エアリズムとは?特徴や素材を知って最適なアイテムを選ぶ

今や「夏衣料の代名詞」的存在となったユニクロのエアリズム。

2012年より春夏用機能性インナーを統一した総称として使用され始め、年々進化を続けながら機能性やラインアップを充実させてリリースされる、ユニクロのヒットシリーズの1つです。

今年もエアリズム、買いますよね?今回は、なんとなくで買ってしまう前に知りたいエアリズムの最新情報や、復習しておきたいエアリズムの基礎知識をご紹介します。

ゆうた
「なんとなく」で毎シーズン買ってしまうエアリズムですが、最新情報を知っておけば選択肢にも幅ができます。上手な選び方や、肌着以外の選択肢についてもご紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

エアリズム(AIRism)とは?特徴を知って夏を快適に過ごす

uniqlo

2007年より「サラファイン」や「シルキードライ」という名称で展開されてきたユニクロの夏向け機能性素材を採用したインナーコレクション。

2012年の春夏以降は名称を「エアリズム(AIRism)」に変更し、「夏の重ね着」によるより快適なスタイルを提案するコレクションとして、ヒートテックと並ぶ人気を獲得しています。

日本を代表する繊維メーカーの「東レ」と「ユニクロ」の共同開発で誕生したエアリズムには、極限まで極細化した「カチオン可染型ポリマー」を使用したマイクロファイバーを使用。

これにより、人間が心地よいと感じる滑らかな肌触りを実現し、夏場の衣類に「着た方が心地よい」という新しいスタイルを生み出しました。

エアリズムは一般的なコットンのインナーと比較して「コットンの2.4倍もの放熱力(汗が乾く時に奪う熱の量)」があるため、より涼しく感じるという結果が出ています。

仕組みとしてはずばり「毛細管現象」です。

肌から汗が生地へと吸収され、毛細管現象によって汗が繊維を通過することで蒸発。この場面で極細の糸が効果を発揮し、一般的な繊維よりも早く強く蒸発するのです。

詳しく解説。エアリズムは全部で3種類

性能 予備 エアリズム マイクロメッシュ エアリズムコットン
風合い 肌触りの良さ
通気性 衣類内の換気性能
吸湿・放湿 衣類内の除湿性能
ドライ 生地の速乾性能
接触冷感 肌に触れた時のひんやり感
消臭 洗濯も大丈夫な消臭糸の採用
抗菌防臭 雑菌の増殖を抑制する作用
ストレッチ フィット感

現在のエアリズムのメンズ向けラインナップは以下の3種類です。

  • エアリズムインナー
  • エアリズムマイクロメッシュ
  • エアリズムコットン

そもそもは「肌着」としてスタートしたエアリズムですが、最近では夏場の紫外線対策に使える薄手のパーカーや、マスクといったアイテムまで展開されています。

そんなエアリズム3種類の簡単な特徴と愛用者の口コミを公式ページより抜粋してご紹介致します。

エアリズムインナー

uniqlo

エアリズムと言ったらコレ!今や夏の定番となった快適インナー。

冬場の起毛素材の肌触りが苦手な方にも人気のウェア。

さらさらしていて、着心地がよいです。二枚組とかあったらいいと思います。まとめ買いでお得になるようにもしてほしいです。(20代/男性)

トレーナーの下に着るように購入。普通のトレーナーを着る時はスポーツ用のアンダーウェアを着用していますが、裏起毛のトレーナーを着る時はアンダーウェアだと暑いので、エアリズムを試しに購入。 正解でした。(10代/男性)

サラサラしてて体にフィットする。色も自然な感じで気に入っています。(50代/男性)

エアリズムマイクロメッシュ

uniqlo

特殊なメッシュ素材を採用し、編み方に改良を加えることで誕生した「エアリズムマイクロメッシュ」。

従来のメッシュタイプウェアより接触冷感が25%向上

さらに極細繊維を使用することでストレッチ性が40%高まり、身に着けていることを忘れる軽やかさを実現してします。

綿100%のインナーシャツよりも通気性があるため涼しく、汗を掻いても直ぐに乾くのでサラサラとした着心地を維持してくれます。(30代/男性)

