クロームでおすすめのリュック

知れば欲しくなる。クロームのリュックが今注目される理由。人気モデル10選も解説

防水性能では右に出るブランドはないほど、高い防水機能が魅力のクローム。

完全防水モデル~大容量モデルなど、クロームのリュックでも特に人気のある10選をご紹介しているので、クロームのリュックをお探しの男性は必見です!

クロームのリュックはこんな男性におすすめ
  • 絶対に荷物を濡らしたくない
  • 自転車やバイクの時にも背負えるリュックが欲しい
  • 機能性に優れた実用的なリュックが欲しい
  • 旅行にも使える防水大容量モデルを探している
Kentino
本記事内でご紹介しているクロームのリュックは以下になります。既に気になるモデルがある方はモデル名をタップするといち早く特徴を知ることができます。
関連記事

定番ブランドからシーエッジ編集部がおすすめの最新ブランドまで、本記事では【2020年最新版】おすすめのメンズリュックブランド30選をご紹介します。 リュック選びに迷っている男性は、本記事を読めば欲しかった理想のリュックに出会え[…]

Kentino
上記の記事では今年おすすめのメンズリュックを特集しています。選び方についても解説しているので、リュック選びで失敗したくない方は一度目を通しておくと良いでしょう。




クローム(CHROME)ってどんなブランド?

メンズにおすすめのクロームのリュック

1995年アメリカのコロラド州で誕生したクローム。

機能性と実用性を追い求めて開発されたメッセンジャーバッグは、自転車乗りから高く評価され、メッセンジャー御用達ブランドとして頭角を表していきます。

もともとは自転車に乗っていない時でも使えるバッグを作る為にブランドが誕生したこともあり、その後は一般にも広まっていきます。

今ではその実用性と機能性の高さが評価され、世界中で愛用される人気バッグブランドとして地位を確立しています。

Kentino
日本では爆発的な人気になっていないものの、ヨーロッパや本国アメリカで人気を獲得しているブランドです。日本では知る人ぞ知る機能性に特化したバッグブランドとして地位を確立しています。

クロームはミリタリースペックの素材を使用しているので、デイリーにガンガン愛用しても壊れることなく長年愛用し続けられます。

Kentino
クロームはリュックだけではなくバッグも優秀。以下の記事ではクロームで人気のバッグをご紹介しているので、合わせてご覧ください。
関連記事

本記事ではこれまでに様々なバッグブランドの記事を執筆してきた筆者が選ぶクロームの人気バッグ10選を厳選してご紹介します。 また、イメージしやすいよう「メッセンジャーバッグ」「ボディバッグ」「サコッシュ」「ショルダーバッグ」の4つに分け[…]


知れば納得。クロームのリュック3つの魅力

防水機能は業界トップレベル

メンズにおすすめのクロームのリュック

防水性能では右に出るブランドはいないほど、クロームのリュックは防水性に優れた特徴を持っています。

全てのモデルが防水性に優れてますが、モデルによって防水能力が異なります。

Kentino
クロームでは使用されるマテリアル(生地)や製造方法によって防水性能を以下の表の3つのカテゴリーに分けています。
WATERPROOFPROPERTY
WATER RESISTANT 都市部・タウンユースでの使用を想定し、突然の雨や風から荷物を守る耐水性を完備。
WEATHER PROOF(Moderate) いかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を完備。
WATER PROOF(Heavy) メインルームのバッグ部分や仕切りが溶着加工を施し水の侵入を遮断した完全防水仕様。

「WEATHER PROOF」ですでに高い防水性能を誇っていますが、更にそのうえの「WATER PROOF」は完全防水仕様。水の中に沈めて内部の仕切りやメインルームが濡れることはありません。

Kentino
タウンユースで「WATER PROOF」は、ややオーバースペックで扱いづらいと印象を抱く方もいるので、タウンユースでの使用を考えているのであれば、「WEATHER PROOF」ぐらいの性能で大丈夫でしょう。

その完全防水の秘密は、マテリアルとロールアップ式にあります。

通常の防水リュックは水を弾く「ポリウレタン」を使用していますが、耐久性に欠けるデメリットがあります。

その点、クロームのリュックはどのモデルも耐久性に優れた「デニールナイロン」「600Dポリエステル」などを使用し外部からの衝撃にも耐えうる作りとなっています。

また、リュックはミシンで縫製するのが基本ですが、それでは隙間から水が浸入してきてしまうので、クロームの全モデルは、ナールウェルデット加工と呼ばれる熱溶着技術で加工を行っています。

