世界がラブコール。ヘンリーヘンリーのサンダルが注目される秘密

南ヨーロッパをはじめ、世界中の洒落者の足元を彩るヘンリ―ヘンリーサンダル。

週末のお洒落なコーデから休日のレジャーシーンといった幅広い用途で活躍してくれるラバー製のサンダルを販売しており、イタリアブランドらしいシンプルなデザインから漂う洗練された雰囲気が魅力のサンダルブランドです。

本記事ではそんなヘンリーヘンリーのサンダルの魅力を実際に愛用している筆者がおすすめポイントや人気モデルをご紹介!

また、どのサイトやメディアにも載っていないブランド背景についてもご紹介しているので、読み終わる頃には欲しくなっていること間違いなし。

Kentino
愛用者目線だからこそ、よりリアルにお届けしているので、ぜひコスパの良い大人サンダルをお探しの男性は必見ですよ!
関連記事

夏は涼し気にサンダルを履こう!と言っても 「サンダルを履くと子供ぽく見える…」 「靴擦れや足がすぐに痛くなる…」 「タウンユースでは履きづらい」 など皆さんそれぞれサンダルに対して抵抗感やマイナスな印象を持つ方も[…]




短期間で世界進出。大注目のヘンリーヘンリーってどんなブランド?

そもそもヘンリーヘンリーがどんなブランドなのかご存知ない方も多いのでは?

ヘンリ―ヘンリーは2005年に美しいアドリア海にほど近いラヴェンナ州で誕生したサンダルブランドです。

ブランドのオーナー兼デザイナーはEnrico Randi氏。

最初はエージェントとして、次に業界をリードする企業のセールスマネージャーとして実に靴業界で30年以上も経験してきたシューズ業界を知り尽くした靴のプロ。

そんなヘンリ―ヘンリーは、プラスティックのような安価なメイン素材として使用し、ファッション性と実用性を高めたサンダルが特徴です。

また、Madein Italyが誇る品質の高さやデザイン性の高さを世界中に広げるべく、使用する素材から製造に至るまでの作業をイタリアで手掛けるメイド・イン・イタリアが魅力のブランドでもあります。

小さなブランドがわずか15年余りでここまで成長した秘密はいくつかあるので、以下のヘンリ―ヘンリーの魅力と共に詳しく解説していきます。

Kentino
最近ではレインブーツや防水スニーカーも展開しており、今後サンダルブランドからシューズブランドへと大きく変貌していくと予想しており目が離せません!

知れば知るほど欲しくなる。ヘンリーヘンリーの魅力

イタリアの小さな州で誕生したサンダルブランドがたったの15年で世界中に知られるようになった秘密は3つあります。

以下では小さなサンダルブランドが世界ブランドへと成長した秘密を解き明かしていくとともに、ヘンリ―ヘンリーのサンダルの魅力を詳しく解説していきます。

Kentino
靴業界の川上~川下を知り尽くした人物が手掛けるブランドだけあって、完成度の高さは日本ブランドに似た部分が多いように筆者は感じます。

これがメイド・イン・イタリアの実力。完成度の高さに驚くこと間違いなし

「メイド・イン・ジャパン」の品質は世界的にも評価されていますが、「メイド・イン・イタリア」も日本と同じぐらい世界から評価されています。

たとえ時間や手間が掛かったとしても一切の妥協を許さないモノ作りに対する想いや細部のディテールにまでこだわる点など、日本とイタリアのモノ作りは似ている箇所も多いです。

しかし最近のメイド・イン・ジャパンブランドは生産コストを抑えるために一部工程を東南アジアに移すなど、メイド・イン・ジャパンの定義が曖昧になってきています。

それはイタリアでも言える話しで、メイド・イン・イタリアを掲げるブランドもまた生産コストを抑えるために一部工程を東南アジアに移しています。

そんな中、ヘンリ―ヘンリーは2005年の創設から今に至るまで、使用する全ての素材をイタリアで揃え、さらに最後の製造工程までもイタリアのラヴェンナ州で手掛ける100%メイド・イン・イタリアのブランドです。

メイド・イン・イタリアの高いモノ作りを今日も大切に守り続けるヘンリ―ヘンリーは、世界中にイタリアブランドの価値を証明し続けるイタリアブランドの礎なのです。

Kentino
イタリアで製造を行うブランドは今も多いですが、使用する素材までもイタリアで揃えるブランドはかなり珍しいと言えます。

洗練されたデザイン性には素材に秘密あり

ヘンリ―ヘンリーは、他ブランドと一線を画す箇所があります。それはデザイン性の高さです。

無駄な装飾を施さないシンプルなデザインながらも洗練された雰囲気を醸し出すヘンリ―ヘンリーのサンダルの数々は、さすがイタリア発のブランド。

そのファッション性の高さを可能にしているのは、デザインの高さももちろんそうですが、それ以上に素材が大きく左右している事は言うまでもありません。

ヘンリ―ヘンリーは、見た目も履き心地も良しな上質なラバー素材を使用しています。

基本的にビーチサンダルやシャワーサンダルの多くは、水にも強いラバー素材を使うのが一般的。しかしラバー素材はレザーといったその他の素材と比べてチープな雰囲気が出てしまう生地でもあります。

