【~1万円台】コスパ最強なおすすめの安い革靴ブランドまとめ。

いわゆる「有名なブランドのちゃんとした革靴」というと大抵の場合8万円以上が相場となっています。

同じ革靴は履き続けられないため最低でも3足は持っておきたい革靴に、ここまでの金額を出し続けるのはかなり裕福な方に限られた話ではないでしょうか?

そこで今回は、手頃な価格の革靴を探している方や、ビジネス用やカジュアル用の「1軍革靴」の休息用にコスパ優秀な革靴を買い足したい方に向け、安いのに高品質な革靴を厳選してご紹介します。

ゆうた
そもそも靴にこだわりが無い方や、雨の日用やローテ用の靴が欲しい方まで、何はともあれ「安く買える革靴」というのは便利なものです。「安物に見えない安い革靴」が知りたい方は必見のページになっています。




安い革靴のメリット・デメリットとは?

「ちゃんとした革靴」というのはビジネス用でもカジュアル用でも「ちゃんとしたスニーカー」に対してどれも基本的に高額です。

少しでも安い方が良い、というのは世の常であり、特にビジネスマンにとってはある種「消耗品」とも言える側面もあるでしょう。

となるとやはり、1足の革靴に10万円なんてのはよっぽどの革靴好きか、一生に一足の贅沢品という考え方が主流です。

それでもなぜ高級な革靴を買うのか。

それは「見栄・趣味」もありますが「革靴ほど値段に比例するものはない」という言葉もあるほど、履き心地や耐久性といった部分に差が出るのも事実です。

そんな「安い革靴を選ぶ」事によるメリットとデメリットをご紹介しましょう。

ゆうた
2万円以下でも「一生履ける革靴」に出会えなくもありませんが、革靴には4万円あたりに「超えられない壁」が存在していると感じています。どこに出しても恥ずかしくない革靴を縛りなく自由に選びたいのであれば、この辺りの価格がボーダーラインになると思います。
関連記事

「おしゃれは足元から」という格言の通り、ビジネスシーンにおけるスーツ姿で最も重要なのはビジネスシューズと言っても過言ではないでしょう。 メンズのビジネスシューズといえばやっぱりメインは「革靴」。 そこで今回は、スーツスタイルの格[…]

メリット

安い革靴を購入するメリット

  • 複数購入が容易なのでローテしやすい
  • 手入れより買い替えで回すため手間が不要
  • 雨などの汚れや傷を気にせずガンガン履ける
  • 実は履き心地はそんなに悪くない

安いというのは、それだけでスタートラインがメリットから始まります。

革靴の寿命を縮める最たる要因は「休まず毎日履いてしまう」事。

そのため、革靴を複数足揃える事がコスト的に容易な事は、安い革靴の大きなメリットと言えるでしょう。

また、安い革靴の多くは合成皮革なため雨に強く、神経質に使わなくて良いという点も「革靴なんて会社の制服」という感覚の方にとって大きなメリットになると思います。

それに、履き心地も実は決して悪いものではありません。

多くの場合はセメント製法と呼ばれる、いわば靴底を革靴に接着剤で取り付ける方法が採用されています。

これは革靴自体を非常に軽く作れるため、場合によってはスポーツシューズのように軽い履き心地を叶えた革靴も存在しています。

とは言ったものの、「安かろう悪かろう」なんて言葉もあるとおり、価格相応にデメリットもあるので注意が必要です。

デメリット

安い革靴を購入するデメリット

  • シワやヘタりですぐ「ダサい」感じになる
  • 審美眼がないと相手に安物だとバレる
  • 通勤中などに突然壊れる事が多い
  • 実はそんなにコスパは良くない?