熱溶着技術で加工とは、高温の熱で素材同士を溶かし合わせて接着する方法なので、ミシンで縫ってできる縫い目がありません。そのため、内部に水が浸入しないのです。

Kentino
縫製が必要な箇所には、裏側から防水生地を貼り合わせ、水の侵入を遮断する徹底ぶり。リュックブランドでは相当珍しい加工技術をクロームは採用しています。

近年では、この防水機能は必要不可欠な要素になるため、様々なブランドから販売されていますが、クローム以上の防水リュックには出会ったことはないので、防水リュックをお探しの男性は間違いなくクロームのリュックから選んだほうが良いでしょう。

Kentino
タウンユースだけでなく登山や旅行など環境に左右されやすいシーンでも活躍してくれるリュックになるので、幅広いシーンで使いたいと考えている男性は、クロームのリュックから選ぶことで高い満足度を得られるはずです!

行き届いた機能性

おすすめのクロームのリュック

最近のリュックは、似たようなデザインと機能でどれも同じに見えませんか?

その点、クロームのリュックの機能性は一味違います。

スーツケースのように270度開閉できるモデルや外部に荷物を取り付けられるモデルなど、「こんな発想あったのか!」と思うような画期的なモデルを多く販売しています。

実際にクロームのリュックを愛用する方からも評判が良いので、機能性に優れたリュックをお探しの男性は、クロームのリュックから探してみたら好みのモデルに出会えるかもしれません。

Kentino
今まで様々なリュックブランドを執筆してきましたが、クロームのリュックは、その中でもトップクラスに機能性が優れているブランドと言えます。

通気性とフィット感で抜群の背負い心地良さを確保

リュックを長時間背負って直後にリュックを下ろすと背中がびっしょり。なんて経験誰にでもあると思います。

リュックは背中に固定して背負うため、背中とリュックの間に熱がこもりやすく長時間背負っていると必然的に汗をかいてしまいます。

クロームのリュック

クロームのリュックは、どのモデルも凹凸のある背面パネルを使用しており、この凹凸構造により縦や横からの通気性を高め、また、身体への接地面積を減らすことで、汗やムレの軽減をしてくれます。

また、圧縮成型EVA素材などを用いたモデルもあり、通気性だけではフィット感といった背負い心地の良さも確保。

さらに立体成型のショルダーストラップにより体に吸い付くような抜群のホールド感も魅力。一度背負えばその快適さに虜になること間違いありません。

クロームのリュックの総評

Kentino
以下の表はクロームで人気のリュックを「デザイン性」「機能性」「耐久性」の3つのカテゴリーに分け、総評したものになります。表は横にスライドすることができ、気になるモデルがあれば一番下の【詳細確認】をタップするとすぐに各モデルの特徴をより細かく知ることができます。
モデル名 おすすめのクロームのリュックURBAN EX ROLLTOP おすすめのクロームのリュック AVAIL BACKPACK おすすめのクロームのリュックMXD FATHOM BACKPACK おすすめのクロームのリュックBLCKCHRM BRAVO 3.0 BACKPACK おすすめのクロームのリュックROSTOV おすすめのクロームのリュックHIGHTOWER 2.0 BACKPACK おすすめのクロームのリュックSUMMONER BACKPACK 2.0 おすすめのクロームのリュックPIKE PACK 2.0 BACKPACK おすすめのクロームのリュックMACHETO 2WAY TRAVEL BACKPACK おすすめのクロームのリュックMAZER VIGIL BACKPACK
販売価格 ¥14,000 ¥23,000 ¥14,000 ¥19,000 ¥14,300 ¥21,000  ¥23,000  ¥19,000 ¥23,000 ¥20,000
デザイン性  S S A B A  A A A A B
 機能性  S S A A A  A S S A
 耐久性  A+ S A S A  A S A A A
 総評 9.5点  10点 8点 8.5点  8点  8点 9.5点 9点 9点 7.5点
  詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ 詳細確認はタップ

普段使いに丁度良い。クロームのおすすめリュック6選

URBAN EX ROLLTOP

もう雨の日も怖くない。完全防水リュック

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H43×W25×D15cm
収納可能サイズ:A4サイズ収納可
素材:1050Dナイロン
ポケットの数:3(外側1/内側2)
販売価格:¥14,000

