大人男子に。おすすめのメンズ折りたたみ傘ブランド大特集。軽量モデル~大型モデルまでご紹介

突然降り出した雨。そんなときに便利な折り畳み傘は、今や梅雨時期以外でも常に持ち歩きたいビジネスマンの必携アイテムの1つとなっています。

とは言っても「サイズや重量」と「雨風に対する強さ」はトレードオフな関係であり、そこに「お洒落さ」まで加わると、自分にとってベストな折りたたみ傘は違ってくるでしょう。

そこで今回は、折りたたみ傘の上手な選び方のポイントをご紹介するとともに、性能に優れたモデルやスタイリッシュな注目モデルを厳選してご紹介致します。

ゆうた
折りたたみ傘の見た目にも性能にもこだわりたい!そんな方は必見のページとなっています。是非読み進めていただければ、あなたの気に入る折りたたみ傘と出会える事をお約束いたします。




大人の男ならちゃんとした折りたたみ傘一つは持っていたい

日頃からバッグに入れておく事で、外出先で突如降り出した雨にも素早く対応ができます。

語弊を恐れずに言うのであれば、年号が令和になった今でも「雨が降ったらコンビニで傘を買う」なんて不経済ですし、家から長い傘を持ってブラブラ歩くなんて時代遅れではないでしょうか。

もちろん、電車や会社に傘を忘れて帰ったり、寄ったコンビニで傘を盗まれてしまったり・・・。

職場を出るときには「自分の傘ってどれだ?」と毎回悩み、帰りだけが雨の日が続いて家の玄関は傘だらけに。

そもそも、行きも帰りも雨が降っているような日が一年に何回あるでしょうか?と考えると、長い傘は存在そのものが邪魔なのもありますが運用自体も合理的とは言えません。

にもかかわらずなぜ折りたたみ傘を使わないのでしょうか?

恐らく

  • 小さくて濡れる
  • 柄が短く持ちにくい
  • しまうのが面倒くさい
  • 持ち歩くのが邪魔

という「イメージ」でしょう。

よく「こんなに技術が進歩してるのに傘は昔から進化していない」なんて言われますが、さては折りたたみ傘業界にあまり詳しくありませんね?

昨今では、雨の振り込みを極限に減らしたロングテールのシルエットや、90g以下というiPhoneより軽い重量を実現したモデルまで、とてつもない進化の道を辿っています。

