容量サイズ。スクエア形状だから仕事の書類やファイルの角も折れずに収納できて買って良かった

Amazonの口コミを抜粋

全体的に「買って良かった」などの満足感を感じている方を多く見受けられました。

また、思っていたよりもサイズが小さいや大きいなど感じる方もいましたが、人によってサイズ感の受け取り方は様々なので、こればかりはご自身が普段どれぐらい荷物を持ち歩くのか知っておく必要があります。

以下の記事ではサイズ選びに迷わないためにリュックの容量の選び方をご紹介しています。

Kentino
容量やサイズ選びに迷っている方は予め以下の記事をチェックしてから好みのモデルをお選びください。
関連記事

自分の収納したい荷物が入らなった! 大きすぎて使いにくかった! などリュックを購入してから失敗したご経験ありませんか? リュック選びで一番失敗してしまうのが「容量」です。 この記事ではリュックの容量の計算方法から選び方の[…]


新スタンダート。リュックを選ぶならマムートがおすすめの3つの理由

mammut

通勤リュックに使えるアウトドアブランドと聞くとどうしても「ノースフェイス」「グレゴリー」「アークテリクス」の三大ブランドを思い浮かべる方も多いですが、知名度だけで選んでしまうのは勿体ないと思います。

もしあなたがどのアウトドアブランドのリュックを選ぼうか迷っているならば間違いなく「マムート」のリュックは選択肢の一つに入れておきたいそんなブランドです。

ここからは「マムート」の魅力を3つのカテゴリーに分けて詳しく解説していくので、気になる方はご覧ください。

1つ持っているだけでビジネス・レジャー・タウンユースに使える対応力

マムートのリュックは1つ持っているだけで幅広いシーンや用途で使うことができます。

たとえば、トレッキングに適したリュックを探そうとするとアウトドアギミックを搭載したモデルを選ばなくてはなりません。そうなるとタウンユースでには扱いづらく、‘‘山用リュック‘‘になってしまい、街用のリュックをもう一つ買わなくてはなりません。

マムートなら「タウンユース」「アウトドア」両方で使えるバックパックを販売しているので、1つ持っていれば他のリュックを持つ必要もなく、お財布にも優しいです。

雨の日も安心。撥水+防水仕様

モデルによって異なるのですが、撥水+防水仕様のモデルも数多く展開しています。

元々水に強い素材を使い止水ファスナー(水分を通さないファスナーのこと)といった水を弾くパーツなどを使って作られています。

「Seon Courier」や「Seon Transporter」といったモデル名に「Seon」と付くものは、PCやタブレット端末を収納するスペースに止水ファスナーを用いているので、完全に水を防止し雨の日も安心して背負うことができます。

他のモデルも防水仕様でなくても撥水加工は施されているので、多少の雨の中なら中身の荷物も濡らさずに持ち運べることができます。

Kentino
防水リュックについては以下の記事で詳しくご紹介しているので、雨の日にも使えるリュックをお探しの男性は合わせてご覧ください。
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水[…]

waterproof

アウトドアブランドらしい高性能な機能

マムートが老若男女から愛される理由の一つに高性能な機能が挙げられます。

愛用者が口を揃えて「使いやすい」というところは、こうした機能性が関係していきます。

マムートは‘‘山用のギミック‘‘をそのままタウンユースのリュックに搭載するのではなく、タウンユース用に落とし込んで搭載しています。

実際に商品を手にとってもらえれば分かりますが、山用のリュックは見た目のアウトドア雰囲気が強いですが、マムートのリュックはスーツや休日の格好にも合うよう都会的なデザインに仕上げています。

また、内装も満員電車で前掛けした際も荷物の出し入れを行いやすくするためにトップポケットやサイドアクセスができるファスナーなど、ユーザーがタウンユースで必要とする機能を理解しデザインに起こしています。

そうした中で完成したリュックは、どれも実用性に優れており、一度使えば納得の機能性の実感できると思います。

Kentino
最近街中でマムートのリュックを背負う人を見かける最大の理由はこの機能性が関係しているとシーエッジ編集部は考えます。ぜひ一度マムートのリュックを背負ってその機能性の高さに感動してみてほしいものです。

街にも山にも。マムートでおすすめのリュック

まずはタウンユース・アウトドア問わず使えるマムートの万能リュックをご紹介します。

それぞれシルエットから特徴やサイズ感なども変わってくるので、ご自身のスタイルに合う最適なモデルを見つけてみてくださいね!