クロームで一番人気のモデルと言えばこの「URBAN EX ROLLTOP」。

最大の魅力やはり防水性能の高さ。同ブランドのモデルは、リュックブランドの中でも高い防水機能が特徴ですが、本モデルはその中でも特に高い防水性能を誇ります。

防水性能にも「表面に付着した水を弾く撥水」と「水を弾き内部に侵入させない防水」の2つに大きく分けることができます。

クロームのリュック

本モデルはその中でも特に高い完全防水仕様。つまり、生地だけではなくファスナーや縫い目からも水の侵入を防止する優れた防止性能が特徴です。

そのため、タウンユースのみならず海やプールといったマリンスポーツやアウトドアシーンにも対応しています。

おすすめのクロームのリュック

18Lというやや小ぶりなサイズ感ではあるものの、必要最低限の荷物はしっかり詰めることができるので、タウンユースに丁度良いバックパックと言えます。

もし、突然の雨でもPC端末やタブレットが濡れることはないので、安心して持ち運べますよね。(スリーブは保護能力に欠けるので、専用のPCケースに閉まっての収納をおすすめします。)

開閉口はロールアップ式なので、荷物の出し入れは少しめんどくさいと感じる方もいますが、スマホや財布などの頻繁に出し入れする荷物は、外ポケットに収納しておけば、出し入れもスムーズに行えます。

サイズが小さいと感じたら一回り大きいサイズの「URBAN EX ROLLTOP28」もあるので、大容量の防水リュックをお探しの男性はそちらがおすすめです。

ここまで防水性能に優れたリュックは中々ありませんし、なんといっても1万円台というリーズナブルな価格帯で購入できるので、防水リュックをお探しの男性は間違いなく本モデルがおすすめです。

Kentino
以下の記事ではクロームを含む防水性能に特化したリュックをご紹介しています。また、防水と一口に言っても耐水性の能力はモデルによって異なるので、購入する前に一度確認しておくと良いでしょう。
関連記事

近年台風やゲリラ豪雨など、記録的な大雨も多くなりより一層注目されるようになった防水リュック。 そんな防水対応のリュックは、雨から大切な荷物やPCを守ってくれるどんな人にとっても嬉しいバックパックの機能。 そこで本記事では【おすすめの防水[…]

waterproof

AVAIL BACKPACK

クローム史上最も背負い心地の良いモデルとして大人気

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H52×W27×D16cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:1050Dナイロン
ポケットの数:6(外側2/内側4)
販売価格:¥23,000

史上最も背負い心地の良いモデルとしてクロームも太鼓判を押す「AVAIL BACKPACK」。

リュックを選ぶ際に背負い心地を重視したい男性や長時間背負う機会が多い男性におすすめです。

ただでさえ背負い心地が抜群と言われているクロームの中でも特に快適な背負い心地が魅力の本モデルの秘密は、マテリアル(素材)にあります。

おすすめのクロームのリュック1050Dナイロンというかなり強度の高い素材をショルダーストラップに採用。

さらに立体成型にすることでより人体にフィットするよう設計されています。一度背負うと包み込むような抜群のフィット感に魅了されること間違いありません。

背面パネルは、クローム独自の「Wind Grid」構造により、タテ・ヨコからの通気性を高め、凸凹形状により身体への接地面積を減らすことで、汗やムレを軽減することができます。

また、ニットを2層にしてラミネート加工することで強度もしっかりと確保しています。

Kentino
写真を見ていただければ分かるように凹凸のあるパネルには空洞があり、接地面積を減らしているので、汗やムレがおきにくいのです。

内装には、実用性の高いオーガナイザーポケットを完備。

おすすめのクロームのリュック

大小様々な大きさのポケットとなっているので、小物を綺麗に仕分けして収納することができ、整理整頓も楽に行えます。

シルエットも都市使いに最適なスマートな形状。

おすすめのクロームのリュック

底に向かってマチ幅が広くなるシルエットのため、普段の着こなしにも合わせやすくオン・オフ問わず使うことができる万能なモデルでもあります。

Kentino
人々が安心して荷物を運べるようクロームが考え抜いて設計した傑作モデルになるので、クロームでリュックをお探しの男性は、候補にいれておきましょう。

MXD FATHOM BACKPACK

身軽に通勤したい男性におすすめのビジネスリュック

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:40×W30×D5cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (13インチまでのPC端末収納可)
素材:1680デニール バリスティックナイロン
販売価格:¥14,000

