30代~40代の大人の男性が着るべき夏服。夏のメンズコーディネートを徹底解説

冬コーデと比べて夏コーデは重ね着がしづらく身に付けるアイテムもシンプルになるため、必然的にコーデが単調かつカジュアルになります。

重ね着しておしゃれを楽しめなくなる分、サイズ感やシルエットの合わせが重要になってくるため、夏服選びは意外と大変です。

となると皆さん暑いしめんどくさいからといって似たようなTシャツばかりになっていませんか?

少しでも心当たりのある方は本記事を最後まで読んでいただければ、夏服を迷うことなくおしゃれに変えることができます。

本記事ではファッション初心者の大人男子に向けて夏服のおすすめアイテムから真似しやすい夏コーデ術まで、幅広くご紹介しているので、夏服を少しでもおしゃれにしたい男性は、ぜひ最後までご覧ください。

夏服におすすめのトップス

夏服の主役といっても過言ではない「トップス」。

毎日Tシャツばかり着ている男性はこれを機にTシャツ以外の選択を取るも良し、Tシャツにヒネリを加えてさりげなくおしゃれを楽しむ良し、まずは大人の男性におすすめの夏服に欠かせない「トップス」をご紹介していきます。

おすすめブランドから選び方までご紹介しているので、ぜひ夏コーデの参考にご覧ください。

夏服におすすめのトップス①:Tシャツ

wear

取り入れやすさ:

Tシャツ選びのポイント

  • サイズに迷ったらとりあえずワンサイズ大きいものを
  • 「ブラック」「ホワイト」「ネイビー」の無地Tはマストカラー
  • 「コットン」素材ながら風合いの変化も楽しめる

今季も引き続きオーバーサイズのTシャツがメンズファッション業界ではトレンド。

ボックスシルエットにドロップショルダーなど、昨シーズン流行っていたシルエット・デザインは今年もトレンドなので、昨年着ていたTシャツを今年も着て大丈夫です。

「ブラック」や「ホワイト」といった定番の無地Tシャツはもちろんですが、「少しだけ個性を出してみたい「いつもとは違った夏コーデをしてみたい」男性は胸元にポケットの付いたポケットTシャツがおすすめです。

柄やプリントTシャツよりも簡単に取り入れられるTシャツの種類なので、さり気なく個性を発揮したい方はポケットTシャツを選んでください。

逆に避けたほうがいいTシャツの種類は、胸元ががっつり開いたVネックTシャツ。いやらしい雰囲気を演出してしまうのと、着る人を選んでしまうので、安易に手を出さないほうが良いです。

Kentino
おすすめのTシャツについては以下の記事で詳しくご紹介しているので、参考にしてください。
関連記事

夏本番に近づくにつれて買い足しや新しいTシャツをお探しの男性も多いでしょう。 センス良いデザインTシャツか、シンプルで着回し力の高い無地Tシャツか、はたまたメッセージ性のあるTシャツなのか、人によってTシャツ選びは変わってくると思いま[…]

おすすめのTシャツブランド:ユニクロ(UNIQLO)

こんな男性におすすめ

  • Tシャツの種類も豊富で自分の好きなものを選べる
  • コスパ抜群だからまとめ買いに最適
  • サイズ展開が豊富だから自分の体型に合わせて選べる
関連記事

今年も多くのTシャツをリリースしたユニクロ。 しかし大人の男性も安心して着られる無地Tのラインナップがかなり豊富なため、どれを選んでいいのか分からずに迷っている男性も多いはず。 そこでシーエッジ編集部がユニクロでおすすめのメンズ[…]

おすすめのTシャツブランド:ビームス(BEAMS)

こんな男性におすすめ

  • ちょっと背伸びしたクオリティの高いTシャツが欲しい
  • 何年も着続けられるようなTシャツを探している

おすすめのTシャツブランド:ヘインズ(HANES)

こんな男性におすすめ

  • 着るごとにその人に馴染むまさに育てがいのあるTシャツ
  • ジャストサイズ~ルーズなサイズまで幅広く展開

>夏服におすすめのトップス②:サマーニット

wear

取り入れやすさ:

サマーニットの選び方

  • 洗濯で縮むことも念頭にワンサイズ大きいものを選ぶ
  • 色は「ネイビー」が一番おすすめ!
  • 着丈の長いものには要注意
  • 透けやすいサマーニットもあるので注意

『夏にも着れるニット』として有名なサマーニット。Tシャツのようなカジュアル過ぎる印象はなく、上品でドレッシーな雰囲気になれるアイテムなので、大人世代にはとてもおすすめの夏アイテムです。

ニットと聞くと「夏に着るには暑いのでは?」と感じる方もいますが、サマーニットは冬に着るセーターとは違い薄手で通気性にも優れているため、Tシャツのような感覚で着用することができます。

