【2020年大本命】ダウンジャケットを買うならユニクロがおすすめの4つの理由

デザイン性・機能性・耐久性の三拍子揃ったダウンジャケットの販売を行う「ユニクロ」。

それに加えリーズナブルな価格帯も魅力なので、ダウンジャケットを買うならユニクロは候補に入れておきたいブランドの一つ。

そこで本記事では【ユニクロのダウンジャケットがおすすめの4つの理由】そして【UNIQLOでおすすめのダウンジャケット5選】をご紹介します。

ユニクロのダウンジャケットはこんな男性におすすめ
  • とにかく価格を抑えた安くてクオリティの高いダウンを探している
  • スタンダードなデザインで着こなしを選ばずに使いたい
  • 豊富なモデルから自分のライフスタイルに合うダウンが欲しい
 
関連記事

近年、冬のマストハブアウターにもなった『ダウンジャケット』。 毎年トレンドや旬の着こなしが変わってくるので、どのダウンジャケットを選ぶべきか分からない男性も多いはず。 そこで本記事では、ダウンジャケットを選ぶうえでどのようなポイ[…]

Kentino
ユニクロのダウンはプロの目線からも非常にクオリティの高いと断言できるので自信を持っておすすめします




ユニクロのダウンジャケットのメリット・デメリット

ユニクロのダウンジャケットのメリット
  1. 流行りや着こなしを気にすることなく着られる
  2. 他ではマネできない圧倒的な安さ。
  3. 種類が豊富だから自分好みのシルエットやデザインが見つける
  4. ダウンとフェザーの配合率がダウン専門ブランドと変わらない
  5. 毎年ユーザーの声を基にアップデート・改良モデルを発売
  6. タウンユース使いにぴったりな保温力
ユニクロのダウンジャケットのデメリット
  1. スタンダードなゆえに人と被る
  2. お洒落なダウンと比べるとデザイン性が落ちる
  3. スポーティーやカジュアル要素が若干強い

ユニクロのダウンジャケットがおすすめの4つの理由

ユニクロのダウンジャケットがおすすめの4つの理由

驚きのコスパの良さ。これがユニクロマジック

ユニクロのダウンジャケットの最大の魅力は、他のブランドも真似できない「圧倒的なコスパの良さ」です。

ウルトラライトダウンは2900円、一番価格帯が高いシームレスダウンロングコートでさえ20000円以下で購入できるコスパの良さ。

コスパの良さだけではなく機能性やデザイン性、さらには耐久性にも優れているので、ユニクロのダウンは長年選ばれ続けられているのです。

また、ダウンの温かさの指標として使われる「フィルパワー」をダウンブランドと比較しても

高級ブランドのダウン「750~」
ユニクロのダウン「640フィルパワー前後」

となっており、一般的に600フィルパワー以上のダウンは「良質」、750フィルパワー以上のものが「最高品質」と定義されているので、ユニクロのダウンがいかに良質なのかが分かります。

Kentino
また、タウンユース程度の使用を想定しているのならわざわざ高いダウンを購入しなくてもユニクロのダウンで十分寒さを凌ぐことができますよ!

ダウンアイテムの展開が豊富。自分好みの一着を見つけられる

ダウンジャケットブランドは、カラー展開が多かったとしてもモデルの数が少なく、デザインやシルエットも似ていることが多くあります。

ダウンジャケットブランドの弱点はココ。モデルの数が豊富にも関わらずシルエットやデザインが似てしまうところなんです。

そうした中でユニクロが販売するダウンジャケットは、品揃えに加えてデザインやシルエットも豊富に展開しているのが特徴です。

そのため、モデルと比べてご自身のライフスタイルに合うモデルや自分好みの一着を見つけることができるので、お洒落初心者や様々なシルエットやデザインから選びたいという男性におすすめです。