必要最低限の荷物だけを持ち身軽に移動したいという現代のニーズに合わせて作られた本モデルは、普段から自転車(マウンテンバイク)で通勤する男性におすすめです。

おすすめのクロームのリュック

収納力は極端に低くなるものの、限りあるペースを上手く利用しているので、男性にとって必要なPCやタブレット・財布やカードケースなどの必需品などはしっかり収納できるサイズ感となっています。

Kentino
身軽に通勤したい方や極力リュックも小さいサイズが良いというミニマリスト志向の男性には絶好のモデルになります。以下の記事では今年おすすめのビジネスリュックをご紹介しているので、ビジネスリュックをお探しの男性は以下の記事もご覧ください。
関連記事

ビジネススーツにリュックをおしゃれに合わせる男性の人口も増え市民権を獲得したビジネスリュック。今ではすっかりビジネスマンにとって欠かせない定番バッグの一つとなりました。 また、最近では「背負う」「掛ける」「持つ」ことのできる『3WAYビジ[…]

BLCKCHRM BRAVO 3.0 BACKPACK

軽量性と耐久性を強化した本格スペックモデル

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:51×W31×D18cm
防水力:WEATHER PROOF
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:3層構造の生地(400デニールナイロン、1,000デニールポリエステル糸、TPX フィルム)
ポケットの数:9(外側6/内側3)
販売価格:¥19,000

今回ご紹介しているモデルの中最もポケットの数が多い本モデルは、軽量性と強度を従来のモデルよりもアップさせた本格スペック仕様が魅力。

400デニールナイロン・1000デニールポリエステル糸・TPXフィルムなど、マテリアルの中でも軽量性に優れてた素材を採用。

Kentino
見た目に寄らずだいぶ軽量なので、少しでもリュックを軽くしたい男性向きと言えます。

また、背面パネルには、通気性と温度調節に優れたEVA素材を採用し、夏場でもムレや汗が気にならない快適な背負い心地を確保してくれます。

タウンユースよりかはアウトドアシーンに適したモデルなので、ハイキングや旅行用のリュックをお探しの男性におすすめです。

ROSTOV

デザイン性・機能性・耐久性と欠点の少なさが魅力

おすすめのクロームのリュック

おすすめのクロームのリュック おすすめのクロームのリュック おすすめのクロームのリュック
シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:47×W30×D15cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:1050デニールナイロン
ポケットの数:5(外側2/内側3)
販売価格:¥14,300

タウンユースや通勤シーンに最適なデザインとサイズ感が魅力の「ROSTOV」。

オン・オフ問わず使える欠点の少ないリュックをお探しの男性におすすめです。

デザインは、ビジネススーツや休日のラフなカジュアルなコーデなど、どの装いに合わせてもバランス良く背負えるので、初心者も取り入れやすいモデルと言えます。

Kentino
価格も他のモデルと比べてリーズナブルなので、安くて実用性の高いリュックをお探しの男性におすすめです。

おすすめのクロームのリュック

耐久性に関しては、ミリタリースペックのナイロンマテリアル「1050デニールナイロン」を使用し、耐摩耗性・耐引裂性を強化。

そのため、ガンガン使っても壊れる気配はないので、長期間の愛用に向いています。

また、エアーメッシュを使用したショルダーストラップと圧縮成型EVA素材のパッドを使用した背面パネルで抜群のフィット感と通気性を確保。

長時間背負っても疲れにくくムレも感じないので、デイリーリュックとしてはかなり高い満足度を得られるモデルでもあります。

Kentino
他のモデルに比べてミリタリー雰囲気の強いモデルになるので、タフなルックスのリュックが好みの男性には特におすすめです。

HIGHTOWER 2.0 BACKPACK

タフな見た目が男心くすぐるビジネス出張対応モデル

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H52×W27×D12cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:1680デニール バリスティックナイロン
ポケットの数:9(外側4/内側5)
販売価格:¥21,000