大人っぽく上品な雰囲気になる一方で、透けやすい・縮みやすいといったデメリットもあるアイテムなので、上記で解説した選び方を念頭に選んでください。

おすすめのサマーニットブランド:ユナイデットアローズ(UNITED ARROWS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • 種類豊富で自分好みの一着が見つかる
  • クオリティに対して価格はリーズナブルだからどんな男性にも◎

おすすめのサマーニットブランド:ラコステ(LACOSTE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\7,000~11,000

こんな男性におすすめ

  • ファッション初心者でも取り入れやすいサマーニット
  • 爽やかな印象にしたい男性におすすめ

おすすめのサマーニットブランド:グランサッソ(GRANSASSO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\20,000~

こんな男性におすすめ

  • 上品で高級な雰囲気を演出したい
  • 身体に馴染む経年変化すら楽しめる逸品

夏服におすすめのトップス③:ポロシャツ

wear

取り入れやすさ:

ポロシャツの選び方

  • 色は「黒」「ネイビー」がベター。「グレー」は汗ジミやおじさんぽく見える
  • 生地の薄いものは体のラインがでるから避ける
  • 「ジャストサイズ」か「オーバーサイズ」

オン・オフ問わず着用できてTシャツよりも上品な雰囲気になれるポロシャツは、大人男子のマストハブアイテムの一つ。

スポーツ競技から誕生したアイテムでもあるので、スポーティーな印象が強いポロシャツはなるべく避け、ポロシャツで有名なブランドから選ぶと失敗するリスクも回避できます。

「グレー」といった色味は汗ジミがかなり目立つので、「ブラック」「ネイビー」といったシックで品のある色合いを選択しましょう。

おすすめのポロシャツブランド:ラコステ(LACOSTE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\7,000~15,000

こんな男性におすすめ

  • ポロシャツ選びで絶対失敗したくない人
  • おしゃれでトレンド性のあるポロシャツが欲しい

おすすめのポロシャツブランド:フレッドペリー(FRED PERRY)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • ゴルフにも使えるポロシャツが欲しい
  • ブランドバリューの高いブランドが好き

おすすめのポロシャツブランド:ユニクロ(UNIQLO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\2,000~3,000

こんな男性におすすめ

  • とにかく価格重視で選びたい
  • オフィスカジュアルにも使えるものを探している
  • サイズ・種類の展開が豊富なブランドが良い

夏服におすすめのトップス④:オープンカラーシャツ(開襟シャツ)

wear

取り入れやすさ:

開襟シャツの選び方

  • ワンサイズ大きくして羽織りっぽく着るのが◎
  • 「ネイビー」や「ホワイト」のカラーがおすすめ
  • 清涼感のある「リネン」「コットン」素材が◎。「ポリエステル」は避ける

開いた襟元で涼し気な印象にしてくれる「オープンカラーシャツ」。

胸元が開くことで清涼感だけではなくセクシーで男らしい雰囲気になるので、大人世代も一着は持っておきたい夏の大定番シャツの一つです。

はじめて着るという男性は「ネイビー」「ホワイト」といった着こなしや着る人を左右しないカラーを選び、夏コーデに変化を加えたい方は「ペイズリー柄」「イエロー」といったヒネリのあるカラーやデザインのモノを選びましょう。

また、「ポリエステル」を使用したモノは場合によってチープな雰囲気になってしまうので、「リネン」や「コットン」を使用したモノにしましょう。

Kentino
以下の記事ではオープンカラーシャツの選び方や種類についてさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
関連記事

開いた襟元で涼し気な印象にしてくれる「オープンカラーシャツ」。 リゾート風からワークテイストまで!開放感たっぷりで種類豊富な夏の大定番「開襟シャツ」を着ないのは勿体ない! 本記事では、開襟シャツの選び方や種類、さらには人気モデル[…]

おすすめの開襟シャツブランド:ユニクロユー(UNIQLO U)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\2,000~3,000

こんな男性におすすめ

  • 自分の体型に合うサイズが見つかる
  • ベーシックなデザイン・シルエットで着る人を選ばない

おすすめの開襟シャツブランド:ビームス(BEAMS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • 少し背伸びしておしゃれを楽しみたい
  • 大人の個性を演出できる夏の主役アイテムが欲しい

おすすめの開襟シャツブランド:ユナイテッドアスレ(United Athle)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥2,000~4,000

こんな男性におすすめ

  • ルーズなシルエットのシャツを探している
  • 流行に左右されないベーシックなものが良い

夏服におすすめのトップス⑤:半袖シャツ

wear

取り入れやすさ:

半袖シャツの選び方

  • サイズはワンサイズ大きい方が良い
  • 「ホワイト」「ネイビー」がおすすめ
  • 「リネン」や「コットン」素材で清涼感のある印象に

サッと羽織るだけで大人顔になれる半袖シャツ。「夏コーデが毎日Tシャツばかりで味気ない」という男性にはぜひとも取り入れてほしいアイテムです。

一枚で着るも良し、Tシャツやタンクトップの上から羽織るも良し、スタイル問わず着用できるオールラウンダーなので、ファッション初心者の大人世代にもおすすめです。

大人が半袖シャツを選ぶ際の決め手となるのは、「素材感」「色合い」のこの2点。

「素材」はなるべくコットンやリネンといった清涼感のあるモノを選び、チープに見えやすい「ポリエステル」はなるべく避け、「色合い」はまず「ホワイト」「ネイビー」の鉄板カラーに加えて「イエロー」や「ストライプ」といったモノ手を出していくのがおすすめです。

おすすめの半袖シャツブランド:ユニクロ(UNIQLO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥2,000~3,000

こんな男性におすすめ

  • 手頃な価格帯で買えるリネンシャツが欲しい
  • とにかく価格重視でシャツを買いたい

おすすめの半袖シャツブランド:ビームス(BEAMS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • おしゃれを楽しめる半袖シャツが欲しい
  • 大人でも着れるデザインシャツを探している

おすすめの半袖シャツブランド:ザ・スコッチハウス(THE SCOTCH HOUSE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:\9,000~15,000

こんな男性におすすめ

  • フレッシュで爽やかなデザインシャツを探している
  • 大人っぽくクオリティの高いリネンシャツが欲しい

夏服におすすめのボトムス

続いては「ボトムス」です。トップスは選びやすくてもボトムスはどんなモノを選んでいいのか分からない男性も多いのでは?

まずファッション初心者が取り入れやすいおすすめのボトムスが

になります。夏を快適に過ごせておしゃれに見えるボトムスの種類になるので、ボトムス選びに迷っている方はまず上記のボトムスから選んでください。

以下ではおすすめブランドや選び方についてご紹介しています。

夏服におすすめのボトムス:ショートパンツ

wear

取り入れやすさ:

ショートパンツの選び方

  • 裾広がりの多少ゆとりのあるシルエット
  • 膝上丈がマスト

「子供っぽくなってしまうから…」といった理由で敬遠されてきたショートパンツですが、やはり夏を快適に過ごせるパンツにショートパンツは欠かせません。

大人世代が夏のショートパンツ選びで気を付けたいことは「シルエット」「丈感」「素材」のこれら3点。

「シルエット」は、肌にピタッとしたモノよりも裾広がりでゆったりとしたシルエットのほうが、全体のバランスを崩すことなく今っぽい雰囲気になります。

「丈感」は膝上丈がマスト。膝下丈のショートパンツだと急に子供っぽくなってしまうので、ファッション初心者は膝上丈のショートパンツを選び、「素材」は夏らしくコットンリネン素材も良いですし、ナイロン素材を使ったアクティブショートパンツも◎。

おすすめのショートパンツブランド:グラミチ(GRAMICCI)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥7,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • トレンドのショートパンツが欲しい
  • アウトドアシーンでも使えるアクティブパンツを探している

おすすめのショートパンツブランド:ピルグリム サーフ+サプライ(Pilgrim Surf+Supply)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~20,000

こんな男性におすすめ

  • アウトドア・サーフスタイルが好きな男性
  • デザイン性だけではなく機能性も高いショートパンツが良い

おすすめのショートパンツブランド:ユニクロ(UNIQLO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥2,000~

こんな男性におすすめ

  • 価格重視で選びたい
  • 種類とサイズ展開が豊富なブランドがいい

>夏服におすすめのボトムス:コンフォートパンツ

wear

取り入れやすさ:

コンフォートパンツの選び方

  • 「ドローコード」「ウエストギャザー」「清涼素材」「リラックスシルエット」を満たすパンツ

コンフォートパンツとは、「ドローコード」「ウエストギャザー」「清涼素材」「リラックスシルエット」この4つのキーワードを満たしたパンツの種類のこと。

つまり快適さ・穿きやすさを追求したパンツのことで、おしゃれを楽しみつつも、快適に過ごせる夏の最有力パンツの一つでもあります。

作りがとてもシンプルな分、価格もお手頃なのがコンフォートパンツの魅力でもあります。

大人世代は「ダークグレー」や「ネイビー」といった色味の他に「オフホワイト」や「ベージュ」などの明るいカラーを取り入れてみるのもおすすめです。

関連記事

星の数ほどあるズボンの種類。 そもそも「ズボン」ですら「パンツ|ボトムス|ボトムズ|下衣」と呼び方が複数あり、そこに形状や素材など様々な名前が入り組んでまさに混沌の様相を呈しています。 今回はそんな男性向けに展開されているズボン[…]

おすすめのコンフォートパンツブランド:ビームス(BEAMS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • イージーパンツながらも高級感のある雰囲気になる
  • 大人っぽい雰囲気のコンフォートパンツが欲しい

おすすめのコンフォートパンツブランド:ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ)(BEAUTY & YOUTH UNITED ARROWS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • ラクにはけておしゃれにみえるパンツを探している
  • 大人っぽくみえるパンツが欲しい

