【次世代防水リュック】レインズで人気のおすすめリュック5選

近年リュックを選ぶ条件として『防水』というキーワードが良く挙がります。

突然のにわか雨や台風のときでも荷物を濡らさずに持ち運べることができる防水リュックはもはや現代人にとって必要不可欠。

その中で注目されているのが北欧発の防水アイテムを販売する「レインズ」。

そこで本記事では【レインズでおすすめの防水リュック5選】をご紹介します。

レインズのリュックはこんな男性におすすめ
  • ミニマリスト志向な方
  • 最低限の荷物を収納できるリュックを探している
  • 大人のキレイめな着こなしに合わせたい
  • 流行や季節に左右されないシンプルでモダンなデザイン
Kentino
デザイン性・機能性・防水性に優れた万能リュックはイマ注目しておきたいリュックブランドとしてシーエッジ編集部も推薦します! 




レインズ(RAINS)ってどんなブランド?

2012年にデンマーク・コペンハーゲンで創設された「レインズ(RAINS)」。

北欧に位置するデンマークは、1年の3分1つまり120日以上雨が降るという国のため、レインアイテムが欠かせません。

そこで誕生したのがファッション性に優れ実用的・合理的なレイングッズを販売する「レインズ」。

2014年には日本にも上陸を果たしており、ここ数年都市使いする男性を見かける頻度も増えてきました。

今後ますます注目されるレインズのリュック。以下ではレインズのリュックの4つの魅力について詳しく解説していきます。


レインズのリュック4つの魅力

レインズのリュック4つの魅力

防水リュックとして業界トップクラス

今どのブランドも力を入れている「防水」機能。

これからの日本は地球温暖化の影響により災害が増えると言われています。そのため、雨から荷物を守る「防水」というキーワードが非常に注目されています。

その点、「レインズ」の各モデルは元々防水対応。水を弾くポリウレタン(PU)とポリエステルの混合素材を使用しており、高い耐水性が自慢です。

ポリウレタンは防水素材の中でも特に防水性能が高い素材。衝撃にも強い特性を持つことからスポーツウェアなどにも用いられています。

耐水圧では、6000~8000ミリを誇ります。

耐水圧の目安は、嵐は20,000ミリ・大雨は10,000ミリ・中雨は2,000ミリ・小雨は300ミリが一般的とされています。

そう考えるといかに「レインズ」のリュックが耐水性に優れているかが分かります。

天候の不安定な北欧ブランドが作るからこそより説得力がありますよね。

サングラスの男性
Kentino
以下の記事ではレインズのリュック同様に防水性能に優れたリュックを特集しているので、合わせてご覧くださいね!
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水リ[…]

waterproof

北欧ブランドらしいスタイリッシュなデザイン

「デザインに惹かれた」という男性も多いほど、「レインズ」のリュックは、デザイン性に優れています。

無駄な装飾を一切せずシンプルに仕上げたデザインは、モダンでスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。

また、形状もスクエアやフラップなどのモデルが多く、都市使いに適したシルエットも普段の着こなしに合わせやすいと定評です。

北欧ブランドらしいシンプルなデザインがまた魅力の一つなので、ミニマリスト志向な男性にとっては嬉しいポイントでしょう。

Kentino
レインズのリュックはプロの目線から見てもすぐに北欧ブランドだな、と感じる『シンプルでスタイリッシュ』なデザインが魅力です。

シンプルな機能が逆に使い勝手が良い

定番モデル「Back Pack」は、内部にPCスリーブとファスナー付きポケット、外側の背面側に止水ファスナーの小型ポケットと合計3つのポケットしか搭載されていません。

アウトドアブランドと比べると少なく感じますが、ポケットがいくつも付いていても全部使う人って中々いないと思います。

3つぐらいのほうがしっかり使えて合理的。機能も無駄のないシンプルな作りとなっているのです。

Kentino
注意したいのは、どのモデルもPCスリーブ搭載とはなっているものの、クッション材を使用していないので、スリーブケースなどに収納したほうが良さそうです。