ベージュをアンダーとして着用することにより、胸元が透けなくなるという人類が抱える太古からの悩みから解放される銘品である。(30代/男性)

気になる乳首の透けを防止してくれますし暑い時期には汗を吸って直ぐに乾いてくれるのでシャツに汗ジミが出る事をある程度防いでくれます。(30代/男性)

エアリズムコットン

uniqlo

見た目はコットン、肌面はエアリズムのダブルフェイスなデザイン。

機能性ウェア特有の安っぽいテカり感がなく、ベーシックなアイテムとして着用できる点が人気のエアリズムです。

生地は、ほんのりとした上品なツヤがあり、高級感のあるTシャツです。 ダークグレーを購入しましたが、なかなか良い感じの色目です。(50代/男性)

白でも薄く無い生地に一目惚れ。マネキンにきせてあり、丈夫そうなので買いました。(40代/男性)

めちゃくちゃ柔らかくて着心地がいい素材感はそのままに、ツヤ感のある見た目のTシャツ。 柔らかい分、体のラインを拾いやすいが、ややオーバーサイズで着れば特に問題ありません。(20代/男性)

エアリズムのメリット&デメリット

uniqlo

わざわざエアリズムのメリットについてはここで枚挙せずとも「夏に感じるあらゆる不快感」を解決してくれると考えればそのメリットがどれだけ大きいものか理解できると思います。

しかも、ラインナップはどれも1000〜2000円程度と驚くほどリーズナブルであり、ファッションに辛辣なトレンドセッター達をもってしても「1万円でも全色買う」なんて言わせるモデルも多数展開。

では逆に「デメリットは無いのか?」について少し考えてみました。

  • 洗濯後に若干ヨレやすい(耐久性がやや弱い)
  • ハンガー干しすると襟が伸びやすい
  • カラーバリエーションが少ない

くらいでしょうか?正直「エアリズムを避ける理由」というのはほとんど見つからないように感じます。

エアリズムの選び方と失敗しがちなポイント

夏を快適に過ごす衣類として展開されている「エアリズム」ですが、ネットの口コミなどを見ていると「暑い」「暑苦しい」と言うような意見もチラホラ。

ほとんどの利用者が「涼しい」「快適」と言っているのに、なぜそのような意見が出てくるのか?

それらは基本的に以下の2点に集約されます。

  • サイズが小さい
  • 古く生地が劣化している

エアリズムに対して不快な気持ちを感じるという意見において、ほとんどの場合は「サイズがピタピタ(小さい)」事が原因です。

エアリズム自体は伸縮性が非常に高いため「着れる」と言う事であれば、2サイズ程度小さくても余裕で着られるどころか、ピタッと密着して気持ち良いくらいです。

ですが夏場にこれでは風通しが悪く、密着感にストレスを感じる場合も多いでしょう。

また、古くなったエアリズムでは肝心の「繊維」が下手ってしまい、エアリズムの快適さを引き出す事が出来ません。

もちろんエアリズム自体も年々進化していますから「最新のエアリズム」と「従来のモデルで着古したもの」ではその差が大きく開いてしまうのは仕方がないでしょう。

注目!エアリズムのおすすめアイテム10選

エアリズムというと肌着のイメージが先行しますが、ここ数年は肌着やインナーウェア以外の展開も豊富になってきています。

特に今シーズン展開されているエアリズムの中から、絶対に手に入れたい注目モデルを厳選して10種類ご紹介します。

  1. エアリズムUVカットフルジップパーカ(長袖)433049
  2. エアリズムUVカットカーディガン(長袖)433048
  3. エアリズムUVカットポロシャツ(長袖)435807
  4. エアリズムコットンUVカットクルーネックT(長袖)433037
  5. エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)435806
  6. エアリズムヒヨクエリポロシャツ(半袖)435813
  7. エアリズムコットンクルーネックT(半袖)434169
  8. エアリズムマスク(3枚組)437784
  9. エアリズムボクサーブリーフ(前開き)423534
  10. エアリズムUVカットパフォーマンスサポートタイツ 433400

個人的な意見ですが、今シーズン要チェックなのは「435806」です。

特にユニクロUから展開されるエアリズムアイテムは、見た目にも機能にも優れたモデルが多いので注目しておきましょう!