おすすめのコンフォートパンツブランド:ユニクロ(UNIQLO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥2,000~

こんな男性におすすめ

  • とにかく価格重視で選びたい
  • 部屋でもはけるワンマイルウェアをお探しの方

>夏服におすすめのボトムス:ジーンズ

wear

取り入れやすさ:

ジーンズの選び方

  • ストレートよりもテーパードシルエットを選ぶ
  • あまりに硬くて厚いものは避ける
  • ダメージされたジーンズは避ける

ジーンズは、どのブランドのものを選んでいるかでその人の個性や考え方まで反映するほど重要なアイテムの一つ。

そんなジーンズですが、夏に関して言えばブランドよりも「カラー」や「シルエット」で選ぶのが吉。というものどんなに素晴らしいジーンズであっても暑い夏場にははきたくなくなりますよね。

夏にもはけるジーンズは、ゆるっとしたシルエットの「テーパード」そして「カラー」は明るめのライトブルーを選ぶことで、ジーンズでも清涼感のある雰囲気を演出できます。

また、露骨にダメージされたジーンズは、大人世代がはくと露骨に狙っている感が出てしまうので、絶対に避けましょう。

関連記事

メンズのカジュアルファッションにおいてデニムパンツ(ジーパン)は、どのブランドのものを選んでいるかでその人の個性や考え方まで反映するほど重要なアイテムです。 履き込む事による色落ちや経年変化を楽しみつつ、ほぼ一生物と言えるほどに長い付[…]

おすすめのジーンズブランド:リーバイス(Levi’s)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • デニムの経年変化を楽しんでみたい
  • 絶対に失敗しないジーンズが欲しい方

おすすめのジーンズブランド:リー(Lee)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥8,000~

こんな男性におすすめ

  • 本格的ながらも購入直後から履きやすい
  • 一生はけるジーンズが欲しい

おすすめのジーンズブランド:ユニクロ(UNIQLO)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥4,000~

こんな男性におすすめ

  • 手頃な価格で本格的なデニムが欲しい
  • 大きめのサイズも展開しているジーンズを探している

夏服におすすめのシューズ

「トップス」「ボトムス」が決まったらお次はシューズ選びです。

夏中革靴を履き続ける男性も多いですが、さすがに蒸れて暑いですし夏らしくないですよね。ここからは夏の着こなしにおすすめのシューズをご紹介していきます。

主に上記3つの種類なら夏服とも合わせやすく手に取りやすいシューズになります。

おすすめのシューズ:スニーカー

wear

取り入れやすさ:

スニーカーの選び方

  • 大人が合わせやすいのはローカットスニーカー
  • 「ブラック」よりも「ホワイト」のほうが夏に似合う
  • 夏は「キャンバス地」が◎。「スウェード」が避ける

一口にいってもスニーカーは、「シルエット」「素材」「色」によって大きく印象の異なるシューズでもあります。

夏服に似合うスニーカーの条件は、「ローカット」「キャンバス地やメッシュ素材」といった季節感を演出できるものがおすすめです。

ハイカットスニーカーは着こなしによってはアンバランスになってしまうので、大人男性は絶対に避けましょう。

悩みやすい「カラー」選びに関して言えば、「白」を選んでおけば失敗はしませんが、「黒」を選んでも間違いではありません。

「白」はコーデに抜け感、「黒」はシックにまとめる。どちらの雰囲気を着こなしに取り入れたいかで選ぶと良いでしょう。

関連記事

昨今のトレンドアイテムの1つでもある「スニーカー」は、年々メンズファッションにおける重要度が増して来ており、「人気のスニーカー」や「定番のスニーカー」は知っているのが当たり前な時代が到来しています。 そこで今回は、1年中スニーカーの事[…]

スニーカーでおすすめのブランド:ナイキ(NIKE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥8,000~

こんな男性におすすめ

  • 夏だけではなく全シーズンはけるスニーカーが欲しい
  • 選んで絶対に失敗しないスニーカーが良い
関連記事

合ったスニーカーを探すなら、人気ブランド「ナイキ(NIKE)」のスニーカーは選択肢から外せません。 ABCマートなどのスニーカー販売店で購入できる定番モデルから、毎回争奪戦が繰り広げられるプレミアモデルまで、常にスニーカーの最新情報を[…]

スニーカーでおすすめのブランド:アディダス(adidas)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥8,000~

こんな男性におすすめ

  • 大人の着こなしにも似合うスニーカーが欲しい
  • スタイル問わず合わせられるスニーカーの入門ブランド
関連記事

名作揃いの「アディダス」のスニーカー。そこで本記事では【アディダスで人気のおすすめスニーカー10選】をご紹介します。 豊富なラインナップのため、どれを選んでいいのか分からない男性も多いと思います。 本記事でご紹介している10[…]

スニーカーでおすすめのブランド:スペルガ(SUPERGA)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥6,000~