意外とお手頃価格。リーズナブルな価格帯

デザイン良し。機能性よし。それでいて防水力が高いとなると価格帯が気になりますよね。

「レインズ」のリュックの価格相場は平均1万円前後。予想よりも安いと感じる方も多いと思います。

「レインズ」は意外にもリーズナブルな価格帯なので、安くてクオリティの高い防水リュックをお探しの方はまず必ず候補に入れたいブランドなのです。

Kentino
ヨーロッパ価格になるとさらに安くなるので、ヨーロッパ旅行に行かれた際に購入するのもおすすめですよ!(ちなみに80€で購入できます)

実際にレインズのリュックを愛用する人の口コミ

実際にレインズのリュックを愛用する人の口コミ
良い口コミ 悪い口コミ
  • 大人のキレイめな着こなしにも合わせやすい
  • 防水性能が高いから雨の日も心配なく歩ける
  • 荷物の少ない日でも使える
  • シンプルでモダンなデザインがかっこいい
  • 大きい物や嵩張る荷物があまり収納できない
  • マチ幅が狭いから圧迫感があってすぐに型が崩れる
  • 留め具が若干めんどくさい

リアルな意見が多いですが、「レインズ」のリュックはスマートに見える分、マチ幅が狭く嵩張る荷物を収納するには適していません。

普段から多くの荷物を持ち運ばないといけない方にとっては使いづらいもしくはモノが収まりきりません。

Kentino
普段、どれぐらいの荷物を持ち歩くのか一度確認することでご自身にとって最適なモデルを見つけることができます。

レインズで人気のおすすめリュック5選

レインズで人気のおすすめリュック5選
モデル名 サイズ 販売価格

Backpack

タテ47×ヨコ28.5×マチ10  ¥11,000~

Rolltop Rucksack

タテ60×ヨコ31×マチ10  ¥20,000~

Field Bag

タテ45×ヨコ31×マチ12  ¥11,800~

Msn Bag

タテ39×ヨコ35×マチ14  ¥14,000~

City Backpack

タテ47×ヨコ28.5×マチ10  ¥15,000~
Kentino
気になるモデル名をタップするとすぐに商品詳細を見ることができますよ!

Backpack

「レインズ」の定番モデルと言えばコレ!

サイズ:タテ47cm×ヨコ28.5cmマチ10cm
カラー展開:全8色
容量:13L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:¥11,000~
Backpackの特徴
  • ブランドのアイコンモデル。迷ったらコレ!
  • 薄マチだから普段の着こなしにも合わせやすい
  • スタイリッシュで都会的なデザイン性

ブランドのアイコンの「Back Pack」 は、「レインズ」のリュックでお悩みの方にまずおすすめしたいモデルです。

モダンでスタイリッシュな雰囲気を感じるスクエア形状にフラップ式の開閉口を用いた本モデル。留め具にはカラビナを採用しモダンな印象に仕上げています。

機能がとてもシンプルなことも特徴に挙げられます。

内部に13インチまでのPCを収納できるスリーブとファスナー付きポケット、さらに背面側に小物収納に適した小型ポケットと合計3つの収納ポケットのみ。

逆にこれぐらいのシンプルな機能性のほうが実用的で良いという男性も多く、特に極力荷物は持ちたくないというミニマリスト志向な男性から支持されています。

サイズ感が大きすぎるという方のために「Backpack Mini」も販売されており、より荷物をコンパクトに持ち運びたい男性はこちらのモデルもおすすめです。

サイズ:タテ39cm×ヨコ27cmマチ8cm
カラー展開:全8色
容量:8.5L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:
Kentino
ブランドのアイコン的なモデルになるので、お洒落な防水リュックをお探しの方にもおすすめです。

Rolltop Rucksack

サイクリングバックパックとして人気

サイズ:タテ60cm×ヨコ31cmマチ10cm
カラー展開:全4色
容量:18L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:¥20,000~
Rolltop Rucksackの特徴
  • 普段から自転車に乗る男性におすすめ!
  • 「レインズ」の大容量バックパック
  • 荷物の大きさやサイズによって自由に容量を変更できる

「レインズ」のサイクリングバックパックとして人気の「Rolltop Rucksack」。

大容量モデルながらも圧迫感なく気軽に背負えるので、普段の着こなしにもバランス良くハマります。

また、荷物の量やサイズによって上部のロールトップを自由に変更できます。これなら日によって荷物の量が変わる男性にとっても使い勝手良く持ち運べます。

自転車通勤や休日はサイクリングに出掛ける男性におすすめです。

Field Bag

都市使いに最適なデイパックシルエット

サイズ:タテ45cm×ヨコ31cmマチ12cm
カラー展開:全4色
容量:16L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:¥11,800~
Field Bagの特徴
  • ミニマリスト志向な男性におすすめ
  • 都市使いしやすいデイパックシルエット