エアリズムUVカットフルジップパーカ(長袖)433049

「夏の重ね着」というコンセプトを体現するマストハブなライトパーカ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:62%綿 38%ポリエステル
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 汗が乾きやすく風合いのなめらかなエアリズム
  • UVカット機能と接触冷感機能を搭載したドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特に季節の変わり目や紫外線対策用のアウターを求める男性から高い人気を獲得している、エアリズムのUVカットフルジップパーカ「433049」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感で、大人カジュアルな雰囲気を演出してくれます。

特にサラッと羽織れるパーカーや、季節の変わり目にデニムジャケットやレザージャケットのインナーに着やすい薄手のパーカーを探している男性におすすめです。

ゆうた
日常的に「薄手のパーカー」があると便利なシーンは多いと思います。また、アウトドアなどで虫除けに使える長袖や、朝晩の冷え込み用に1着余分にもっていく薄手のアウター選びにも最適。汎用性の高さが人気のポイントです。

エアリズムUVカットカーディガン(長袖)433048

夏でも快適に羽織れる「きちんと感」が魅力カーディガン

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:73%綿 27%ポリエステル
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 短めの着丈と胸元の収まりを良くしたボタン位置
  • UVカット機能と接触冷感機能を搭載したドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特に夏でもきちんとした格好をしたい男性から高い人気を獲得している、エアリズムのUVカットカーディガン「433048」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感で、オフィスカジュアルやビジネスカジュアルにおいて「きちんとしてる」雰囲気を演出してくれます。

特に夏の紫外線対策や、夏でも快適に羽織れるアウターを探している男性におすすめです。

ゆうた
前作よりも進化したエアリズムのカーディガン。袖口がリブ仕様になり、ボタンの位置を変更することでVネックのラインが美しくなりました。日本人好みな短めの着丈でスタンダードなシルエットとなっており、ビジネスシーンでも活躍します。

エアリズムUVカットポロシャツ(長袖)435807

キレイめコーデからクールビズまで使える人気のポロシャツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:73%綿 27%ポリエステル
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • ボタンを開けても閉めてもきれいに着れる台襟付きの襟
  • UVカット機能と接触冷感機能を搭載したドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特に夏でも長袖のポロシャツで快適に「きちんと感」を出したい男性から高い人気を獲得している、エアリズムのUVカットポロシャツ「435807」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感と襟に合わせて補足した前立てにより、すっきりと落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれます。

特に夏でも快適な着心地で使用できる長袖のポロシャツをお探しの男性におすすめです。

ゆうた
オフィスカジュアルやクールビズの大本命とも言える長袖のポロシャツ。半袖ではちょっとラフすぎる場面やおっさんくさくなりがちなコーデも、どことなく上品で上質感のあるシルエットが簡単に作れるとあって人気のアイテムです。

エアリズムコットンUVカットクルーネックT(長袖)433037

見栄えの良さと快適な着心地を両立したエアリズムコットンの人気商品

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:73%綿 27%ポリエステル
参考価格:¥1,500前後

おすすめポイント

  • 両裾のスリットで1枚でもレイヤードでもOK
  • UVカット機能と接触冷感機能を搭載したドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特にベーシックなスタイルと快適さを両立した長袖を求める男性から高い人気を獲得している、エアリズムコットンのUVカットクルーネックT「433037」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感で、ステッチレスのアームホールや繊細な質感の糸を使用することですっきりした雰囲気を演出してくれます。

特に、毎日の着こなしに活躍するオールマイティなロンTを探している男性におすすめです。

ゆうた
両裾のステッチのおかげで、1枚で着るのはもちろんのこと、レイヤードのスタイルにもハマりやすく、着心地の良さもあいまってヘビロテ間違いなしな1着。エアリズムシリーズの中でも比較的カラバリが豊富なので、まとめ買いにおすすめです。
関連記事