こんな男性におすすめ

  • リゾート地での愛用率ナンバーワンスニーカー
  • 夏コーデを軽快にしてくれるスニーカーが欲しい

スポーツサンダル

wear

取り入れやすさ:

スポーツサンダルの選び方

  • 細いストラップよりも太いものを
  • 「ブラック」を選んでおけばとりあえずOK
  • 極端に価格の安いものは買わない

ここ数年幅広い層の男性から支持を集め、サンダル界の中心ともいえる「スポーツサンダル」。

スポーツサンダルとは、アウトドア・レジャー向けに作られた耐久性と機能性に特化したサンダルのこと。ここ10年、アウトドアスタイルの需要とともに注目されるようになり、昨今市民権を得たサンダルの種類です。

アウトドアやカジュアルスタイルにはもちろんですが、最近ではキレイめな着こなしの外し役に合わせる男性も多く、「夏服にはスポーツサンダル合わせておけば大丈夫!」というような空気感さえ感じる夏シューズの代表格。

夏のお出掛けからキャンプやハイキングといったアウトドアにまで使える夏シューズをお探しの男性はスポーツサンダルがおすすめです。

関連記事

夏は涼し気にサンダルを履こう!と言っても 「サンダルを履くと子供ぽく見える…」 「靴擦れや足がすぐに痛くなる…」 「タウンユースでは履きづらい」 など皆さんそれぞれサンダルに対して抵抗感やマイナスな印象を持つ方も[…]

おすすめのスポーツサンダルブランド:テバ(TEVA)

テバで人気のおすすめのサンダル

おすすめのテバのサンダル テバのおすすめのサンダル おすすめのテバのサンダル
シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥8,000~

こんな男性におすすめ

  • 靴擦れのしにくいサンダルが欲しい
  • サンダル選びで失敗したくない男性
関連記事

タウンユースでも愛用する男性が増えてきたスポーツサンダル。そのスポーツサンダルのブランドで外せないのが「テバ」です。 「テバ」はスポーツサンダルの生みの親として全世界でカリスマ的サンダルブランドとして降臨しており、スポーツサンダル=「[…]

おすすめのテバのサンダル

おすすめのスポーツサンダルブランド:スイコック(SUICOKE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • 夏コーデをおしゃれにみせてくれるサンダルを履きたい
  • まわりからおしゃれに見られたい
関連記事

夏のファッションといえばサンダルです。特に今年ファッション感度の高い方達が注目しているサンダルといえば、絶妙なストラップ使いがスタイリッシュなブランド「スイコック(SUICOKE)」です。 最高の履き心地と快適な軽量性、そして他に類を[…]

おすすめのスポーツサンダルブランド:キーン(KEEN)

キーンのサンダル

キーンのサンダル キーンのサンダル キーンのサンダル CLEARWATER CNX
シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • タウン・アウトドア問わず履けるサンダルが欲しい
  • 流行りなく使い続けたい男性
関連記事

カリフォルニア発のサンダルブランドのキーン(KEEN)。 サンダル業界でも極めて高い安定性と抜群の履き心地の良さで大人世代を中心に人気を獲得しているブランドです。 本記事では、キーンで人気のモデルからキーンのサンダルの魅力など、[…]

エスパドリーユ

wear

取り入れやすさ:

エスパドリーユの選び方

  • サイズはジャストサイズを選ぶ
  • 色は「ブルー」「ネイビー」が鉄板で外しにくい

夏シューズの代名詞こそ「エスパドリーユ」です。

エスパドリーユとは、アッパーにキャンバス地、ソールにジュート麻を編み込んで作られたスリッポンのようなシューズのことで、脱ぎ履きがしやすく、通気性に優れていることから夏シューズの代名詞と言われています。

着こなしを選ばずにはくことができるのも大きな魅力の一つ。

クロップドパンツやコンフォートパンツ、オープンカラーシャツやサマーニットなど、夏服の顔とも言える洋服と合わせるだけで清涼感のある着こなしになり、大人の落ち着いた雰囲気も演出することができます。

サンダルよりも大人っぽく上品に見えて、スニーカーよりも夏っぽいそんなシューズなので、夏コーデをおしゃれにしたい方にエスパドリーユはおすすめです。

Kentino
以下の記事ではさらにエスパドリーユの魅力やメリットを詳しくご紹介しています。気になる方は以下の記事も合わせてご覧ください。
関連記事

夏の着こなしに大人の落ち着いた雰囲気と季節感を演出してくれる夏の風物詩「エスパドリーユ」。 今でこそ、安価に手に入るようになったエスパドリーユですが、3000円ぐらいで売られている安いエスパドリーユは正直一夏しか使えません。 な[…]

おすすめのエスパドリーユブランド:カスタニエール(CASTAÑER)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • 大人のためのエスパドリーユの入門モデル
  • 耐久性が高く長く使える夏シューズが欲しい