そこでヘンリ―ヘンリーは、マットな質感のラバー素材をソール、光沢感のあるラバー素材はストラップとそれぞれ使い分け、またデザインやシルエットにこだわることでチープな雰囲気を緩和。

デザインもスマートに仕上げることでミニマルでスタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。

Kentino
素材は配置や色合い一つで雰囲気は大きく変わりますが、長年シューズ業界にいた人物だからこそ、このミニマルでスタイリッシュなデザインを可能にしたのでしょう。モノ作りにおいて経験は何よりも強い。

こんなに安くてイイの?リーズナブルな価格

これまで、モノ作りの高さや品質の高い素材について解説してきましたが、やはり値段が高ければ中々手が出せませんよね。

しかもイタリア製と聞くと誰もが「高いんじゃないの?」と思うかも知れません。

しかしヘンリ―ヘンリーは、一足あたり2000円台と超リーズナブルな価格設定。

このリーズナブルな価格設定こそ、人気に博しをかけた大きな理由の一つとも言えます。

誰でも買えるリーズナブルな価格帯を可能にできた理由は、ブランド創業者のEnrico Randi氏の人脈の広さとビジネス展開の上手さでしょう。

彼は主に外国の輸入業者と協力し、生産コストを削減するスケールエコノミー(企業において、事業規模を拡大することで得られる利益(効果)のこと)を積極的に展開。さらに業界の人脈の広さを活かし、投資家などから資金調達を行っているので、生産コスト以外にも抑えることに成功をしています。

その結果、素材やモノ作りの高さをリーズナブルな価格帯で販売できるのです。

Kentino
デザインだけではなく、こうしたビジネス能力も高かった彼だからこそ実現できたのでしょう。実際に考えればこの品質の高さをこの価格帯で販売するのはほぼ不可能ですから…。

あなたはどれを選ぶ?ヘンリーヘンリーでおすすめのサンダル

ここからは日本で購入できるヘンリ―ヘンリーのおすすめサンダルをシーエッジ編集部が厳選してご紹介!

Kentino
日本で購入できるサンダルは、ビーチサンダルかシャワーサンダルが基本となってくるので、まずはどちらのシルエットが好みなのか確認しておくと良いでしょう。

FLIPPER

コスパ最強。一足持っておいて損なしのビーチサンダル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;ビーチサンダル
販売価格:2,090円

ヘンリーヘンリーのサンダルならまずはこのモデル!主張のないシンプルなビーチサンダルでとにかくコスパ抜群。

シルエットやデザインは、至ってシンプルな作りですが、ぺたんこなソールが上品な雰囲気を演出。

普通のビーチサンダルに比べてソールが大分低いので、履いたときより平たく見えて男らしい足元に。

素材には少し重みのあるラバー素材を使用しており、アウトソールが減りにくい作り。長く愛用していても買ったときの同じぐらいのキレイさを保つことができます。

Kentino
個人的に薄いソールのサンダルは足が疲れてしまうものが多いのですが、FRIPPERは長時間歩いてもさほど疲れない点も評価!

特にシーエッジ編集部がおすすめしたいポイントは価格帯。

メイド・イン・イタリアながらなんと2000円で購入できるハイコスパ!

そして定番の黒や白以外にもレッドやイエローなど、カラーバリエーションも豊富なので、ご自身のスタイルや好みの色を選べるのも嬉しいポイントです。

Kentino
筆者も普段から愛用しているモデルにはなりますが、とにかく着こなしを選ばずに合わせられるのがGOOD!
関連記事

何足持っていてもまた欲しくなってしまう夏の定番アイテム「ビーチサンダル」。 ここでは【男性におすすめのビーチサンダルブランドを15選】ご紹介します。 定番モデルから新鋭ブランドまで、幅広くご紹介しつつ各モデルについて徹底解説している[…]

おすすめのビーチサンダルブランド

FRIPPER STAR

これぞイケおじのビーサン!?少し個性を出したい男性におすすめ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;ビーチサンダル
販売価格:5,000円~

定番モデル「FRIPPER」のストラップ部分にスターのスタッズをあしらった装飾的なビーチサンダルです。

アメカジスタイル好きにはたまらないデザインとなっており、デニムパンツと外しとして使うのが一番効果的!

作りは「FRIPPER」と変わらないので「定番モデルだと少しつまらない」といった方にもおすすめです。

装飾的なデザインですが、決して合わせにくいといった印象はないので、大人の遊び心を足元で演出してみては?

Kentino
しかし一般的な男性が履くにはやや派手派手しい心象を持つビーチサンダルにもなるので、一瞬でも合わせにくいと感じたら避けましょう。

CROSS

主張のないデザインが人気。街中でも履けるサンダルをお探しならコレ!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;ビーチサンダル
販売価格:2,090円

シーエッジ編集部が「FRIPPER」と同じぐらいおすすめしたいモデルがこちらの「CROSS」。

2本の太いクロスストラップを採用し、無骨で男らしい足元になること間違いなし。

ビーチサンダルだと親指と人差し指が擦れて痛くなる…そんな男性にはこちらのモデルを強くおすすめします。

トゥ形状がスマートなスクエア気味にデザインされており、スタイリッシュな雰囲気を演出。

カラーバリエーションも豊富で、シンプルなワントーンのものから交差するストラップの色を変えたものまで、多種多用なので自分好みのデザインをチョイスできるのも嬉しいポイントです。

Kentino
ストラップもソフトなラバー素材を使用しているので、足が擦れて痛くなるということはまずないでしょう!