やはり、大人の男なら、ちゃんとした折りたたみ傘の1つくらいは常に持ち歩きたいところです。

今回はそんな、知られざる折りたたみ傘の世界を、ちょっとだけご案内致しますので、是非自分にあった最適な相棒を見つけていただきたく思います。


知らないと後悔。絶対に失敗しない折りたたみ傘の選び方

最近では折りたたみ傘の進化も著しく、数多の尖った性能な折りたたみ傘が様々なブランドから誕生しています。

しかしそうなってくると世の常である重量や性能のトレードオフな関係性が現れます。

濡れたくないなら大型な折り畳み傘が便利ですが、大型というのは小形のものに比べて重量はどうしても増えますし、便利な機能が搭載されればそれだけ大型化します。

となると「ライフスタイルに合わせた適切な選び方」が重要となってくるわけです。

ポイントは以下の5つ

  1. 収納時の携帯性と重量
  2. 使用時のサイズ
  3. 撥水性と素材
  4. 使い勝手と自動開閉
  5. 耐風性と強度

携帯性の高さなのか、使用時の快適性なのか、ご自身のが折りたたみ傘に求める性能を想像しながら5つのポイントを確認して、理想の1本に求める性能を考えましょう。

折りたたみ傘収納時の携帯性と重量

重量の目安

  • 持ち運びに快適なのは300g以下
  • 常にバッグに入れておくなら150g以下
  • 収納サイズは25cm以下が便利

突然雨が降ってきた時に「持っててよかった」と思うには、やはり天気予報とか関係なく「常に」持って置けるくらいの快適な携帯性は欲しいところ。

  • 折りたたみ時の大きさ
  • 折りたたみ傘自体の重量

この2点は要チェックのポイントです。

ビジネスバッグのサイズによって許容できる大きさは前後しますが、収納サイズが25cm以下であればバッグの中やペットボトル用のサイドポケットで収納できます。

折りたたみ傘使用時のサイズ

使用時直径の目安

  • 濡れたくないなら直径120cm以上
  • 軽量性とバランスをとるなら直径100cm前後

一般的に言えば、身長175cm程度の男性の場合直径100cm〜110cmあたりが傘のサイズとしてちょうど良いとされています。

大は小を兼ねる、かと思いますがサイズの大きさはそのまま重量に直結するため注意が必要です。

例えば、通常の「長傘」の代わりに折り畳み傘を使うという方の場合、普段からバッグに入れて持ち運ぶということは想定していない事もあるでしょう。

そうなったら折りたたみ傘の中でもちょっと重量がある120cm以上のものを選ぶのがおすすめです。

中には自動開閉などの便利な機能や、耐風性の高い物など、長傘と変わらない性能で折りたたんで持ち運べるようなハイスペックな物もあります。

折りたたみ傘の撥水性と素材

高撥水素材の選び方

  • コーティングも重要だけど生地自体も重要

一般的にはポリエステルなどの化学繊維を織った生地に、テフロンなどのコーティングを施すことで雨を防ぐのが基本となります。

しかし、折り畳み傘の場合は雨粒や埃の他に、折りたたみ時の摩擦なんかでもコーティングが摩耗しやすく、撥水性能が下がりやすい傾向があります。

様々なメーカーが「高撥水生地」の研究に力を入れており、生地自体の繊維密度を上げつつ糸を軽量化するなど様々な取り組みが見られます。

あまりに数が多すぎて「これが良い」と断定できませんが、モンベルなどのアウトドアメーカーは「過酷な環境で使う」事を想定しているため、信頼度が高い点は見逃せません。

反対に分厚い生地で超高密度に織られた撥水生地は、重量こそ400gを当たり前に超えてきますが、「傘が濡れない」という特異な性質を持つ点も見逃せません。

折りたたみ傘の使い勝手と自動開閉

使い勝手で選ぶときに欲しい機能

  • 片手で操作できる自動開閉機能
  • 濡れずに畳める逆折り式
  • 晴雨兼用UVカット素材

軽量性に特化した折りたたみ傘の多くは機能自体を簡素化させているため、開閉時に両手を使った作業が必要だったり、畳む際に手が濡れてしまう事は避けられません。

しかし、普段の通勤通学では片手にバッグを持っていたり、傘を畳みながら車に乗り込むなんて場面もあるでしょう。

そういったときに、自動開閉機能が搭載されていれば、折りたたみ傘を広げるのも畳むのもボタン1つのワンタッチ。

さらに逆折り式のモデルであれば、畳む際に濡れていない面が外側に来るため、傘をたたみながら車に乗り込んでも車内が濡れる事はありませんし、畳むときに手を濡らす事もありません。

さらにUVカット素材や断熱遮光素材の折りたたみ傘なら日傘としても使えます。

もちろん機能が増えると重量が増える事は避けられないので、折りたたみ傘を常にバッグに入れておきたいというタイプの方は注意が必要です。

折りたたみ傘の耐風性と強度

耐久性で選ぶ際のポイント

  • 骨の素材はグラスファイバーかカーボンがおすすめ
  • 軽量性と強度のバランスのなら8本骨が最適

折りたたみ傘は軽量性や収納性を求めるため、耐風性や強度がおざなりになりがち。

長傘と違って可動部分が多く、強風に煽られた際に壊れるのは大抵が可動部分ですから、破損のリスクもそれだけ高くなります。

基本的に、傘骨の本数が多くなればなるほど強度は上がりますが、比例して重量も増えてしまいます。

最近では16本骨や24本骨なんて物もありますが、バランスが良いのは8本骨あたりです。

安物にはアルミ製やスチール製やステンレス製の骨が多いのですが、耐久性や重量に難があるので、予算的にちょっと無理してでもグラスファイバーかカーボン性のものを選ぶのがおすすめです。

【定番】おすすめのメンズ折りたたみ傘ブランド10選

まずは手堅く、性能面やコスパで優れた「買い」な折りたたみ傘を厳選して10ブランドご紹介します。

  1. ユニクロ(UNIQLO)
  2. モンベル(mont-bell)
  3. スノーピーク(Snow Peak)
  4. キウ(KiU)
  5. アンヌレラ(unnurella by WPC)
  6. ワルツインザレイン(waltz in the rain)
  7. パラチェイス(PARACHASE)
  8. イノベーター(innovator)
  9. JATEN
  10. ボディーガード(Bodyguard)

ファッション性重視で選びたい方向けにはページ下部にてご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。

ユニクロ(UNIQLO)|コンパクトアンブレラ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:110cm
収納時サイズ:約28cm
重量:約265g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥1,500前後

おすすめポイント

  • 日本の「定番折りたたみ傘」といえばこれ!
  • 痒いところに手が届く工夫の数々はさすがの一言

1500円で買える工夫の宝石箱のような折りたたみ傘

日本を代表するファストファッションのブランド「ユニクロ」から、日本の折りたたみ傘の基準となるような逸品が展開されているのはご存知でしょうか?