おすすめのエスパドリーユブランド:ドン キーショス(Don Quichosse)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • 履いているだけでお洒落に見える最強の夏シューズ
  • リネンアイテムとの相性抜群

夏服におすすめ小物アイテム

最後に夏におすすめの小物アイテムのご紹介です。

小物なので無くても全く問題ありませんが、夏コーデに取り入れるだけでおしゃれな雰囲気にありますし、単調になりがちな夏服も感度の高い印象に仕上げることができます。

大人世代におすすめしたい夏小物アイテムは、

取り入れやすいというよりかはすでに持っている人も多いと思いますが、ここからご紹介するのは『夏におすすめの小物』。

お手持ちの小物アイテムが夏服に適しているのか目を通しておいてください。

夏服におすすめ小物アイテム:サングラス

wear

取り入れやすさ:

サングラスの選び方

  • 悩んだら「スクエア形状」のサングラスを選ぶ
  • 「眉毛がギリギリ隠れるもの」を選んでおけばOK
  • レンズカラーはグラデーションになったものを

かけるだけでサマになる小物アイテムこそ「サングラス」です。

しかし夏小物アイテムの中でも合わせるのが難しい中級者向きのアイテム。そのため「変にかけてダサく見られるのは嫌だ」と感じ中々手の出せない男性も多いでしょう。

サングラス選びに悩んだらまず「スクエア形状」そして「ブラウン」の色味を選んでおけばまず間違いありませんし、カジュアル~アウトドアスタイルにまで合わせることができるので、買って損することもありません。

Kentino
サングラスって何が自分に似合うのか分からないですよね。そんなファッション初心者のために絶対に失敗しないサングラスの選び方を解説している記事をご用意しています。「サングラスかけてみたいけど失敗するのが怖い」そんな男性でも自分に似合うサングラスの種類を必ず見つけることができるので、ぜひご覧ください。

おすすめのサングラスブランド:レイバン(Ray-Ban)

レイバンのサングラス

レイバンで人気のサングラス おすすめのサングラス
シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • 初心者でも安心して愛用できるサングラスが欲しい
  • コーデ問わず使えるおしゃれなサングラスが良い
関連記事

レイバンは、サングラスに求められる全ての条件をクリアした理想的なブランドとして業界でも高い評価を獲得し、ファッションデザイナー協会からは「世界最高級のサングラス」の称号を獲得するなど、アイウェア業界でも絶対的な地位を確立しているブランドです[…]

おすすめのサングラスブランド:オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥20,000~

こんな男性におすすめ

  • 夏コーデを一気におしゃれにみせるサングラスが欲しい
  • まわりからおしゃれに思われたい男性には特におすすめ
関連記事

おしゃれメガネやサングラスを探して一度は「オリバーピープルズ」まで行き着いたことのある男性も多いはず。 初心者からするとセンスが良すぎると思われるかも知れませんがそれは大きな間違い。 「オリバーピープルズ」のアイウェアは、どれも[…]

おすすめのサングラスブランド:オークリー(OAKLEY)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥10,000~

こんな男性におすすめ

  • おしゃれさだけではなく機能性も高いものがいい
  • 大人でも愛用できる嫌味のないサングラスが欲しい
関連記事

アスリート系セレブのファッションに注目が集まる昨今、彼らの目元を飾る事の多いオークリーのアイウェアもまたファッションアイテムとして日本中から注目の集まるアイテムになってきています。 ついにブランド初となるグローバル旗艦店を世界で初めて[…]

夏服におすすめ小物アイテム:キャップ

wear

取り入れやすさ:

キャップの選び方

  • 5パネルのキャップなら失敗しにくい
  • 柄やロゴの少ないデザインのほうが合わせやすい
  • 「ネイビー」「カーキ」など落ち着いた色合いを選ぶ

大人でも簡単に取り入れられる小物アイテムと言えば、帽子(キャップ)です。

様々なスタイルに合わせることのできるアイテムですが、特にカジュアルコーデとの相性が良く、逆にキレイめなコーデには外し役として使える便利な小物アイテムです。

夏服はカジュアル度が高いため、キャップを合わせると子供っぽくなってしまうので、大人世代が夏服にキャップを取り入れる場合は、「ブラック」「ネイビー」といった暗い色味のカラーを選び、デザインもロゴが小さくあしらわれたぐらいのシンプルなものを選ぶようにしてください。

Kentino
以下の記事ではファッション初心者でも簡単に自分に似合う帽子の選び方をご紹介しているので、夏服にキャップを合わせたい方は参考にしてみてください。
関連記事

若いときは何でも被れても年齢を重ねるごとになぜか合わせにくくなってくるキャップ。 「帽子を被ると子供ぽくなってしまう」 「被りたいけどコーデにミスマッチで使えない」 「まわりの目線が気になる…」 そんな20代後半~40代の大[…]

おすすめのキャップブランド:ポロ・ラルフローレン(POLO Ralph Lauren)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥4,000~

こんな男性におすすめ

  • おしゃれなキャップが欲しい
  • 夏コーデにちょい足しできるお洒落な小物アイテムを探している

おすすめのキャップブランド:ビームス(BEAMS)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥3,000~

こんな男性におすすめ

  • ベーシックでシンプルな帽子を探している
  • 無地~柄まで揃うブランドなので自分らしい一つが見つかる

おすすめのキャップブランド:ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥5,000~

こんな男性におすすめ

  • アウトドアシーンで使えるおしゃれな帽子を探している
  • アウトドア好きの男性はコレ!