エクセロンXeron LMNT Element

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H46×W27×D20cm
容量:22L 重量:640g
素材:ナイロン100%
カラー展開:3色
販売価格:¥11,000(税込み)

迷うならまずはコレ!マムートの魅力が全て使った人気モデル

定番モデル「Xeron LMNT 30L」を一回り小さくしタウンユース向けに改良した「Xeron LMNT 22L」。

一回り小さくはなっているものの、機能はそのままと何とも贅沢仕様。

背面側にPCやタブレット端末を収納できる専用のスリーブを搭載。

メインコンパートメント以外にも大小様々な勝手の良いポケットを完備しており、スタイルに合わせて自由に小物等を綺麗に収納することができます。

内部にはスマホやペンフォルダーといったオーガナイザーポケットを完備しているので、整理整頓が苦手な男性でも綺麗に収納できます。

マムートの魅力の全てが詰まったモデルになるので、タウンユースでも山でも使える万能なアウトドアリュックをお探しの男性におすすめです!

エクセロン (Xeron 15)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H42×W25×D17cm
容量:15L 重量:590g
素材:ナイロン100%
カラー展開:1色
販売価格:¥11,000(税込み)

気軽に背負える休日リュックをお探しの男性におすすめ

今回ご紹介しているモデルの中でもコンパクトなサイズ感が特徴の「エクセロン 15」。

小さいながらもマムートが誇る高性能な機能を搭載した高スペックなモデルです。

ロールアップタイプながらもサイズ感が小さいので、可愛らしい印象を持つ人が多く、街中やハイキングといった様々なシーンで活躍してくれます。

マチ幅は薄いものの、しっかり自立してくれるので、型も崩れにくく荷物の量を考えずに背負うことができます。

気軽に背負えるサイズ感なので、休日にも使える小さめのデイパックをお探しの男性におすすめです。

Kentino
ロールアップタイプなので、大きな荷物もしっかり収納でき、見た目以上に荷物を収納できる優れもの!

Xeron 20

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H45×W27×D20cm
容量:20L 重量:600g
素材:ナイロン100%
カラー展開:1色
販売価格:¥12,100(税込み)

ちょっとしたお出掛けに大活躍!コンパクトデイパック

コンパクトなサイズ感が特徴の「Xeron 20」は、日頃持ち歩く荷物が少ない男性におすすめです。

小さいと言いながらも男性が一日に必要とする荷物は全て収納できるので、逆にこれぐらい小さいほうは身動きも取りやすく移動もスムーズに行えますよ!

機能性もユーザーが求めるPCスリーブやサイドポケットも完備しており文句なし。

背面パネルも肌あたりの心地良いメッシュ素材を使用しているので、夏場でも汗やムレを軽減しながら長時間背負い続けることができます。

関連記事

普段の着こなしへの合わせやすさや用途やシーンを選ばずに使える汎用性の高さから大人気の黒リュック。 一度購入してしまえば数年もの間使い続けるものなだけに自分と相性の良い黒リュックを見つけたいですよね。 でも一口に黒リュックといって[…]


マムートでおすすめのビジネスリュック

お次にマムートでおすすめのビジネスリュックをご紹介します。

マムートでビジネスシーンに使えるリュックをお探しの男性は以下からお選びください。

Kentino
ただしそれぞれサイズ感や容量が大きく異なるので、購入前にサイズと容量をチェックしてから購入すると失敗なく理想のビジネスリュックを見つけることができます。
関連記事