よく手に馴染むハンドルに、安定感重視の8本骨で耐風性も抜群。

紛失しがちな「傘袋」にも着脱式のストラップを搭載することで、折りたたみ傘の使用時にぶら下げる事ができるので失う心配がありません。

高級ブランドの傘に勝とも劣らないスムーズな開閉と、300g以下という絶妙な重量配分はまさに「日本の折りたたみ傘のスタンダード」という絶妙なスペック。

どの折りたたみ傘を買えば良いか迷っている方は、とりあえずこちらを選んでおけば問題ありません。このスペックに不満がある方は、是非他のモデルを検討いただければと思います。

ゆうた
ユニクロは服やズボン意外にも、靴やアイウェアまで様々なアイテムを展開しており、そのどれもが「餅は餅屋ではないのか?」と思うほどに高品質です。折りたたみ傘もまさに「あらゆるスペックのちょうどいいバランス」がとられたスタンダードさが魅力。

モンベル(mont-bell)|ロングテイル トレッキングアンブレラ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:92cm
収納時サイズ:29cm
重量:約145g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥5,500前後

おすすめポイント

  • 圧倒的な軽さと山で使えるガチな耐久性
  • 後方が長い設計なのでリュックなどが濡れにくい

携帯性で選ぶ折りたたみ傘なら右に出る者は居ない王者

日本を代表するアウトドアブランドのモンベルから「常にバッグに入れておける折り畳み傘」を選びたい方におすすめなのがこのロングテイルトレッキングアンブレラです。

モンベルのUL系折り畳み傘はどれも非常に軽く、中には90g以下という異常なモデルもありますが、普段使いにちょうど良く筆者自身も実際に愛用しているモデルがこちら。

ロングテイルの名の通り背中側の骨と生地が長く、リュックを背負っているときに大活躍しますし、後方からの振り込みに強く非常に快適の1言。

もう3年近く天気予報を見る事もなく常にバッグに入れっぱなしで通勤していますが、使用時に全くストレスを感じた事はありません。

骨部分にはカーボン素材が採用されており耐久性も抜群。生地も極細のバリスティックナイロンが採用され、圧倒的な強度と軽量性を実現しています。

ゆうた
ガチめな登山家からアウトドア好きの週末キャンパーまで、コスパとスペックの高さで選ばれる日本を代表するブランド「モンベル」。筆者自身もこの折りたたみ傘を愛用していますが、本当に「買ってよかった人に勧めたくなる逸品」です。

スノーピーク(Snow Peak)|アンブレラUL

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:100cm
収納時サイズ:22cm
重量:約150g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • リュックを使わないなら軽量傘の最強機種
  • 小さなバッグにも完全収納できるコンパクト設計

カバンに入れた事を忘れるベーシックな形状の折りたたみ傘

とにかく「一般的な折りたたみ傘の形状で最も軽くて耐久性のちゃんとあるもの」が欲しいなら、こちらのモデルの右に出る者はないでしょう。

最軽量クラスである重量150gに、最小クラスである収納サイズ22cm。使用時の直径も100cmと、一般的な折りたたみ傘と遜色のないサイズです。

一般的な体型の男性であれば全く困る事のないサイズ感でこの重量はまさに敵なし。

防水性に優れた縫製で作られたパネルと8本の親骨と受骨で耐久性も申し分ありません。

デザイン面にこだわりの強い方や、逆折り式の折りたたみ傘を求めている方なんかだと不満点も出るかもしれませんが、はっきり言って「最強の折りたたみ傘」の1角です。

ゆうた
スノーピークといえば、多くのキャンパーが憧れる一流ブランドであり、アウトドアブームの昨今ではその枠を飛び越え、高級感のあるアウトドア系ブランドとしてファッションシーンでも注目度が上がっており、ブランドバリューとしても申し分ありません。

キウ(KiU)|エアライトアンブレラ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:約100cm
収納時サイズ:約21cm
重量:約90g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥3,000前後

おすすめポイント

  • 十分な広さでありつつ90gという異常な軽量性
  • 日傘としても十分使えるUVカット素材

耐風性に目を瞑ればこれこそが最強の折りたたみ傘

耐久性については多少疑問の残る5本骨ですが、使用時の十分な直径と最軽量クラスの90gというスペックを実現した、究極の折りたたみ傘の1つ。

濃色は90%以上、淡色は80%以上のUVカット率を誇るので、常にカバンに入れておけば晴れの日も雨の日も活躍するユーティリティプレーヤーです。

もちろん重さはiphoneの約半分ですから、常にカバンに入れておいても忘れてしまうレベルの軽さです。

直径100cmを小さく感じる方向けに、親骨長60cm(直径120cm)のラージタイプも、重量130gで展開されています。

こちらも、耐風性については若干の不安がありますが、日常生活においての「強風・豪雨」でなければ十分に対応できますので、是非選択肢の1つに加えていただきたく思います。