夏服におすすめ小物アイテム:バケットハット

wear

取り入れやすさ:

バケットハットの選び方

  • 「ネイビー」や「ダークグレー」のトーンの暗い色がベター
  • 柄やロゴなどデザインの少ないものを選ぶ
  • 「コットン」素材を選び「スウェード」などは蒸れるので避ける

 

関連記事

休日のラフでカジュアルな装いからモード感たっぷりのキレイめな着こなしまで、コーデや人を選ばずに被ることができ、大人男子からも高い人気を集める「バケットハット」。 しかし 「バケットハットを被ると子供ぽく見える」 「被る[…]

おすすめのバケットハットブランド:ラルフローレン(RALPH LAUREN)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • 大人っぽい雰囲気をしっかり出したい
  • スタイル問わず被りたい

おすすめのバケットハットブランド:ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥5,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • タウンでもアウトドアでも使えるものが欲しい
  • アウトドアブランドのバケットハットが欲しい
  • 洗濯機で洗ってもダメにならない耐久性の高いものがいい

おすすめのバケットハットブランド:ステューシー(STUSSY

シーエッジ編集部のおすすめ度:
価格の目安:¥7,000~10,000

こんな男性におすすめ

  • 今っぽいおしゃれなバケットハットを被りたい
  • スラックスに合わせてハイストリートなコーデにしたい

今すぐ真似できるメンズ夏コーデのテクニック術

ここからは大人世代もすぐに真似できる夏コーデをご紹介します。

コーデのポイントやテクニック術も分かりやすく解説しているので、夏コーデを少しでもおしゃれに見せたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Tシャツはジャストサイズよりもリラックスしたサイズ感をチョイス

wear

昨今、Tシャツだけでなくメンズファッションのトレンドとしてリラックスシルエットが流行しています。

Tシャツもワンサイズ大きいものを選び、エフォートレス(抜けた感じ)のような雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

ボトムスはカジュアルになり過ぎないよう細身のスラックスパンツなどを合わせて大人っぽい雰囲気に仕上げるのが良いでしょう。

アースカラーのワントーンコーデで大人っぽく仕上げるのも意外にも夏コーデにぴったり

wear

長袖シャツを袖を折り返して着ることで、全体に抜け感を演出することができ、半袖シャツにはないこなれた雰囲気を演出することができるんです。

ボトムスもトップスと同じ色合いでまとめることで簡単にワントーンコーデを実践することができるので、ファッション初心者にも取り入れやすいコーデ術の一つです。

トーンの暗い色味の柄シャツなら簡単に着こなせる

wear

デザインシャツのようなファッション初心者がとっつきにくいような柄シャツも色合いをネイビーといった暗い色味にすることで合わせやすさを増します。

なので、柄シャツような少しクセのあるアイテムは、色味を抑えてクセを落ち着かせてあげると普段のコーディネートに取り入れやすくなります。

夏らしく明るめの柄シャツを取り入れて季節感を演出してあげるのもおすすめ

wear

逆に夏らしく明るめの柄シャツを取り入れて季節感を演出してあげるのもおすすめです。

ライトブルーの柄シャツに白Tシャツの組み合わせなら清涼感たっぷりな雰囲気になり、まさに夏を楽しむ男の雰囲気。

ボトムスもアンクル丈のテーパードパンツを合わせてエフォートレスな印象に。

リネンやコットン素材のオープンカラーシャツで落ち着いた雰囲気に仕上げる

wear

リネンやコットンなど様々な素材から作られる夏の代名詞シャツことオープンカラーシャツ。

シルク生地のような光沢感のあるコットン素材の開襟シャツなら上品な雰囲気になり、夏コーデも軽快な印象に仕上げることができます。

これなら足元にスポーツサンダルを合わせてもアウトドア雰囲気を出すことなく、大人の落ち着いた印象に。

黒のワントーンコーデは肌見せを意識

wear

男らしくシックでお洒落な雰囲気にするならブラックのワントーンコーデがおすすめ。

ブラックといってもくすんだダーググレーやすみくろといったカラーで重たさを軽減するのが◎。

また、インナーに白Tを仕込んで裾からレイヤードしたり、足元はスポーツサンダルで肌を見せるなど、適度に重たくならないようなテクニックを取り入れることで、ブラックのワントーンコーデも軽快な雰囲気に仕上げることができます。