ビジネススーツにリュックをおしゃれに合わせる男性の人口も増え市民権を獲得したビジネスリュック。今ではすっかりビジネスマンにとって欠かせない定番バッグの一つとなりました。 また、最近では「背負う」「掛ける」「持つ」ことのできる『3WAYビジ[…]

セオン トランスポーター(Seon Transporter 3-Way)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H48.5×W30×D11cm
容量:18L 重量:1090g
素材:900D ポリエステル WP
カラー展開:全4色
販売価格:¥25,300(税込み)

ビジネスリュックをお探しならまずはコレ!

マムートのビジネス向けモデルの中でも断トツに人気となっている「Seon Transporter」シリーズ。

容量や特徴によって搭載機能は異なりますが、「3-Way」対応の本モデルをシーエッジ編集部では強くおすすめします。

その理由はもちろん、ビジネスという場でのシチュエーションを選ばずに使うことができるからです。

rakuten

混雑する満員電車では「持つ」、移動中は「背負う」、営業時は「掛ける」といった3通りの使い方があるので、このリュックを1つ持っているだけでビジネスシーン全てに対応してくれます。

180度開閉できるコンパートメントルームには、ビジネスマンの必需品でもあるPCやタブレット端末を収納できる専用のスリーブを完備。蓋側にはメッシュポケットを配置するなど実用性の高さも申し分なし。

フロントポケット(上部ポケット)には頻繁に出し入れを行う貴重品やスマホの収納に最適なサイズ感です。

また、上部ポケットとPC収納スリーブは止水ファスナーを使用しており、水分をしっかり弾いてくれるので内部に水が浸みてくる恐れもなく安心して雨の日も愛用することができます。

マチ幅は薄いものの水筒やお弁当といった嵩張る荷物の収納もしっかり行えるので、マムートのビジネス向きリュックをお探しの男性はまずこちらのモデルを選んで間違いありません。

Kentino
様々なシーンに対応しているうえに雨の日も安心して愛用できる防水対応。それでいて気軽に持てるコンパクトサイズ。買わない他ありませんよ!
関連記事

今ビジネスバッグを選ぶなら間違いなく3WAYビジネスバッグがおすすめです。 通勤や出張など様々なシーンでの使用を想定して作られた3WAYビジネスバッグは、「背負う」「持つ」「掛ける」ことができるので使い勝手抜群! ここ数年で多くのモデル[…]

おすすめの3WAYビジネスバック

セオン トランスポーター (Seon Transporter 15)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
容量:15L 重量:740g
素材:ポリエステル
カラー展開:全4色
販売価格:¥19,250(税込み)

手荷物少なめの方必見!A4サイズ収納できるコンパクト通勤リュック

先ほどご紹介した3WAYモデルを一回りほど小さくしコンパクトサイズで生まれ変わった「トランスポーター15」。

A4サイズしっかり収納できながらも最小限のサイズに収めたスクエアリュックで、身軽に通勤したいビジネスマンにおすすめです。

レディースモデルとして販売されているものの、身軽に動けるコンパクトサイズで大人の男性からも人気を博しており、180度開閉できるメインコンパートメントが魅力です。

広々とした内装にはメッシュポケットを完備しており、小物類をキチンと分けて収納することができます。

また、2層に分かれたもう一つにコンパートメントルームには、PCやタブレット端末を収納できるスリーブを完備。

上部にはスマホや貴重品の収納に適した小型ポケットも配置しており、スペースの無駄なく荷物を収納することができます。

Kentino
仕事に必要なアイテムは全て収納しておきながらコンパクトサイズ。混雑するバスや電車でもストレスなく扱える通勤リュックになっているので、通勤時間が長い方ほど満足感は高いと思います!
関連記事