ゆうた
レイングッズの名門である株式会社ワールドパーティーが展開する外遊び向けブランド「KiU」。野外フェスやお洒落キャンパーの愛用者が多く、デザインもビジネス系の真面目な物から民族柄などの変わり種まで幅広く備えています。

アンヌレラ(unnurella by WPC)|Unnurella biz Folding umbrella

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径: 約110cm
収納時サイズ:30cm
重量:約380g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥5,000前後

おすすめポイント

  • 正解最高水準の撥水性で「傘が濡れない」
  • 片手で楽々使える自動開閉タイプ

さっと一振りで傘の水気がキレる超高密度繊維の折りたたみ傘

折り畳み傘の最大の難点といえば「濡れた傘の取り扱い」です。

濡れた生地の水気というのは基本的にすぐ乾きません。物によっては家に帰ったら乾かす必要があるほどで、そんなのをカバンに入れたくないという方も多いでしょう。

雨の日の商談でお客様の元を訪れた際に「びしょ濡れの折りたたみ傘」をバッグに入れることもできず、手にブラブラさせているのも情けない姿です。

そんな方におすすめなのがこのアンヌレラ。

世界的なファブリックメーカーである小松マテーレと共同開発した超高密度繊維は、撥水強度試験で最高等級を達成した水の染み込まない生地です。

これにより傘が雨を一切吸収せず、収納するときにさっと一振りして傘に乗っている雨粒を払うだけで、まるで使う前のような状態に戻ります。

しかもこの撥水性はコーティングによるものではないので、撥水性が低下してもなんと「水洗い&アイロン」で新品同様に復活させられる点も素晴らしいポイントです。

生地自体の密度が高く、骨組みもかなりしっかりして耐久性の高い仕上がりなので、重量自体はかなり重めな380gですが、天候に関係なく持ち歩くのでないなら十分な軽さと言えます。

先述したKiUのエアライトアンブレラに、アンヌレラの繊維を使用した重量わずか110gという超軽量モデルも展開されていますので、重量も性能も妥協したくない方はそちらを選んでみても良いでしょう。

ゆうた
レイングッズの名門である株式会社ワールドパーティーが展開する「濡れない傘」がキャッチコピーのブランド「アンヌレラ」。アウトドア好きにはKiUを展開するブランドとしても有名です。

ワルツインザレイン(waltz in the rain)|ヌレイン automatic folding umbrella

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:95.5cm
収納時サイズ:28.5cm
重量:約400g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥6,000前後

おすすめポイント

  • 世界最高水準の撥水性で「傘が濡れない」
  • 片手で楽々使える自動開閉タイプ

アンヌレラより耐風性の高さと剛性のある設計がポイント

スペック的には限りなくWPCのアンヌレラに近い設計です。

ノンコーティングでありながらも高密度に織り上げた特殊な生地が高い撥水性を獲得しており、自動開閉によって片手が塞がっているような場面でも快適な運用が可能です。

ただ、アンヌレラビズと比べると、ほぼ同じサイズの直径でありながら若干重く、そして値段も若干高い。というわけでスペック的に見ると、本当に若干ですが下位互換といった印象。

しかし、アンヌレラが軽量性を重視した7本骨なのに対しヌレインは剛性のある8本骨

その分重量が増えているので一長一短ありますが、風の強い日の使用を想定するならヌレインに軍配が上がります。

ボタンが大きくわかりやすいと言った点や、持ち手の持ち感については好き嫌いが出ますので、この辺りは実際に試して好みな方を選んでいただきたいところ。

いわば「濡れない傘」の選択肢の1つと言えるでしょう。

ゆうた
「弁当忘れても傘忘れるな」という格言があるほど雨の多い福井県でレインアイテムを開発する株式会社カンパネラのレインブランド「ワルツ イン ザ レイン」。最近ではアウトドア雑誌などでも見かける事が多く、卓越した技術とスタイリッシュなデザインが人気です。

パラチェイス(PARACHASE)|弧長140cm 折りたたみ傘

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:122cm
収納時サイズ:37cm
重量:約495g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 特大サイズの欲しい機能全部盛りスペック
  • 長傘代わりのメイン傘として十分利用できる防雨範囲