ビジネスに伴う出張のリュックだとスーツに合わせることも多いため、野暮ったさやカジュアルな雰囲気はないほうが良いですよね。

本モデルは、ビジネスシーンに相応しいフォーマルな雰囲気を残しつつも出張のような荷物の多く持ち運ぶシーンにも対応した大容量が魅力。

雨にも強い止水ファスナーを採用した2層のルームを完備。

クロームのリュック

背面側のスリーブには、PC端末やタブレットの収納に最適。背面側に設けられているので盗まれることもなく安心して持ち運べます。

メインルームには1泊程度の宿泊荷物を収納できる広々とした内装となっているので、スーツケースを持ち歩かなくてもこのリュック一つで済みます。

おすすめのクロームのリュック

クロームの真骨頂でもある熱を上に排出し汗やムレを軽減できる快適な背面パネルと搭載。

蒸し暑い夏場からジメジメとした梅雨の時期も快適に乗り越えられます。

Kentino
夏に時期の汗はスーツのジャケットやシャツにつくと臭いの原因になります。本モデルならビジネススーツを着用していても他のモデルに比べて汗をかきにくくなるので、汗っかきの男性には特におすすめです。

旅行におすすめ!クロームの大容量リュック4選

SUMMONER BACKPACK 2.0

一度使えばその使いやすさに手放せなくなること間違いなし!

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:49×W32×D18cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:500デニール コーティングナイロン
ポケットの数:7(外側2/内側5)
販売価格:¥23,000

使い勝手の良さに手放せなくなる男性続出の超機能性に優れた「SUMMONER BACKPACK 2.0」。

Kentino
機能性に優れたリュックをお探しの男性は、本モデルの魅力を知ると欲しくなってしまうこと間違いないのでご注意を!

まず、スーツケースのように270度開閉できるメインルームは、メッシュポケットなど合計5つのポケットを搭載。

PC端末やタブレット類、さらにはガジェット類とった電子アクセサリーも小分けに収納できるのでとっても便利!

もはやリュックのスーツケース版といっても良いような内装となっているので、最大2泊までの宿泊荷物を収納することができます。

「大きく開閉できるリュックは扱いづらい」と悪いイメージを持たれる方も多いですが、本モデルはフロントに搭載されたファスナーにより、内部へ直接アクセスすることが可能です。

そのため、一々メインファスナーを開かなくても中身の荷物を取り出すことができます。

また、荷物の量に合わせてマチ幅を自由に調節できるので、

おすすめのクロームのリュック

その日の荷物の量によってサイズを変えれば、着こなしのバランスを崩すことなく背負うことができます。

大ぶりのルックスのため、タウンユースで背負う時はマチ幅を小さくして背負うことをおすすめします。

好き嫌いの好みがハッキリするデザインですが、機能性に関しては超優秀モデルになるので、機能性重視でリュックをお探しの男性には最適なモデルと言えます。

Kentino
以下の記事では旅行におすすめのリュックをご紹介しています。述べ20ヶ国以上旅してきたトラベラーの筆者が推薦するモデルをご紹介しているので、旅行リュックをお探しの方は必見ですよ!
関連記事

筆者は実に20ヶ国以上も旅をし昨年だけでも8ヶ国も旅をするほど大の旅好き。 そんなトラベラーの僕が推薦する【海外旅行におすすめのリュック13選】をご紹介! 本記事でご紹介している13選は、僕が実際に旅先で愛用しているモデルからま[…]

PIKE PACK 2.0 BACKPACK

雨の日の移動ももう怖くない!高い防水性能が魅力の大容量モデル

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H48×W30×D16cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)

容量:22L

素材:500デニール コーティングナイロン
販売価格:¥19,000

旅行の相棒として最高すぎる「PIKE PACK 2.0 BACKPACK」。

旅行リュックをお探しの男性にまずおすすめしたい本モデルは、実用性の高い機能を多数搭載。

メインルームの開閉口がこのように大きく開く仕様なので、視認性も高く薄暗い場所でも荷物を取り出すことができます。

おすすめのクロームのリュック

また、メインルームへのアクセスは上部だけではなくフロントに付いたジッパーからも出し入れ可能。

底に収納して取り出しにくい荷物もフロント側のファスナーから簡単に取り出すことができるので、一々上部の荷物を出せずに済みます。

皆さんも一度は経験あると思いますが、底に収納した荷物を取り出すのってめんどくさいですよね…。せっかくキレイに収納できたのに、また繰り返すのかよって…。

その点、こちらのモデルなら楽に出し入れを行えるので、イライラすることもありません!