四角シルエットで大人の男性が背負ってもスタイリッシュな雰囲気になる「スクエアリュック」。リュックを選ぶうえで選択肢の一つには入れておきたいシルエットです。 「どこのサイトの記事を呼んでも好みのものが見つからない」 「定番[…]

セオン クーリエ(Seon Courier)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H58×W26×D32cm
容量:30L 重量:1200g
素材:900D ポリエステル WP
カラー展開:全3色
販売価格:¥20,350(税込み)

自転車ユーザーには文句なし!ヨーロッパで大人気の通勤リュック

街使いからレジャーシーンにも対応したマムートの「Seon Courier」が傑作の雰囲気。

自転車ユーザーにとっては嬉しい機能が目白押しのモデルになるので、普段から車よりも自転車派の男性におすすめです。

背面側にはPCとタブレット端末を別々で収納できる独立スリーブを設けており、内部もPCの表面に傷が付かないようソフトな素材を使用しているので、自転車に乗りながらも安心して持ち運びができます。

「ワーク」コンパートメントと呼ばれるスペースには、書類やファイルといったオフィスには欠かせないアイテムをしっかり収納でき、仕切られた「クライミング」エリアには、仕事の後にジムで必要となる荷物を収納できます。

背負った際のサイズ感といい容量といいデイパックと比べて一回り大きいため、通勤リュックだけではなく、海外旅行リュックとしても大活躍してくれること間違いなし!

関連記事

筆者は実に20ヶ国以上も旅をし昨年だけでも8ヶ国も旅をするほど大の旅好き。 そんなトラベラーの僕が推薦する【海外旅行におすすめのリュック13選】をご紹介! 本記事でご紹介している13選は、僕が実際に旅先で愛用しているモデルからま[…]

関連記事

通常のバックパックやリュックに比べ多くの荷物の収納を可能になる大容量リュック。 最近ではビジネスシーンに特化した大容量ビジネスリュックも販売されるようになり、多くのビジネスマンから愛用されています。 そこで本記事では、『コスパ』『防水』『[…]

大容量ビジネスリュック

マムートのリュックはどこで購入できる?

mammut

マムートのリュックを購入する場合「公式オンラインサイト」「直営店」「アウトドア用品店」「通販サイト」4つの方法があります。

人気のアウトドアブランドに比べてマムートは公式の店舗が少ないため、「アウトドア用品店」や「公式オンラインサイト」での購入が一般的ですが、シーエッジ編集部ではアマゾンや楽天市場といった大手通販サイトでの購入をおすすめします。

アマゾンや楽天市場では、独自セールを頻繁に開催しており、そのタイミングを狙って購入すると通常の価格よりも安く購入することができます。

もし時間のある方は、取り扱い店舗で一度サイズ感や容量などを確認し、アマゾンや楽天市場のセールを待ってから購入するのがベストな選択でしょう。

Kentino
大手通販サイトのセールを利用すると大体30%~オフからなので、めちゃくちゃ安く購入することができるので、セールのタイミングを狙うのもおすすめです!

また、アウトドアリュックを取り扱う大きなお店では基本的に取り扱われていることが多いので、お近くのアウトドア用品店にお問い合わせください。

マムートのアイテムを取り扱う店舗を知りたい方はコチラ


マムートでおすすめのメンズリュックまとめ

今回はアウトドア・タウンユース問わず使えるマムートのおすすめリュックをご紹介しました。

アウトドアブランドと聞くと「ノースフェイス」や「グレゴリー」などを思い浮かぶ方も多いですが、やはり人気や定番ブランドなだけに街中・レジャーシーン問わず被りまくります。

「それはちょっと…」となる方には「マムート」のリュックは好都合なはずです。

どのモデルもレジャーシーンのみならずビジネスや休日使いなど、様々なシーンで活躍してくれるので、マムートのリュックをお探しの方は本記事からお選びくださいね!

最新情報をチェックしよう!