ユーザーの声を基に毎年アップデート。毎年良作が生まれる

分かりやすいよう昨シーズン登場しダウン業界に衝撃を与えた「ハイブリットダウンパーカ」で旧モデルと新モデルの違いを解説すると…

昨シーズンはボックスシルエットでややボテッとした雰囲気でしたが、ウエストを少し絞りシャープめに

また、フードのサイズ感や胸ポケットを配置するなどアップデート。

「ハイブリットダウンパーカ」以外の全てのモデルに言えることですが、毎年ユーザーから届く声を基に改良しアップデートを繰り替えしています。

また、その年の雰囲気に合わせてサイズ感も変えるなど、細かい箇所までも変更してくる徹底ぶり。

他のブランドのダウンジャケットは、毎年同じモデルを販売するのが普通なのに対してユニクロはその年にユーザーから指摘などを受けた箇所は翌年改良してきます。

そのため、毎年前作を上回るクオリティーの高いダウンジャケットを発売しており、特に2019年~2020年モデルは業界でも高い支持を獲得しています。

人や着こなしを選ばない。スタンダードなデザイン性

ダウンに限らずユニクロのアイテムは、人や着こなしを選ばずに使えるものばかり。

その理由はスタンダードなデザイン性にあります。

ユニクロのダウンジャケットは豊富なラインナップとなっていますが、どのモデルも一切装飾を施さず非常にシンプルなデザイン性となっています。

今季おすすめのユニクロのダウンジャケット

Kentino
上記は機能性とデザイン性の高さをグラフにしそれぞれのモデルを分布させた図です。各モデル特徴が異なるので、ご自身のスタイルに合う一着を見つけてくださいね!

ハイブリッドダウンパーカ

次世代のダウンジャケットをアップデート

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[表地] 53% ポリエステル,47% 複合繊維(ポリエステル) [中わた] 前身頃,後身頃ウエスト上部分: 90% ダウン,10% フェザー/ 後身頃ウエスト下部分,本体脇部分,フード,袖部分,ショルダー部分: 70% ポリエステル,30% レーヨン [裏地] 100% ポリエステル
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥9,990

おすすめポイント

  • ダウンと吸湿発熱中綿中綿を効率良くハイブリット
  • スッキリとしたデザインで着膨れ知らず
  • 充実のポケットで機能性も申し分なし

昨年発売されるやいなやユニクロのダウンジャケットきっての人気モデルとなったハイブリットダウンジャケット。

今季は左胸に止水ファスナーを配置し機能性をより充実させています。

本モデル最大の特徴と言えば、ダウンと吸湿発熱中綿を効率良く使用した点。

体の中心には640フィルパワーのダウンを使いしっかり暖め、腕や袖回りには吸湿発熱中綿を使用し、衣服内でこもる湿気を吸収し発熱。袖口や裾といった寒さを感じやすい箇所に使うことで、暖かさを高めてくれます。

2015年前後までは光沢感のあるキルティング加工のダウンジャケットが人気を博していましたが、本モデルはノンキルトにすることで着膨れせず、スタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。

皆さんが思い浮かべるダウンジャケットのような雰囲気は一切なくインナーに着込んだとしてもスッキリした印象になるので、着こなしも考えずに冬の間着続けることができます。

このダウンジャケットが登場する以前は、ダウン100%を使用するのが当たり前でしたが、本モデルの登場以降はダウンと中綿を組み合わせるブランドのほうが多くなっているので、本モデルがダウン業界に与えた衝撃は大きいのです。

Kentino
今年の冬の顔とも呼べるアウターなので、一つ持っておくとタウンユース・アウトドア問わず使えるので、本当におすすめです!一度使うと手放せなくなること間違いなし!
関連記事

  今年ユニクロのダウンジャケットが良いって聞くけどプロの目線から見てどうですか? Kentino ファッション業界の人間から見ても非常に完成度の高いダウンだと思います。正直ユニク[…]

ハイブリッドダウンコート

ビジネス着に合わせるならコレ。冬の寒さのこの一着でOK!

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[08 DARK GRAY] [表地] 82% ポリエステル,18% 綿 [中わた] 前身頃,後身頃 ウエスト上部分: 90% ダウン,10% フェザー/ 後身頃 ウエスト下部分,本体脇部分,フード,袖部分,ショルダー部分: 70% ポリエステル,30% レーヨン [裏地] 100% ポリエステル [その他カラー] [表地] 80% ポリエステル,20% 綿 [中わた] 前身頃,後身頃ウエスト上部分: 90% ダウン,10% フェザー/ 後身頃 ウエスト下部分,本体脇部分,フード,袖部分,ショルダー部分: 70% ポリエステル,30% レーヨン [裏地] 100% ポリエステル
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥9,990

おすすめポイント

  • 着丈が長くビジネス着にも合わせられるサイズ感
  • フードが着脱できるのでその日の着こなしに合わせて柔軟に対応

ハイブリットダウンパーカをビジネス向けに展開したモデルです。

ダウンをコートの着丈の長さに作られているので、スーツに合わせもシルエットに綺麗にハマります。

ビジネス着に着用できるダウンをお探しの方は絶対にこのモデルを買ったほうが良いです。

何と言ってもダウン特有のモコモコした感じがなくビジネス着に合わせても綺麗に決まります。

4色展開となっていますが、ビジネス着に合わせるなら「ブラック」や「ネイビー」といった落ち着いたカラーリングなら冬のコート代わりに重宝します。

また、フードが着脱できるので、ビジネスシーンに合わせれるときは取って、ビジネス向けのスタンドカラーコートに。プライベートやアウトドアシーンで使うときは付けてダウンコートに。スタイルやシーンに合わせて柔軟に対応できます。