ビジネスマンの中でも、特に「お客様に合って自社の提案を買っていただく」ような仕事の場合、「ちゃんと髭を剃る」のと同じくらいにはちゃんとした革靴を履いておくのは重要となります。

それは何も「高級品を買え」というわけではなく「高級品に見える」事が重要なわけです。

しかし、安い革靴も高い革靴も見た目は変わらない、なんて感じている方に審美眼があるとは思えないので、ここが最大の課題ではないでしょうか。

それと、安物の革靴は「ボロくなる」のが凄く早く、毎日通勤したら半年あたりで「ボロい革靴」な感じが出てきてしまうのも難点です。

靴底も「接着剤による固定方式」が一般的なので、歩いているうちに剥がれてしまって仕事の合間に買いに行った、なんて話も良く聞きます。


安い革靴を購入する際の注意点

選ぶ際のポイント

  • 本当に「安いだけ」で良いのか?
  • 安くても一生使える品質の革靴が良い?
  • 雨の日にも使える革靴が良い?

「安物買いの銭失い」なんて言葉もありますが、自分に必要な機能を備えた上での製品選びなら、その中で最も安い製品を選びたいのは当たり前の事。

安物買いでも無闇に銭を失わないためには、安い革靴との付き合い方が重要となってきます。

例えば極端な話ですが「安いけど一生物の革靴が欲しい」と考える場合、絶対にグッドイヤーウェルト製法などのソールリペアに耐える革靴である事は必須となります。

となると、基本的に2万円以下はオールソール不可のセメント製法ばかりなので、最低でも2万円程度は予算として必要になります。

安く買って履き潰して短く回すのか、安いけど一生使えるものが欲しいのか、こういった目的は選ぶ際に要チェックなポイントとなります。

ゆうた
安い革靴の中から理想のモノを見つけたい男性は、まず以下の記事からご覧ください。絶対に失敗しない革靴選びのセオリーを初心者向けに解説しています。
関連記事

「おしゃれは足元から」と言う言葉の通り、靴選びのセンスはファッションの完成度を大きく左右します。 ビジネスシーンに映えるスーツスタイルからビジネスカジュアル、さらには休日のキレイめコーデや秋冬のカジュアルファッションに大人っぽい印象を[…]

高い革靴と安い革靴のコスパについて

4万円で購入したチャーチのフルブローグを18年間に渡り愛用した元イギリスの首相「トニー・ブレア」はインタビューにて「安い靴は不経済だ」という言葉を残しています。

要するに「消耗品にお金をかけるのは勿体無い」という言葉は、こちらの側面からも全く同じ事が言えるわけです。

5000円あたりの革靴を毎日履いた場合、およそ半年程度で交換時期が来てしまいます。

3万円の革靴を3足ローテーションして5年に1回全ての革靴をオールソールしたと想定すると15年後あたりで大体同程度の出費になります。

前者であれば手元に何も残りませんが、後者の場合は「しっかりと育った革靴」が残ります。

そこに価値を見出すかどうかは個人の趣味嗜好もあるためどちらが正解かは難しいところですが、コスパ自体は「5000円以下という異常なほどに安い革靴」でないと、そこまでお得というわけでは無い事がわかって頂けたかと思います。

故に、ただ闇雲に安い革靴だけをローテーションするのではなく、単純な消耗品にはならない革靴を何足か持っておいて、安い革靴と組み合わせながらローテーションしていくのが賢い選択と言えるでしょう。

【1万円未満】コスパ抜群の安いレザーシューズ5選

3万円の革靴を3足買うよりも、最終的に安く逃げ切りたいのであれば、目安としては5000円程度。高くとも1万年未満に収める必要があります。

厳選すると以下の5種類がおすすめです。

  1. テクシーリュクス(TEXCY LUXE)
  2. ラスアンドフリス(LASSU & FRISS)
  3. リベラル(LIBERAL)
  4. ハルタ(HARUTA)
  5. サンエープラス(AAA+)

この価格帯は「激安革靴」として、国外の謎ブランド達が跋扈するカオスな領域。

玉石混交な中から特に優れている低価格革靴をピックアップしましたので、是非参考にしていただければと思います。

テクシーリュクス(TEXCY LUXE)TU-7774

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&冠婚葬祭
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥5,000前後