おすすめのクロームのリュック

さらに嵩張る荷物を外に収納という画期的な方法で、容量を拡張することができます。

マチ底に搭載されたストラップを引っ張り、リュック本体に付けるだけでアウターやタオルなど、嵩張る荷物を外部に収納することができ、空いたスペースにより多くの荷物を詰めることができます。

Kentino
日本ではあまり見かけませんが、海外ではシューズやタオルなどは外に収納が基本ですし、経験上この機能は本当に使い勝手が良いので個人的におすすめです。
 

また、多数搭載されたポケットを駆使して荷物を小分けに収納すると

おすすめのクロームのリュック一々荷物を探す手間をもなく簡単に取り出すことができます。

Kentino
このぐらいのサイズ感なら旅行以外にもタウンユースで使用してもOK!旅行にもタウンユースにも使えるのでコスパも抜群です!
 

MACHETO 2WAY TRAVEL BACKPACK

旅行シーンで大活躍!大容量防水リュック

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H53×W35×D24cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:840デニールナイロン
販売価格:¥23,000

世界中の旅行者から大人気となっている「MACHETO 2WAY TRAVEL BACKPACK」。シーエッジ編集部も本モデルは、実用性に富んだ傑作モデルとしておすすめしています。

おすすめのクロームのリュック

旅行リュックとなるとややスタイリッシュ性に欠けるモデルが多くなりますが、本モデルは、スクエア形状のスリムなシルエットにすることで、スタイリッシュな雰囲気を失わず都会的な印象に仕上がっています。

おすすめのクロームのリュック

また、スリムなボディにすることで、機内や車内など限られたスペースにもしっかり収納できるよう計算されています。

荷物の大きさや量に合わせて自由にマチ幅を変えることもできるので、シーンや用途に合わせてサイズを変更することができます。

Kentino
特に機内だと足元に置くか上の棚に収納するかのどちらかになってしまうので、スマートなシルエットのほうがストレスなく収納できますよ!

また、旅行リュックとしては頼もしいほど耐久性に優れています。

防滴性・防汚性・耐摩耗性が向上した450デニールトラックタープと840デニールナイロンという頑丈な生地を本体に採用。

アクティブな動きにもしっかり対応できるボディとなっているので、ガンガン使用しても壊れることはまずありません。

さらにハンドバッグにもなる2WAY仕様。

肩が疲れてきた際は手持ちに切り替えることで、肩に余計なストレスを与えずに移動することができますよ!

旅行用途に特化して作られたモデルなので、旅行リュックをお探しの方はまずこちらは候補に入れておいてください。

MAZER VIGIL BACKPACK

アウトドアシーンで活躍してくれる優秀モデル

おすすめのクロームのリュック

シーエッジ編集部おすすめ度:
サイズ:H50×W30×D23cm
防水力:WATER RESISTANT
収納可能サイズ:A4サイズ収納可 (15インチまでのPC端末収納可)
素材:840デニールバリスティックナイロン
販売価格:¥20,000

大容量なサイズながらも下底に向かってスマートな形状になるシルエットのため、邪魔にならず快適に移動することができます。

1泊~2泊程度の簡易的な宿泊荷物を収納できるので、登山や短期旅行などにおすすめです。

おすすめのクロームのリュック

サイドのポケットは、背負ったままでも取り出せるよう斜めに設計されており、水筒やペットボトルの出し入れも楽に行えます。

また、旅行や登山シーンを想定して作られているので、背面パネルも凹凸のあるデザインを採用し熱がこもらないよう設計されています。


実用性で選ぶならクロームのリュックがおすすめ!

クロームのリュックは、機能性や実用性の高さではリュックブランドの中でもトップクラスなので、必ず自身のスタイルに合う理想のモデルを見つけることができます。

種類が非常に多いので、迷ってしまう方もいるかもしれませんが、クロームのリュックはまずサイズで選ぶと失敗することはないので、必ずサイズをお確かめください。

Kentino
ビジネス・タウンユース・トラベルと全てのシーンや用途で活躍してくれるクロームのリュック。一度使わばその魅力の虜になってしまうこと間違いなし!
関連記事

普段の着こなしへの合わせやすさや用途やシーンを選ばずに使える汎用性の高さから大人気の黒リュック。 一度購入してしまえば数年もの間使い続けるものなだけに自分と相性の良い黒リュックを見つけたいですよね。 でも一口に黒リュックといって[…]

クロームでおすすめのリュック
最新情報をチェックしよう!