街・山は問いません。人気のアウトドアブランドのおすすめリュック15選

『長く使えるリュックを選びたい』そうなってくるとやはりアウトドアブランドから販売されるリュックがおすすめです。

「でもアウトドアブランドのリュックって大きいし野暮ったく見える…」そんな方のために、本記事では街使いもできるお洒落なアウトドアブランドのリュックをご紹介します。

20L~30Lと背負いやすいサイズ感と容量のモデルを中心にご紹介しているので、アウトドアブランドのリュックをお探しの方は必見の内容です!

おすすめのアウトドアブランドのリュックを確認したい方は『人気のアウトドアブランドのリュック 』から先にチェックしてみてください。

関連記事

定番ブランドからシーエッジ編集部がおすすめの最新ブランドまで、本記事では【2020年最新版】おすすめのメンズリュックブランド30選をご紹介します。 リュック選びに迷っている男性は、本記事を読めば欲しかった理想のリュックに出会え[…]




街・山、シーンは問いません。アウトドアブランドのリュックの魅力

ここ数年のアウトドアブームの波に乗り、一気にアウトドアアイテムがタウンユースで市民権を得ています。

リュックもその中の一つです。

ひと昔前なら「街中でアウトドアブランドのリュックなんて野暮ったい」「古臭くておじさんぽい」と思われていたでしょう。

今ではそのようなイメージを持つ人はまずいないと思います。

それぐらい老若男女問わず様々な目的でアウトドアブランドのリュックを背負う人を街中で見かけます。

ではなぜアウトドアブランドのリュックが人気なのでしょうか。

人気の理由は主に

  • デザインもスタイリッシュなモノが多くて今ぽい
  • 機能性が高く実用的
  • 人間工学設計で背負い心地も抜群
  • 頑丈で長期間愛用し続けられる
  • シーンや用途を問わず愛用できる

でしょう。

ファッションブランドのリュックは、「お洒落だけど耐久性や実用性に欠ける」「街中は良いけど山で使えない」など、魅力的なメリットがある一方で、デメリットも目立ちます。

しかし、アウトドアブランドのリュックなら、街でも使えるようなモダンなデザイン性を残しつつ、山や旅行などのレジャーシーンでも使えるタフさや機能性も両立しています。

1つ持っているだけでタウン・アウトドア問わず活躍してくれるので、購入後の満足度も高く汎用性も◎。

Kentino
現代の空気感的に今買うならファッションブランドよりもアウトドアブランドのリュックのほうがお得感がありますよね!

購入前にチェック。アウトドアブランドのリュック選びのポイント

好みのアウトドアリュックを探す前にいくつか確認しておきたいポイントがあります。

この上記3点は事前に確認しておきたい最重要ポイントとなっているので、頭の片隅に入れて好みのアウトドアリュックをお探しください。

Kentino
以下ではさらに詳しく具体的に解説していくので、確認しておきたい方は目を通してからお選びくださいね!

街・山問わず愛用できるデザイン性を!

せっかく新しいリュックを買うならタウンユース・アウトドア問わず愛用できるリュックが良いに決まっていますよね。

アウトドアブランドのリュックは、もともとスペックが高いので、もちろん街中で愛用することもできますが、さすがに大型の登山バックパックなどの本格的なものを背負うのは違和感大ありなのでやめておきましょう。

タウンユース使いやビジネス使いも見越して選ぶなら、アウトドア感を抑えたデザインが正解です。

本記事でご紹介しているアウトドアブランドのリュックは、全てタウン使いできるお洒落なモデルばかり。

しかも機能性や実用性も高く、日帰りのハイキングや旅行シーンといったレジャー用途でも大活躍してくれるので、アウトドアブランドのリュックをお探しの方はぜひ本記事からお選びください。

Kentino
街でも山でも使えるリュックなんて得した気分になりますよね!

背面パネルこそ背負い心地の良さを左右する

背面パネル(バッグパネル)は、背負い心地の良さを大きく左右するパーツの一つです。

この背面パネルがあまりよくないモノだと背中に違和感を感じたり、重量のある荷物を詰めているとすぐに疲れてしまったりと買って後悔してしまいます。

そのならないためにも背面パネルの構造はしっかりチェックしておきたいところ。

理想の背面パネルは、通気性の良いメッシュ素材を使用し凹凸のあるものを選ぶのが正解です。

多くのアウトドアブランドのリュックは、人間工学に基づいて作られているので、そこまで作りの差はありませんが、汗やムレが気になる方は通気性の良いメッシュ素材を使用したアウトドアリュックを選びましょう。

Kentino
デザインばかりに気を取られず、背面パネルの作りやデザインもしっかり確認しておくとより快適なリュックを見つけられる近道になります!

ショルダーストラップの形も忘れずに確認を!

リュックの安定感を決めるのは単に背面パネルだけではありません。

ショルダーストラップ(ハーネスとも呼ばれる)は、リュックを肩で背負うための大切なベルトです。

リュック重量の大半がショルダーハーネスから肩に掛かるので、非常に重要な部分なので、しっかり選びたいパーツでもあります。

ファッションブランドとアウトドアブランドが手掛けるリュックを見たら一目瞭然。

やはり、アウトドアブランドのリュックは、山で背負うために開発・設計しているので、タウンユース目的で作られたファッションブランドと比べても背負い心地の良さや通気性の高さで5歩ほどリードしています。

なのでアウトドアブランドが出掛けるリュックならそこまで作りに差は出ないので安心して選ぶことができます。

強いて言えば、メッシュ素材・人間工学に基づいて作られたショルダーストラップを採用したアウトドアリュックを選ぶとより快適に過ごすことができます。

Kentino
様々なリュックを愛用してきましたが、アウトドアブランドのリュックは、やはり安定感が違います。背負った際にショルダーストラップが肩全体を包み歩行をより快適にサポートしてくれます。

大定番。人気アウトドアブランドのおすすめリュック15選

ここからはシーエッジ編集部が、今おすすめしたいアウトドアブランドのリュックをご紹介します。

どのモデルも街使い・山使いできる2フェイスとなっていますが、それぞれサイズ感や特徴が異なるので、ご自身のスタイルに合った最適なアウトドアリュックを見つけてください。

Kentino
街中で背負ってもおかしくならないサイズと容量のモデルをメインにご紹介しています!

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:10点

ブランドの特徴は?

  • ネームバリューナンバーワン。アウトドアブランド界の絶対王者。
  • 持っているだけでセンスの良さをアピールできるデザイン性の高さ
  • 「欲しい」が必ず見つける豊富なラインナップ
Kentino
現代人が求める機能やデザインを全て詰め込んだ理想的なリュックを販売するブランドです。ノースフェイスで欲しいリュックが見つかれなければ他でも見つからないほど、豊富なラインナップが魅力です。
関連記事

10代〜40代と幅広い年齢層から人気を獲得しており、その人気の高さに納得できるほど、機能性・デザイン性・耐久性どれをとっても高い品質が魅力のノースフェイスのリュック。 本記事では【ノースフェイスでおすすめのリュックを徹底比較】しています。[…]

ホットショットCL

サイズ:タテ51cmヨコ33cmマチ20cm
素材:420Dナイロン(K、NB、PG)、600Dポリエステル(WK、BO)、300Dポリエステルヘザー(ZG)、ジャカードカモポリエステル(BC)、240Dポリエステルヘザー(BD)、1680Dナイロン
容量:26L
重量:1135グラム
A4サイズ収納可能
ポケットの数:13(外側3/内側10)
カラー展開:全13色
販売価格:¥19,440 (税込)

同ブランドのロングセラーモデルとして幅広い層の男性から支持される「ホットショットCL」。

リュックをお探しの全ての男性におすすめできるほど、充実した機能・お洒落なデザイン・壊れにくい耐久面など、人気の理由はズバリ欠点の少なさ。

サイズ的にはやや大きいものの、不思議とどの着こなしにもしっくりハマるデザインなので、毎日の着こなしにリュックを合わせるのが難しいと考えている男性には特におすすめです。

また、使い込むうちにその使い勝手の良さの虜になる方も多く、このリュックがあるだけで普段使いはもちろん、トラベルシーンからアウトドアシーンまで使えるので、他のリュックは必要ありません。

それぞれ別になったPC・タブレット収納スペースは、衝撃を吸収するソフトな作りなので、安心して大切なデジタルグッズを持ち運べます。

フロントの大きなコンパートメンルームには、小物の仕分けに便利なオーガナイザーポケットを多数完備しており使い勝手抜群。

サイドに付いたベルトは荷物の量や大きさによって自由に変更することができるので、荷物の少ない日・多い日問わずマチ幅を自由に変更できます。

さらにショルダーストラップには、直接目で見て分かる通気性の良いエアメッシュ素材を採用。

夏場などの暑き時期でも汗やムレを軽減し快適な背負い心地を維持することができます。

リュック選びで失敗したくない。長期間の使用を考えている男性は、まずこちらのモデルを選んで間違いないほど、シーエッジ編集部も太鼓判を押すモデルです。

ピボター(Pivoter)

サイズ:タテ49.5cmヨコ32.5cmマチ24cm
素材:600D 50%リサイクルポリエステル(K、UN、BG、DB)、600D 50%リサイクルポリエステルエンボス(CR)、300Dポリエステルヘザー(MG)
容量:27L
重量:830グラム
A4サイズ収納可能
ポケットの数:10(外側4/内側6)
カラー展開:全9色
販売価格:¥12,100 (税込)

ノースフェイスのファンからは裏の定番モデルとして知られており、定番モデルの陰に隠れた存在の「ピボター」。

背負った際のシルエットは「ホットショット」よりもカタチが綺麗なので、アウトドアリュック を街中でお洒落に背負うなら本モデルがおすすめです。

背面パネルに高いクッション性と通気性を持つ「フラックスベントサスペンション」システムを採用し、暑い日でも快適な背負い心地を維持できます。

街中でもハイキングでも背負える万能プレーヤーなので、スタイリッシュでカッコいいアウトドアリュック をお探しの方におすすめです。

Kentino
背負ったときのシルエットはノースフェイスのリュックの中で一番綺麗です。カタチやシルエットにこだわる方でも満足できるモデルです。

サージ(Surge)

サイズ:タテ51cmヨコ34cmマチ27cm
素材:400Dナイロン(K)、600Dポリエステルヘザー(DG)
容量:31L
重量:1440グラム
A4サイズ収納可能
ポケットの数:12(外側6/内側5)
カラー展開:全4色
販売価格:¥19,800 (税込)

亀の甲羅のような独特なシルエットが特徴の「サージ」。

豊富な機能でアップデートした本作は、定番モデル「ホットショット」や一時代を築いた「ヒューズボックス」と比較してもより実用性が増したリュック となっています。

両サイドのポケットはメッシュポケットからより伸縮性があり出し入れの行いやすいストレッチポケットに変更。

街中で背負う時は取り外しできるヒップベルトなど、従来の人気モデルをより使いやすくアップデートしているので、定番モデルを避けたい方にとって本モデルはかなりおすすめです。

サイズ感としては若干大きめなので、荷物が少ない人にとっては不便に感じるかも知れませんが、2日程度の旅行やハイキングには丁度良いサイズ感となっています。

アークテリクス(Arc’teryx)

arcteryx

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:10点

ブランドの特徴は?

  • 別注モデルも展開されるファッション性の高いリュックが多い
  • スタイリッシュで都会的なデザインが多くビジネス使いも◎
  • 20代後半~40代半ばまでのコアなファンが多い
Kentino
ビジネスマン層から高い支持を集めているアウトドアブランドなので、平日はビジネス・休日はアウトドアと境目なくリュックを使いたい方におすすめです。
関連記事

名作揃いのアークテリクスのリュックは、ビジネス用途でも活躍してくれるので、街中で背負うビジネスマンを毎日のように見かけます。 ここではそんなアークテリクスのリュックでもビジネスシーンにおすすめのモデル5選をランキング形式でご紹介。 アー[…]

アークテリクスのビジネスリュック

アロー22

サイズ:タテ52cmヨコ33cmマチ18cm
素材:ナイロン
容量:22L 重量:1030グラム
A4サイズ収納可能

15インチまでのPC収納可

ポケットの数:4(外側3/内側1)
販売価格:¥29,700 (税込)

街中で背負っている人を必ず見かけるほど大人気の「アロー22」。

シャープでスタイリッシュなシルエットと印象的なフロントジッパー、そしてお洒落な雰囲気は、ビジネスユーザーから高い支持を集め、今ではすっかりビジネスリュックの定番モデルの顔に。

その高いデザインが評価され、ビームスといった人気セレクトショップで別注モデルを販売されるなど、人気の勢いは留まることを知りません。

街中でよく見かけますが、もちろんハイキングや旅行といったレジャーシーンにも最適。 やや収納できる荷物の量に限りがあるので、普段から荷物の多い方は一回り大きい30Lのモデルがおすすめです。

Kentino
シャープで都会的なアウトドアリュックをお探しの方におすすめです!

ホグロフス(haglofs)

haglofs

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:9点

ブランドの特徴は?

  • ヨーロッパを中心に人気が拡大している大注目ブランド
  • アウトドアブランドらしくないミニマルでモダンな雰囲気
Kentino
欧州の主要空港に行けば背負っている人を軽く5人は見かけるほどの人気ぶり。北欧ブランドらしい合理的な機能性が人気の秘密です。
関連記事

従来のリュックの概念を覆す驚きの機能を搭載した「ホグロフス」。 日本でこそ、そこまで知名度の高いブランドではありませんが、北欧をはじめとした欧州では恐らく知らない人はいない人気のアウトドアブランドです。 そこで本記事では知られざ[…]

CORKER LARGE

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H50×W28×D16cm
容量:20L 重量:910g
素材:600Dポリエステル・210Dナイロン
カラー展開:全2色(時期によって異なる)
販売価格:¥18,700(税込み)

おすすめポイント

  • 革新的で合理的な機能を完備
  • 現代にぴったりなミニマルでスタイリッシュなデザイン

ホグロフスの看板モデルとも言える「CORKER」シリーズ。

「SMALL」「MEDIUM」「LARGE」の3サイズ展開となっていますが、その中で最も扱いやすく機能も充実しているのがこの「LARGE」です。

平日の通勤リュックから休日のレジャーシーン、大切な海外旅行とこのモデルを持っていれば、どのシーン・用途にも使うことができます。

Kentino
「LARGE」という名前ではあるものの「MEDIUM」とサイズ感はさほど変わりません。実際に大きさも見た目も大差ないので、男性は「LARGE」を選んで問題ないと思います。

そんな「LARGE」の魅力は、PC専用の収納スリーブやスマホや財布といった必需品を収納できるトップポケット、さらには多数のオーガナイザーポケットなど、今リュックに求められる機能を全て搭載。

そのうえで、サイズ感は丁度良いので、無駄なスペースなく効率的に荷物を収納することができます。

Kentino
北欧ブランドなので、デザイン性も高く見た目もスッキリしているので、ミニマリストにもおすすめですよ!

グレゴリー(GREGORY)

gregory

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:9.5点

ブランドの特徴は?

  • 長年アウトドアブランド界をリードする支柱
  • 老若男女から愛されるイメージ高なアウトドアブランド
  • シーン問わず活躍できるオールラウンドなリュックを展開
Kentino
街中でもお洒落に背負えるアウトドアリュックの代名詞。親しみやすく老若男女からイメージも高いので、買って後悔することなし!
関連記事

「デイパック」や「オールデイ」といった数々の傑作モデルを世に送り出してきたグレゴリーは、幅広い層の男性から様々なシーンや用途で愛用されている人気のリュックブランドの常連です。 本記事ではグレゴリーが長年愛され続ける理由や人気モデル~お[…]

関連記事

アウトドアリュックブランドとして幅広い年齢層の男性から人気の「グレゴリー」。 1977年に誕生して以来、その使い勝手の良い機能性やデザインが注目されアウトドアシーンからタウンユースなど、幅広いシーンで活躍してきました。 最近ではビジ[…]

おすすめのグレゴリーのビジネスリュック

デイパック

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ45cmヨコ40cmマチ16.5cm
容量:26L 重量:570g
収納可のサイズ:B4サイズ収納可能
素材:ナイロン・ポリエステル
ポケットの数:3(外側1/内側2)
カラー展開:全10色
販売価格:¥22,000(税込み)

おすすめポイント

  • バッグ界の殿堂入りモデル
  • 常に現代に合う姿にアップデートを繰り返すモデル
  • お洒落リュックとしての知名度も◎

常にアップデートを繰り返すリュック界の大定番モデルです。

気軽に背負えるデイパックをお探しならまず最初に候補に入れておいてほしいほどおすすめです。

無駄な機能を付けず、誰でも扱いやすいシンプルな機能性は、年齢層関係なく誰にでもおすすめできます。

デザインはシンプルなブラックから都会的なデジタルカモフラージュ柄まで、豊富なカラー展開となっているので、好みの色合いを見つけることができます。

気軽に背負えるサイズ感も魅力の一つ。街中から日帰りのハイキングまで、あなたのライフスタイルに溶け込み日々の移動を快適にしてくれます。

Kentino
普遍的なデザインは飽きることなく長く愛用できるので、長期間愛用したい方にもおすすめです。

フラッシュデイ

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ44cmヨコ32cmマチ9cm
容量:16L 重量:390g
収納可のサイズ:B4サイズ収納可能
素材:ナイロン・ポリエステル
ポケットの数:2(外側0/内側2)
カラー展開:全5色
販売価格:¥12,100(税込み)

おすすめポイント

  • 390gの最軽量クラス
  • トートバッグにもなる2WAYバッグ

トートバッグとバックパックを掛け合わせたようなデザインが特徴の「フラッシュデイ」。

デイパックのようなシルエットが苦手な方はぜひこちらのモデルをお選びください。 今回ご紹介しているモデルの中では最軽量クラスの390g。

ちょっとした外出から日帰りのハイキングまで、あなたのライフスタイルに合わせて自由に持ち運べるので、小ぶりで親しみやすいアウトドアリュック をお探しの方におすすめです。

コールマン(Coleman)

coleman

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:9点

ブランドの特徴は?

  • ファミリー層から支持される親しみやすいアウトドアブランド
  • コスパ抜群のモデルが多く手に取りやすい価格帯
Kentino
ファミリー層からの人気はノースフェイスやグレゴリーに迫る勢い。アイコンモデルの「ウォーカー」シリーズは、シンプルで使いやすいと老若男女から人気となっています。
関連記事

「なぜ今コールマンのリュックが注目されるのか?」その謎を解くべく本記事では【コールマンでおすすめのリュックを特集】します。 「コールマンのリュック魅力」から「おすすめモデル」など、本記事をご覧になることでコールマンのリュックの魅力を知るこ[…]

WALKER ウォーカー25

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:タテ45cmヨコ32cmマチ18cm
容量:25L
重量:570g
収納可のサイズ:B4サイズ収納可能
素材:ナイロン・ポリエステル
ポケットの数:5(外側3/内側2)
カラー展開:全14色
販売価格:¥6,480

おすすめポイント

  • コスパ神。驚異の6,000円台!
  • 普遍的デザインは背負う人を選ばない
  • 親しみやすいルックスで家族兼用リュックとしても活躍

老若男女から支持されるコールマンの大定番リュック「WALKER」シリーズ。

その中でもとりわけ、扱いやすく背負いやすいのが「25L」モデル。

一つ小さいサイズは物足りない…一つ大きいサイズは大きすぎて邪魔。この25Lモデルなら両者のイイトコ取りの容量とサイズとなっているので、買って後悔することはありません。

価格帯も今回ご紹介するモデルの中で最も安い6,000円台!

デザインも街・アウトドア問わず愛用できるルックスに、シンプルで扱いやすい機能。

少しでも価格を抑えたい方は間違いなく「WALKER 25」がおすすめです。

Kentino
今ではコールマンのウォーカーに似せたモデルも販売されるなど、リュックの殿堂入りを果たしたモデルです。価格も安いので似たモデルを購入するよりも本物をお買い求めください。

マムート(MAMMUT)

mammut

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:9点

ブランドの特徴は?

  • 防水・撥水モデルが多いから悪天候の日にも安心できる
  • 山とビジネスに使える2WAYフェイスなリュックが多い
  • 最近ではビジネスリュックで高い支持を集めている
Kentino
一度見たら忘れないインパクトのあるマンモスロゴは男心くすぐるデザインで、ビジネスユーザーから熱い視線を集めています。容量やサイズの大きいモデルが多いので、サイズ選びに注意して購入してください。
関連記事

一度見かけたら忘れない赤いサークルの中に長い象牙を生やしたマンモスのロゴマークでお馴染みの「マムート(MAMMUT)」。 最近では街中でマムートのリュックを背負う男性を見かける機会も増え、益々注目度も増すばかりのアウトドアブランドです[…]

エクセロンXeron LMNT Element

シーエッジ編集部のおすすめ度:
サイズ:H46×W27×D20cm
容量:22L 重量:640g
素材:ナイロン100%
カラー展開:3色
販売価格:¥11,000(税込み)

定番モデル「Xeron LMNT 30L」をより扱いやすくコンパクトに改良した「Xeron LMNT 22L」。

マムートのリュックが大型モデルが多い中、本モデルは街使いでもしっかり馴染んでくれる手頃なサイズ感なので、街・山使い問わず愛用することができます。

一回り小さくはなっているものの、機能はそのまま凝縮した贅沢モデル。

トラベルシーンでも大活躍してくれるので、オン・オフ問わず使えるアウトドアブランドのリュックえお探しの方は選択肢に入れておきましょう。

Kentino
『いかつい』雰囲気も若干ですが、感じるモデルなのでカッコいいアウトドアリュックをお探しの方におすすめです。

パタゴニア(Patagonia)

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:8.5点

ブランドの特徴は?

  • 幅広い層から支持を獲得する知名度抜群のアウトドアブランドの一つ
  • 人を選ばない親しみやすいルックスのリュックが多い
Kentino
コロッとした見た目で何とも愛くるしいデザインは、タウン・山問わず愛用することができますよ!

REFUGIO PACK

シーエッジ編集部のおすすめ度:
 サイズ:48cm×31cm×20cm
 容量:28L
 重量:666g
 素材:平織りの7.4オンス・630デニール・ナイロン
カラー展開:全7色
 販売価格:¥12,650

おすすめポイント

  • 背負い心地抜群で快適
  • 28Lクラスのモデルとしては超軽量
  • 15インチまでのPCやタブレット端末収納可

パタゴニアのリュックのエントリーモデルとして紹介されることの多い「REFUGIO PACK」。

一日中背負っていても快適に過ごせる通気性に優れたメッシュ製のショルダーストラップとバックパネルを採用。

暑い日にハイキングに行く人や普段からリュックを背負う人にとって、汗で浸みた衣服は不快ですよね。

本モデルなら通気性の良い背面パネルとショルダーストラップによって、快適に過ごすことができるので、不快さを軽減することができます。

見た目も街使いできるお洒落な雰囲気になので、街・山問わず愛用することができます。

Kentino
コロッとした見た目で何とも愛くるしいデザインは、タウン・山問わず愛用することができますよ!

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH)

mysteryranch

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:8点

ブランドの特徴は?

  • アウトドア×ミリタリー要素が一度に凝縮したブランド
  • 感度の高い人を中心に人気を集める
  • 山使いよりも街使いにおすすめのモデルが多い
Kentino
本格的なミルスペック規格のブランド。最近ではデザイン性の高さで注目されていますが、タフさではアウトドアブランドでも一目置かれる存在。
関連記事

イマ男達がドハマりしているリュックブランドといえば、間違いなく「ミステリーランチ」です。 ミリタリー雰囲気漂うルックスと独特のY字ファスナーのリュックを背負う男性を見たことがある方も多いでしょう。 今季からトレンドワードに「ミリタリ[…]

アーバンアサルト(URBANASSAULT)21

シーエッジ編集部のおすすめ度:
 サイズ:58cm×29cm×23cm
 容量:21L
 重量:1300g
 素材:500デニールコーデュラナイロン
カラー展開:全11色
 販売価格:¥17,500

おすすめポイント

  • ミリタリーテイストなデザインが人気
  • 中央のY字の3ジップデザインはデザイン性と実用性を兼ね備える
  • 感度の高い人を中心に人気を獲得中

ユニークな開閉口が特徴の「アーバンアサルトシリーズ」は、感度の高い20代や30代から人気となっている今巷でもホットなモデルです。

一度見たら忘れない個性的なY字の3ジップデザインは、機能性と実用性の両方を実現。

Y字に開閉できることで、収納した荷物の視認性を高め、出し入れもよりスムーズに行うことができます。

また、ミリタリーテイストな雰囲気が大人の男性の雰囲気によくマッチしてくれると思うので、大人世代はぜひ選択肢の一つに入れておいてください。

Kentino
収納力は低いですが、その分機能性と耐久性の高さではグンを抜いて良質なリュックなので、アウトドアリュックとしても最適です!

カリマー(Karimor)

karrimor

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:10点

ブランドの特徴は?

  • イギリス発らしいシックでモダンなデザイン
  • タウン使いよりもハイキングや登山目的のためのモデルが多い
Kentino
最近ではストリート要素のリュックを販売しており、デザイン性の高さでも注目されています。定番ブランドを避けたい方にとっては絶好のアウトドアブランドのリュックと言えます。

デイパック tribute 25

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H45×W27×D14cm
収納可能サイズ:A4サイズ収納可
容量:25L
素材:ナイロン
販売価格:¥16,500

おすすめポイント

  • 収納した荷物の出し入れが行いやすい設計
  • ジッパー付きのサイドポケットを完備でセキュリティ対策◎
  • 全12色から自分好みのカラーが選べる

背面側にPC・中央にメイン・外側にオーガナイザーポケット計3つのコンパートメントルームを完備した非常に勝手の良い作りの「tribute 25」。

今回ご紹介しているアウトドアブランドのリュックの中でも特におすすめしたいモデルです!

その理由は、デザイン性・機能性・実用性と、どの項目から見ても欠点の少ない完成度の高いモデルだからです。

長年のアウトドアで培ったテクノロジーを背面デザインに活かし、高いフィット感と優れた通気性を実現し、長時間の歩行も快適に過ごすことが可能に。

デザインも都会的でさらに全12色の豊富なカラーバリエーションから自分に合った色合いを見つけることができます。

Kentino
アウトドアブランドぽくないデザインなので、普段の格好に合わせても違和感なくコーディネートに溶け込んでくれますよ!

ミレー(MILLET)

millet

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:9点

ブランドの特徴は?

  • エベレスト遠征にも使われる登山家やプロ御用達ブランド
  • 人を選ばないシンプルで親しみやすいデザインが多い
  • 知名度は高いですが一般まで浸透していない隠れたアウトドアブランド
Kentino
イマイチ一般まで浸透しないアウトドアブランドですが、初のエベレスト遠征にも使われたリュックとしてプロ登山家から一目置かれるブランドです。
関連記事

山好き御用達ブランドとして知られているフランス発のアウトドアブランド「ミレー」。 人気アウトドアブランドと比べると知名度は低いですが、実力と今までの歴史を見ると名門中の名門。 山向けのリュックが多いミレーですが、実はタウンユース[…]

クーラ 20(KULA)

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H43×W28×D14cm
収納可能サイズ:A4サイズ収納可
容量:20L 重量:720g
素材:ナイロン 500D CORDURA® ナイロン 420D VELOCITY
販売価格:¥13,200(税込)

おすすめポイント

  • レインカバー付属で雨の日も大切な荷物を濡らすことはない
  • 背負い心地の良さを追求したバックパネル
  • 荷物の出し入れが行いやすい大きな開閉口

ミレーが販売するモデルの中でも高い人気を誇る「KULA」シリーズ。

20・30・40Lと用途に合わせて選べる3つのサイズ展開で、今回は一番小さくて気軽に背負える20Lをご紹介。

このサイズならアウトドア以外にも街使いできる手頃なサイズ感なので、オン・オフ問わず愛用することができます。

親しみやすく落ち着いたデザイン性なので、30代後半~50代の大人世代におすすめのアウトドアリュックです。

Kentino
ハイキングから通勤リュックとシーンや用途問わず愛用でき、しかも1万円ちょっとで購入できるので、コスパも抜群です!

コロンビア(Columbia)

columbiasports

ブランドの知名度:
クオリティ:
デザイン性:
コスパ:
総評:8.5点

ブランドの特徴

  • コスパは抜群だけどパタゴニアの影に隠れてしまうアウトドアブランド
  • 安いわりにクオリティは高いので1万円そこそこで良い買い物ができる
Kentino
どうしても「パタゴニア」風が出てしまいフォロワー感が否めないですが、安い割にクオリティは高めなので、お財布には優しいアウトドアブランドです。
関連記事

初心者におすすめのアウトドアブランドとして紹介される事が多い「コロンビア」。 中でもリュックは高い防水力と手頃な価格帯で多くの人から人気を獲得するブランドの看板アイテムです。 数多くのバッグをリリースしているブランドなだけに一体[…]

キャッスルロック20L バックパック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H45×W30×D16cm
収納可能サイズ:A4サイズ収納可
容量:20L 重量:610g
素材:210D Velocity(ナイロン100%)×420D OX(ナイロン100%)
販売価格:¥7,590(税込)

おすすめポイント

  • まずはコレ!コロンビアの看板モデル
  • 中央に通気路を設けた背面構造で通気性をアップ
  • ハイキング~旅行にまで使えるアウトドアモデル

コロンビアの看板モデルとして老若男女から支持を集める「Castle Rock」。

容量20Lとはハイキングに適したサイズ感で、背負ったときも圧迫感なく快適に歩行することができるので、ハイキングリュックをお探しの方におすすめです。

バッグ中央に通気路を設けた背面構造で通気性アップを実現。夏場のハイキングもいつも以上に快適に過ごせるので、レジャーシーン向けのリュックをお探の方はぜひ!

Kentino
ハイキングリュックが1万円以下…。これは破格すぎます!20L前後の小さめなアウトドアリュックをお探しの方におすすめです!

デビルハイツ25Lバックパック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H50×W29×D16cm
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
容量:25L 重量:780g
素材:500Dコーデュラナイロン
販売価格:¥12,760

おすすめポイント

  • 通勤リュックにも適したスクエアシルエット
  • マットで頑丈なコーデュラナイロンをメインに使用

シーンや用途を問わずに活躍してくれるスクエアシルエットは、幅広いシーンで使えるリュックをお探しの男性におすすめ。

無駄な装飾などを付けず、シンプルに作られたリュックなので、飽きることなく長期間愛用し続けることができます。

内部にはオーガナイザーポケットやPCスリーブも完備しているので、通勤リュックとしても活躍してくれます。

Kentino
お値段も他のブランドのモデルと比べると比較的安価なので、コスパに優れたリュックをお探しの男性におすすめです!

まとめ

今回は人気のアウトドアブランドのおすすめリュックをご紹介しました。

気になるアウトドアブランドのリュックは見つかりました?

長く愛用できるモノ、アウトドア・タウン問わずに使えるモノをお探しの方はぜひ本記事でご紹介したリュックからお選びくださいね!

Kentino
デザイン性・機能性も良しなアウトドアリュックでライフスタイルをもっと快適にお過ごしください!
最新情報をチェックしよう!