TU-7774の特徴

  • コスパも品質もトップクラスの最強革靴
  • この値段でまさかの「本革」という革命的な1足

スニーカーで有名なアシックス(オニツカタイガー)の子会社であるアシックス商事が、ビジネスシューズでシェアを獲得するために投入した「5000円の革靴」がこのモデル。

その目論見通り、今や激安革靴の中でもダントツのシェアを獲得する大人気の商品となりました。

そんなテクシーリュクスの中でも特におすすめなのがこのクオーターブローグ気味なストレートチップのTU-7774です。

ギリギリ冠婚葬祭でも履ける控えめなブローグは、ビジネスシーンにおいても「会社に内羽根のストレートチップって堅苦しすぎでは?」という感じを程よく緩和。

ソールにはEVA素材を採用しているので、通勤以外に歩き回る事の多いビジネスマンを足元でサポートしてくれます。

ゆうた
品質の高さに反比例するような値段の安さに驚きを隠せません。正直圧倒的な1足であり、まるでスニーカーのように履ける手軽さと相まって、今や不動の1番人気と言ったところです。

ラスアンドフリス(LASSU & FRISS)内羽根ストレートチップ 805

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&冠婚葬祭
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥3,000前後

805の特徴

  • まさかの3000円台で買える真面目な革靴
  • 合皮なのは残念だがコスパは圧倒的

浅草の靴問屋メンズサンエーが展開するビジネスシューズブランド「ラスアンドフリス」。

おそらく通常価格3000円(販売店によっては2000円台も散見)というのは、いわゆる「底値」であり、これ以上安く手に入れるのはセールなどを待つしかないでしょう。

ブラウン系のカラーはいかにも合成皮革って感じなのでバレやすく注意が必要ですが、濃いめのカラーは一見して合皮と見破れる方は少ないのではないでしょうか?

非常にフォーマル顔な内羽式ストレートチップですので、冠婚葬祭はもちろんのこと、ビジネスでも畏った場面におすすめな1足と言えます。

ゆうた
流石にこの値段なので合成皮革ですが、合皮は革というより雨具に近い性質があるため、本革と違って雨に強く手入れも不要というのはむしろ、この価格帯の革靴が欲しい方にとってメリットと言えるかもしれません。

リベラル(LIBERAL)LB209

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥3,000前後

LB209の特徴

  • 2万円前後の革靴に匹敵する見た目の良さ
  • 合皮の中ではかなり本革に近い質感

リベラルは、兵庫県神戸市の元町通にあるビジネスバッグや革靴と言ったレザー製品を手掛ける株式会社リベラルのオリジナルブランド。

合成皮革というと、ブラックは履けてもブラウンは安っぽすぎるなんて言われることも多い中、流石はファッション性の高い製品を手掛けるメーカーだけあって、かなり「履ける」色味の革靴になっています。

特にストレートチップの切り替え部分や、腰革の切り替え部分の色味の変化がまるで本革のような質感となっており、この価格でこのクオリティはちょっと他にない感じ。

ブラックやダークブラウンはもちろんおすすめですが、外羽根式ストレートチップのブラウンはカジュアルコーデのドレスアップにもかなり使える1足。

週末のタイドアップからカジュアルコーデの格上げまで広く使えるので、1足持っておいて損はないでしょう。

ゆうた
5000円以下で買える明るめなブラウン系の革靴としてはダントツで高級感があります。外羽根式なのでフォーマル度も低く、ビジネススタイルからカジュアルまで幅広く使える汎用性の高さもポイントです。
関連記事

キレイめコーディネートに欠かせない定番アイテムといえば「革靴」です。 革靴と一口に言っても、アウトドアに使えるほどゴツいワークブーツから、ブラックタイなどの礼装にも使えるフォーマルシューズまで幅があり「どこまでがカジュアルなのか」がや[…]

ハルタ(HARUTA)#6776

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥7,000前後

#6776の特徴

  • シーンを問わず使えるクラシカルなプレーントゥ
  • かなりしっかりした作りの良さが魅力の低価格革靴

日本の学生靴を支えるブランドといえば、誰もが1度はお世話になったと言えるほど広く普及している「ハルタ」です。

学生の定番のローファーももちろん低価格なのでおすすめですが、ちょっと学生の頃をを思い出して嫌だな・・・なんて方は、コスパ最強の外羽根式プレーントゥが良いでしょう。

余程ガシガシ使わなければ2年近くもつ耐久性の高さは、流石学生靴の定番ブランドと言ったところでしょうか?