長傘を卒業して折りたたみ傘を使用するなら見逃せないデザイン

なんと言っても特徴的なのはまず、70cmの親骨を使用した使用時直径約120cm強の大型サイズな防雨範囲です。

結局のところ「折りたたみ傘って小さくて濡れるよね」という点が大きな問題でもありますから、親骨70cmは一般的な長傘の中でも大きい方のサイズですから、安心感が高いと思います。

耐久性については、コスパを優先しスチール製の中棒にグラスファイバー製の傘骨のハイブリッドになっており、8本骨なこともあって申し分ありません。

自動開閉機能や、高密度な撥水生地など、欲しい機能としては逆折り式以外全部詰め込まれたハイスペックな1本です。

しかし残念なことに、約500gとかなり重量があるのは難点です。長傘の24本骨で一般的な重量が400g前後ですから、普段から持ち歩くには結構気合が必要です。

長傘と同等のスペックを折りたたんで携帯して持ち歩ける、と考えていただければ差し支えないと思います

ゆうた
パラチェイスは1976年に台湾で設立されたTengtingグループが展開するレインアイテムのブランドです。コストパフォーマンスと汎用性の高い製品が多く、耐久性のある折りたたみ傘達は欧州で人気のブランドとして広く知られています。

イノベーター(innovator)|55cmワンタッチ自動開閉

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:97cm
収納時サイズ:28cm
重量:約281g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥4,000前後

おすすめポイント

  • 内外で色の違うスタイリッシュなカラーウェイ
  • 使い勝手の良い無難な設計とちょうど良いスペック

使い勝手の良いスペックとお洒落な配色が人気のモデル

傘の生産一筋70年。名古屋の老舗レインアイテムメーカーの株式会社小川がOEMを手掛ける確かな品質の自動開閉式折りたたみ傘です。

非常に普遍的で尖った性能のない「良い意味で無難」な設計の折り畳み傘は、ユニクロの折り畳み傘に匹敵するほど日本のレインアイテムとしては非常にベーシックな性能。

つまり使いにくいと感じる人が最も少ないそんなスペックのスイートスポットを付くデザインです。

ビジネスマンに人気のイノベーターブランドらしい、北欧の香りを感じる落ち着いたカラーウェイト、確かな耐久性や使い勝手の良さの合わさった傑作。

お洒落にも性能にもこだわりたい。そんな方におすすめのモデルです。

ゆうた
イノベーターといえば、1969年に北欧はスウェーデンにて産声を挙げたブランド。シンプルかつ合理的なデザインは多くの日本のビジネスマン達に受け入れられ、お洒落に敏感なビジネスマンが愛用しているイメージがあります。

JATEN|10本骨 自動開閉 逆折り式

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:116cm
収納時サイズ:33cm
重量:約460g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 自動開閉に逆折り式と欲しい機能は全部揃ったスペック
  • 横殴りの雨を防ぐ面積と安全面に配慮したリフレクター

禁断の中華ブランド・・・だが性能は圧倒的?

今やアマゾンなどの大手ショッピングサイトを席巻している「調べても名前の出てこない謎の中国系ブランド」。

レビューなども妙に絶賛の嵐だったりと不信この上ないのですが、このモデルはスペックだけ見ればかなりアリな折りたたみ傘なので要チェックです。

予めお伝えすると、ネックとなるのは460gという重量だけ。

最大の特徴は自動開閉式の折りたたみ傘では珍しい「逆折り式」という構造で、畳んだときに内側の面が外側にくる設計となっており、収納時に手を濡らす事がありません。

一般的な長傘に匹敵する大型サイズなのと、高い撥水効果を持つ高密度生地に、リフレクターまで採用されているので雨天時の夜でも安心して使用する事ができます。

耐久性については、一般的な「順折り式」に比べたら多少耐風性は落ちますが、台風の時に出歩くような事でなければとるにたらない違いと言えるでしょう。

ゆうた
調べても謎に包まれたままのブランドですが、今やこういった「安くてスペックの良い中国製品」においてブランド自体を調べることすら野暮な事なのかもしれません。

ボディーガード(Bodyguard)|折り畳み傘

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:110cm
収納時サイズ:32cm
重量:約450g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥2,500前後