デザインもスラッシュポケットやフロントのファスナーも見えないようになっているので、スタイリッシュで洗練された雰囲気を醸し出します。

シンプルでありながら随所にユニクロのこだわりが詰まったダウンジャケットになるので、オン・オフ問わず使えるダウンをお探しの30代~40代の大人のビジネスマンにおすすめです。

Kentino
昨シーズンは人気過ぎて冬中盤には全完売してしまったダウンなので、狙っていた方は冬が本格的になる前に購入してください!

ウルトラウォームダウンコート

ユニクロ史上最も暖かいアウター

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[表地] 53% ポリエステル,47% 複合繊維(ポリエステル) [中わた] 前身頃,後身頃ウエスト上部分: 90% ダウン,10% フェザー/ 後身頃ウエスト下部分,本体脇部分,フード,袖部分,ショルダー部分: 70% ポリエステル,30% レーヨン [裏地] 100% ポリエステル
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥15,900

おすすめポイント

  • ダウン・中綿・アルミプリント裏地の3層構造
  • 極寒の地でも使えるユニクロ史上最強のアウター

ユニクロのアウターシリーズで最も暖かい「ウルトラウォームダウンコート」。噂によると老舗ダウンブランドと同じぐらいの暖かさで極寒地にも使えるアウターです。

寒い地域にお住まいの方やスキーやスノボといったウィンタースポーツ用のアウターをお探しの方には特におすすめです。

本モデルの魅力は本格スペックを搭載した機能性の高さ。

合計大小様々な6つのポケットを搭載し、また今季からパラシュートボタンをあしらうなど、本格スペック。

そのため、雰囲気はどことなくミリタリーウェア感もあって今年らしい仕上がりです。

フードに付いたファーが高級感を演出し、その日の着こなしに合わせて着脱もできるので使い勝手も申し分なし。

フェイクファーと立体的なフードによって顔まわりにボリュームが出ます。ボリュームが出ることでいつもより顔が小さく見えるので、スタイルアップの効果も期待できます。

Kentino
ボリューム感たっぷりですが、着丈や身幅のサイズ感が絶妙なので、着膨れせずスッキリと着こなせますよ!

ウルトラライトダウンジャケット(3Dカット)

アウトドアウェアをルーツにより機動力のあるダウンに進化

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[表地] 53% ポリエステル,47% 複合繊維(ポリエステル) [中わた] 前身頃,後身頃ウエスト上部分: 90% ダウン,10% フェザー/ 後身頃ウエスト下部分,本体脇部分,フード,袖部分,ショルダー部分: 70% ポリエステル,30% レーヨン [裏地] 100% ポリエステル
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥5,990

おすすめポイント

  • 体の動きを考えた立体設計「3Dカット」による最高の新しい着心地
  • いつでもどこでも持ち運べるポケッタブル仕様

定番の「ウルトラライトダウンジャケット」を3Dカットに進化させた新作「ウルトラライトダウンジャケット(3Ⅾカット)」が登場!

「ウルトラライトダウンジャケット」と言えば、ユニクロが誇る看板アイテム。

今年は体の動きに合わせた立体設計。(リュックでいう人間工学的なもの)

首と袖をつないだ一枚の生地が、あらゆる体型にフィットし、動きやすさも昨シーズンと比べてかなり向上!

一度着れば分かりますが、とにかく軽い!軽くて薄いのに暖かいことにびっくりすると思います。

カラーも定番の「ブラック」「ネイビー」に加えて今年らしい「オリーブ」と「ブラウン」の4色展開!

コンパクトに収納できて暖かくてなおかつ動きやすい。これを買わない理由ってあります…?