大人の男性のファッションアイテムの中でも必須と言える、カットソーのおすすめの定番ブランドをご紹介していきます! ファッションの根幹である「カットソー(Tシャツ|ロンT)」に違いを感じられるようになったら立派な「お洒落さん」と言われるほ[…]

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)435806

1着1万でも全色買いたい!今年ベストバイなエアリズムといえばコレ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:53%綿 30%ポリエステル
参考価格:¥1,500前後

おすすめポイント

  • ドロップショルダーとボックスシルエットな長めの半袖
  • 表面コットン裏面エアリズムのダブルフェイス

ユニクロ製品の中でも、特にファッション感度が高い男性から人気を獲得している、エアリズムコットンのオーバーサイズTシャツ「435806」。

ユニクロUらしいファッショナブルなシルエットを実現するオーバー気味なサイズ感で、ドロップショルダーのスタイルと5分袖のディテールがトレンド感のある雰囲気を演出してくれます。

特に、ユニクロ商品を使って上手に賢くお洒落したい男性におすすめです。

ゆうた
ベストバイ!マストハブ!という形で紹介されることの多いアイテム。ともすれば量産型になりやすい点にも注意が必要です。とは言うものの、ここ数年のトレンドを加味したシルエットに、機能性とファッション性を両立した生地感は素晴らしいものがあります。
関連記事

今年も多くのTシャツをリリースしたユニクロ。 しかし大人の男性も安心して着られる無地Tのラインナップがかなり豊富なため、どれを選んでいいのか分からずに迷っている男性も多いはず。 そこでシーエッジ編集部がユニクロでおすすめのメンズ[…]

エアリズムヒヨクエリポロシャツ(半袖)435813

ビジネスシーンでもフォーマル顔な比翼仕立ての半袖ポロ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:73%綿 27%ポリエステル
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 前立てのボタンを見せないすっきりした印象の比翼仕立て
  • 速乾ドライ機能と接触冷感機能を搭載したエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特にクールビズやオフィスカジュアルに使うフォーマル顔なポロシャツを求める男性から高い人気を獲得している、エアリズムのヒヨクエリポロシャツ「435813」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感で、比翼仕立ての襟によって半袖のポロシャツなのにかなり「きちんとした」雰囲気を演出してくれます。

特にビジネスカジュアルといえどスーツのようなスタイルを崩したくない男性におすすめです。

ゆうた
非常にフォーマルで紳士的なスタイルの半袖ポロ。上襟の外まわりは表にステッチを入れず、裏コバステッチを入れて縫い代を押さえるなどディテールも徹底しており、ステッチのないアームホールなどカジュアルな雰囲気を排除しドレッシーに仕上げています。

エアリズムコットンクルーネックT(半袖)434169

スタンダード&ベーシックな鉄板アイテム!夏の半袖Tといえばコレ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:71%綿 25%ポリエステル 4%ポリウレタン
参考価格:¥1,000前後

おすすめポイント

  • 表面がコットンなのでカットソー感覚で1枚でも着やすい
  • 透けにくく接触冷感機能をしたドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特にシンプルでベーシックな快適半袖Tシャツを求める男性から高い人気を獲得している、エアリズムコットンのクルーネックT「434169」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感とシルエットで、可もなく不可もなく「これぞ夏のTシャツコーデ」な雰囲気を演出してくれます。

特に「無難」な寸法やバインダーの太さに設定されているため、着心地を重視して定番顔な半袖Tシャツ選びをしたい男性におすすめです。

ゆうた
流行り廃りのないベーシックなシルエット。トレンドのデザインではないため、近年のオーバーサイズな流れからすると「真面目すぎる(おっさん臭い)」ような印象を感じるかもしれませんが、無難なデザインなので誰にでもハマる汎用性が魅力です。

エアリズムマスク(3枚組)437784

今更紹介するまでもない「最も注目度の高いエアリズム」といえばコレ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:ナイロン90% ポリウレタン10%
参考価格:¥1,000前後