おすすめポイント

  • 圧倒的な耐風性を誇る10本骨タイプ
  • 最高レベルの撥水性で「濡れない傘」に匹敵する性能

禁断の中華ブランドだが「濡れない傘」に匹敵する撥水性

防水試験レベル5に合格した超高密度のテフロンポリエステル素材で作られた撥水生地を使用しつつ、2500円という衝撃価格で販売されている話題の折りたたみ傘。

アンヌレラやヌレインに匹敵する!とまでは流石に言えないかもしれませんが、いわゆる濡れない傘」と呼べるレベルの撥水性を誇ります。

使用後はさっと一振りすれば、まるで雨の中で使用したとは思えないほどさらりとした状態に回復する高撥水生地。

さらに自動開閉機能と、10本骨という圧倒的な耐風性を持ち、骨に使用されているスチール素材にはニッケルコートがされているので錆にも強く高耐久です。

その分重量は450gとまあまあしますが、長傘を卒業して折りたたみ傘1本でミニマルなライフスタイルへ移行するなら、要チェックなスペックと言えるでしょう。

ゆうた
ボディガードは禁断の中華ブランドなんて言いましたが、実はかなり古くから折りたたみ傘市場で活躍しており、EC以外でのレビューも数多く見かける界隈では有名なブランド。気になる方は調べてみるのもおすすめです。

【高級】おすすめのおしゃれ折りたたみ傘ブランド5選

せっかく折りたたみ傘を持ち歩くなら、ファッションアイテムの1つとしてデザインにもこだわりたいところ。

そんな、人とはちょっと違った個性を発揮したいあなたにおすすめする、ハイセンスなおしゃれ折りたたみ傘ブランドを厳選して5つご紹介いたします。

  1. ポールスミス(Paul Smith)
  2. フォックス・アンブレラ(FOX UMBRELLAS)
  3. センズ(Senz)
  4. マリアフランチェスコ(Maglia Francesco)
  5. 槙田商店

傘の値段と考えると多少躊躇するモデルもありますが、1つの傘を大事に使って雨の日を楽しみたい方は必見です。

ポールスミス(Paul Smith)|マルチカラー 折り畳み傘

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:111cm
収納時サイズ:26cm
重量:約350g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥20,000前後

おすすめポイント

  • シックで高級感のある洗練されたデザイン
  • 差し色となったマルチストライプの遊び心が素敵

ポールスミスのアイコン的デザインを生かした逸品

色鮮やかなポールスミスの代表的デザインであるマルチストライプを、折りたたみ傘の外周部分に使用したシックな中にも遊び心のある逸品。

全体的にはダークトーンでまとめているため派手派手しさはなく、憂鬱な雨の日を軽やかに楽しませてくれる気の利いたデザイに仕上げられています。

使用時の直径も110cmと折りたたみ傘の中では比較的大きめなので、片手にブリーフケースなどの荷物を持ったビジネスマンでもしっかり雨からバッグを守れます。

その分重量があって、それでいて自動開閉ではないのが難点ですが、デザイン重視で選ぶならその辺りは目を瞑りましょう。

人を選ばない大人なデザインなので、贈り物なんかにもおすすめな折りたたみ傘です。

ゆうた
イギリスを代表するクラシカルでユーモアのあるデザインが人気のポールスミス。ビジネスシーンでも傘なんかはビニール傘すら許される風潮がありますから、これくらい派手さのあるデザインを楽しむのもアリではないでしょうか。

フォックス・アンブレラ(FOX UMBRELLAS)|テレスコピック・アンブレラ TEL2 MAPLE WOOD STRAIGHT HANDLE

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:104cm
収納時サイズ:42cm
重量:約335g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥10,000前後

おすすめポイント

  • 紳士が持つのに相応しい品格のあるデザイン
  • 職人技を感じる木製ハンドルの高級感が魅力

傘にこだわる男の逸品と言えばフォックス・アンブレラ

スーツスタイルにこだわりのある紳士なら、革靴やバッグにこだわるのはもちろん、傘にだって自分のセンスを反映した良き製品を選び抜きたいところ。

そんな世界中の紳士達が選ぶ傘といえば、ハンドメイドで作られるフォックスアンブレラを置いて他にありません。

美しく巻きつけられるパラソル部分、持ちやすくて温かみのある木製のハンドル、れほどまでに「所有欲」を満たせる折りたたみ傘が他にあるでしょうか?

耐久性や撥水性についてはいわゆるベーシックな折りたたみ傘と同等のスペックなので特筆すべき点はありません。

しかしその佇まい。開いたときのシルエットや、畳んだときの美しい納まりの良さは、他のブランドの折り畳み傘にはない魅力と言えます。

ゆうた
フォックス・アンブレラは1868年にロンドンで操業した、イギリス細巻傘の代名詞的ブランド。閉じたときのフォルムの美しさに定評があり、実に所有欲を満たす折りたたみ傘として紳士達に愛され続けています。

センズ(Senz°)|Automatic Deluxe

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:-cm
収納時サイズ:28.5cm
重量:約440g
開閉方法:自動開閉
参考価格:¥14,000前後

おすすめポイント

  • 空気力学を駆使して浮かぶように使える折りたたみ傘
  • 前衛的でユニークな形状は個性を出したい方におすすめ

空気力学的形状でデザインされたラグジュアリーな逸品

性能も見た目も作りの良さも、全てに妥協したくない。そんな方におすすめなラグジュアリー・アンブレラがこちらの傑作折りたたみ傘。

自動開閉、振るだけで乾燥させられる高い撥水性、最高級のイタリアンレザーでできたハンドル、雨を確実に防ぐ面積など、折り畳み傘に必要な機能は全て揃っています。

とにかく気になるのはその特徴的なシルエットではないでしょうか?