値段に対して信じられないほどの作りの良さを感じます。

難点としては、ちょっと合皮っぽさが出てしまっているという点でしょうか。

カジュアルに使用するならグラスレザーのようで使いやすいですが、ビジネスだとちょっと時間が経つまで「ピカピカ感」が気になるかもしれません。

ゆうた
HARUTAと言えば、1万円以下で買えるビジネス顔のコインローファーも有名ですが、ブランドも含めて学生服のイメージが圧倒的に強いので、ちょっと敬遠しがちかもしれません。興味がある方はそちらも是非。

サンエープラス(AAA+)2671

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥3,000前後

2671の特徴

  • 汎用性の高いストレートチップに防滑ソールを搭載
  • 1軍革靴を雨の日に履きたく無い方は要チェックな1足

浅草の靴問屋メンズサンエーが展開するビジネスシューズブランド「サンエープラス」。

格安な革靴の中では珍しく防滑ソールを採用しているため、雨の日の滑りやすいタイルなどでも安心して歩けます。

トップクラスの低価格さに加えて、歩きやすさにもこだわったモデルであり、防滑ソールと合わせて雨の日用の激安革靴を探している方には是非ともおすすめしたいスペックとなっています。

ライトブラウンの色味は製造ロットによって変化しやすく、結構な確率で「いかにも合皮」という感じの色味のものが出てくるため購入する場合は注意が必要です。

ダークブラウンやブラックの質感は結構良く、確かに合皮っぽさが無くは無いのですが、雨の日用と割りきえば全然問題なく使える感触です。

ビジネスでもカジュアルでも、果ては雨の日の冠婚葬祭まで使いやすい外羽根式のストレートチップ。非常に安いので1足持っておくのがおすすめです。

ゆうた
販売店や時期によっては、2足セットで購入すると1足が半額になるようなサービスを展開しているお店もあります。送料などと相談しながら安く購入できるお店を調べてみるのもおすすめです。

【1万円台】おすすめの安いレザーシューズ5選

ギリギリ「安い革靴」と言えるのは2万円でお釣りが来る金額だとお考えの方も多いのではないでしょうか?

ここではそんな、1万円代で買える見た目も機能性も優れた革靴を5つ厳選致しました。

  1. アシックスウォーキング(Asics Walking‎)
  2. ナノ・ユニバース(nano・universe)
  3. ケンフォード(KENFORD)
  4. クラークス(Clarks)
  5. リーガル(REGAL)

この金額ではまだセメント製法が主流となりますが、中には防水性の高い素材や、走り出せるほど優れたクッションが採用されている革靴もありますので、要チェックです。

アシックスウォーキング(Asics Walking‎)WR829T

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&冠婚葬祭
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥19,000前後

WR829Tの特徴

  • 飛び抜けた歩きやすさと履き心地の快適さ
  • 「革靴らしさ」は同価格帯ではちょっとイマイチ

トップアスリート達の足元を支える日本を代表するシューズブランドの「アシックス」から、最先端の技術を取り入れたウォーキングシューズとして展開されているのが「アシックスウォーキング」です。

見た目は、冠婚葬祭からビジネス&カジュアルまで、どこに出しても恥ずかしくない定番の内羽根式ストレートチップ。

しかし、ヒールにはランニングシューズなどに使われるアシックスの代表的なクッショニングテクノロジー「GEL」が採用されており、抜群のショック吸収力を発揮します。

もちろんアッパーには本革が使用されており、セメント製法で作られるグッドイヤーウェルト風のコバの感じもよく、ラウンドトゥのクラシカルな表情も悪くありません。

ただ、動価格帯のリーガルやケンフォードに比べると、若干「高級革靴らしさ」に欠けるのをデザインで補い切れてない感は否めません。

安物に見えるという意味ではありませんが、見た目の感じは値段相応と言ったところです。

ゆうた
アシックスウォーキングのビジネスシューズはどれも非常に履き心地がよく、街中でもかなり多くの人が履いている姿を見かけますので「周囲と浮く」ような感じは一切ありません。機能性を重視するならかなりアリな選択なので覚えておきましょう!