Kentino
「ウルトラライトダウンジャケット」の機能性の高さは残しつつ、フィット感や動きやすさをアップさせたモデルなので、今年は新作モデルが買いです!
関連記事

「軽さ」と「暖かさ」を追求して誕生したウルトラライトダウン。今ではジャケット・パ―カー・ベストとシリーズ化され、絶大な支持を獲得しています。 そんなユニクロのウルトラライトダウンは、小さくコンパクトに収納できるパッカブル仕様に加え、こ[…]

ウルトラライトダウンパーカ

ダウンジャケットらしさはしっかりのこしつつスマートに仕上げた人気モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:100% ナイロン/ 中わた: 90% ダウン,10% フェザー/ 裏側: 95% ナイロン,5% 複合繊維(ナイロン)
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥6,990
おすすめポイント!
  • ボリューミーなのにポケッタブルで持ち運び楽!
  • 丈や袖の長さは日本人サイズだから安心して着こなせる
  • フード付きで首まわりもしっかり温め保温性アップ

日本中に衝撃を与えた「ウルトラライトダウンジャケット」のボリューミーバージョンとして販売されている「ウルトラライトダウンパーカ。」

昨年発売されていた「ウルトラライトボリューミーダウンジャケット」よりもさらにスッキリスマートなシルエットが特徴です。

さらに撥水加工も施されているので、多少の雨水ならしっかり弾いてくれます。

昨シーズンのデメリットでもあったボリュームを抑え、スッキリとしながらダウンジャケットらしい雰囲気を残したモデルです。

Kentino
中央に向かってV字キルトになっており、よりシャープでスッキリとした雰囲気に。「ウルトラライトダウンジャケット」にはフードがないので、フードありが良いならこっちのモデルがおすすめです!

シームレスダウンパーカ(3Dカット)

シームレス(縫い目のない)だから風や雨粒が侵入しにくいダウン

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:表地: 100% ポリエステル/ 中わた 本体: 90% ダウン,10% フェザー/ フード縁部分: 100% ポリエステル/ 裏地: 100% ポリエステル/ 袖口部分: 87% ポリエステル,13% ポリウレタン
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥14,900
おすすめポイント
  • 3Dカット設計でより動きやすく進化
  • シームレスだから風や雨粒が侵入しにくい

定番のシームレスダウンの新作モデル。今年は3Dカット設計でより動きやすく機能性に特化した点に注目。

シームレスとは、ダウンジャケットのキルティングにあるステッチ(縫い目)部分に樹脂による圧着加工を行い、限りなく縫い目を減らしたこと。

縫い目は減ると風や雨粒が内部に侵入しにくくなるので、保温性をキープすることができるのです。

雨の日にダウンジャケットを着ると縫い目から雨水が浸みてきてしまいダウンをダメにしてしまうことがありますが、本モデルなら表面に多少の雨水が付いても浸みてくることもなく、雨の日にも安心して着用することができます。

雪の降る地域にお住まいの方には特におすすめできるモデルです。

Kentino
個人的にシームレスダウンの魅力でもあったスッキリとした雰囲気が失われてしまっていて残念ではあります…。

【11月上旬販売予定】リサイクル ダウンジャケット

ユニクロUらしいファッション性に富んだダウンジャケット

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[表地] 100% ナイロン/ 中わた 本体: 85% ダウン,15% フェザー/ 中わた ポケット部分: 100% ポリエステル/ 裏地: 100% ナイロン/ リブ部分: 100% ポリエステル 取扱い
サイズ展開:XS~2XL
販売価格:¥7,990

おすすめポイント

  • ファッション性に特化したダウンジャケット
  • Vネックなのでコートやジャケットのインナーにとしても使える
  • 今年らしいアースカラーを基調とした4色展開

ユニクロUから発売予定のリサイクルダウンジャケットは、今年の一大トレンドでもあるアースカラーを基調した4色展開。

機能性よりかはファッション性に特化させたモデルなので、冬の着こなしを楽しむには丁度良いアイテムです。

曲線状のステッチはダウン特有のかさばりやゴワつきを抑え、心地の良いふくらみ感と暖かさを楽しめるので、見た目以上に保温性もばっちり!

襟元はVネックなので、インナーにタートルネックを入れてアウターっぽく着るのも良し、ジャケットやコートの下のインナーとして使うも良し。

今年の冬の主役になってくれるダウンジャケットなので狙い目です!

Kentino
個人的にカラーやサイズによっては即完売しそうなアイテムなので、狙っている方は発売された直後に購入することをおすすめします。

シームレスダウンパーカ

ユーザーの声で進化・アップデートした2019モデル

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:[表地] 100% ナイロン/ 中わた 本体: 85% ダウン,15% フェザー/ 中わた ポケット部分: 100% ポリエステル/ 裏地: 100% ナイロン/ リブ部分: 100% ポリエステル 取扱い
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥9,990
おすすめポイント
  • 前回モデルをユーザーの声でアップデートした進化版
  • オン・オフ問わず使えるベーシックなデザイン
  • 大人がお洒落に着るダウンにおすすめ!