シャワーサンダル“180”

どこに履いてく?シーンやスタイルを問わず愛用できるシャワーサンダル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;シャワーサンダル
販売価格:4,000円前後

ヘンリ―ヘンリーはサンダルの中でも特にシャワーサンダルのシルエットに力を入れており、その中でも特に人気の「180」は見逃せません!

デザインこそ、シンプルな仕上がりですが、上質なラバー素材を使用し、ルックスも履き心地にもこだわった同ブランド自慢のモデル。

ラバーの質感とダークな色合いで、モードな雰囲気さえ醸し出しており、シャワーサンダルの持つ野暮ったさやカジュアルさなどは、一切感じません。

都市使いしていてもだらしない雰囲気にはならず、普段の大人のコーデにも合わせることができるので、買って良かったと思う事間違いなし!

Kentino
ブランドの‘‘らしさ‘‘が詰まったモデルなだけにまずこちらのモデルを選んでおいて失敗はしません!
関連記事

スポーツを行う際のウォームアップや試合の前後に履かれる機会の多いシャワーサンダルは、ナイキの「ベナッシ」から人気に火が付き今ではすっかりファッションアイテムとして地位を確立したサンダルです。 着こなしの外しとしてコーデに使用すると新し[…]

人気のシャワーサンダルブランド

190 Fibbia

シャワーサンダルだって上品に履きたい。そんな男性におすすめ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;シャワーサンダル
販売価格:4,000円前後

先ほどご紹介した「180」に装飾的なホースビットをあしらいゴージャスかつ大人ぽく仕上げたサンダルです。

やはりホースビットが中央にあることで存在感を放ち、シンプルな着こなしのアクセントに最適なデザインとなっています。

シャワーサンダルの形状ながらも上品に仕上げっているので、子供ぽい印象になることはまずありません。

水着やサマーコーデなどの水辺のシーンで履くのが良さそうなシャワーサンダルです。

Kentino
シャワーサンダルは使い勝手は良いけど子供ぽく見えると思う人ほど、こちらのモデルは効果を発揮してくれます!

PYRAMID

足元に個性をプラス。ピラミッド型の立体的なシャワーサンダル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
タイプ;シャワーサンダル
販売価格:5,000円前後

モデル名の通りピラミッド型の立体的なデザインが印象的なシャワーサンダルです。

「普通のシャワーサンダルだとつまらない、もう少し個性を出せるものが欲しい」そんな男性にはこちらのモデルがおすすめです。

あの超有名な「バオ バオ イッセイ ミヤケ」のバッグのようなデザインは、平面が立体となることでより現代的な美しさを演出。

シンプルなシャワーサンダルに飽き飽きしている男性はこちらのモデルを選んでみてください。

Kentino

コンテンポラリーという言葉がぴったり。シャワーサンダルなので水に濡れても大丈夫ですしラバー素材なので、耐久性も高く履き心地も抜群!一つ持っておくのも全然あり!


ヘンリーヘンリーのサンダルはどこで買える?

ヘンリ―ヘンリーは日本での実売店舗がなく、また公式サイトもイタリア語のみなので、入手方法としては大手通販サイトかセレクトショップのみとなっています。

セレクトショップの場合、ビームスやSHIPSなどで取り扱われていますが、モデルはせいぜい「FRIPPER」ぐらいになってしまうので、その他のモデルが欲しい場合は、Amazonや楽天市場といった通販サイトで購入する他ありません。

オンラインストアをチェックしていると日本には未上陸のモデルも数多くあるので、複数購入したい方や好みのモデルが日本では販売していないものなら公式サイトから購入するにもおすすめです。

ヘンリ―ヘンリーの公式サイトを確認したい方はコチラ

Kentino

公式のオンラインストアで購入する場合、英語またはイタリア語のみになってしまうのでご注意を!

まとめ

イタリア発のサンダルブランド「ヘンリーヘンリー」をご紹介しました。

素材や製造工程にこだわりを持つブランドながら5000円以下で購入できるサンダルを多く展開するブランドにもなるので、「テバ」や「アイランドスリッパ」といった定番ブランド以外のサンダルを愛用したい男性には特におすすめです。

シーエッジ編集部は特に「FRIPPER」と「CROSSCROSS」をおすすめしており、この2モデルなら着こなしやスタイルを選ばずに愛用できるので、満足度も非常に高いと思います!

Kentino
個人的にヘンリ―ヘンリーはデザイン性の高さはもちろんですが、ブランドのプロセスが凄い。ぜひまわりに知らない人がいたら教えたくなるブランドナンバーワン!
最新情報をチェックしよう!