おすすめポイント

  • 独自で開発した特殊な特許取得の3層構造
  • 不織布フィルター内蔵で粒子を99%カットBFE99%

ユニクロ製品の中でも、現代のニーズに特化したアイテムとしてユニクロを「コロナ禍の勝ち組」とまで評価させた名品「エアリズムマスク」。

独自開発の特殊な3層構造が特許を取得しており、不織布フィルターを内蔵する事でで細菌や花粉などの粒子を99%カットします。

エアリズム最大の特徴でもある「肌あたりの良さ」と、夏場のマスクが生み出す不快なストレスに対する高い機能性で「覇権マスク」と言われるほどに人気を獲得している名品です。

ゆうた
今、布マスクと言ったら完全にコレの事です。顔デカ男子にも対応したサイズ設定なのも非常にありがたく、肌へのあたりの良さも耳へのあたりの良さも申し分ありません。まさに覇権マスク。まだまだ必要な期間は続きそうなので夏が来る前に入手しておきましょう。

エアリズムボクサーブリーフ(前開き)423534

股間のムレから全男子を開放する人気のエアリズムボクサーブリーフ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:89%ポリエステル  11%ポリウレタン
参考価格:¥1,000前後

おすすめポイント

  • 素肌をやさしく包み込む抜群のフィット感
  • ドライ・接触冷感・抗菌防臭・消臭など快適機能満載

ユニクロ製品の中でも、特に履き心地の良さでパンツを選びたい男性から高い人気を獲得している、エアリズムのボクサーブリーフ「434172」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感と快適な通気性の良さはもちろんのこと、肌触りの良さやフィット感の心地よさも高く評価されており、季節を問わず愛用者の多い名品です。

お洒落か?と言われると難しく、どちらかと言うと「見た目より機能」な男性におすすめなボクサーブリーフです。

ゆうた
お洒落ブリーフを選ぶとしたら、どうしてもカルバンクラインやディーゼルといったものに軍配があがってしまいますが、肌触りの良さやフィット感の心地よさは他の追随を許さぬ仕上がり。特に夏場はその恩恵を強く受けられます。
関連記事

お洒落な人でさえアンダーウェア選びに困る人が多いぐらい男性の下着って何を選んで良いのか分からないですよね。 「とりあえずお洒落アンダーウェアの代名詞ブランド、カルバンクラインを選んでください」と言いたいところですが、シーエッジ編集部は普段[…]

エアリズムUVカットパフォーマンスサポートタイツ 433400

アウトドアにもスポーツMIXにも1本は持っておきたいエアリズムタイツ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
素材:67%ポリエステル 21%キュプラ 12%ポリウレタン
参考価格:¥2,000前後

おすすめポイント

  • 脚全体をサポートして疲れにくくするタイツ
  • UVカット機能と接触冷感機能をしたドライなエアリズム

ユニクロ製品の中でも、特にアウトドアやスポーツを愛する男性から高い人気を獲得している、エアリズムのUVカットパフォーマンスサポートタイツ「433400」。

ユニクロらしいスタンダードなサイズ感とビジュアルで、ファッションに合わせればたちまちスポーツMIXな雰囲気を演出してくれます。

実際にランスポーツを楽しむ男性や、アウトドア用のウェアとしても機能的に高く評価されており、夏のアクティビティには欠かせないアイテムとして非常におすすめです。

ゆうた
ファッションアイテムとして使用するトレンドは若干落ち着いてきましたが、それでもまだまだストリート系では夏の定番として愛されています。夏のBBQやアウトドア遊びでは日焼けや虫除けとして使用される男性も多く、1本は持っておきたい定番品です。

エアリズムに関する気になるQ&A

ここでは初めてエアリズムを購入しようと考えている方に向けて、以下の2をご紹介します。

  1. エアリズムに寿命はある?
  2. エアリズムは冬に着るのもアリ?