ナノ・ユニバース(nano・universe)SQUALL PROOF BMZドレスシューズSTチップ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&冠婚葬祭
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥12,000前後

BMZドレスシューズSTチップ
の特徴

  • ポリ塩化ビニル一体成型による完璧な放水仕様
  • 一般的な革靴と遜色のない外観

日本を代表するセレクトショップの1つ「ナノ・ユニバース」。

一般的なレザーやバッファロー革なんかを使った革靴も、比較的手ごろな価格で手に入るブランドですが、中でもおすすめなのがこのSQUALL PROOFシリーズの内羽根式ストレートチップです。

見た目は端正な真面目系ストレートチップですが、なんとこれソールと一体成型のPVC素材。要するに「レインシューズ」なのです。

ラバー素材でありながらも、レザー特有の艶感やシワ感を完璧に再現しており、細かいステッチに至るまで一見してラバー素材だと見抜けない風格。

お気に入りの1軍革靴を濡らしたくない!という方で、雨の日専用の安い革靴を探しているなら、是非ともおすすめしたい逸品。

これさえあれば土砂降りの通勤も、大雨の結婚式も怖くありません。

BMZドレスシューズシリーズには定番のストレートチップ以外にも、カジュアルシーンでの出番が多いプレーントゥやローファーも同価格帯で展開されているので気になる方はそちらも是非。

ゆうた
まずはやっぱり「雨の日用」ですから定番のストレートチップがおすすめですが、カジュアルユースも視野に入れるならプレーントゥも良いでしょう。ラバーなので通気性は全くなく、晴れた日に履くとムレムレになるため要注意です。

ケンフォード(KENFORD)K641L

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥10,000前後

K641Lの特徴

  • 10,800円で買える「最も革靴らしい革靴」はコレ!
  • 革靴マニア意外には絶対値段がバレない高級感

革靴と聞けば近寄り講釈を垂れるような「革靴マニア」もとい「革靴警察」がいるような職場だと流石にバレてしまうかもしれませんが、この革靴が1万円の革靴だと気づくには相当な審美眼が必要です。

ケンフォード、というブランドはあまり耳馴染みが無いかもしれませんが、日本を代表する革靴ブランド「リーガル」の廉価版を提供する、ユニクロでいうところのGUのようなブランドです。

このページでは1万円未満と1万円以上に分けて紹介している為、このような場面で紹介することになってしまいましたが、はっきり言って1万円前後で買える革靴としては「最強」の1言に尽きます。

もちろんアッパーには天然皮革の牛革を使用。

どうせリソールできないセメント式なら!ということでスポンジソールが搭載されている為、歩き心地も非常に快適なまさに「ビジネスマンの味方」というスペックです。

オーソドックスな外羽根式のプレーントゥはビジネスシーンだけでなくカジュアルにも使えますし、このソールなら1日中ディズニーランドを歩き回っても大丈夫です。

ゆうた
1万円前後で購入できる革靴の中では最もおすすめの品。雨の日用だとか究極に安いものを!と言われると違ってますが「安くていい感じの革靴」と言われたなら、正直このモデルを超えるものは無いでしょう。