デザインもミニマリスト好みなシンプルなルックスなので、まさに現代人にぴったりな「Field Bag」は、機能もシンプル。

フロントに付いた外部ポケットは、実用的な大きさとなっておりタブレット端末など、大きなモノも収納できます。

内部には13インチまでのPCを収納できるスリーブが搭載されているので、PC持ち運び必須な男性にもぴったり。

また、デイパックだと子供ぽくなって普段の着こなしに合わせられない。そんな男性も多いと思いますが、素材がマットで独特な質感なので大人の男性でもしっかり合わせることができます。

また、丈の長いトレンチコートやチェスターコートにも合わせやすいデイパックになるので、休日使いできるお洒落なモデルをお探しの男性におすすめです。

Msn Bag

感度の高いお洒落好き男子におすすめ

サイズ:タテ39cm×ヨコ35cmマチ14cm
カラー展開:全5色
容量:19L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:¥14,000~
Msn Bagの特徴
  • クラシカルなデザインでお洒落な着こなしにもマッチ
  • マチ幅も広めだから水筒・お弁当箱なども収納可能
  • オン・オフ問わず使うことができる

最近デイパックシルエットは飽きたというお洒落男子から注目されているのがこちらのシルエット。

ランドセルのような個性的なシルエットと2本のカラビナ式ストラップがクラシカルな雰囲気を演出。

リュックを背負うと子供ぽくなってしまう方でもこちらのモデルを使えば、しっかり着こなしにもマッチしてくれるので、安心して合わせることができます。

私服にも合わせられる大人のためのリュックをお探しの男性におすすめです。

City Backpack

バイカラーのデザインがより洗練された印象に

サイズ:タテ47cm×ヨコ28.5cmマチ10cm
カラー展開:全8色
容量:13L
素材:ポリウレタン・ポリエステル
販売価格:¥15,000~
City Backpackの特徴
  • バイカラーが洗練された印象に仕上げてくれる
  • 都市使いに適したデイパックシルエット
  • 良い意味でシンプルな機能性

「レインズ」らしい無駄な装飾をせずシンプルで快適性が魅力の「City Backpack」。

その名が相応しい都市使いに適したデイパックシルエットは、着こなしの邪魔をすることなく背負うことができます。

PCは最大13インチサイズまで収納可能なので、タブレット端末等も安心して収納できます。

ビジネスシーンというよりかは休日使いや旅行用途など、プライベート使用がおすすめです。

または、オフィスカジュアルや私服通勤しているビジネスマンなどでしたら大丈夫ですが、ビジネスの場において若干デザイン性の高いモデルになるので、避けたほうが良いでしょう。

まとめ

本記事では【レインズで人気のおすすめリュック5選】についてご紹介しました。

どのモデルも北欧ブランドらしいシンプルでスタイリッシュなデザインが特徴なので、大人が背負ってもカジュアルな雰囲気にならず上品な印象に仕上げてくれます。

どのモデルのモダンでお洒落ですが、都市使いや機能性を込みして考えるとやはり定番モデルの「Backpack」がおすすめです。

ご自身のライフ・ワークスタイルに最適なモデルを見つけてくださいね!

Kentino
気になるモデル名をタップするともう一度商品詳細を確認することができます。
レインズで人気のおすすめリュック5選
Kentino
以下の記事では「レインズ」同様に注目のリュックブランドを特集しているので、ぜひ合わせてご覧ください。
関連記事

本記事では【2019年完結版】メンズにおすすめのリュックブランド25選をご紹介。 読み終わる頃には間違いなく欲しいリュックが見つかっているはずなので、新しいリュックをお探しの男性やどのリュックを選んで良いのか決められない方はぜひ最後までご[…]

関連記事

ビジネススーツにリュックをおしゃれに合わせる男性も増え、今ではすっかりビジネスリュックはビジネスマンにとって欠かせないバッグの一つになりました。 また、「背負う」「掛ける」「持つ」ことのできる3WAYビジネスバッグやPCリュックなど、ビジ[…]

最新情報をチェックしよう!