無地Tシャツに飽きたらプリントTシャツを取り入れてみる

wear

インナーをタックインすることでコーデ全体にメリハリがつきスッキリとした雰囲気を演出することができます。

また、上品にも見えるので、シャツ合わせのときは、インナーにTシャツを着てタックインしてみるのも一つの手です。

清涼感たっぷりな夏コーデにしたいならリネン素材をチョイス

wear

夏の風物詩素材といえば、リネン素材。肌触りと通気性に優れており、コーデに取り入れるだけでおしゃれな雰囲気になれる便利な素材です。

そんなリネン素材を使ったリラックスシルエットのパンツに半袖シャツを合わせると誰でも簡単に軽快でこなれた雰囲気の夏コーデを作ることができます。

色味もオフホワイトやベージュといった明るめのカラーを選択してあげることで、より軽快な雰囲気に仕上がるので意識してみてください。

オーバーサイズの白シャツにタックショートパンツを合わせて大人ぽく仕上げる

wear

オーバーシャツはこなれた印象になるだけではなく、ファッション初心者でも簡単にお洒落を楽しめる便利なアイテム。

そんなオーバーシャツの袖を折り上げて、適度に肌を見せてあげることで抜け感を演出できます。

また、ショートパンツをはくと子供っぽくなってしまう方は、タックされたショートパンツを合わせることで大人っぽさを損なうことなくお洒落な雰囲気を楽しむことごできます。

足元はエスパドリーユのような夏らしいシューズをチョイスしてあげるのが良いでしょう。

柄シャツを着るならボトムスと同じカラーを選んで馴染ませる

wear

柄シャツの色味と他のアイテムの色味を揃えるだけでコーデに統一感が生まれます。

また、柄の嫌味も軽減され、おしゃれを楽しむ大人の雰囲気を演出できるので、「柄シャツを取り入れたいけど合わせ方が分からない」方は、柄シャツの色味をコーデに馴染ませてあげてください。

ボトムスはラフにはけるコンフォートパンツを合わせることでリラックスした雰囲気を演出でき、”張り切った感”が出ないので、柄シャツとの相性がとても良いです。

アンクルパンツにエスパドリーユを合わせて清涼感のある着こなしに

wear

エスパドリーユのような夏のシューズは、はくだけで清涼感と季節感を出せる優れもの。

そんなエスパドリーユに相性の良いパンツは、くるぶしを見せることのできるアンクル丈のパンツです。

裾から肌を覗かせることでコーデに抜け感を演出でき、夏らしい軽快なコーデに仕上げることができるので、夏パンツはなるべくアンクル丈のパンツをはきましょう。

ラグランスリーブのTシャツならスポーティーでアグレッシブな雰囲気を出せてマンネリを回避できる

wear

スポーツウェアに用いられるラグランスリーブのTシャツは、アグレッシブな雰囲気になるので、スニーカーやショートパンツと合わせてアクティブな雰囲気に仕上げるのがおすすめです。

ラグランスリーブTシャツを選ぶ際は、必ずワンサイズ大きくしてオーバーサイズで着こなすことで、スポーティーでアウトドアな雰囲気を演出できます。

足元はローテクスニーカーよりもハイテクスニーカーを合わせてあげると全体のバランスもうまくまとまります。

絶対に外さない夏服スタイルはドロップショルダーTシャツ×スラックスパンツの組み合わせ

wear

ドロップショルダーTシャツとスラックスパンツ合わせは、どんな男性が取り入れてもしっかり着こなせるスタイルのひとつ。

ドロップショルダーとは、袖の付ける位置を下げているTシャツのこと。

リラックス感とこなれた印象になれるので、昨今人気となっているTシャツの種類です。

そんなリラックス雰囲気たっぷりのTシャツには、キレイめパンツの代表格、スラックスパンツを合わせて抜きすぎないコーデに仕上げるのがおすすめです。

ライトブルーのジーンズに白Tシャツが眩しい夏らしいコーデ

wear

白Tシャツ×ジーンズの組み合わせに飽きたら、プリントTシャツとライトブルーのジーンズを合わせてマンネリコーデを回避してみるのがおすすめです。

プリントTシャツもさりげなくロゴの入ったものや主張のうるさくないものを選び、大人っぽさを損なわないように注意して選ぶことで、大人世代もカッコよくプリントTシャツを着こなせます。

夏らしく明るめのジーンズを合わせて清涼感たっぷりの着こなしに仕上げてみてください。

最新情報をチェックしよう!
>『C-edge Youtubeチャンネル』

『C-edge Youtubeチャンネル』

20代後半~40代の大人の男性向けに毎週(月)(水)(土)更新中です。

ユニクロやGUといったファストファッションアイテムや、メディア内でご紹介したアイテムやファッション知識を配信しつつ、洋服の魅力を大人の男性に向けてご紹介していきます。

チャンネル登録すればきっとオシャレになれるはず!

CTR IMG