ロングテールの形状は背負ったリュックなどをカバーすると言う目的だけでなく、まるで翼のように空気力学を計算して設計されています。

これにより暴風すらも軽やかにいなし、正面からの適度な風であればまるで重量が存在しないかのようにふんわりと浮遊するかのような使い心地を実現しています。

現時点で最も進化した「最新鋭の折りたたみ傘が欲しい」と言う方は要チェックです。

ゆうた
Senz°は2006年にオランダで設立されたブランド。傘自体を軽くするチキンレースをするのではなく、傘の大敵である風を利用して飛ばされるのではなく浮かび上がるように設計し、重量から解放された個性的な設計思想が注目の新進気鋭ブランドです。

マリアフランチェスコ(Maglia Francesco)|折りたたみ傘

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:84cm
収納時サイズ:42cm
重量:約400g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥20,000前後

おすすめポイント

  • ずっと大切に使い続けたいオーラのある逸品
  • ハンドメイドで仕上げられたイタリアの風を感じるデザイン

一見して上質さの伝わる色気のあるデザインが魅力の1本

一般的な傘に使われる生地とは明らかに異なる厚手の生地感が、ぱっと見で「高級なもの」と認識できる卓越したデザイン性が人気の1本。

特にイタリアのスーツや革靴を愛用する伊達男達からの支持は厚く、ミラノの工房で1つ1つ丁寧に手作業で職人が仕上げた逸品達は男を上げるアイテムとして高く評価されています。

それは「雨を凌ぐ道具」と言うよりは、もはやジュエリーやスーツのような存在というのが正確でしょう。

どの柄の生地も落ち着きがある中にイタリア特有の男の色気を感じさせる逸品揃い。

直径が小さく重量が重く手動という「機能的なデメリット」はかなり気になりますが、あくまで「コーディネートのためのファッションアイテム」ですから、この辺は目を瞑りましょう。

ゆうた
1854年に創業したイタリアを代表する傘のブランドと言えばここ。エルメスやブリオーニと言ったトップメゾンの傘もOEMしており、確かな品質で世界中の紳士達に愛される最高級の傘を生み出し続けています。

槙田商店|Tie 折りたたみ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
使用時直径:100cm
収納時サイズ:32cm
重量:約340g
開閉方法:手動開閉
参考価格:¥9,000前後

おすすめポイント

  • スーツ姿に似合う洗練されたデザイン
  • ハイブランドなデザインと手ごろな価格帯が魅力

卓越した織物技術がなせる江戸の粋を感じる傑作

「傘を開けば、そこは江戸」まさにそんな言葉が似合う、江戸の文化を育んできた織物技術がみせるさりげないおしゃれ感を纏った現代的な折りたたみ傘がこちら。

立体感のあるストライプ柄は、実に日本らしい「和モダン」な仕上がりとなっており、いわゆる「ハイカラ」な雰囲気がスーツスタイルをスタイリッシュにまとめてくれます。

流石は皇族に傘地を納めている槙田商店の職人が作った折り畳み傘だけあって、その高級感は類まれ。

一般的に販売されている傘の多くがプリントによるデザインですが、珠子織りと呼ばれる織り方で1本1本丁寧に製造されており、見る角度によって豊かな表情を持った風合いの良さが魅力です。

ゆうた
日本最大のネクタイの産地と言われる山梨県西桂の地で1866年に創業した傘生地を製造するメーカー「まきた商店」。その美しい生地感の折りたたみ傘は唯一無二の高級感を放ちます。

合わせて購入したい。メンズ折りたたみ傘ケース3選

濡れたままの折りたたみ傘を、そのまま畳んでバッグに入れるようなワイルドな方は少数派だと思います。

付属する収納ケースの多くは撥水生地のものが多いですが、濡れた傘の水滴が伝ってしまうためバッグの中に入れたりするのは憚られるのではないでしょうか?