それぞれ以下で簡単にご紹介いたしますので、エアリズムの購入を検討している方は覚えておくと安心です。

エアリズムに寿命はある?

uniqlo

この世のあらゆる衣類に「寿命」はありますから、エアリズムにだって寿命はあります。

といってもエアリズムが掲げている以下の8つの機能

  1. 風合い
  2. 通気性
  3. 吸湿・放湿
  4. ドライ
  5. 接触冷感
  6. 消臭
  7. 抗菌防臭
  8. ストレッチ

これらが水に濡れたり洗濯の回数などによって失われるというような、いわゆる「使い捨てカイロ」のような寿命は存在しません。

一般的なコットンのTシャツが、洗濯を重ねていくとテロっとしてきて着心地が劣化し、最後は穴が開いて寿命を迎えるのと同じです。

なので「着心地が悪くなったら寿命」と考えると1〜2シーズンが目安です。

ちなみにエアリズムの原糸となるポリエステルは4〜5年、伸縮部分のポリエチレンは3年あたりが寿命の目安と言われています。

エアリズムは冬に着るのもアリ?

uniqlo

エアリズムは夏に着るもの、ヒートテックは冬に着るもの、というイメージがあるかもしれません。しかし実はこの2つは機能性インナーであり、日常のあらゆる「不快」を解決できるウェアなのです。

つまり、エアリズムを冬に着るのは全然アリ!という事。

例えば寒い冬、通勤時の電車の車内や、暖房がガンガンに聴いたオフィスや飲食店、お買い物で訪れたデパートの中など「もういっそ外気温と同じにしてくれたらコートを脱がずに済むのに」なんて思う事、ありませんか?

例えばそんな時にインナーをエアリズムにするだけでもサラリと快適に過ごせます。

例えば、かぶりのパーカーやトレーナー、アノラックといった脱ぎ着しにくいトップスを選ぶ時にも、インナーにエアリズムをもってくるだけでちょっとした不快感を解決できることもあります。

エアリズムの洗濯方法について

エアリズムの洗濯方法について調べると「手洗いで」というこだわり派の意見がちらほら見受けられますが、ぶっちゃけそこまで神経質になる必要はないと言えるでしょう。

基本的には、洗濯機にポイ。

特に洗剤等にこだわる必要もなく、一般的なTシャツなどと同じように洗えば大丈夫です。

劣化を気にする方は洗濯ネットに加えて、ドライモードや手洗いモードなどの「優しいモード」を洗濯するのがおすすめです。

中には「おしゃれ着用の洗剤で!」と言ってる方もいますが、合成繊維をベースとしたエアリズムは一般的な洗剤で十分なので、洗浄力で劣るおしゃれ着用をわざわざ選ぶ必要はないでしょう。

もちろんさらに気を使うのであれば「手洗い」となりますが、そもそもポリウレタンを使用したストレッチ素材であり、生地自体はよく伸びて戻りやすい性質なので、あまり手洗いにこだわる必要はないと思います。

むしろエアリズムに使用されるポリエステルという素材は石油ベースで作られた化学繊維のため、親油性が高く油汚れがなかなか落ちません。

悠長に洗っていると他の洗濯物の油汚れを吸着し「逆汚染」されてしまうため、綿シャツのような感覚で洗っていると皮脂汚れなどを吸い込んで逆に汚れていきます。

基本的に手洗いが推奨されるのは「水に長時間さらすと変質しやすい素材」か「伸びてしまうと戻りにくい素材」なので、エアリズムはよっぽど神経質に扱うのでなければ洗濯機で十分です。

まとめ

本記事では【エアリズムを買う前にみておきたいこと】をご紹介させて頂きました!

今シーズンのエアリズムを買う前にしっかりポイントをチェックし、自分のライフスタイルにあったベストなエアリズムを手にれて、暑い夏を快適に過ごしてくださいね!

関連記事

今や「冬衣料の代名詞」的存在となったユニクロのヒートテック。 2003年の誕生以降ヒートテックは進化を重ね、ここ数年は従来のヒートテックを超えた温もりを提供する極暖や超極暖などラインナップも豊富になってきています。 今年もヒート[…]

関連記事

クオリティの高いシャツを探すと1万円ぐらい、かといって妥協して安いシャツを買うとチープに見えてしまったり、中々価格とクオリティを両立したシャツを見つけるのって大変ですよね。 皆さん、そんな時はユニクロに頼ればいいのです。むしろ一度ユニ[…]

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けの動画を公開しています。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG