おすすめのグレゴリーのビジネスリュック

【おすすめ】グレゴリーのビジネスリュック6選を徹底比較!黒リュックを中心にご紹介

アウトドアリュックブランドとして幅広い年齢層の男性から人気の「グレゴリー」。

1977年に誕生して以来、その使い勝手の良い機能性やデザインが注目されアウトドアシーンからタウンユースなど、幅広いシーンで活躍してきました。

最近ではビジネス用途に特化したバックパックやリュックも販売しており、ビジネスシーンでの使用も増えています。

そこで今回はビジネスシーンに特化したグレゴリーのおすすめリュックを6選ご紹介します。

人気の「カバートミッションデイ」や定番モデルの「オールデイ」などを徹底比較。ご自身のライフスタイルに合わせた最適なモデルを見つけてみてくださいね!

こんな男性におすすめの記事
  • おすすめのビジネスリュックを探している
  • グレゴリーで人気のリュックが知りたい

グレゴリー(GREGORY)のビジネスリュックの特徴は?

グレゴリーのビジネスリュック

gregory.jp

ビジネスバッグからビジネスリュックに移り変わる近年でビジネスマンから注目される「グレゴリー」。

デザイン性・機能性の高いビジネスリュックを求め、グレゴリーのリュックくを探すビジネスマンは多いですが、他のビジネスリュックブランドと比べ

PICKUP
  • 背負いやすく疲れにくい
  • 耐久性が高いから何年も使い続けられる
  • 相手にイヤな印象やイメージを与えないデザイン性

の3つです。以下ではこの3つについて詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

フィッティングの高さはアウトドアブランドでもトップクラスを誇る

gregory.jp

背負い心地の良さでは、他のアウトドアブランドのリュックと比べてもトップクラスに入るフィッティングの高さが魅力です。

その秘密は、ショルダーハーネスの曲線美。

人間工学に基づいて作られた美しい曲線は、人体の骨格に良く合い抜群のフィット感を提供してくれます。

また、体に重荷が掛かるとその重荷を体全体に分散してくれる仕組みになっているので、長時間背負っていても疲れにくくいつまでも心地の良いフィット感を維持することができます。

すぐに背中が痛くなってしまう男性や普段から書類やPCなどの荷物を多く持ち歩くビジネスマンにおすすめです。

耐久性の高い「バリスティックナイロン」を使用

グレゴリーのビジネスリュック

gregory.jp

過酷なアウトドアシーンでも対応できるバックパックのノウハウをビジネスリュックに使用。

耐久性の高い「バリスティックナイロン」を使い細部に渡り縫製をきっちりと施したモデルは、簡単に壊れることなく何年も使い続けることができます。

また、他のブランドのビジネスリュックは、使い続けるうちにクタってきてしまいます。

特にスクエアリュックの場合、綺麗な四角のシルエットを保てなくなってしまい不格好なシルエットになってしまうことがあります。

しかし、グレゴリーのビジネスモデルは、使い続けても綺麗なスクエアを保つことができるので、いつまでも綺麗な状態で使い続けることができます。

また、1978年にグレゴリーが独自に開発した「センターロッキング・バータック」の縫製方法により、繋ぎ目からの引き裂きや破損に対して非常に強い特徴があります。

カジュアルでありながら高級感溢れるデザイン

おすすめのビジネスリュック

gregory.jp

タウンユース向きのモデルの特徴は、カジュアルでありながら高級感溢れるデザイン。

高級な雰囲気も感じつつカジュアルで親しみやすいルックスは、相手にイヤな印象やイメージを与えないので、営業先でも使うことができます。

グレゴリーは元々アウトドア向きのリュックを販売するブランドだったこともあり、デザインはカジュアルでタフなデザインを得意としていました。

しかしここ10年でタウンユース向きのおしゃれなモデルやデザインを販売し始め、今ではおしゃれリュックブランドとしても名を知らています。

高級感だけではなくカジュアルな雰囲気も感じられるビジネスリュックをお探しの男性におすすめです。

グレゴリーのビジネスリュックの選び方

グレゴリーのビジネスリュック

gregory.jp

以下ではグレゴリーのビジネスリュックを「容量」「カラー」「素材」に分けた選び方を解説していきます。

おすすめモデルを選ぶ前に一度目を通し把握したうえでお選びください。

容量で選ぶ

グレゴリーのビジネスリュックの容量は20L~25L前後のモデルであれば、1日分の荷物を収納するのには十分な大きさなので、20L~25L前後のモデルを選んでください。

グレゴリーのビジネスリュックは見た目に寄らず容量の大きいモデルが多いです。そのため、普段お使いのビジネスリュックの容量と比べても多くの荷物を収納することができます。

さらに詳しくご自身のライフスタイルに合うビジネスリュックの容量の選び方を知りたい男性は、以下の記事も合わせてチェックしてみてください!

関連記事

自分の収納したい荷物が入らなった! 大きすぎて使いにくかった! などリュックを購入してから失敗したご経験ありませんか? リュック選びで一番失敗してしまうのが「容量」です。 この記事ではリュックの容量の計算方法から選び方のポイント、また[…]

色で選ぶ

ビジネスシーンにも相応しいリュックの色は「ブラック」「ネイビー」「グレー」の無彩色に近い色合いを選びましょう。

また、「ブラック」「ネイビー」ビジネスリュックならスーツにも合わせやすいカラーになるのでおすすめです。

さらにリュックの色について詳しく知りたい男性は、以下の記事もチェックしてみてください。

こちらの記事では【年齢やシーンに合ったリュックの色の選び方】をご紹介しています。

関連記事

毎日使うものだから普段のコーディネートに合わせられるリュックの色を選びたい。そんな人は多いのでは? 「でも自分にはどんな色が似合うのか分からない。」「実際に買ったはいいけどどの洋服と合わせればいいの?」など、リュックの着こなしについて知り[…]

素材で選ぶ

グレゴリーのビジネスリュックは、品質の高い「バリスティックナイロン」を使用しています。

沢もあり高級な雰囲気を醸し出す「バリスティックナイロン」は、耐久性だけではなくデザイン性も高い素材になります。

ビジネスシーンには必ず「バリスティックナイロン」を使用したモデルを選びましょう。

リュックは素材によって大きく印象が変わるので、ご自身の好みの素材を知ることが自分に合うリュックを見つける近道になります。

以下の記事ではリュックに使用される素材の特徴について解説しているので、素材感を大切にしたい感度の高いビジネスマンはチェックしてみてください。

関連記事

リュックを選ぶときに形や色で選ぶ人は多いと思いますが、素材も重要な選び方の一つです。 なぜならリュックは素材によって特徴や使用用途・印象などが大きく変わってくるからです。 ここでは、素材別リュックの選び方や素材別におすすめリュックブランド[…]

リュックの素材の選び方

グレゴリーのビジネス向きリュック6選

グレゴリーで人気の通勤やビジネスシーンでも使えるビジネスリュック6選をご紹介していきます。

以下の表でサイズ・重量・容量の比較表を載せておくので、気になるモデルは詳細情報をチェックして、ご自身のライフスタイルに合うモデルを見つけてみてくださいね!

 モデル名  サイズ×重量×容量

カバートミッションデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ43×ヨコ28×マチ14

重量1100g:容量22L

カバートソリッドデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ45×ヨコ30×マチ17

重量975g:容量24L

オールデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ47×ヨコ25×マチ17

重量820g:容量22L

オーバーヘッドデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ45×ヨコ28×マチ16

重量:650g:容量22L

フラッシュデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ44×ヨコ32×マチ9

重量:390g:容量16L

エブリデイ

グレゴリーのビジネスリュック

タテ45×ヨコ29×マチ16

重量:800g 容量21L

カバートミッションデイ


グレゴリーのビジネスリュック

ビジネスマンのために作られたビジネスリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ43cmxヨコ28cmxマチ14cm
重量1100g 容量22L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

1日分の荷物もしっかり収納できる

年齢層:20代~30代
素材:1680Dバリスティックナイロン
ポケットの数:8(外側2/内側6)
販売価格:¥22,680(税込み)

グレゴリーだけではなくビジネスリュックの中でも上位に入るほど多くのビジネスマンから愛用される「カバートミッションデイ」。 

都会的な印象を受けるスクエアのシルエットは、スーツに合わせるとスタイリッシュでかっこいい雰囲気を醸し出してくれます。

20代~50代までの男性が合わせることができるので、年齢を気にせずに背負うことができるビジネスリュックです。

「カバートミッションデイ」の魅力は「おしゃれなデザイン性」と「使い勝手抜群の機能性」の2つです。

まず、デザイン性ですが、愛用する男性の口コミやレビューでは「ビジネスリュックに見えないビジネスリュック」と感じる方が多かったです。

それもそのはずこちらのモデルは、オン・オフ問わず使えるデザインとシルエットなので、平日は通勤用、休日はお出かけ用と使い分けすることができます。

また、スーツの着こなしだけではなくオフィスカジュアルや私服にも合わせられる超優秀ビジネスリュックなのです。

そして、機能性については文句の付けどころがないほど、高性能な機能を多数搭載。

グレゴリーのビジネスリュック

背面側にクッション性のPCスリーブを搭載。

13インチ~15インチまでのPCサイズに対応しているので、一通りのPCはしっかり収納することができます。

また、フロントのポケットは、大小様々な使い勝手抜群なポケットを完備。

10インチのタブレットを収納できるサイズ感なので、貴重品や手帳の収納にぴたっりです。

メインルームは、「予想以上に多くの荷物を収納できる」と実際の愛用者の口コミやレビューでも見受けられた通り、非常に多くの荷物を収納することができます。

嵩張るお弁当や水筒、折りたたみ傘などの荷物は、全て収納できるサイズ感なので、荷物の多いビジネスマンの強い味方!

グレゴリーのビジネスリュック

小物類も綺麗に収納できるようメッシュポケットなども完備しており、整理整頓が苦手な男性も綺麗に使うことができます。

デザイン性・機能性ともに優れた魅力を兼ね備えたビジネスリュックになるので、グレゴリーでビジネスリュックをお探しの男性は、まずこちらのモデルを選んで間違いないでしょう。

欠点のないビジネスリュックになるので、シーエッジ編集部も太鼓判を押すビジネスリュックです。

カバートソリッドデイ

グレゴリーのビジネスリュック

スマートなルックスがスタイリッシュで都会的な印象に

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ45cmxヨコ30cmxマチ17cm
重量975g 容量24L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

お弁当・水筒・折りたたみ傘なども収納可

年齢層:20代~40代
素材:1680Dバリスティックナイロン
ポケットの数:8(外側3/内側5)
販売価格:¥20,520(税込み)

高性能で使いやすい機能を搭載したビジネスリュックがこちら。

「カバートミッションデイ」と並びグレゴリーのビジネスシリーズの顔となっている「カバートソリッドデイ」。

「カバートミッションデイ」と悩まれる男性が多いですが、大きな違いは外部ポケットによる雰囲気。

外観にポケットがあるかないかで大きく印象が変わるので、洗練されたおしゃれな雰囲気を醸しだしたい男性は、「カバートソリッドデイ」がおすすめです。

「カバートソリッドデイ」のフロントは余計な装飾やポケットを一切付けていないので、スタイリッシュでスマートな雰囲気を醸し出してくれます。

また、内部にはメッシュポケットや小型ポケットなど、小物類を分けて収納できる大小様々なポケットが付いているので、整理整頓が苦手な男性も綺麗に扱うことができます。

1日分の荷物を収納するのには十分な容量を備えているので、おしゃれなビジネスリュックをお探しの男性におすすめです。

今回紹介しているグレゴリーのビジネス向きリュックの中では、一番スタイリッシュでおしゃれな雰囲気なので、身だしなみに気を付けているおしゃれビジネスマンにおすすめです。

オールデイ

グレゴリーのビジネスリュック

休日はアウトドア用途にも使える万能ビジネス向けバックパック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ47cmxヨコ25cmxマチ17cm
重量820g 容量22L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

1日分の荷物収納可

年齢層:20代~40代
素材:1680Dバリスティックナイロン
ポケットの数:3(外側1/内側2)
販売価格:¥18,360(税込み) 

名前の通り休日にも使えるビジネスリュックとして人気の「オールデイ」。

グレゴリーの「定番リュック」としても人気が高く、ビジネスシーンだけではなく普段使いとしても使用するビジネスマンも多くいます。

また、カラーリングのバリエーションも豊富で「20色」の色味から好みの色合いを見つけることができます。

また、デザイン性だけではなく機能性も充実。

4本のサイドストラップは、荷物の大きさや量に合わせてリュックのマチ幅を自由に調節することができます。

荷物の少ない日は狭くし多い日はマチ幅を広げることができるので、通勤用途から日帰りのハイキングなどのアウトドアシーンにも柔軟に対応してくれます。

チェストストラップ付なので、肩や首が疲れているときに使用することで、疲れを軽減してくれます。

こちらのモデル、元々はタウンユースやアウトドアシーンでの使用を想定して作らているので、若干カジュアル雰囲気のあるモデルとなっています。

スーツの着こなしよりもオフィスカジュアルや私服で通勤しているビジネスマンにおすすめです。

1つ持っているだけで平日は通勤用途に、休日はお出かけやアウトドアシーンに使うことができるので、ビジネス用途に限らず幅広いシーンで使えるモデルをお探しの男性におすすめです。

グレゴリーのロゴマークをフロントにあしらったデザインは、タフで無骨なアイテムが好きな男性にぴったり!

オーバーヘッドデイ

グレゴリーのビジネスリュック

長方形のフィルムだから書類やファイルを綺麗に持ち運べる

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ45cmxヨコ28cmxマチ16cm
重量:650g 容量22L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

1日分の荷物収納可

年齢層:20代~40代
素材:1680Dバリスティックナイロン
ポケットの数:3(外側1/内側2)
販売価格:¥15,120(税込み) 

デイパックのリュックですとファイルに収納していても書類の角が折れてしまうことがあります。

こちらのモデルは、長方形のシルエットなので、角ばった書類や本などを綺麗に持ち運ぶことができるので、神経質な方や綺麗に書類などを持ち運びたいビジネスマンにおすすめです。

グレゴリーのビジネスリュック

また、大きく開くメインルームには仕事の書類やPC以外にもお弁当や水筒などどの荷物も収納できるので、1日に必要な荷物以上も収納することができます。

1気室とシンプルな構造のため、荷物を分けて収納したい男性はインナーバッグやグレゴリーから販売されているポーチなどを使うと良いでしょう。

今注目のボックスシルエットのモデルになるので、スーツとの相性も抜群です!

フラッシュデイ

グレゴリーのビジネスリュック

自転車やバイク通勤しているビジネスマンにおすすめ!

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ44cmxヨコ32cmxマチ9cm
重量:390g 容量16L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

1日分の荷物収納可

年齢層:20代~30代
素材:600Dポリエステル
ポケットの数:2(外側0/内側2)
販売価格:¥11,880(税込み) 

トートバッグとデイパックの良い所だけを変え合わせたモデルがこちらの「オールディ」。

グレゴリーのビジネスリュック

メッセンジャーバッグにも似たシルエットとなっており、上部の開閉口はジッパー式。そのため、毎日自転車に乗って通勤している男性やバイク通勤のビジネスマンにおすすめです。

また、背中が疲れてしまったり人混みの多い場所や通勤時間などでは、ハンドバッグ(手提げ)としても使えるので使い勝手抜群!

余計な機能などをあえて使わずシンプルな機能を搭載。ミニマムなサイズ感ながらもA4サイズまでなら余裕で収納することができるので、ビジネスシーンに必要なアイテムはしっかり収納することができます。

ポケットが欲しい場合や小物類を分けて収納したい男性は、グレゴリーから販売されている取り付け式のシングルポケットを使えば、より多くの荷物を持ち運ぶことができます。

休日にも問題なく使用できるモデルなので、オン・オフ問わず使えるビジネスリュックをお探しの男性におすすめです。

スマートなシルエットとスタイリッシュで都会的なデザインは、スーツに合わせることで清潔感溢れる印象に仕上げてくれますよ!

エブリデイ

グレゴリーのビジネスリュック

ミニマムなサイズ感のビジネスリュックをお探しの男性におすすめ!

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:タテ45cmxヨコ29cmxマチ16cm
重量:800g 容量21L

収納可能サイズ:A4サイズ収納可能

1日分の荷物収納可

年齢層:20代~40代
素材:600Dポリエステル
ポケットの数:4(外側2/内側2)
販売価格:¥18,360(税込み) 

ブランドロゴを右端にあしらった以外は、非常にシンプルなデザインのため、スーツの着こなしに合わせてもしっかりマッチしてくれます。

小型でありながら内部には1日分の荷物を収納できるため、お弁当や水筒を持ちあるきたい男性におすすめです。

外部の斜めファスナーポケットには、手帳や貴重品などの身の回りのアイテムの収納に適しています。

府メインルームには小型PCを収納できるスリーブを搭載しているので、PCの持ち運びにもしっかり対応しています。

小型ビジネスリュックは、人込みの多い場所でも移動が楽なので、電車通勤をしているビジネスマンにおすすめです。

まとめ

この記事ではビジネスマンにおすすめの【グレゴリーのビジネスマリュック6選】をご紹介しました。

どのモデルをビジネスシーンで大活躍してくれるものばかりなので、選ぶのに困ってしまう男性も多いと思います。

そのような時は「普段収納する荷物の量」と「ポケットの数」を参考にして選ぶとご自身のライフスタイルに合うビジネスリュックが見つけられます!

以下の記事では、グレゴリーを含め今ビジネスマンから人気のビジネスリュック25選をご紹介しています。

ぜひこちらのチェックして自分に合うビジネスリュックを見つけてみてくださいね!

関連記事

最近ではスーツの着こなしにリュックをおしゃれに合わせる方も増えきました。 また、「背負う」「掛ける」「持つ」ことのできる3WAYビジネスバッグやPCリュックなど、ビジネスシーンを彩るリュックのバリエーションも豊富になり、選択肢が増えました[…]

▶合わせて読みたい!2019年に【おすすめのリュックブランド】

関連記事

リュックサックは、トートバックやハンドバックとは違い気軽に背負えて多くの荷物を持ち運べるのでとても便利ですよね。 最近では用途やシーンなどに合わせたリュックなど、多種多様なモデルが販売されているので、自分に合うリュックを見つけたい!リュッ[…]

おすすめのグレゴリーのビジネスリュック
最新情報をチェックしよう!