クラークス(Clarks)Bensley Cap

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥17,000前後

Bensley Capの特徴

  • 高級感と色気のある見た目がスタイリッシュな1足
  • オーソライトインソールによる抜群の履き心地

イギリスを代表するカジュアルシューズブランドとして、特に「ワラビー」なんかが世界的なヒットとして現在も流行しているクラークス。

そんな有名ブランドから買える2万円未満の革靴がこのベンスリーキャップというシンプルな外羽根式ストレートチップです。

冠婚葬祭などでも違和感なく使えるデザインでありながら、外羽根式なのでブラウン系を選べばカジュアルコーデにも十分対応できる汎用性の高さが魅力的。

ポイントとなるはオーソライトという、ナイキやアディダスなどのスニーカーでもおなじみのインソールが採用されているところ。

抗菌消臭機能と通気性を合わせ持ちながら、クッション性の高さによる履き心地の良さは一般的な革靴より頭一つ抜けでた存在です。

ゆうた
革靴で有名なブランドから販売されていて、尚且つ見た目的にも高級革靴に匹敵するビジュアルで、履き心地も十分に優れた1足という意味では、非常にコストフォーマンスに優れたバランス重視の革靴と言えるでしょう。反対に「特徴のない1足」とも言えます。

リーガル(REGAL)51MRAH

シーエッジ編集部のおすすめ度:
シーン:ビジネス&カジュアル
耐久性/品質:
履き心地良さ:
コスパの良さ:
参考価格:¥0,000前後

51MRAHの特徴

  • スムースレザーからスエードまで幅広い展開
  • ビジカジにおすすめな色物のプレーントゥ

天下のリーガルから販売されている定価1万円台の革靴で最もおすすめなのがこのオーセンティック感漂う外羽根式プレーントゥ「51MRAH」です。

コバのステッチまで見事に再現されたセメント方式で、アッパーには風合いのあるオイルドレザーのモデルと、バックスキン(スエード)を使用したモデルがラインナップされています。

オイルドレザーは撥水性が高い為、悪天候な場面でも気軽に履けるのが嬉しい素材です。

また、比較的ファッションに関して柔軟な職場であればビジネスカジュアルなどのコーディネートに扱いやすい落ち着いた色合いなのがポイント。

特にスエードのモデルは秋冬に大活躍なカラーが展開されているで、カジュアルコーデにも取り入れやすく初心者にもおすすめな1足です。

ゆうた
いわゆるビジネスシューズらしいデザインはリーガルだと最低でも2万円を超えてきます。あと2千円足せば、一生使えるグッドイヤーウェルト製法のローファーなんかも視野に入ってくるので、個人的にはリーガルから選ぶならあとちょっと予算を足して選びたいところです。
関連記事

「日本のビジネスマンの制服」といっても過言では無いほど、多くのビジネスマンから愛され圧倒的な信頼を獲得しているブランド「リーガル(REGAL)」 まさに、日本を代表する革靴。そんなリーガルですが、実はリーガルの革靴について、その魅力を[…]

おすすめの安い革靴ブランドまとめ

本記事では【おすすめの安い革靴ブランド】をご紹介させて頂きました!

一見して安物の革靴には見えないデザインでありながらも、非常に手の届きやすい価格で展開される革靴は、2軍どころか1軍として扱っても差し支えないほどの傑作揃いです。

シーエッジ編集部がデザイン性や性能のよさからベスト3を選ぶなら

の3種類をおすすめします。

  1. テクシーリュクス(TEXCY LUXE)
  2. ナノ・ユニバース(nano・universe)
  3. ケンフォード(KENFORD)

ご自身のライフスタイルや普段のコーデに合う革靴を見つけてみてくださいね!

関連記事

履き心地の良さと手軽さから大人男子達を夢中にさせるローファー。 スリッポンタイプの紐なし革靴として人気の高いローファーといえば学生靴の定番「コインローファー」が有名ですが、それ以外にも魅力的なローファーは沢山あります。 そんなロ[…]

関連記事

平日のスーツスタイルから休日のカジュアルファッションまで、男性のおしゃれに欠かせないアイテムといえば「革靴」です。 ただ、ひとくちに革靴と言ってもその種類は様々であり、マナーの問題も出てくるためどれを買えば良いのか困ってしまう事も多々[…]

最新情報をチェックしよう!