そこで便利なのが折りたたみ傘用のケースです。

多くの場合、内側には吸水性のあるマイクロファイバーやタオル生地などを採用し、外側には耐水性のある撥水生地が使用されています。

これにより、濡れた折りたたみ傘の水をパパッと払えば、収納してバッグに入れる事も叶うという設計です。

そんな折りたたみ傘ケースの中から、特におすすめなものを厳選して3つご紹介します。

  1. クニルプス (Knirps) |ドライバッグ
  2. 山崎産業|SUSU 傘ケース
  3. 新NURENAI傘|モコモコファイバー

クニルプス (Knirps) |ドライバッグ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • コンパクトですっきりとした見た目
  • 折りたたみ傘の代名詞的存在が故の完成度

世界で初めて折りたたみ傘を作ったブランドの信頼感

すっきりとした見た目でコンパクトに持ち運べるシンプルな作りの折りたたみ傘ケースです。

袋の3辺がファスナーになっているため開口部が大きく、畳んだ傘の出し入れが非常にスムーズです。

内部にはポリエステルとナイロンの混合素材を使用し、タオル地のような風合いになっているため吸水性と速乾性に優れています。

ゆうた
折りたたみ傘を世界で初めて作ったブランドとして、ドイツでは折りたたみ傘のことをクニルプスと呼ぶくらい浸透しています。性能自体は普遍的なため日本ではあまり強く浸透していませんが、傘自体も良い出来なので気になる方は調べてみてください。

山崎産業|SUSU 傘ケース

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥1,500前後

おすすめポイント

  • 圧倒的な旧水力のマイクロファイバー
  • 抗菌加工の吸水モールを採用

撥水力の低い折りたたみ傘におすすめな吸水性

タオル生地の折りたたみ傘収納ケースに比べて、ケース自体がちょっとボリューミーになりますが、その分吸水性の高さはダントツで優れています。

「濡れない傘」などの超高密度生地を使用した高撥水なタイプであればここまでの吸水性は不要ですが、超軽量な折りたたみ傘や、低価格な折りたたみ傘の場合は安心です。

ゆうた
 SUSU(吸う吸う)の名の通り、物凄い吸水力を誇るマイクロファイバーでトイレマットやバスマットとしても人気のシリーズです。生地自体が水を吸ってしまう折りたたみ傘を愛用している方におすすめです。

新NURENAI傘|モコモコファイバー

シーエッジ編集部のおすすめ度:
参考価格:¥1,000前後

おすすめポイント

  • 圧倒的な低価格を実現
  • SUSUとそっくりな形状や性能

とにかく安く折りたたみ傘ケースが欲しいならコレ!

正直、SUSUと見た目も性能もあまりに似ているため、まさかパk・・・と思ってしまいますが、どちらの方が先かはわかりませんし、ちゃんと販売されているようなので価格で選びたい方は要チェックです。

本当に微々たる差ですが、SUSUより30gほど高重量。

この辺りは邪推になりますが、マイクロファイバー自体の性能に差があり、高重量になったのかな?なんて思いますが、本当に微々たる差なので、気になることは無いでしょう。

ゆうた
デザインやサイズのバリエーションも豊富で、現時点で第二世代ということもあって細かな点にマイナーチェンジが施されている様子。調べてもどんなブランドなのか出てこないタイプの製品ですが、構造的にもシンプルなので心配の必要は無いでしょう。

おすすめメンズ折りたたみ傘のまとめ

本記事ではおすすめメンズ折りたたみ傘をご紹介させて頂きました!

どんなファッションにも合わせやすく、カバンに忍ばせておくだけで突然雨が降ってきてもスムーズに対応できるアイテムなので1つは持っておきたいところです。

シーエッジ編集部がデザイン性や性能からベスト3を選ぶなら

  1. モンベル(mont-bell)
  2. アンヌレラ(unnurella by WPC)
  3. ボディーガード(Bodyguard)

の3種類をおすすめします。

ご自身のライフスタイルや普段のコーデに合う折りたたみ傘を見つけてみてくださいね!

ゆうた
シーエッジでは雨の日にも使えるアイテムも多数ご紹介しています。以下の記事から気になるものがあれば合わせてチェックしてみてくださいね!
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水[…]

waterproof
関連記事

家を出ようとしたら外は雨、お気に入りのスニーカーを濡らしたくないけど、ダサい雨靴で出かけるのはもっと嫌だ。そんな時に便利なのが、雨に濡れても水が浸透してこない「防水スニーカー」と呼ばれるジャンルです。 雨の日だけでなく、雨上がり後の水[…]

関連記事

雨の日の強い味方と言えば、そう!レインブーツです。 憂鬱な気分になる雨の日でもレインブーツがあれば快適に1日過ごすことができ、また雨の日のおしゃれも少しは楽しくなりますよね! でもレインブーツを欲しいと思っても「自分に合うか[…]

最新情報をチェックしよう!