18年に発売されたモデルをお客様の声を基に改良しアップデートしたモデルがこちらの「シームレスダウンパーカ」。

カジュアルや子供ぽくならないよう光沢感を抑えた素材を使用。滑らかな質感も子供ぽくならず大人の男性が使用しても安心して普段の着こなしに合わせられます。

また、シャープなルックスとシンプルなデザインは、都会的で洗練された雰囲気にしてくれるので、幅広い着こなしとマッチしてくれますよ!

肩幅や丈の長さも日本人の体型に合わせて設計されているため、ダウンジャケットを着ると着こなしのバランスが悪くなってしまうという方でもバランス良く合わせることができます。

カラーは全6色展開となっており、自分好みの色合いを見つけることができますが、大人の男性なら「ブラック」「ネイビー」「グレー」の3色がおすすめです。

この3色ならビジネススタイルにも合わせられる色合いなので、オン・オフ問わず使いたい男性はぜひ参考にしてみてください。

ウルトラライトダウンコンパクトジャケット

寒いのか暑いのか分からないそんな季節に大活躍してくれるダウンジャケット

シーエッジ編集部のおすすめ度:
人気度:
フィルパワー:640フィルパワー以上
素材:100% ナイロン/ 中わた: 90% ダウン,10% フェザー/ 裏側: 95% ナイロン,5% 複合繊維(ナイロン)
サイズ展開:XS~4XL
販売価格:¥4,990
おすすめポイント
  • アウター・インナーの2WAY仕様
  • マットな質感で清潔感ある雰囲気に
  • 昼夜の温度差が高い春や秋に大活躍!

今回ご紹介している5選の中で最も使い勝手の良いダウンジャケットがこちらの「ウルトラライトダウンジャケット」。

アウター・インナーの2WAY仕様となっており、昼夜の温度差が高い春や秋に大活躍してくれます。

特に冬場は嵩張るインナーを抑えたい方も多いでしょうが、寒さに勝てずに重ね着をしてしまい着膨れしてしまう悩みを抱える男性におすすめです。

ダウンジャケットながらもキルティングが細かくボリュームもないので、インナーとして着用しても嵩張らず冬コーデをスッキリとした印象に仕上げてくれます。

さらにポケッタブル仕様なので、使わないときは小さく折りたたみ、専用のポーチに入れておくことが可能です。

そのため、海外旅行や日帰りの登山などのアウトドアシーンにもお使い頂けます。

このように様々なシーンや用途で使え、インナーにもアウターにも使うことができるので、着回し力の高いダウンジャケットにおすすめです。


ユニクロのダウンジャケットまとめ

本記事では【ダウンジャケットを買うならユニクロがおすすめの理由4つ】そして【ユニクロでおすすめのダウンジャケット】をご紹介しました。

ユニクロのダウンがあれば、わざわざ高いダウンなんかを買う必要はありません。

ユニクロのアイテムはコスパが良いだけではなく機能面から見ても物凄く優れているものばかりなので、ぜひ今年のダウン選びにユニクロも候補に入れてみてくださいね!

関連記事

意外と知られてませんが、ダウンジャケットは自宅で洗濯できるんです。 ダウンジャケットはクリーニングに出すと1着3000円程度、コートサイズなら1万円近くかかることもあるため、自宅で洗濯できたらお得だと思いませんか? 今回はダウン[…]

関連記事

本物志向の男性にはおすすめしたいブランドの『カナダグース』。 1950年代カナダ・トロントで設立。以来、北極圏や世界中の寒冷地の映画や観測の撮影時のジャケットとして採用し続けられています。 今ではダウンブランドの絶対王者として業界をリード[…]

おすすめのカナダグースダウンジャケット
関連記事

【完売必至】ノースフェイスで人気のおすすめダウンジャケット7選を徹底比較!毎年完売必至の大人気ダウンや大人がおしゃれに着こなしたいダウンジャケットなど、販売するごとに賑わせるノースフェイスのダウンジャケット。 どれも人気モデルなだけにどれ[…]

関連記事

様々なダウンジャケットブランドがある今、本当に優れた防寒力と機能を兼ね備えたモデルを見つけるのは大変ですよね。 そこで、本記事では【世界最強ダウンジャケットブランド5選を徹底比較!】 数あるダウンジャケットブランドの中でも上位に入る5大ブ[…]

【世界最強】 ダウンジャケットブランド5選を徹底比較
関連記事

大人の男性を惹きつけて離さないモンクレールのダウンジャケット。 街中を歩けば大人の男性がお洒落にモンクレールのダウンジャケットを着ているのを見かけるほど、大人世代から長年人気を獲得しています。 そこで本記事では、モンクレールのダウン[…]

最新情報をチェックしよう!